香港編  台湾編  海外編  トップページ


中国語について





「中国」とは何か、そして「中国語」とは何かを、このページで少し詳しく見ていきたいと思います。

まず、「中国」という国は、中華人民共和国と中華民国の二つが存在します。前者は中国大陸を統治しており、後者は台湾を統治していますが、両国は政治的には対立関係が続いています。そのため、両国ともに国交を結ぶこと(クロス承認)はできず、どちらかと国交を結んだ国はもう一方の国との国交は断念せざるを得ません。ちなみに日本を含め、世界中のほとんどの国が現在国交を結んでいるのは、大陸の中華人民共和国の方です。

中華人民共和国(以下、大陸)と中華民国(以下、台湾)は、両者ともに中国語が公用語ですが、中国語には北京語、上海語、湖南語、広東語など7大方言が存在し、そこからさらに多くの方言に分かれます。方言と言われますが、これらの言葉は英語とフランス語、ドイツ語以上の違いがあると言われ、これらの違う方言でコミュニケーションをとることは全くできません。

ただし、書き言葉は若干の違いはあるものの、大体同じです。つまり、方言が異なるのは、漢字の読み方が異なるからだといえます。

さて、方言によって全然違ってしまうために、共通語を定める必要が出てきて、そこで大陸で定められたのが、北京語などの北方言語をベースとした言語です。これが現在の日本で言われる中国語で、中国では普通話(プートンファ)と言います(当サイトでも、特に断りが無い限り、中国語といえば普通話を指します。また、普通語は北京語がベースになっていることから、北京語とも呼ばれますが、当サイトでは、北京語という名称は原則として使用していません)。

ただし、今でも地方ではそれぞれの方言が使われており、香港についても同様です。香港の公用語は今も広東語です。イギリスから返還された後、香港の公用語に中国語(普通話)が加わりましたが、通じるところは少ないようです。

台湾(中華民国)でも、共通語として同じく北方言語ベースとした言語が定められました。これは「國語」(グォユィ)と呼ばれます。この言語が台湾での公用語ですが、北方言語をベースにしているため、大陸の普通話と大きな違いは無いようで、大体同じだと言えます。

従って、当サイトでは台湾の「國語」も、普通話と同じく中国語としています。

ただし、大陸と台湾の中国語は、確かに発音では大体同じですが、文字表記に大きな相違が見られます。

大陸で使用されている漢字は、簡体字という、日本の常用漢字をさらに簡略化したものです。一方、台湾で使用されている漢字は、繁体字という、戦前の日本でも使われていた旧漢字に当たる漢字を今も使っています。

また、台湾のには台湾語という台湾独自の言語もあり、その影響もあってか、語彙の面でも大陸と台湾の中国語には若干の違いが見られると言われています。

前述したように、香港を含め、今も地方ではそれぞれの方言が使われており、そのため漢字の読み方が地方によって全く違うということもあります。

そこで、大陸ではピンインという表音文字が使用されるようになっています。これは、発音をローマ字表記したものですが、例えば‘ge’を「ゲ」ではなく「ゴー」と、‘er’を「エル」ではなく「ア」と発音するところなどから、日本のヘボン式ローマ字通りに読めないことも多々あり、中国独自の発音といえます(ちなみに中国語学習では、ピンイン発音の規則の暗記は避けて通れない)。

ちなみに、台湾にも表音文字はあります。それは、注音符号(「ちゅういんふごう」、「ちゅうおんふごう」とも)と呼ばれるもので、中華民国政府が1918年に制定(1930年改称)した、中国独自の表音文字です。現在、大陸ではピンインの使用により、廃止されていますが、台湾(中華民国)では今も使用されています。

実際、台湾版クレヨンしんちゃんの単行本の中の台詞にも、稀にこの注音符合が登場します。ただし、この注音符号は管理人のパソコンから表記できないため、台湾編においても、注音符合ではなくピンインで発音を表記しています。

また、中国語には4つの声調(アクセント)があります。これは、日本語で「はし」と言っても、アクセントの違いで「橋」となったり「箸」となったりするのと同じですが、中国語ではこの違いは日本語以上に顕著です。声調が異なると、全く通じなくなるそうです。そのため、中国語の辞書や教材には、必ずピンインの上部に声調の記号が付いていますが、当サイトのピンインでは一切付いていません。当サイトは、あくまでもクレしんのファンサイトであり、中国語学習のサイトではないので、あまりこだわる必要もないと思いますし。

また、ピンインと一緒に、発音のカタカナ表記も載せています。日本語で外国語の発音を表記するのは、無理があると言われますが、あくまでも参考までにです。当サイトは中国語の学習サイトではありませんので(くどい?)。



繁体字の「クレヨンしんちゃん」
 
簡体字の「クレヨンしんちゃん」



香港編  台湾編  海外編  トップページ