原作あらすじ一覧  原作編  トップページ


原作あらすじ一覧(8巻)



サブタイトル 記号 話数 ページ
8 ひまわり組クレヨンしんちゃん a 2 3
クレヨンしんちゃん おえかきうた(SING SONG SHINCHAN) b 1 1
ひゅう〜 ひゅう〜 オラはナンパの名人だ編 c 13 3
埼玉紅さそり隊と‘‘お笑い’’で対決するぞ編 d 13 3
クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝 e 1 30



ひまわり組クレヨンしんちゃん
1 再び出現した売間久里代に、となりのおばさんらは不審なおかまとして警察に通報、ゴミ袋になりすまして難を逃れた彼女は、ターゲットのしんちゃんの前にウォーミングアップとして桜田家を訪れる。出てきたネネママを口車に乗せて契約にこぎつけようとするが、おかまのセールスレディごっこをやっているしんちゃんがやって来て、しんちゃんは売間をおかまだと騒ぎ、それを聞きつけたとなりのおばさんと警官がやって来る。売間はセールス忍法紙ふぶき隠れとして戸籍抄本のコピーをばらまいて姿を消す。その後、しばらくその街に近づけなくなった。
しんのすけ/売間久里代/ネネちゃん/ネネママ/一平(警官)/となりのおばさん/通りすがりの男性
2 かすかべの森 美術館にやってきた野原一家だが、美術館設立30周年記念で無料、30周年記念キャンペーンとしてのティッシュ5箱のプレゼントを目当てにしていたみさえが来たがったためである。みさえが花の絵を見て感銘を受けるが、それにケチをつけるひろしとしんちゃんはみさえにつねられる。ひろしとしんちゃんは裸婦の絵を見て感心して鑑賞するが、いやらしい顔つきで見ているのがみさえに知られ、殴られるひろし。しんちゃんは絵を積極的に鑑賞しているかと思いきや、係りの女性を凝視していた。そこへ、天才画家のピカソ小川がやって来て、ピカソは自分の絵が展示されているメインコーナーへ行くと、野原一家がピカソの作品「苦悩」を見て、みさえが変な絵、ひろしが分からない、しんちゃんが下手だと言い、3大タブーを聞いたピカソと館長は、帰っていく野原一家に激怒する。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ピカソ小川/美術館館長(?)/係りの女性(2人)
美術館でゲージツだゾ(1994年3月14日)



クレヨンしんちゃん おえかきうた(SING SONG SHINCHAN)
1 (管理人注:単行本ではしんちゃんの顔が描ける歌が掲載されていますが、諸事情により歌詞は割愛します)



ひゅう〜 ひゅう〜 オラはナンパの名人だ編
1 アクションようちえん、よしなが先生は検便ということで、病気の虫がいないかと確認するために、配布した容器の中にウンチを入れてくるように言うと、しんちゃんに病気の虫はどんな形かと訊かれ、適当な絵を描くと、園児に馬鹿にされる。翌朝、検便の際にしんちゃんはお尻から直接容器に入れようとしたため、みさえはトイレでしたものを割りばしでつまむよう言う。しかし、しんちゃんは割りばしが見つからず、ひろしの箸を使おうとし、ひろしから割りばしを渡される。トイレでウンチを出したしんちゃんだが、いつもの習慣で流してしまう。結局、シロの糞をもらう事にする。検査に結果、大騒ぎになったらしい。
しんのすけ/みさえ/ひろし/シロ/よしなが先生/風間君/ネネちゃん/マサオ君/その他女子園児/小宮悦子(テレビの中で)
2 今夜、ひろしの会社の課長がやって来る日。みさえは忙しく、しんちゃんにも手伝わせようと、かすかべ防衛隊のしんのすけ隊員という遊びで乗せてテーブル拭きをさせようとするが、手伝わせようという事を見抜かれ、正直にみさえはしんちゃんに手伝いをさせる。しかし、テーブルをローリングサンダーと言ってテーブルで暴れるように拭くしんちゃんに、みさえは普通に吹かせる。すると、ひろしが課長を連れてやって来て、しんちゃんの課長に対する態度に怯えるひろし。家に上がった課長は、みさえから料理をもてなされ、しんちゃんのケツだけ星人を見て上機嫌になるが、ひろしと一緒に酔ってきて、ひろしの靴下の臭いをかいで喜ぶ課長。その姿を不気味に感じるしんちゃんは、翌朝ひろしと課長が真面目に出勤する姿を見て、大人が分からなくなる。
しんのすけ/みさえ/ひろし/課長
部長さんを接待するゾ(1994年3月14日)
3 夕方、みさえはしんちゃんにお風呂の湯かげんを見るよう言うが、双眼鏡で「見る」だけのしんちゃんに、お湯をかき回して手で触って湯かげんを見るように言う。しんちゃんはお湯をかき回す際、力の抜けるかけ声でかき回し、手で触るだけでは分からないため服を着た状態で湯の中に入るしんちゃん。服を脱いでお風呂に入った際、しんちゃんはおもちゃを取りにに上がるが、部屋を濡らしてみさえに床を拭くよう言われるが、濡れているしんちゃんがいくら拭いても床は濡れっぱなしでみさえは拭くのをやめさせる。お風呂でカンタムロボを使って遊ぶしんちゃんに、体を洗うよう言うみさえだが、しんちゃんに怪獣呼ばわりされてグリグリ攻撃をする。その後、体をキチンと洗ってしんちゃんだが、みさえは自分の高級ボディシャンプーが大量に使われた事を後に知る。
しんのすけ/みさえ
ひとりでお風呂だゾ(1994年3月7日)
4 落ち着きのないしんちゃんに、無料の書道教室に行かせることにするみさえ。公民館の書道教室で、講師の本郷寺みづるが書道の心構えを話す時にしんちゃんは口出しし、墨をする際に心を無にして行うように言う本郷寺に、しんちゃんは「む」より「め」がいいと言う。さらに、しんちゃんは墨で顔を本郷寺のひげを似せた落書きをして、苛立つ本郷寺だが平常心を保って手本を書く。しかし、しんちゃんはそれを真似してミミズと言ったり、うなぎと言って、しんちゃんのこれまでの言動に堪えていた本郷寺は切れて、巨大な筆で巨大なうなぎを半ば暴走した状態で書きだしてしまう。、
しんのすけ/みさえ/本郷寺みづる/本郷寺の助手(女性)/生徒数人
書道で心を「め」の上に傍点にするゾ(1994年4月18日)
5 アクションデパートで買い物を済ませたみさえは、デパートでおとなしてくしていれば乗り物に乗せてくれる約束を果たすようしんちゃんに言われると、エスカレーターとエレベーターに乗せたと言う。結局、試着室を覗くとしんちゃんに脅され、屋上のチビッコらんどへ連れていくみさえ。みさえは100円が無いため1000円をしんちゃんに両替させるが、しんちゃんは800円をみさえに渡し、100円は消費税で取られたと言うが、結局もう100円返すことに。しんちゃんはカンタムの乗物に100円を入れて最初は腕の部分に股を挟んで座るが、ちゃんと座って楽しみ、ナンパもしてみさえにゲンコツを受ける。機械が止まってしまうと、まだ動いていると強引に機械を動かそうとするが、みさえはもう100円遊んで良いと言う。しんちゃんは大喜びでみさえに美辞麗句を投げかけるが、カンタムの乗り物が動くと、みさえを敵ロボットと見立てて悪口を言う。
しんのすけ/みさえ/通りすがりのおねいさん
デパートの屋上で遊ぶゾ(1995年9月25日)
6 38度7分の熱を出して風邪をひいたひろし。しんちゃんは当初ひろしが死ぬのかと心配するが、死んだら保険いくら降りるのかみさえに訊き、保険が降りたらチョコビがたくさん買えると言われて、みさえと保険金で買う物について盛り上がる。水枕をひろしに渡した後、みさえは薬を買いに行くが、しんちゃんが留守番する事に危機感と持つひろし、みさえが出た後、しんちゃんはひろしにバトミントンをやろうと言い、病気だから無理と言われるとサッカーをやろうと言いだす。ひろしが寝ていると、しんちゃんは救急車のオモチャを走らせ、ひろしの顔にぶつけてしまう。ひろしが激怒するが、しんちゃんはひろしが心配だから救急車を走らせたと言い、ひろしはしんちゃんを仲直りする。しかし、みさえが知り合いの奥さんとの立ち話しでなかなか帰らない頃、しんちゃんはおもちゃをひろしの周りに散らかして、みさえに助けを求めるひろし。
しんのすけ/みさえ/近所の奥さん
父ちゃんが病気だゾ(1994年3月21日)
7 ニコニコ公園で三輪車に乗っていたマサオ君とボーちゃんの前にブラックサンダースの園児たちが来て、年長組の彼らは年中組のマサオ君に立ち退くよう脅す。そこへ、ハエごっこをやるしんちゃんが現れ、マサオ君はしんちゃんに助けを求める。そこへ、ブラックサンダースのリーダー、ニコニコ公園の狼が現れる。リーダーはしんちゃんらに立ち退くように言うが、しんちゃんたちはカンタムロボのシールの話題に夢中で聞いておらず。リーダーはしんちゃんに三輪車で一周して先に着いたら勝ちの勝負をするよう言う。公園にいたF1にくわしい近所のおばさんは、リーダーの3輪ドリフト走行に感心するが、しんちゃんお3回シリフリブリフト走行に驚愕する。結果はリーダーが先にゴールしたが、バイクに乗ったおねいさんを三輪車で追いかけてナンパする姿を見て、負けを悟るリーダー。
しんのすけ/マサオ君/ボーちゃん/ブラックサンダースのリーダー/ブラックサンダースのメンバー(3人)/F1にくわしい近所のおばさん
三輪車でレースだ(1994年3月7日)
8 朝、みさえはしんちゃんに幼稚園のしたくを急ぐように言うが、結局その日もみさえが自転車で送ることに。自転車で送る途中、みさえは車の運転ができればと思う。夜、ひろしが雨でずぶぬれになって帰ってくると、みさえは車の運転ができればと思うが、しんちゃんに乗せられ、馬に乗ることを想像する。ひろしはみさえが車の運転免許を取りたがっているのを知ると、ひろしはみさえがメカに弱いことから消極的な態度になるものの、みさえは二枚目教官が多いアクション自動車教習所へ行くことに。しかし、実際には二枚目教官はおらず、不満を感じつつもみさえは受付で住民票と写真を渡すが、写真は成人式のものを持ってきており、外の3分間写真気で撮ることに。写真撮影で最後の1枚を撮影する際、みさえは連れてきていたしんちゃんを中に入れて一緒に撮影する。
しんのすけ/みさえ/ひろし/受付の女性/男性教官/男性の生徒/馬(みさえの妄想で)
母ちゃんは運転免許がないゾ(1994年5月2日)
9 みさえは出かけようとするしんちゃんを呼びとめ、マサオ君の家に遊びに行くことを知るが、外は風が強いからやめるよう言うが、は家にいてもみさえがいるから危険と言われ、ゲンコツをしてしんちゃんの好きにさせる。しんちゃんは強風の中、みさえの高級ブランド傘をさして、手を離して風で飛ばしていってしまう。しんちゃんはいったん家に戻る、スカートを持って、外でスカートがめくれて恥ずかしがる真似をして、みさえに咎められる。強風の中、なかなか前に進めないしんちゃんは、太った男性の真後ろにピッタリとくっつき、男性の意思を無視してマサオ君の家に行ってくれと言って、男性を困らせる。強風の中、しんちゃんは帰ることも考えるが、強風でスカートがめくれそうな女性を見て、頑張ることに。ようやくマサオ君の家に到着したしんちゃんは、家の中で遊び、数時間後に電話を借りて、自宅に電話、髪を整えたばかりのみさえに迎えに来るよう言う。髪が乱れて機嫌を悪くして強風の中を歩くみさえ。
しんのすけ/みさえ/マサオ君/マサオママ/太った男性/女性
強風でも出かけるゾ(1994年4月4日)
10 みさえは上野さんの家に行くと言って出かけ、留守番のしんちゃんはみさえの悪口を言うと、洗濯物を取りこみに戻ったみさえにゲンコツを受ける。その後、しんちゃんはテレビをつけて「いやしん坊バンザイ」という番組で埼玉一のラーメン屋「陰来軒」のラーメンを見て、ラーメンが食べたたくなり、カンタム・ロボのカップメン(バケツサイズ)を戸棚から見つける。その後、しんちゃんは隣のおばさんに助けを求めるが、それは火が怖くてつけられなかったとのこと。その後、しんちゃんはドロップをなめながら半ケツフラダンスの練習をして湯が沸騰するのを待つ。沸騰後、ラーメンの中に入れ、3分待つとの説明を読む。再び隣のおばさんの家に行き、3分がどのくらいかを昼寝で寝付いた頃のおばさんを起こし、1分の3倍だと聞く。ラーメンができた頃、みさえが帰ってきて、一口ほしいと言われるが、しんちゃんは嫌だと言う。
しんのすけ/みさえ/隣のおばさん/「いやしん坊バンザイ」のリポーター
ラーメンが急に食べたいゾ(1994年4月11日)
11 アクション自動車教習所にやってきたみさえは、しんちゃんを託児所に預ける際、しんちゃんはみさえと別れるのを悲しむが、託児所のおねいさんが来るなりあっさりみさえと別れる。みさえはベテラン鬼教官の三木和目男に教わるが、みさえが自動車の運転の仕方に無知でその度にバカもんと怒鳴る三木。一方、託児所でもしんちゃんが車のオモチャを運転しており、託児所のおねいさんは電話で呼び出される。みさえがいよいよ運転をすると、しんちゃんが車のオモチャで外を運転している姿を見て、道を外してしまう。しんちゃんはみさえが不倫をしていると言いだし、みさえはそれを否定するのに三木をオッさん呼ばわりし、その事に激怒した三木だが、彼にバカもんと言われてきたみさえも怒って、三木の胸倉をつかむ。
しんのすけ/みさえ/三木和目男/託児所のおねいさん/職員の女性/通りすがりの男性(職員?)
運転免許の教習だゾ(1994年5月2日)
12 幼稚園のバスの中で、園児や先生たちはその日のしんちゃんがバスに乗れるか当てっこをしており、結局よしなが先生の言った通りその日も乗れず。みさえは当てっこをしているのを知り恥をかき、トイレのしんちゃんにその事を伝えると、喜ぶしんちゃん。みさえはドア越しでしんちゃんに怒鳴るが、しんちゃんはウンチが少ししか出ない事を心配して、全く反省せず。1.5秒の速さで自転車で乗ったしんちゃんと、みさえは幼稚園に向かう。道中でしんちゃんはお菓子や写真集を見てくつろいだり、バイクに乗った女性の後ろに乗って、みさえを怒らせる。どうにか幼稚園に着いたみさえだが、しんちゃんは弁当を忘れており、再び幼稚園に向かうみさえ。
しんのすけ/みさえ/よしなが先生/風間君/ネネちゃん/マサオ君/よしなが先生/バイクに乗った女性
自転車通園楽しいゾ(1994年5月30日)
13 買い物から帰ったみさえは、しんちゃん用の安い駄菓子を下の戸棚にしまい、客用の高級菓子をしんちゃんの見つからない上の戸棚にしまう。しんちゃんが帰ってきて、うがいと手洗いとフランダンスをして、お菓子を出そうとすると、上の戸棚に高級菓子があるのを見つける。しんちゃんはそれらのお菓子を食べてしまえば、みさえにお仕置きされると思い、だからといって食べなければ食べたさにうなされると考える。そこで、自分用のお菓子と客用のお菓子の中身をすり替えると考える。しんちゃんは二つのお菓子を持ち出すが、みさえがやって来るたびに、半けつかに星人をやったり、寝たふりとしたりと、みさえはしんちゃんの行動に不自然さを感じる。そして、しんちゃんはみさえにお菓子を持ち出していた事を知られてしまう。その後、二人は両方のお菓子を開けて食べる。
しんのすけ/みさえ
高級お菓子が食べたいゾ(1994年5月9日)



埼玉紅さそり隊と‘‘お笑い’’で対決するぞ編
1 こっちが丘公園に現れた埼玉紅さそり隊。そこへ、しんちゃんとマサオ君とボーちゃんがかすかべ赤パンダ隊と名乗って現れる。真似されたと怒る竜子だが、お銀とマリーになだめられ、集会をすることに。そこへ、一人の男子高校生を見た竜子は急遽解散することに。翌日、こっちが丘公園で竜子はその男子高校生に一目ぼれしてしまった事を確信する。そこへ、しんちゃんがやって来て、竜子はしんちゃんの態度に苛立つが、例の男子高校生が来ると隠れてしまう。しんちゃんは竜子はその高校生に借金していると指摘すると、竜子は恋をしたと言ってしまい、それを聞いていたお銀とマリーが来る。恋愛をしてはならないという紅さそり隊の掟を破ったことで、竜子はお銀とマリーから制裁を受けることに。両腕をくすぐられるという制裁を。
しんのすけ/ふかづめ竜子/魚の目お銀/ふきでものマリー/マサオ君/ボーちゃん/男子高校生
スケバンの掟は厳しいゾ(1994年6月13日)
2 前回の続き、「ふかづめ竜子 恋物語」。あっちが丘公園現れた埼玉紅さそり隊だが、その中にしんちゃんも混じっていて、しんちゃんから師匠呼ばわりされた竜子は怒るが、竜子をなだめようとうっかり師匠と呼んでしまったお銀とマリーにも八つ当たりする。しんちゃんは「おつや」の時間とのことで帰り、竜子は紅さそり隊のテーマをお銀とマリーに歌わせ、紅さそり隊の掟の恋愛禁止を解禁することを伝え、その日はそれで解散となる。竜子の気合いの無さに紅さそり隊の今後を憂いるお銀とマリー。こっちが丘公園にて、竜子は男子高校生にラブレターを渡そうとするが、しんちゃんがやってきて、内容を訊かれてうっかりしゃべってしまう竜子。そこへ男子高校生が友達とやってきて、竜子はしんちゃんと隠れるが、しんちゃんは木に隠れた竜子のスカートの中に入る。その男子高校生のかばんが通りすがりのお婆さんにぶつかり、また男子高校生と友達の会話から、彼が大勢の女と付き合っているのを聞き、竜子はお婆さんをしんちゃんと起き上がらせるのを手伝い、その高校生を殴ってラブレターを破る。恋愛に終止符を打った竜子はしんちゃんに焼きいもをおごろうとすると、お銀とマリーもやってくる。
しんのすけ/ふかづめ竜子/魚の目お銀/ふきでものマリー/男子高校生/男子高校生の友達/通りすがりのお婆さん
スケバンのラブレターだゾ(1994年6月13日)
3 野原家に近所の宇集院夫人がやってきて、1週間フランスへ旅行に行っている間、飼い犬のパトリシアを預けてほしいと頼まれる。みさえは引き受けるが、財布の中身を心配しつつエサの霜ふり牛を買いに行く。留守番することになったしんちゃんは、パトリシアの体をあちこちいじり、オス犬だからともっと男らしいに髪型にしようと、サブちゃん(北島三郎)カットにしてあげると言って、刈込用のはさみを持ち出してくる。パトリシアは逃げ、しんちゃんはシロと一緒に探すことに。しんちゃんは家中の窓やドアを閉め、パトリシアをサブちゃんと呼んで追いかける。パトリシアは押入れを開けて中に逃げようとするが、開けた途端に押入れから布団など物が落ちてくる。そして、しんちゃんのはさみがパトリシアに・・・。一週間後、お土産のペナントを携えてパトリシアを迎えに来た宇集院夫人に対して、みさえはパトリシアが帰りたがらないからもう少し預けたいと言う。その頃、サブちゃんカットにされたパトリシアは、しんちゃんのオモチャと化していた・・・。
しんのすけ/みさえ/パトリシア/宇集院夫人/シロ
サブちゃんのお世話だゾ(1994年6月6日)
4 アクションようちえん、ネネちゃんがおままごことをやろうと言い、ネネちゃんは主婦、しんちゃんは父ちゃん、ボーちゃんはペットのネコをやると言う。すると、風間君が医者をやると言い、子供役を嫌がるマサオ君はそれを聞いて八百屋をやると言う。そこで、しんちゃんは誰か子役を連れてくるが、しんちゃんは園長先生を連れてきた。園長先生は我慢して幼稚園児の役をやらされ、これも仕事の一つだと自分に言い聞かせるが、ネネちゃんはその園長先生の様子が変だと言い、風間君の病院に連れていく。園長先生は実際に服を脱がせられて、寒空の中本物に近い「診察」を受けさせられる。そこへ、おやつタイムというよしなが先生の声に園児たちが教室に行く中、園長は風邪をひき、マサオ君は誰も買いに来てくれないと泣き叫ぶ。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/園長先生/よしなが先生///
組長とままごとだゾ(1994年5月2日)
5 幼稚園でオニごっこをやって疲労していたまつざか先生が帰る途中、シロの散歩をしていたしんちゃんと会う。まつざか先生は自分が給料を服や化粧品につぎ込んでいるため、家賃の安い瀬古井荘(せこいそう)というアパートで暮らしている事が知られ、幼稚園ではなされると自分のイメージが崩れる事を懸念、しんちゃんに帰ってもらうために、自分のマンションは100キロもあるというが、通りかかった風間君に嘘だと指摘される。それでも30分は歩くから遠いとしんちゃんを説得する。しかし、しんちゃんにマンションの名前を聞かれ、「マンション・ジュリアナ」と答えると、目の前に実在していたマンションであり、まつざか先生は隙を見て走り、追いかけるしんちゃんをまこうとするが、しんちゃんはまつざか先生をママ呼ばわりし、周りの人が子供を捨てる母親と勘違いされる先生。その後、しんちゃんを家まで送り、疲労困憊でアパートへ帰ったまつざか先生。
しんのすけ/まつざか先生/シロ/風間君/通りすがりの男性と女性/よしなが先生、園長先生、ネネちゃん(まつざか先生の妄想で)
まつざか先生はお疲れだゾ(1994年5月9日)
6 会社の同僚の女性とそば屋に来たひろし。店内で横になるよう言われ、言われた通りにすると、みさえが水で練り上げたそばをひろしにかぶせ、棒で引き延ばされるそばの下で苦しむひろし。目が覚めたひろしの布団の上で、しんちゃんとみさえが寝ながら回っていた。その日は大掃除だが、二日酔いで頭の痛いひろしは乗り気がしないが、みさえに約束だからと風呂掃除をあみ戸を任せられる。しんちゃんはシロの犬小屋の掃除だが、しんちゃんはシロにやらせようとしたり、掃除機で犬小屋や庭を掃除したりしたため、みさえにゲンコツを受けて、ぞうきんで犬小屋を拭くよう言われる。しんちゃんが便器で拭いたぞうきんをバケツと運ぶと、頭を痛めて休んでいるひろしと会う。しんちゃんはひろしの額にぞうきんを載せるが、便器を拭いたのだと言われて怒るひろし。しんちゃんは犬小屋を拭くのに力を入れず、その事をみさえに咎められると小声で悪口を言うが、しっかり聞かれてすね毛で顔をこすられるというお仕置きを受けるしんちゃん。結局、予定の半分も終わらず機嫌の悪いみさえに、ひろしは来週やろうとなだめる。
しんのすけ/みさえ/ひろし/シロ/ひろしの同僚の女性、そば屋の店員(ひろしの夢の中で)
年末の大そうじだゾ(1994年12月26日)
7 サトーココノカドーに買い物に来たみさえとしんちゃん。みさえはしんちゃんに迷子になったらサービスカウンターに言うように言うが、そこのおねいさんに惹かれてわざと迷子になろうとするしんちゃん。試食売り場でしんちゃんに振り回される若い店員を見下す、ベテラン試食販売員、大利根川みね子(47、通称食わせのおみね)は自身の販売する高級サーロインステーキを試食させた客は絶対に買わせ、みさえも試食して、一度はしんちゃんを使って逃げようとするが、しんちゃんがステーキの試食を始めてしまい、結局買わされてしまう。閉店30分前、割引シールを持つ二枚目店員、6時半の男こと丸山文男(31、トランクス派)が登場。彼をおだてれば割引シールを張ってもらえるので、客が褒め言葉をかける。しんちゃんは丸山の落とした半額シールを持って、デパート中の商品に半額シールを張ってしまい、丸山は大利根川らに咎められる。
しんのすけ/みさえ/大利根川みね子/丸山ふみ男/サービスカウンターの女性店員/ウインナーの試食売場の女性店員/家電製品の男性店員/ご飯の試食売り場の店員2人(男性と女性)/客大勢
食品売り場は楽しいゾ(1994年6月20日)
8 東京某所、みさえとしんちゃんはおケイと忘年会へ。おケイと会う場所に来ると、しんちゃんは近くのモニュメントに乗っておケイを呼んで恥をかくみさえと他人のふりをするみさえ。その後、居酒屋「老衰の滝」のお座敷で忘年会を。みさえはその年におケイが結婚したことを話題に出すが、しんちゃんは年下の男をうまくだました結婚だと言う。しんちゃんがトイレに行く際、フタバ商事の宴会を見かけ、ひろしが同僚のリエとカラオケでデュエットして、ひろしがリエにキスしようとするところを目撃し、しんちゃんも宴会に飛び入り参加する。ひろしはしんちゃんにリエにキスしようとした事はみさえに内緒にするよう言うが、そのやり取りを見ていた。みさえ。その後、みさえとおケイも上機嫌でフタバ商事の宴会に参加するが、帰宅後に大変な思いをするであろうひろしを気遣う課長。
しんのすけ/みさえ/おケイ/ひろし/リエ/課長/「老衰の滝」の女性店員/「ハイグレパブ」の呼び込み(男性)
忘年会で盛り上がるゾ(1994年12月26日)
9 雪が降る街灯の下、恋人の石坂さんと待つよしなが先生。やがて到着した石坂さんは、よしなが先生にクリスマスプレゼントにネックレスを渡すが、それはケツだけダイヤネックレス(お尻の部分がダイヤの、ケツだけ星人のしんちゃんの姿)で、よしなが先生が石坂さんに助けを求めると、石坂さんの顔はボーちゃんに変わっていた。という夢を見ていたよしなが先生は、クリスマス・イヴのその日、恋人の石坂さんがやって来る予定だが、しんちゃんとボーちゃんがやって来る。よしなが先生は人の家で勝手にパーティーをしてはいけないことを説明するが、ネネちゃんとマサオ君もやってくる。事情を知ってがっかりするネネちゃんやマサオ君を見て、よしなが先生は6時までパーティーをして良いと許可する。プレゼント交換でしんちゃんがネネちゃんに壊れたミニカーのタイヤのネックレスをダイヤと聞き間違えて驚く。その後、電話がかかってきて、石坂さんが来られなくなったことを知ったよしなが先生は、嫌がるしんちゃんたちを引き留めてパーティーを続けさせる。
しんのすけ/よしなが先生/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/石坂さん(よしなが先生の夢の中で)
よしなが先生のイブだゾ(1994年12月19日)
10 1994年元旦、お雑煮を用意するみさえは、銀ノ介とつるが来るというはがきをもらうが、居間に戻ると庭から入ってきた銀ノ助とつるが既にいた。みさえはお年玉をしんちゃんに要求され、出費削減のために事実を教えずピンポン玉を渡してごまかすみさえ。それを見た銀ノ助は本当のお年玉を教えると言い、「おとしよりのタマ」を見せようとしてみさえに咎められる。お雑煮を食べると、銀ノ助はノドに詰まらせてみさえを驚かせるが、何度も見てきたひろしやつるは驚かず。また、銀ノ介はみかんに顔を書いて、みかんに指をさしてみかんくんを演じる。それを見たしんちゃんはみかんのみさえを演じるが、寝てばかりのみかん。はねつきをやろうということになり、負けたら顔に墨を塗ると銀ノ助が言うと、ひろしとみさえは当初は嫌がるが、ヘタなのだとしんちゃんと銀ノ助に言われると、ムキになって参加する。その後、顔を墨で塗った5人。その年のしんちゃんの抱負は去年のようによいこでいること。
しんのすけ/みさえ/ひろし/銀ノ介/つる
お正月はにぎやかだゾ(1995年1月9日)
11 「団さんのヘビメタ天気予報」で、その夜から明日の朝まで雪が降る事を知るみさえとひろし。みさえが雨戸を閉めようとすると、しんちゃんが口にカキ氷用のイチゴシロップを入れた状態で口を開けて、降ってくる雪を口に入れようとしているのを見て。驚いて怒鳴る。翌朝、休日のひろしは雪かきをすることにするが、そのまえに雪にあおむけに倒れて遊ぶが、しんちゃんにそのあたりでオシッコをしたと言われる。ひろしが雪かきを始めると、しんちゃんも手伝うが、しんちゃんの持っているのがお好み焼き用のへらやお風呂のかきまぜ棒であり、みさえに咎められる。しんちゃんはひろしの集めた雪をバケツである所に持っていく。ひろしが雪かきを終えると、しんちゃんが作ったすべり台を見て、自分も滑るが、そのすべり台の中にひろしの車が入っているのに気付き、雪が既に凍結していることに狼狽する。
しんのすけ/みさえ/ひろし/団さん(団羅座也)
雪かきは楽しいゾ(1995年1月30日)
12 しんちゃんが家に帰ると、みさえはこたつで寝ており、しんちゃんはみさえをこたつの中に入れてストップウォッチでスイッチを入れる。48秒後、熱帯砂漠でなべ焼きうどんを見ていたみさえは暑さのあまりに起きだす。しんちゃんは空腹をみさえに訴えるが、みさえはもうすぐで夕飯だからと取り合ってくれず、再び昼寝を。しんちゃんが大処に行くと、もちを見つけてストーブに載せて焼く。もちをしょうゆとのりで食べる事を想像するしんちゃんは、もちが膨らんで再びしぼむのを見て、ストーブの上で寝ているみさえの胸が急に膨らんで再びしぼむという想像をして楽しむ。しんちゃんがもちを食べていると匂いでみさえが目を覚まし、みさえももちを食べだす。その夜、ひろしが夕食を要求するも、もちをたくさん食べたみさえとしんちゃんは空腹ではなく、夕食はまだ早いとごまかすみさえ。
しんのすけ/みさえ/ひろし
おモチはおいしいゾ(1995年1月16日)
13 買い物から帰ったみさえは、冷蔵庫にしんちゃんがシロクマごっこしているのを見て、やめさせる。すると、しんちゃんは咳をし出し、みさえは自分のおでこを合わせて熱を図ろうとするが、しんちゃんは頭突きの勝負と勘違いし、みさえの頭を自分の頭にぶつける。再びみさえが測ると、少し熱っぽいとのことで、シロクマごっこでしんちゃんが熱を出していたことが判明する。その後、みさえはしんちゃんに玉子入りのおじやを持ってきて、しんちゃんに食べさせようと息を吹いて冷ますが、しんちゃんはみさえに咳をして、米粒がみさえの顔にふきかかり、熱い思いをするみさえ。みさえは顔を横にするか口で手を押さえて咳をするよう言い、再び息を吹いておじやを冷ますが、今度はくしゃみをして、またしても米粒がみさえの顔にふきかかり、熱い思いをするみさえ。
しんのすけ/みさえ
やっぱりカゼをひいたゾ(1995年1月23日)



クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝(1994年4月23日公開)
1 ブリブリ王国の秘宝(1994年4月23日公開)




原作あらすじ一覧  原作編  トップページ