原作あらすじ一覧  原作編  トップページ


原作あらすじ一覧(7巻)



サブタイトル 記号 話数 ページ
7 ひまわり組クレヨンしんちゃん a 2 3
しんちゃんのハンパじゃない関係図 b 1 1
めげないしんちゃん今日もがんばるぞ編 c 11 3
ほほ〜い ほ〜い! オラは人気者だぞ編 d 12 3
(第2話のみ6)
ひまわり組vsバラ組の熱戦開始だぞ編 e 10 3
(第2話・
10話のみ6)



ひまわり組クレヨンしんちゃん
1 みさえが家の前でほうきを持って掃除していると、だらしのない格好をした二人の高校生を見て親の顔が見たいと思うが、その高校生らはズボンとパンツを脱いだしんちゃんを見て、親の顔が見たいと言い、みさえが親だと認識する。公園で遊んでいたらズボンのお尻が破け、パンツが見えるのが恥ずかしいから下半身丸出しにして帰ったと言うしんちゃん。しんちゃんは新しいのを買うようねだるが、みさえが裁縫道具を持ってこさせる。しんちゃんは日曜大工セットを間違えて持って来て、みさえに場所を教えられ、棚の引き出しから道具を出させられるが、みさえのへそくりを発見、ひろしに内緒にするのと引き換えにアクション仮面の変身セットを要求する。しんちゃんはみさえが糸を針に通す際、糸をなめるのを見て、真似をしてなめて、蜂蜜に糸をつけてなめようとする。しかし、なかなか針に通らず、しんちゃんは針を蹴りつけるが、それによって針に糸が通ってしまう。みさえがズボンを縫うと、しんちゃんも縫いたいと言い、みさえにぼろ布で雑巾でも縫えばと言われる。しかし、しんちゃんはみさえの高級ブランドのピエール・ガンバルマンのハンカチを縫って、メチャクチャに糸を通してしまう。
しんのすけ/みさえ/男子高校生(二人)
ぬい物をするゾ (1993年11月15日)
2 意気消沈したひろしが帰ってくると、みさえがしんちゃんに怒っており、みさえにしんちゃんを叱るよう言われ、ひろしはしんちゃんに誤るように言う。謝ったしんちゃんに、ひろしは許してやると言い、何をやったかと訊くと、ひろしの唐揚げをテレビ見ながら運んでいたら落としてしまったとのことで不機嫌になるひろし。その日、会社でヘマを起こして、夕食になっても元気のないひろし。みさえから励まされるものの、しんちゃんが余計な事を言い、ますます落ち込んでしまう。その後、しんちゃんが寝た後にひろしは会社を辞める事をみさえに打ち明ける。みさえはひろしの考えに理解を示し、二人は愛情を確認しようとするが、しんちゃんの寝相で起きたと勘違いし、寝たふりをする。翌朝、辞表を手にしたひろしは、みそ汁をこぼしてみさえに叱られてもめげないしんちゃんを見て、めげない事を認識、辞表を破って意気揚揚と会社へ行く。
しんのすけ/みさえ/ひろし/テレビのおねいさん(しんちゃんの回想のテレビの中で)
父ちゃんはお疲れだゾ (1993年11月1日)



しんちゃんのハンパじゃない関係図
1 しんちゃんとその周りをとりまく相関関係
(単行本に掲載されていた図を、絵を除いた形で再構成)



めげないしんちゃん今日もがんばるぞ編
1 言われると、面倒くさそうな顔をするしんちゃん。みさえに脅されるが、しんちゃんは転んで足をケガしたからいけないと言われる。しかし、みさえにアクションロボと呼ばれ、走ってしまって足が元気なのを暴露し、結局散歩へ。途中、カミナリおじさんのいる道へ行くシロ。しんちゃんは嫌がるが、美人のおねいさんとメス犬がいるのを見て、行くことに。しかし、おねいさんたちの前に凶暴な野良犬がやってくる。シロは野良犬と対峙し、しんちゃんもケツだけ星人で威嚇すると、野良犬はおびえて逃げていく。しんちゃんはおねいさんに礼を言われる。おねいさんの犬はリリイというマルチーズ犬で、しんちゃんはシロをワタアメ犬かなと言い、笑うおねいさん。翌日以降、しんちゃんとシロはみさえが不思議に思うほど燃えて散歩に行く。しかしある日、おねいさんは遠くへ引っ越してしまい、お別れとなってしまう。その次の日から、仮病を使って散歩を怠けようとするしんちゃん。
しんのすけ/みさえ/シロ/おねいさん/リリイ
シロの初恋物語だゾ(1993年9月27日)
2 北かすかべアスレチック公園に来たアクション幼稚園の一行。園長先生はアスレチックで汗を流そうと言うと、しんちゃんはサウナで汗を流したい、その後にコーヒー牛乳を飲むと言う。全種目をクリアするとガンバッタで賞をあげると園長先生から言われ、賞の内容に過剰の期待をするしんちゃん。木の棒の上を渡っていく種目でジュリアナ埼玉のお立ち台クイーンコンテストの踊りの練習をするまつざか先生に、転びそうになってしがみつくしんちゃん。木から落ちまいと必死になるまつざか先生。ロープ状の網を登っていく種目で、まつざか先生はネネちゃんやマサオ君からクモと言われ笑うが、しんちゃんに「男を待ちぶせる毒ぐも」と言われ、本気で怒る。ロープで川を渡る種目では、しんちゃんは岸に降りられず戻ってしまうが、チーター河村の顔にしんちゃんの半ケツがぶつかってしまう。最後の種目、いかだ渡りの池で、途中でしんちゃんは転んでしまって痛がり、よしなが先生が助けに駆けつけるが、大人の体重ではいかだが沈んでしまう。しんちゃんは痛くない方の足で岸に渡り、沈みゆくいかだに残されたよしなが先生は、その後売店でダサイいジャージを買って着替える。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/チーター河村/よしなが先生/まつざか先生/園長先生
アスレチックするゾ(1993年10月4日)
3 朝食を食べないで会社に慌てて行くひろし。みさえは幼稚園が特別休園日なのでしんちゃんを起こすのをやめる。かすかべ駅でひろしはコーヒー牛乳を買うが、しんちゃんからも買ってくれと言われ、もう一つ買う。二人で飲んでいる最中、ひろしは状況を理解し、慌ててしんちゃんに何でついてきたのか訊く。その日、幼稚園は休みで探偵ごっこをやっており、現在ひろしの浮気を調査しているとのこと。時間が無いため、ひろしは仕方なく電車に乗せるが、満員電車に苦しみ、抱っこしてくれとせがむしんちゃん。ひろしが仕方なく抱っこすると、しんちゃんは他人の世間話に口を挟んだり、スポーツ新聞を読もうとしたりする。草加駅で降りたいと言うしんちゃんだが、OLが大勢入って来て機嫌を直す。しんちゃんは一人のOLをナンパし、ひろしの浮気の調査をしていると言い、慌てるひろし。その後、電車に降りるとひろしは家に電話するが、みさえがおケイと話し中で、ひろしは仕方なくしんちゃんと会社へ。
しんのすけ/ひろし/みさえ/売店(SUKEKIYOSUKU)のおばちゃん/電車の男性客数人/電車の女性客数人
満員電車に乗るゾ(1993年12月13日)
4 前回の続き。双葉商事にしんちゃんを連れてきたひろしは、受付の女性に奥さんに逃げられたかと思われ、しんちゃんは受付の女性の本とお菓子を食べる。会社で課長と会ったひろしとしんちゃん。ひろしは課長に事情を説明し、しんちゃんを応接室でテレビでも観ているよう言う。しんちゃんはメロドラマを大音量で観て、ひろしは慌てて音量を下げ、教育テレビに変える。その後もひろしは家に電話をかけるが、みさえはおケイと長話を続けていた。暇を持て余すしんちゃんは社内をうろつき、社長室に入る。しんちゃんは社長を会い、暇そうに見えると言う。ひろしは課長と社長へ報告へ行く。社長室では社長としんちゃんがアクション仮面ごっこをやっており、慌てふためくひろし。その後、みさえはしんちゃんが寝ているかと思いきや、いないことをひろしに電話する。ひろしはこっちで寝ていると言う。
しんのすけ/ひろし/みさえ/課長/社長/受付の女性/男性社員数人/女性社員数人
父ちゃんの会社で遊ぶゾ(1993年12月13日)
5 巨人vs阪神の試合が行われる東京ドームへ行く野原一家。しんちゃんは回転ドアで一回転して戻ってしまう。その後、席を確保するものの、そこは阪神側の席で、野球をよく知らないみさえとしんちゃんはいざ知らず、ひろしは動揺してしまう。みさえとしんちゃんは弁当を買いに行き、しんちゃんが弁当の名前を言うと言うが、恥ずかしくて言えず。しかし、中年女性から若い女性の店員が来ると、ナンパをするしんちゃん。それを母親似と言ったしんちゃんはみさえからグリグリ攻撃を受ける。プレイボール、ひろしは隣の男性も含め、阪神ファンの応援の気迫も圧倒され、みさえと共にしんちゃんがおびえていないかと思いきや、チアガールのスカートの中を双眼鏡で覗いていた。みさえはしんちゃんをひろしに叱らせようとするが、ひろしはパンツの柄をしんちゃんから聞き(トラ柄シマシマおパンツ)、みさえにひっかかれる。
しんのすけ/みさえ/ひろし/弁当屋の店員(中年と若い女性)/警備員/酔っ払いの男性客/阪神ファン数人/チアガール/入口の男性客
東京ドームへ行くゾ(1994年6月13日)
6 前回の続き。阪神の球を巨人が受け取り、ひろしがそれを喜ぶと周りの阪神ファンから睨まれ、必死にごまかす。試合の合い間に客席が映されるテレビで、野原一家が映ってしまい、しんちゃんはお尻を出して笑いの的となってしまう。ひろしは売り子からビールを買うが、しんちゃんはビールの装置を押してしまい、ホースからビールが飛び出し、周りに謝るみさえとひろし。みさえはしんちゃんに売り子の女性に誤らせるが、ついでにお付き合いをしようと言いだす。9回の表タイガースバッターで新庄が登場、ファンのみさえは大喜びで、新庄の守備をひろしから訊く。3対3の9回裏、巨人ツーアウト満塁、代打で松井が登場にひろしは喜ぶがまたしても睨まれ、ゴジラのなき方を実演してごまかす。ホームラン、ボールが野原一家の席に向かって飛んでくる。しんちゃんは持ってきたグローブを取り出すが、ボクシングのグローブだった。ボールはひろしの頭を直撃、頭がおかしくなりひろし。
しんのすけ/みさえ/ひろし/阪神ファン数人/ビールの売り子の女性/実況
東京ドームへ行くゾ(1994年6月13日)
7 かすかべ書店、二人の男性客が宮沢りえ代の写真集を立ち読みしに来て、それを店長から指示を受けた店員の中村が阻止、しかしその直後しんちゃんが書店に入って来て、同写真集を立ち読みする。その日は年に一度のかすかべ書店チェーン本部から、ぬきうち視察が来る日、もし視察官が来ている時に店を荒らされれば本部からの特別ボーナスが無くなってしまうため、店長は中村に、ソフトに追い返すよう指示。中村がしんちゃんに話しかけると、しんちゃんは自分の写真集と称してアルバムを売ってほしいと言。中村は持って帰るよう言うが、話を聞かないしんちゃんを怒鳴る。その様子を視察官らしき男性が見ており、店長は中村を注意する。中村は駄菓子をあげるから帰るよう言うが、ロイヤルチョコビを出されてもう少しいさせてと言われ、中村はお菓子につられて、しんちゃんに言いなりに。お菓子を食べているのを店長に注意された中村は、しんちゃんにトイレに行きたいのか言って無理やり追い出そうとするが、しんちゃんは騒ぎ出し、誘拐するのかと言い、店内は騒がしくなる。その視察官らしき男性はただの暇な客で、中村がお菓子を食べている辺りから店内におり、しんちゃんに夢中の店長に話しかけても全く無視されていた老人こそが視察官で、その店内の様子からボーナスはなしと。
しんのすけ/店長/中村/視察官らしき男性(ただのひまな客)/老人の客(視察官)/男性客二人
今日も本屋さんで遊ぶゾ(1993年11月22日)
8 バス通園のはずだが、超ねぼうゆえにみさえがほとんど毎朝送ってもらっているしんちゃんだが、みさえはその日から卒園まで寝坊をさせずにバスに乗せると宣言。さっそくしんちゃんを起こすが起きず。そこでみさえは昨夜録画したニュースステーションを流し、小宮悦子に惹かれて起きるしんちゃん。次にお着がえマーチのテープを流し、歌の通りに踊って着がえてしまう、園児の習性を利用。顔を洗わせる際に、口紅を塗ったみさえは気分の乗らないしんちゃんの頬にキスをし、嫌でも顔を洗わせる。朝食ではチョコビをさがせゲームという、ごはんとみそ汁にチョコビを一つずつ入れて、ゲームで乗せることでしんちゃんに朝食を早く食べさせる。そして、お通じの良くなるメニューのためにトイレから早く出たしんちゃん。こうしてバスに乗れると思いきや、電話がなる。バスが故障という知らせで、結局自転車で送るハメに。
しんのすけ/みさえ/小宮悦子(テレビの中で)/通りすがりの女性
チコク防止作戦だゾ(1994年1月24日)
9 7月某日、みさえはストーブをそろそろしまおうと、押入れを整理していたら、高校の時の制服を見つけ、着てみるとめいっぱいお腹をへこましつつもどうにか着る事ができて、上機嫌のみさえはシロにも見せびらかす。そこへ、しんちゃんが帰ってくるが、その日は特別家庭訪問で園長先生も一緒で、制服姿のみさえは隠れていないふりをする。着がえたくても洋服ダンスはしんちゃんたちのいる部屋なため、みさえは身動きがとれず。すると、園長先生はトイレはと訊くので、しんちゃんが案内しその間に服を取ろうと考えるが、単に洋式と和式のどちらが良いかという質問だった。その後、いつまで経ってもみさえが帰ってこないため、園長はもう次の家に行くので、最後にもう一度しんちゃんの家に行くと言うが、安心したみさえはゴミ箱を倒してしまい、慌てて逃げる。園長先生は泥棒が入った思い、警察へ電話する。みさえは2階の洗濯物を思い出し、ベランダへ行きそれらが乾いているので安心するが、家にパトカーがやってくる。結局、みさえは園長先生や近所中に制服姿をさらしてしまう。
しんのすけ/みさえ/園長先生/となりのおばさん/警察官二人(一人の名前は一平)
セーラー服母ちゃんだゾ(1993年11月8日)
10 アクション幼稚園、ニワトリ小屋のそうじ当番で、風間君はしんちゃん、ネネちゃん、マサオ君、ボーちゃんを呼び出す。しんちゃんは何をするかと訊き、風間君はニワトリ小屋のそうじ当番は給食の用意をするかと訊き返し、しんちゃんは給食当番がやるから自分たちは解散と言い、風間君は小屋のそうじをするんだと怒鳴る。マサオ君たちは水をくみに行ったため、小屋の中では風間君と二人っきりになって喜ぶしんちゃん。しかし、ドアを開けっ放しにしていたために、ニワトリが逃げ出そうとし、状況を理解しないしんちゃんはドアを閉めずに逃がしてしまう。マサオ君らに事情を説明し、5人は探しに行く。しんちゃんとマサオ君とボーちゃんは園長先生の家を探しに行くが、開けっ放しになっている窓の部屋にアルバムを発見。そこへよしなが先生が来るが、先生も一緒になってアルバムの昔に園長先生を見ると、本人がやってくる。しんちゃんは事情を説明し、園長先生はまつざか先生にも話すと彼女はよしなが先生にひまわり組の悪口を言うが、しんちゃんにも悪口を言われる。ニワトリ探しが行われる中、ボーちゃんが小屋にニワトリが戻ってくるのを見て、そうじを再開する。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/ニワトリ2匹/ひよこ3匹
ニワトリさんを探すゾ(1993年10月25日)
11 野原家にやって来たおケイだが、中にはしんちゃんしかおらず、高のぞみして婚期が遅れたが最近結婚できた旨を玄関先で伝えて開けてもらえる。しんちゃんはお茶菓子を出すが、イチゴシロップとドッグフードを持って来て、遠慮するおケイ。やがてみさえが帰ってくるが、みさえが新婚生活の事を訊くと、おケイは突然泣き出す。そこへしんちゃんも騒ぎ出して、みさえは怒鳴る。おケイは夫のサトシが許せないと言い、みさえはよほどひどい目に遭ったのかと思いきや、単にみそ汁の具をめぐっての喧嘩(おケイはナスのみそ汁が好きで、サトシはジャガイモでないと嫌だという)が原因だった。その後、サトシがおケイを迎えに来て、二人はそのまま仲直りして帰る。みさえは当分来るなと思い、二人が帰った後、どっと疲れてしまう。
しんのすけ/みさえ/おケイ/サトシ/テレビドラマの男性と女性(テレビの中で)
新婚さんのケンカだゾ(1993年11月29日)



ほほ〜い ほ〜い! オラは人気者だぞ編
1 部下のリエに会社の屋上へよびだされたひろしは、耳そうじをさせてくれと言われ、片方だけと承諾し、膝枕に頭を乗せる。そこへみさえがやって来て、漬物石をひろしの耳(頭)の上に置いていく。…というのはひろしの夢で目が覚めるとしんちゃんが耳(頭)の上で読書をしていた。ひろしが注意すると、しんちゃんは次から新聞にすると言い、ひろしはパパとのお約束条項第1条で顔の上での読書や遊戯を禁止する。しんちゃんに遊ぼうとせがまれるが、仕事で疲れているひろしは父の日にもらった肩たたき券を出す。しかし、その券は有効期限が切れている(裏面に書かれている)事をしんちゃんに指摘される。しんちゃんはチョコビが食べたいと言い、ひろし買ってやるからと、うつ伏せになり、背中と腰を踏むマッサージをさせる。ひろしの背中に上がったしんちゃんはバランスを崩し、右足で股間を踏んでしまい、ひろしは激痛に苦しむ。その後もマッサージをさせ、ひろしはマッサージをするのにしんちゃんの体重がちょうどよいと言うが、それを見たみさえがスペシャルマッサージと称してしんちゃんと一緒にひろしに乗る。夢の続きを見ている気分になるひろし。
しんのすけ/ひろし/みさえ/リエ(ひろしの夢の中で)
2 アクション幼稚園の夏休みキャンプで、班ごとにテント作りが行われるが、しんちゃんは自分の班(パンダさんチーム)を夜の銀ぎつねチームといいかえ、風間君が怒る。風間君はキャンプ経験者の自分がチームのリーダーになることを言うが、しんちゃんが不満を口にする。他にリーダーをやりたい人を訊くと、しんちゃんは体調、マサオ君はキャプテン、ボーちゃんはボスと言い、風間君はしぶしぶ3人をそのように呼ぶ。風間君がテント作りの説明をしている中、3人は聞いておらず、燃えて怒った風間君にしんちゃんはキャンプファイヤーだと言う。テント完成後、晩ごはん作りとなり、米を洗う係りや野菜を切る係りに分かれ、しんちゃんはチョコビを食べると係りと言うが、風間君に野菜を切る係りだと言われる。まつざか先生が包丁をしていると、しんちゃんが独身ようかい包丁女と言い、包丁を持って怒り心頭のまつざか先生に怯える(しんちゃん以外の)園児たち。しんちゃんはよしなが先生に千切りやみじん切りは出来ないのかと訊き、必要が無いからと返されると出来ないからごまかしていると言い、ムキになったよしなが先生はカレー用のじゃがいもを千切り、みじん切りしてしまう。その後、カレーを野外で美味しく食べる園児と先生たち。キャンプファイヤーで、園長先生は副園長先生からギターケースを渡され、期待を寄せるよしなが先生とまつざか先生、しかしケースには着がえの服が入っていただけ。よしなが先生は盛り上げるために南かすかべ音頭を、まつざか先生はジュリアナ東京での曲を、しんちゃんはアクション仮面音頭をかけて、それぞれ好きに踊る。その後、きもだめしが開始され、森の先にある大きな木の下に置いてあるスタンプをカードに押してくるというもので、よしなが先生とまつざか先生が途中でオバケに扮しているという。いよいよしんちゃんたちの番、怖いと言うマサオ君、必死に怖いのを隠す風間君、するとしんちゃんが風間君の耳元に話かけ、驚いて走り回る風間君。すると、白い幽霊がやってくる。しんちゃんは恋人は石倉三郎似というと、石田純一だと訂正し、白い布にかぶったよしなが先生だと判明、別の方向から来た白い幽霊にしんちゃんは男知らずと言い、幽霊は怒りだしてまつざか先生と判明。スタンプを押す際、風間君は怖くなかったと意地を張るが、すっかりちびっていた。最後に全員で記念写真を撮影、しかし数日後、その写真のしんちゃんの後ろから手だけが映っており、園児たちは大騒ぎするが、手の主は列からもれてしまったボーちゃんだった。。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君ボーちゃん/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/副園長先生/その他園児大勢
夏休みキャンプだゾ(1994年7月25日)
キャンプで肝だめしだゾ (1994年7月25日)
3 銀座、夏休みお子様映画「アクション仮面」の開始が迫り、劇場へ走る野原一家。第一回目の上映の後に、アクション仮面(郷剛太郎)による舞台挨拶があり、それをどうしても見たいと言うしんちゃん。劇場到着後、ひろしはチケットを買っている最中にしんちゃんはD.D.ガールズの映画のポスターに引かれ、みさえに連れ戻される。しかし、ひろしも「東京女郎ぐも夫人」のポスターに見とれて、みさえに殴られる。チケットを切る係りの女性に、チケットを切るのが趣味だと勘違いするしんちゃん。劇場内は混雑していたが、三つの空席を見つけ、奥の方の席の隣には美人の女性がおり、しんちゃんとひろしが取り合いになるが、みさえが座ることに。しんちゃんとみさえが買い物に行く際、みさえが上着で席を確保するのを見て、しんちゃんはズボンとパンツで確保しようとして止められる。売り場でしんちゃんはアクション仮面Tシャツをねだるが、値段(5千円)を聞いたみさえは家にあるTシャツにアクション仮面シールを貼れば良いと言う。しんちゃんはサイン色紙をねだるが、値段(800円)を聞いたみさえは画用紙にサインとそっくりに書いてあげると言う。みさえのケチに悪口をいうしんちゃんはみさえからスペシャルローリンググリグリフラッシュを受ける。偶然来ていたアクション仮面の原作者はそれを見て、必殺技にしようとメモを取る。
しんのすけ/ひろし/みさえ/チケット係りの女性/観客の女性/売店の女性/アクション仮面の原作者
4 前回の続き。お菓子を食べすぎるしんちゃんを注意するみさえ。しんちゃんはみさえのように三段腹になってしまうからかと訊き、頬をつねられる。上映開始前のCMで、キスシーンが登場し、みさえはしんちゃんに見せないよう目をふさぐが、映像に集中するみさえの手をしんちゃんは動かし、みさえの指でじぶんのハナくそほじらせる。しんちゃんはゲンコツを受け、お約束条項第96条に他人の指でハナくそをほじるのを禁止する。アクション仮面の上映中、しんちゃんはオシッコを我慢しており、みさえにグリグリで脅され行くように言われ、トイレに。トイレに行くと、しんちゃんは偶然トイレに来ていたアクション仮面(郷剛太郎)と会ってしまい、アクション仮面はしんちゃんにオシッコするのかと聞かれ、そうだと答えつつも子供の夢を壊すことを憂いる。しんちゃんはアクション仮面が並マンモスだとメモし、サインをもらう。舞台挨拶でアクション仮面が登場すると、しんちゃんは大声で呼び、トイレで一緒にオシッコしたと言い、周りの観客はアクション仮面もオシッコするのかと言い合い、慌てふためくアクション仮面。
しんのすけ/ひろし/みさえ/アクション仮面(郷剛太郎)/男性の係員/観客の女性/司会の女性/観客大勢/甘エビ将軍スシネッター(映画の中で)/映画のCMの登場人物数人
アイドルと握手だゾ(1995年5月1日)
5 ものすご〜く暑い夏の午後、帰宅したしんちゃんは素っ裸になり、昼寝中のみさえにかかっている扇風機の前に立ち、涼しむ。起きたみさえはしんちゃんをだらしないと言うが、しんちゃんは涼しんで話を聞かない。しんちゃんが話を聞いてパンツをはくと、怒ったみさえは余計暑くなり、行水をしようとなり、庭に出したビニールプールに水とお湯を入れると、しんちゃんは塩とコショウを入れて、みさえは料理するのではないと言うと、しんちゃんは当り前だと威張り、頬をつねられる。しんちゃんが行水を楽しんでいるとみさえも入ろうとするが、しんちゃんはいい年してと言う。みさえは誰も見ていないから良いと言うが、誰も見ていないのに水着にこだわるみさえ。しんちゃんとみさえとシロが行水を楽しんでいると、外回りの途中で近くまで来て、着がえに寄ったひろしがやってくる。しかし、ひろしは着がえをやめ、仕事はこれで終わりと言い、ひろしもビニールプールに入ってくる。
しんのすけ/みさえ/ひろし/シロ
暑い日は行水だゾ(1994年8月8日)
6 むかしむかし埼玉県に風間君というまじめで働き者で勉強熱心な子がいた。風間君は道で罠にかかった鶴を見つけ、助けると鶴は恩返しに来ると言って飛んで行った。しばらく行くと、今度はしんちゃんそっくりのペンギンが罠にかかっており、助けるとペンギンは礼はいらないと言って去ろうとする。怒った風間君はさきほどの鶴を話し、きちんとお礼を言うように言うが、ペンギンは恩返しを仕返し言い間違え、風間君は訂正させて再度お礼を言わせる。帰宅後、風間君は鶴を助けた事を母親に話してほめられるが、鶴を助けた事は話さなかった。数日後、お鶴という美女が風間君の上に訪ねてきた。お鶴は旅の途中、辺りに宿が無いから泊めてほしいというもので、風間ママは快く受け入れる。すると、お鶴ついてきた一人んじょ子供(しんちゃん)がおり、お鶴はその子を知らないが、話を聞くと彼女と同じ状況であるためその子も泊めることに。その夜、お鶴の部屋から物音がするため、風間君と風間ママが開けると、鶴が自分の毛で機織りをしていた。お鶴の正体は以前風間君が助けた鶴で、恩返しとして素晴らしい布を残して去って行った。今度はしんちゃんの部屋からも物音がするので、開けると風間君の助けたペンギンが絵本を描いていた。ペンギンは一応恩返しとして「ぶりぶりざいもんのぼうけん」という絵本を渡し、その絵本は本屋に持っていけばベストセラーになると言って去っていく。しかし、しんちゃんは風間家のお菓子を持って行ってしまい、風間君は恩をあだで返したと憤慨する。…という夢を見る、「つるのおんがえし」の絵本を枕元に置いて眠っているしんちゃん。
しんのすけ/ペンギン(夢の中のしんのすけ)/風間君/鶴(お鶴)/風間ママ
ペンギンの恩返しだゾ(1995年10月23日)
7 風間君が友達の優華ちゃんと英語塾から帰る途中、蚊ごっこをしているしんちゃんと会い、風間君ストローで腕を吸いつかれる。しんちゃんは風間君が普段しんちゃんと蚊ごっこを楽しんでいるような事を言い、真に受けた優華ちゃんは風間君と別れ、縁を切ってしまう。機嫌の悪い風間君は英語塾の次に書道教室に行くとのことで、しんちゃんに絵日記くらいつけたらと言う。帰宅後、しんちゃんは早速絵日記をつけようと、みさえに書き方を訊くと、自分の思った事を書けば良いと言われ、みさえの悪口を書くので、みさえはその日の出来事などを書くものだと言う。しんちゃんは、朝おねしょしたパンツをタンスに隠した事を書き(内容を音読しながら書いている)、みさえにバレて正直さにほめられかつグリグリを受けて叱られる。数十分後、反省したかみさえがしんちゃんの様子を見ると、しんちゃんは先ほど怒られた事を書き、次は見つからないように頑張ろうと締めくくり、反戦していないことにあきれるみさえ。
しんのすけ/みさえ/風間君/優華
夏休みの絵日記だゾ(1994年8月15日)
8 夏の暑い中、みさえがようやく洗濯を終わらせたかと思いきや、しんちゃんとひろしが再び洗濯物を出し、いつまで終わらないことにうんざりする。さらに、ひろしの新聞やゴルフの道具の片づけ、ひろしとしんちゃんによる、昼食、ビニールプール、アイロン等の要求に、ついにみさえは切れて二人の怠惰を怒鳴りつける。みさえはその日、夏休みを取ることを宣言、食事の用意やアイロンもすべて自分でやるよう言う。ひろしとしんちゃんは渋々ながらみさえの仕事をやろうということで、ひろしは洗濯をする。しんちゃんはゴロゴロして、それは仕事でないとひろしに言われる。夕方、昼寝から目が覚めたみさえは部屋が片付いて洗濯物も取り込んでいるのを見て、一通の書き起きを見つける。そこには、ひろしとしんちゃんによるみさえへのねぎらいの言葉がかけられており、ホロリとくるみさえ。その頃、ひろしとしんちゃんは買い物に出かけており、美人の試食販売員の女性に惹かれていた。
しんのすけ/みさえ/ひろし/シロ/となりのおばさん/試食販売員の女性
母ちゃんのストライキだゾ(1994年8月22日)
9 おケイからもらった招待状でファッションショーに行くみさえとしんちゃん。途中でショーが取材目的のおケイと合流し、彼女は仕事が終われるまで待っててと、旦那のサトシといちゃつく。ファッションショー会場でデザイナーのピエール西園はしんちゃんを見て、その日出演予定だったのがゲリで来られなくなった子役モデルの代役をしんちゃんにやらせると言う。みさえとしんちゃんは、しんちゃんがトップの子役モデルになった事を想像してにやける。しかし、しんちゃんはステージにあがることを嫌がり、おケイは通りかかった美人モデルと一緒だと言い、しんちゃんをその気にさせる。ショーでは共演の小学生の女の子と一緒に歩き、ステージの中央でくるっと回って帰ってくればいいと説明を受ける。しかし、しんちゃんは「くるっと回る」の意味を別に捉え、ステージの真ん中で歩く方向を変えるのではなくでんぐり返しをする。それを演出と勘違いした観客から拍手が起こり、女の子は嫉妬し、逆立ちをする。その後も二人は様々な芸を披露、それを見たピエール西園はショックで錯乱する。
しんのすけ/みさえ/おケイ/サトシ/ピエール西園/ピエール西園の秘書/モデルの小学生の女の子/女性のモデル数人
ファッションショーに出るゾ(1993年12月27日)
10 野原家に銀の介から手紙がやってくる。いつか野原家に遊びに来るという内容で、みさえが手紙を読んだ直後につると一緒にやってくる。銀の介としんちゃんは久々の再開で、キスしようとしてみさえとつるに怒鳴られる。部屋に行くとしんちゃんによって異常に散らかっており、部屋の散らかりを気にしない銀の介とつるもあきれる。つるは自分の畑で採れた芋でにっころがしを作ると言い、銀の介はしんちゃんとみさえと部屋の掃除を手伝うことに。しかし、掃除の途中で遊びだすため、みさえはしんちゃんと銀の介を部屋から追い出す。二人は2階で遊ぼうと言う。その後、みさえが掃除のために2階へ上がると、倒れている銀の介を見てひどく動揺するが、しんちゃんと死体ごっこをやっていただけだった。夕方、銀の介はしんちゃんと一緒に風呂に入り、しらがマンモス踊りを見せると言い、嫌になるみさえ。しかし、つるがしんちゃんと入ると言い、安心するみさえ。しかし、つるは風呂場でするめオッパイおどりをしんちゃんに披露する。
しんのすけ/みさえ/銀の介/つる
じいちゃん達が来たゾ(1994年1月10日)
11 アクション幼稚園、マサオ君はばら組の前でうろついていると、むささびごっこをやっているしんちゃんに話しかけられる。むささびのしんちゃんは顔を床にぶつけ痛がるが、すぐに立ち直って面白かったからまたやろうと言う。その後、しんちゃんからムササビゴッコを勧められるマサオ君はばら組の女の子を見て赤くなり、ネネちゃんに指摘される。マサオ君はバラ組のメグミちゃんが好きで、ネネちゃんからラブレターを書くよう勧められる。ラブレターの内容をネネちゃん、ボーちゃん、しんちゃんで考えてやることに。マサオ君は一番目に好きですと書こうと言うと、しんちゃんたちは自分たちは何番目に好きなのかと勘違いし、マサオ君は自分の友達と同じくらい好きだと書く。マサオ君はラブレターを渡すのが恥ずかしく、しんちゃんに頼む。ばら組の園児にでメグミちゃんは誰かと訊き、ラブレターを渡す。しかし、ばら組にはメグミという女の子が二人おり、しんちゃんが渡したのは別の太ったメグミちゃんであった。マサオ君はラブレターに一緒にシーソーに乗ってくださいと書いており、二人はシーソーに乗ることに・・・。
しんのすけ/マサオ君/ネネちゃん/ボーちゃん/メグミ/(もう一人の)メグミ/ばら組の園児(男の子)/メグミの友達
マサオくんの恋だゾ(1994年1月24日)
12 みさえが中学の頃のクラス会に行く、しんちゃんとみさえ。しんちゃんはみさえと同い年がいっぱいに敬遠する。料亭「ふたば」にて友人と再会し、博多弁を話す姿を見て、しんちゃんが驚く。みさえが九州出身だからというと、しんちゃんはみさえが日本人ではなく九州人なのかと言う。しんちゃんは自己紹介のあいさつを踊ってお尻を出して行い、みさえにゲンコツを受ける。その後、おケイがやってくるが、わざとサトシの写真を落とし、自分の夫をうらやましがらせる。同級生だったヒデオという男性はみさえの事が好きだったという事を話すが、しんちゃんは今のみさえのだらしなさを伝える。しんちゃんは退屈だとみさえに言うが、おデブのブー子と呼ばれていた女性が全くの美人で現れて、みさえやおケイは驚くが、しんちゃんは同窓生のようにふるまてその女性に話しかける。そろそろ帰らなければ電車が無くなるため、しんちゃんに帰るようみさえは言うが、今度はしんちゃんが帰る気を出さない。みさえもおケイからもう少しいるよう勧められ、あと一杯だけ飲むが、みさえは悪酔いしてかえろうとしなくなる。しんちゃんとみさえはおケイの家に泊まることに。
しんのすけ/みさえ/おケイ/たかよ/せっちゃん/ヒデオ/ブー子/てるお/佐々木/
みさえの同窓会だゾ(1994年2月21日)



ひまわり組vsバラ組の熱戦開始だぞ編
1 アクション幼稚園の職員室で、今年の球技大会はクラス対抗ソフトボールを行うことが決定し、園長先生は優勝賞品に温泉の素をつけるつもりが、先生たちは温泉旅行と勘違いして騒ぐ。ひまわり組で、よしなが先生のソフトボールの練習をするという発言で、しんちゃんがソフトボールの意味を訊くと野球のようなものと言われ、お灸と勘違いする。練習で園児の実力を見るため、よしなが先生がノックをするが、職員室のガラスを割ってしまう。ボールを受け止められるかで園児たちの実力が把握できたが、美人の前ではうまくなるしんちゃんだけは分からず。次に打つ練習を行い、しんちゃんが最初にやると言うが、キャッチャーのよしなが先生の方に向くなど、意味をよく知らず。風間君の投げるボールを見事に打つが、バットも一緒に飛んでしまい、ガラスをさらに2枚割ってしまう。さすがの園長先生も来年はビーチボールバレーにしようと決意する。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/よしなが先生/園長先生/まつざか先生/副園長先生/その他の先生3人
ソフトボール大会だゾその1(1994年2月28日)
2 前回の続き。ソフトボール大会の当日、ひまわり組とばら組が先攻と後攻を決めるため、風間君とチーター河村がジャンケンをするが、そのジャンケンに入ってくるしんちゃんだが、二人は無視して、勝ったチーターがばら組を後攻にする。ひまわり組が気合いを入れる際、お尻を出してふざけるしんちゃん。ばら組ピッチャーの干(ほし)の投球練習を見て、その速球に不安になる風間君たち。しかし、干はしんちゃんのスイングが見えないのを見て驚くが、しんちゃんはバットを持っていなかった。プレイボール、最初の打者のしんちゃんは一球目にストライクなるが、その直後にスイングする。よしなが先生にもっと早めにバットを振るよう言われ、今度は投げる前にスイングする。しんちゃんは疲れてよろめくが、そのおかげで干の投げた二球目が偶然バットに当たり、一塁へ走る。しんちゃんは間に合わないと思いきや、よしなが先生がふーみんのポスターを見せられ、ダッシュするしんちゃんはセーフに。2番のネネちゃんの時、よしなが先生はしんちゃんに盗塁のブロックサインをするが、しんちゃんは見ず。風間君が呼んでサインを見せるが、しんちゃんはサインを理解しないため、風間君が耳打ちする。聞いていないのように感じた風間君が怒ると、しんちゃんが耳打ちした内容を話してしまい、盗塁がばら組にばれてしまう。しんちゃんは突然セカンドへ走り、干は驚くが、地面に落ちていたビールのフタが10円玉に見えたために走っただけ、拍子抜けした干が投げたボールはセカンドを越してしまう。風間君はしんちゃんに回るよう言うと、しんちゃんは体をグルグル回し、2塁へ走るよう言うと、目を回したしんちゃんはセーフで到達する。ネネちゃん、マサオ君の三振で2アウト、4番の風間君が打ったボールはしんちゃんの頭にぶつかりセンターを超える。3塁を回ったしんちゃんはホームに走るが、ボールを受け止めようとしたまつざか先生が待ち受けており、彼女の待っていたという言葉を勘違いしたしんちゃんは、まつざか先生にキスを求め、ホームへ。まつざか先生は引いてタッチできず。ひまわり組に一点入る。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/チーター河村/干/その他ばら組の園児数人
ソフトボール大会だゾその1(1994年2月28日)
ソフトボール大会だゾその2(1994年2月28日)
3 前回の続き。1点成功のひまわり組は、風間君の好投でばら組打線をも得点に押さえ、ついに最終回に。しかし、風間君は疲れが出始め、チーター河村が打った球をキャッチャーのよしなが先生がショートのしんちゃんに取るよう言うが、しんちゃんはショートという人が取ると勘違いする。一塁ランナーのチーターは盗塁に成功し、風間君はコントロールが乱れ、ばら組から野次を受ける。よしなが先生たちはみんなでカバーすると風間君を励ますと、しんちゃんはカバの物マネと勘違いする。風間君の投げたボールが寝ぼけているしんちゃんに向かって打たれ、チーターはすぐに3塁へ走るが、ちょうどしんちゃんの後ろを通る瞬間、あくびして手をあげたしんちゃんは偶然球を受け取り、その勢いで、後ろによろけ、チーターをタッチアウト、一気にツーアウトへ。ばら組はピンチヒッターのゴジラ松井を出す。ひまわり組のピッチャーもしんちゃんに交代。松井がホームランの予告をするとしんちゃんはおケツに当てるとデッドボールの予告をする。しんちゃんの投げた球はへなへなで、松井も勢いよく打つことが出来ず、ピッチャーフライとしてしんちゃんが受け止めようとするが(受け止めればひまわり組の勝ち)、しんちゃんはグローブにうまく受け止める事が出来ず打球をお手玉。5分経ってもお手玉で勝負はつかず・・・。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/チーター河村/ゴジラ松井/その他ばら組の園児数人
ソフトボール大会だゾその2(1994年2月28日)
4 海釣りに来た野原一家。しんちゃんはくじらとペンギンを釣ると言うと、みさえは人魚でも釣ろうと言うと、しんちゃんに人魚は空想の生き物だからいないと言われる。船をチャーターすることにし、半日で9千円の安い船にするが、その限界丸という船はボロ船。波の荒さに揺れ、ひろしは最初元気だったが数分経つと船酔いしてしまう。船長がエサの付け方をみさえとしんちゃんに教えると、しんちゃんはお礼を言い、みさえにお返しに「すね毛を早くそる方法」を教えさせるが、ゲンコツをうける。未だに船酔いのひろしの口に釣り針が引っかかってしまう。その後、みさえの竿に魚がかかり、釣り上げるがみさえは気持ち悪がり、海に戻してしまう。しんちゃんもかかり、糸をハサミで切ろうとするが、ひろしに手伝ってもらい、大きな魚(鯛?)を釣り上げる。船長はすぐに刺身にしようとなるが、しんちゃんは魚に同情する。しかし、しんちゃんもひろしと船長と一緒に刺身を美味しく食べ、しんちゃんの性格にあきれるみさえ。
しんのすけ/ひろし/みさえ/限界丸の船長/玄海丸の船長
お船でつりをするゾ(1994年9月19日)
5 AM8:40、幼稚園までしんちゃんを送って帰って来たみさえは、カレンダーを見て、その月(9月)もバスに乗れたのは5回だけで18回はみさえが送っていたのを来月は15回を目標にすると宣言する。そこへとなりのおばさんが回覧版を持ってくる。おばさんはみさえの発言を別の方に受け止める。AM9:00、冷蔵庫からしんちゃんが入れた白クマとペンギンのぬいぐるみを怒って出し、みさえはコーヒーとクロワッサンでエレガンス(?)な朝食を。AM10:00頃までワイドショーを見て、シロにエサをあげようとするが、ドッグフードは空で別のエサを戸棚から探そうとするが、戸棚の整理を始め、エサを忘れてしまう。AM10:40、洗濯物を干しているみさえは塀越しから田中さんと無駄話をPM12:10までする。無駄話が終わると、みさえの腕にぶら下げていた服は乾いていた。その後、カップラーメンの昼食を食べていると、朝にエサをもらい損ねて不機嫌のシロにエサを渡す。PM1:00、30分昼寝をして、その後に掃除と買い物をやろうと言うみさえだが、PM3:00にしんちゃんが帰宅した時も眠っており、よしなが先生がいくらインターホンを押しても起きず。
みさえ/シロ/しんのすけ/となりのおばさん/田中さん/よしなが先生/中弘子(テレビの中で)/お笑い芸人2人(テレビの中で)
お気楽母ちゃんだゾ(1994年7月11日)
6 空がゴロゴロなっており、夕立になりそうな様子で、それまで遊んでいたしんちゃんとマサオ君とボーちゃんは変えることに、二人と別れたしんちゃんは、稲妻が落ちるのを見て、途中の店でガムテープを貸してもらい、自分のへそに貼る。やがて雨が降って、しんちゃんはとある女性(ひろ子)のスカートの中で入り、その女性に小川商店の前で雨宿りをしようと言われ、ナンパと勘違いする。その店でしんちゃんはひろ子に空腹である事を目と腹の虫で訴え、肉まんとあんまんをおごらせる。ひろ子が母親に電話をすると、しんちゃんも電話をしたいがテレホンカードが無いと言われ、貸そうとするがテレカがあると言われ、しんちゃんに自分のを使わせるが、しんちゃんは自宅の電話番号を知らず。その後、車でやって来たひろ子に母親に、ひろ子は事情を話ししんちゃんを送ることに。途中でしんちゃんはみさえを見つけるが、助けてと叫び、みさえは驚くが、その後事情を理解し、しんちゃんと一緒に車で家まで送ってもらうことに。
しんのすけ/ひろ子/マサオ君/ボーちゃん/ひろ子の母/みさえ/とある店の男性店員/
お姉さんと雨やどりだゾ(1994年8月1日)
7 英語塾の帰り、風間君は友達の女の子の瑠奈(るな)ちゃんにチューしてと言われて戸惑うが、瑠奈ちゃんの顔がしんちゃんに代わりチューを強要される・・・、という夢を見ていた風間君は目を覚ます。風間君は風邪で3日寝込んでおり、なかなか熱が下がらないでおり、母親からゆっくり休むよう言われるが、退屈しのぎとして英語のカセットを聞かされる。その後、母親は買い物に行き、風間君は留守番を頼まれる。数分後、しんちゃんとネネちゃんがひまわり組代表として見舞いに来るが、しんちゃんの声を聞いた風間君は居留守を使う。しかし、インターホンを何度も押し続けるため、仕方なく出ることに。ネネちゃんから具合を訊かれ、微熱だが熱がさがらない事を言うが、しんちゃんにも同じことを訊かれ、今言ったと言うとしんちゃんは落ち込み、仕方なくもう一度言う風間君。ネネちゃんはみんなからの励ましの手紙と連絡ノートを、しんちゃんからさびしい時のためのしんちゃんの写真を受け取る。二人が出た後、しんちゃんの態度に怒った風間君はしんちゃんの写真を投げて暴れて汗をかくが、それにより熱が下がる。しぶしぶしんちゃんの写真に礼を言う風間君。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/風間ママ/瑠奈(風間君の夢の中で)
風間君のお見舞するゾ(1994年2月14日)
8 髪の毛が伸びたしんちゃんに髪を切るようみさえは言うが、家で刈れば十分と言うみさえに対し、床屋に行かないと嫌だと言うしんちゃん。そこで、みさえはしんちゃんに床屋さんごっことして、遊びで乗せて家で刈ることに。しんちゃんは店の名前を訊いて、みさえが何でもいいと言うと、接客態度が悪いと言って帰ろうとする。みさえは「バーバーみさえ」と称してしんちゃんはババァみさえと勘違いする。家庭用のバリカンで頭を刈っている最中、しんちゃんは床屋さんはお客に色々訊くと言われ、みさえもしぶしぶ話しかけると、しんちゃんは口出しするなと言って、みさえを怒らせる。しんちゃんは頭を動かし、そのためみさえは頭の中央部分を坊主にしてしまう。しかし、しんちゃんはアルシンドみたいでかっこいいと言う。結局、みさえは中央部分をマジックで黒く塗りつぶし、それに対してしんちゃんは憤慨する。
しんのすけ/みさえ
オラ髪形を変えるゾ(1994年2月14日)
9 アクション幼稚園運動会、撮影に追われて運動会を見られないため、ビデオカメラは持ってきていないと言うひろしはカメラを探すが、カメラはしんちゃんが美人の女性の写真を撮っておりみさえが連れ戻す。みさえはひろしにしんちゃんを叱らせようとするが、ひろしもその女性を撮っており、みさえに殴られひっかかれる。障害物借りものレース、「山越え谷越えあれかして!!」でしんちゃんが参加するが、チーター河村から自分と一緒に走るとはついていないと言われ、しんちゃんはちんちんがついていないのかと勘違いして、「ついている」ことを確認する。レースが始まり、園児は皆ネットをくぐるのに苦戦し、チーターが出ると、しんちゃんがチーターのズボンを掴んでおり、ネットから立ち上がったチーターのズボンとパンツを脱がしてしまう。次にカードに書いてある物を借りるのでは、しんちゃんはジュースを借りるが、ただ飲みたかっただけで空にして返してしまう。カードに書いてある「美人のおねえさん」が読めないしんちゃんに、よしなが先生が読み、しんちゃんは仕方なくよしなが先生を連れていくことに。すると、チーターがまつざか先生を連れていたので、しんちゃんはチーターに性格の悪い女と書いてあるのかと訊き(実際は「スタイルのいいおねえさん」)、それをよしなが先生が笑い、怒ったまつざか先生とかけっこで勝負する。
しんのすけ/みさえ/ひろし/マサオ君/チーター河村/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/観客の女性/観客の男性/その他園児数人
借り物競争をするゾ(1994年10月3日)
10 原始時代の野原家 その1。一番マンモスで目覚めたみさえはひろしを起こして朝食を作る。ひろしにおせじを言われたみさえはおこずかいの前借りを認め、重い石の金を担いで出勤するひろし。みさえはしんちゃんを起こすと、しんちゃんはおねしょをしておらず、みさえは褒めるが喜ぶしんちゃんは気をぬかしておもらししてしまう。その日は市場へ行くとみさえに言われると、しんちゃんはアンモナイト仮面の変身セットをねだるが、ダメだと言われる。みさえはお金を抱えてしんちゃんと市場へ。原始市場でマンモス肉の試食をし、みさえは毛皮のバーゲンを見て、しんちゃんにお金を見るよう言うが、ただ見ているだけで、みさえは取られないように守るよう言う。言われた通り、しんちゃんはお金を守るが、レジでお金を払う際も取られないようにお金にしがみつく。帰り、消費税のために細かい石の小銭を袋に入れ、かさばるお金に愚痴をこぼすみさえ。

原始時代の野原家 その2。みさえはしんちゃんに裏山でまきを拾わせに行かせる。しんちゃんがまきを拾っていると、風間君たちと会い、巨大な犬(シロ)が捨ててあるのを見かける。しかし、風間君もネネちゃんもマサオ君もボーちゃんも飼えないため、しんちゃんが引き取ることに。帰宅したしんちゃんはみさえに犬を飼うことの承諾を求め、みさえはいいと言うが、巨大な犬と分かると捨ててくるよう言う。しんちゃんが捨てに行った後、ひろしが凶暴なマンモスが暴走して、こちらに向かっている事を知らせに来る。このままでは野原家に突っ込み、家が駄目になってしまう事を悲観するひろしとみさえ。一方、しんちゃんは犬にお菓子を一つだけあげ、芸をやればもう一つあげると、わたあめをさせると、丸くなった犬は崖を転がって降りて行き、マンモスの頭に直撃。シロのおかげで野原家は助かり、みさえは上機嫌でシロを買うことにし、しんちゃんのおやつややひろしの酒のつまみを全てエサとしてシロにあげる。
しんのすけ/みさえ/ひろし/原始市場の店員の女性/原始市場のレジの男性/客数人/マンモス/アンモナイト仮面(しんちゃんの台詞の中で)/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/シロ/マンモス/近所の男性/近所の女性
原始時代のしんちゃんだゾ その1(1995年4月10日)
原始時代のしんちゃんだゾ その2(1995年4月10日)




原作あらすじ一覧  原作編  トップページ