原作あらすじ一覧  原作編  トップページ


原作あらすじ一覧(5巻)



サブタイトル 記号 話数 ページ
5 ひまわり組クレヨンしんちゃん a 2 3
クレヨンしんちゃん大図解!! b 1 1
オラは幼稚園のスーパーヒーローだ編 c 13 3
ママとしんちゃんのお約束条項・・・・・・!? d 13 3
しんちゃんとママのおばかな一日編 e 10 3



ひまわり組クレヨンしんちゃん
1 動物園にやって来た野原一家。しんちゃんが入場券を買いたいと言うが、購入の際家族紹介までする。しんちゃんは土産屋でアクション仮面人形を欲しがり、みさえはダメと言うが、みさえもネックレスを欲しがり、しんちゃんとひろしに無視される。動物園で、みさえが動物を見て可愛いと言うと、ひろしとしんちゃんは美人の女性を見て同じことを言う。また、しんちゃんは象に自分のぞうさん(象を描いた股間)を見せたり、掃除している係員を動物と間違えたりする。動物に触れるふれあいコーナーでは、しんちゃんは勘違いして係りのおねいさんのお尻を触る。子ザルを抱かせてもらったしんちゃんはもらったと勘違いする。帰り、野原家の子ザルのしんちゃんは眠ってひろしにおぶってもらう。
しんのすけ/みさえ/ひろし/受付の女性/客の女性/清掃員の男性/ふれあいコーナーの係りの女性/アライグマ/カバ/サルの親子/象/子ザル
動物園で遊んじゃうゾ(1994年6月27日)
2 アクション幼稚園、秋の演劇会でひまわり組は「ももたろう」をやることになり、やりたい役を言ってくれとよしなが先生が言うと、しんちゃんはうらしまたろうがやりたい、修行してパワーアップした超(スーパー)ももたろうがやりたいと言いだす。ももたろうのリハーサルで、おばあさん約役のネネちゃんが川を洗濯していると桃役のしんちゃんが流れるシーンだが、しんちゃんは何度もNGを出し、ネネちゃんは同じ演技を何度もやるのに疲れて泣きだしてしまう。桃役を下ろされたしんちゃんが犬役として、桃太郎役の風間君と会い、きびだんごをもらおうとするシーンでは、長い台詞が覚えられないしんちゃん。結局、よしなが先生はしんちゃんを「鬼が島の気の役」にする。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/よしなが先生/みさえ/ひろし
お芝居のおケイコだゾ(1993年9月27日)



クレヨンしんちゃん大図解!!
1
●一度のぞいてみたい!!(しんちゃんの頭の中)
●頭すっきりモテモテヘア!!
●しんちゃんの瞳にはナニが写ってるの?
●しんちゃんの耳にも念仏!!
●口から生まれたしんのすけ!?
●究極のマジックハンド!?
●小さなぞうさん!?
●半ズボンは元気のシルシ!!
●小さなボディに無限のパワー

構成:柳沢智夫(敬称略)

(双葉社刊の単行本5巻より引用。斜字体は管理人)




オラは幼稚園のスーパーヒーローだ編
1 駅前派出所で、しんちゃんはアクション幼稚園の場所を警察官に訊き、正答を出すと当たりだと褒め、自分が迷子であると言う。中でジュースをもらい、名前を言うしんちゃんは、両親の名前も聞かれるが、ひろしの方の名前が思い出せず。警察官に電話番号を訊かれると、身代金を要求するのだと勘違いする。すると、一人の女性(ミッチー)が連れて来た男性をチカンだと言う。警察官は二人の事情を聴取し、女性は突然おしりを触られ、男性は付き合っている彼女と間違えたと言うが、が、しんちゃんが邪魔して余計な事を訊いてくる。そこへ、しんちゃんを探していたみさえが入ってくるが、その女性はみさえのかつての後輩で、派出所内での話題や騒ぎはさらに盛り上がり、助けを求める警察官。
しんのすけ/警察官/ミッチー/チカン(?)の男性/みさえ/通りすがりの男性
おまわりさんは大変だゾ(1993年2月8日)
2 アクションデパートで、洋服選びをしようとするみさえは、しんちゃんにチョコビを与えておとなしくさせようとするが、しんちゃんはチョコビの封を破って中身を散らかしてしまう。みさえは売り場で秋冬で着られる服を探す際、店員(川村はつ子)(49)にお世辞を言われ、買う気にさせられるが、その度にしんちゃんがみさえの悪口を言い、みさえの買う気は失せる。試着の際、試着室でしんちゃんがマネキンの服を着ており、みさえはゆっくり服選びをさせてくれとしんちゃんに頼む。みさえの試着の際、しんちゃんはみさえが心配だからと試着室に入ってくるが、ズボンをはこうで片足で立っていたみさえにぶつかり、転びそうになったみさえはその状態で片足のケンケンの状態で試着室から売り場へ行ってしまう。帰宅後、すっかり落ち込むみさえ。
しんのすけ/みさえ/川村はつ子/女性店員/男性店員/客数人
網にかかったみさえだゾ(1993年2月1日)
3 お尻出して踊りながら家に帰って来たしんちゃんは、みさえに何か飲みたいと言うと、うがいをするように言われ、不服ながら言う通りにし、再び何か飲みたいと言うと、水道水を飲むよう言われ、みさえの悪口を言う。ゲンコツを受けたしんちゃんは冷蔵庫から「ジュースみたいなお酒」(アルコール分4%)を、漢字の「酒」が読めないためジュースと勘違いし、一気飲みする。その後、みさえがオモチャの片づけをさせようとするが、しんちゃんは既に済ませ、布団の用意や幼稚園の準備も完璧にこなし、さらに、お手伝いすることはないかと訊くしんちゃんにみさえは狂喜するが、抱きしめるとしんちゃんが酔っていることに気付く。その後、正気に戻ったしんちゃんは頭痛で寝込む。
しんのすけ/みさえ
良い子のしんちゃんだゾ(1994年6月6日)
4 電話でタクシーを呼んだみさえは、しんちゃんにタクシーが来たら合図するように言うが、しんちゃんが最初に合図したのは、通りすがりの美人のおねいさんだった。その後、しんちゃんとみさえはタクシーに乗り、川口へ向かう。運転手に母親と一緒にお出かけはうれしいかと訊かれたしんちゃんは、ピチピチギャルとなら嬉しいと言う。運転手は自分の仕事の信念を語るが、しんちゃんもみさえも聞いておらず。その後、車酔いしたしんちゃんは吐き気を催し、みさえはアクションバーガーでトイレを借りようと、しんちゃんを背負って店内に入るが、しんちゃんはハンバーガーなどを注文。車酔いは空腹のためであった。
しんのすけ/みさえ/タクシーの運転手/通りすがりの女性/アクションバーガーの店員
5 しんちゃんはみさえにシロの散歩に行くよう言われるが、しんちゃんはシーズンオフだから、シロの具合が悪いからと言ってサボろうとする。結局、シロの散歩をするしんちゃんは、途中でシロがフンをし、近くの家からシャベルかシャモジを借りようとするものの、借りた器具を使ってフンを袋に入れて処理をする。しんちゃんは家の女性にフンを記念としてプレゼントしようとするが断られる。その後、しんちゃんはチーター河村と会うが、彼の名前を忘れていた。同じくジャクソンという犬の散歩をしていたチーターはジャクソンにお手、おすわり、ちんちんをさせて芸を披露するが、しんちゃんはシロにおしっぽ、おねんね、ちんちんかいかい、わたあめをさせ、チーターとジャクソンは敗北を悟る。その後、チーターは無理にわたあめの練習をジャクソンにさせる。
しんのすけ/シロ/みさえ/チーター河村(河村やすお)/ジャクソン/近所の家の女性
名犬シロと散歩だゾ(1993年3月8日)
6 日曜の朝、食事を終えたしんちゃんはみさえにお茶を入れるよう頼むが、みさえは丁寧な言い方をさせる。しんちゃんはいやいや言うが、自分で入れるよう言われ、ずん胴と悪口を言い、ゲンコツを受ける。しんちゃんは最高級煎茶の葉のふたを開けた際、葉を散らかしてしまい、掃除機で処理をし、その様子を見て泣くみさえ。ひろしは七五三ということで、記念に家族写真を撮ろうと提案する。一方、しんちゃんは残った葉を急須に入れ、股間に急須につけてオシッコをしているような外見でお茶を入れる。出かける際、しんちゃんはとなりのおばさんにヌード写真を撮りに行くと言い、あわてて訂正するみさえとひろし。ねぎ村写真スタジオでは、写真家が写真を撮るのにズボンとパンツを脱いだり、動いたりするしんちゃんに手を焼きながらも、七五三の写真を撮影する。
しんのすけ/みさえ/ひろし/となりのおばさん/ねぎ村写真スタジオの写真家
家族写真をとるゾ(1993年11月8日)
7 むかしむかし埼玉県春日部市にひろしとみさえという夫婦がおり、ある日ひろしは山へしば刈りに、みさえは川へ洗濯へ出かけた。みさえは川で大きな桃が流れてきたのを見て、家へ持ち帰る。家で桃を割ると中から男の子が出てきて、男の子は「しんのすけ」と名付けられ、みさえとひろしに育てられた。やがて成長したしんのすけはナンパばかりしており、みさえはしんちゃんに鬼が島へ鬼退治に行くよう言う。しんちゃんは鬼にさらわれた美女を助けるのを目的に行くことに。船では風間君そっくりの桃太郎と会い、共に鬼が島へ。鬼が島で風間君(桃太郎)がきじに鬼の様子を見に行かせるのをみたしんちゃんがネネちゃんきじにも行かせようとするが怖がるため、マサオサル君が飛ぶようにと無茶を言う。すると、巨大な鬼が出現、しんちゃん以外は怖がるが、しんちゃんは鬼の股間を写真撮影し(フィルムは入っていない)、それを引き換えに美女を返してもらう。鬼は彼女が欲しかったためにさらったことを告白し、しんちゃんは岡本夏生の写真集をあげる。救われた美女に例として頬をキスされるしんちゃん・・・、という夢を見ていたしんちゃんは寝顔で笑いの表情を見せる。
しんのすけ/みさえ/ひろし/桃太郎(風間君)ネネちゃんきじ/マサオサル君/ボーちゃん(サル)/シロ/きじ、サル、犬(風間君のお付き)/鬼/美女
オラの鬼退治だゾ(1993年9月27日)
8 本屋BOOKS(後のかすがべ書店)で、店長の指示を受けたてんいんの中村は台車で立ち読みを一掃するが、そこへしんちゃんがやってくる。しんちゃんは自分の描いた絵本「ぶりぶりざえもんのぼうけんA」を売ってもらうために来て、中村はアメと引き換えに絵本を見せてもらうが、最初の次のページで終わるのに拍子抜けする。中村は出版社での本でしか売れない事をしんちゃんに言うが、話を聞かないしんちゃん。すると、みさえが外からパーマ屋が混んでいるから本屋で待つよう指示を出すサインをしんちゃんに送る。中村や店長はそれらのサインが分からずパニックに。店長は中村にしんちゃんをマークするが、しんちゃんを追う際に台車に乗ってしまい、台車ごと本にぶつかり、店内を荒らしてしまい、残業する羽目に。
しんのすけ/みさえ/店長/中村/客数人
オラの本はベストセラーだゾ(1993年5月17日)
9 みさえにそっくりな中年怪獣コジワが東京で暴れ、火事が怒る。アクション消防隊の隊員としてしんちゃんが出動、ホースにまたいで水を出してもらう・・・という夢を見ていたしんちゃんは股間を丸出しにして寝ており、夢の中で水を出すと、起こしに来たみさえの顔にオシッコが・・・。事の顛末に大笑いするひろしをみさえは引っ掻き、しんちゃんにオネショ布団を干すように言う。しかし、しんちゃんは庭に持っていったり、布団の上に乗って階段を落ちるという遊びをしたり、なかなか干しに行けず。ひろしが庭に出ると、しんちゃんは布団を干すのにベランダから身を乗り出し、布団にぶら下がる様子を目の当たりにする。パニックになるひろしとみさえは布団を持ってきて、そこに飛び降りるよう言うが、しんちゃんはベランダに戻っていた。みさえは今度から自分が干すと言う。
しんのすけ/みさえ/ひろし/シロ/みさえ似の中年怪獣コジワ、ひろし似のアナウンサー(しんちゃんの夢の中で)
おフトンをほすゾ(1993年3月15日)
10 日曜日、自宅でくつろぐひろしだが、しんちゃんが遊ぼうと言ってくると寝たふりをして、しんちゃんのくすぐりにも耐えて寝たふりをするが、お湯をかけると言われて仕方なく目を覚ます。ひろしはしんちゃんとバトミントンをやることに。しんちゃんは打ったシャトルをひろしの鼻に入れたり、ラケットをひろしの顔に投げてしまったりする。そこへみさえがやって来て、しんちゃんとチームを組む。しかし、しんちゃんの打ったシャトルが後ろのみさえの顔にぶつかり、痛がるみさえをひろしが笑う。それでひろしとみさえは喧嘩して、二人の白熱したバトミントンの勝負が展開され、しんちゃんはシロを遊ぶ。翌朝、ひろしとみさえは筋肉痛にほとんど動けなくなる。
しんのすけ/ひろし/みさえ/シロ
バトミントンするゾ(1993年3月8日)
11 ネネちゃんの家で、ネネちゃんとネネママが最近開店した銀寿司で昼食の出前をとる。その後、鮨を運びに来た銀寿司の店員は通りすがりのしんちゃんに桜田さんの家を訊くが、知らないと言われる。しかし、別の女性に家を教えてもらうと家の前にはしんちゃんがおり、店員は知っている事を咎めるが、しんちゃんはネネちゃんちだと言う。その後、寿司を受け取ったネネママは、昼時だからとしんちゃんにも帰るよう言うが、しんちゃんはおなかがすいて家まで帰れないと言うため、ネネママはしんちゃんを家に入れる。寿司を食べる際、しんちゃんは中トロと食べ、ワサビに苦しんでいるかのようで、そのワサビの味を楽しんでいた。ネネママは自分の大好物のイクラを食べようとするが、しんちゃんにお茶を頼まれる。お茶を入れて戻り、ネネママはイクラを食べようとするものの、既に無く、しんちゃんは食べてしまったと知る。理性が切れてウサギのぬいぐるみを振り回して暴れるネネママ。一方、家に帰るしんちゃん。
しんのすけ/ネネママ/ネネちゃん/銀寿司の店員/通りすがりの女性
特上寿司は好みだゾ(1993年10月18日)
12 アクション幼稚園、パン工場へ社会見学の日。駅で、よしなが先生は電車に乗る際に他の人の迷惑にならないように言い、特にしんちゃんに言い聞かせるが、しんちゃんは隣の風間君が言われていると勘違いする。駅のホームで、白線の内側に下がるアナウンスがあると、しんちゃんは自分の側からなら内側に見えるとのことで、白線の外に立つ。電車が発車する際、しんかちゃんは顔やお尻を出して駅員に注意され、1分電車を遅らせてしまう。電車の中で、風間君が年寄りのお婆さんに席を譲るのを見ると、しんちゃんは向かい側に座っている中年の男性に自分の席に座らせようとする。さらに、お婆さんが風間君にどこへ行くのか訊くのを見て、しんちゃんは自分にも聞いてと男性に言う。男性がしぶしぶどこへ行くのか訊くと、秘密を答えるしんちゃんに、男性は憤慨する。電車を降りる際、よしなが先生は園児が全員降りるを確認するが、しんちゃんがおらず、電車の中へ探しに行くよしなが先生。しかし、しんちゃんはホームで女性をナンパしており、よしなが先生は降りるのが間に合わず、そのまま電車で行ってしまう。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/駅員/乗客のお婆さん/乗客の中年男性/ホームの若い女性
社会見学に行くゾ(1993年3月8日)
13 アクションデパート、お歳暮選びに来た野原一家。みさえはエレベーターを降りた時、しんちゃんに勝手な行動をとらないよう言おうとするが、エレベーターガールが美人であったためしんちゃんはエレベーターの中に残っていた。エレベーターは下へ向かい、しんちゃんはエレベーターガールの杉戸リカをナンパする。途中でとある親子(母親と息子)が乗ってくる。再びエレベーターが動きだすが途中で止まってしまい、緊急回線も故障で通じない。デパート事務所ではエレベーターが故障した事で騒ぎになるが、杉戸はベテランであり、エレベーター内で客を落ち着かせているだろうと考えるが、実際は杉戸が泣きわめいて客が落ち着かせていた。杉戸や母親、息子のヨシ彦が空腹を訴えると、しんちゃんはポケットの中の食べ物を分け与える。しかし3人がそれを飲み込んだ時に、それがシロのエサである事を言う。2時間後、しんちゃん以外の3人は衰弱してくるが、暇を持て余したしんちゃんはお尻を叩く踊りをする。杉戸はしんちゃんが自分たちを元気づけていると勘違いし、親子に自分たちも元気を出そうと呼びかける。やがてエレベーターが直り、ドアが開くと、4人がお尻のダンスをやっていた。杉戸はしんちゃんに礼をする。
しんのすけ/みさえ/ひろし/杉戸リカ/ヨシ彦/ヨシ彦の母/デパートの職員/デパートのチーフ(?)
エレベーターガールと一緒だゾ(1993年4月26日)



ママとしんちゃんのお約束条項・・・・・・!?
1 「アクションようちえんクラス対抗サッカー大会」の練習に10分遅れてきたしんちゃんに、風間君は怒って謝るよう言うが、謝り方を教えたつもりが自分が謝ることに。柔軟体操ではしんちゃんだけが違う体操をし、風間君はチームを乱すなと言う。しかし、しんちゃんは風間君の言うことが理解できず。練習ではしんちゃんは手を使い、風間君が注意するとルールを作った人にルールを変えてもらおうと言いだす。そこへ、チーターが笑いながら登場。しんちゃんはチーターがアクション仮面のモノマネをしていると勘違いし、乗せてポーズも含めてアクション仮面のモノマネをさせる。我にかえったチーターは来週のサッカー大会はバラ組が優勝する事を言う。すると、しんちゃんがチーターをアクション仮面と呼び、再び乗せられ、アクション仮面のモノマネをしてしまうチーター。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/チーター河村
サッカーの練習だゾ(1993年3月22日)
2 お昼に出前ピザをとるので、みさえはしんちゃんに何がいいかと訊くが、しんちゃんはカツ丼と答える。ピザが何かを知らないしんちゃんにみさえは説明をして再度何がいいかと訊くが、しんちゃんはカツ丼ピザと答える。ミックスピザとシーフードピザの出前を取る際、電話でサイズ(Mサイズ)を言うみさえにしんちゃんはどさくさにスリーサイズも言わせて怒らせる。ピザが届き、しんちゃんは「トレビアーノ・チッチョリーナ」と店名を言った店員をチッチョリーナという外国人と勘違いする。部屋に運ぶ際、しんちゃんはみさえにピザを落とさないよう言うが、しんちゃんは1枚落としてしまうが、拾って何事もないようにする。落としたピザをおいしく食べるみさえ。しかし、お湯が湧いてみさえが台所へ行く際、廊下でピザの具を発見、事の真相を知ったみさえは居間に戻るが、しんちゃんは落としていないピザを持って逃げ、シロやネネちゃん、マサオ君、ボーちゃんにもてなす。あとでおしりたたき10連発もらったしんちゃん。
しんのすけ/みさえ/女性店員/男性店員(チッチョリーナ)/シロ/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん
出前ピザをたのむゾ(1993年3月15日)
3 白ヘビ宅急便のCMが流れるテレビの前で、留守番していたしんちゃんの元に、白ヘビ宅急便がやってくる。しんちゃんは証拠としてテレビCMの歌を歌わせ、ドアを開けるがCMの人と違うと騒ぐ。配達人は留守にしているとなりの家の荷物を預けてほしいと頼む。しんちゃんは人に親切にするとよい子になれるというよしなが先生の言葉を思い出し、預けることに同意するが、ひまわり組のよい子証明カードにその事を配達人に書かせる。その新人の配達人は宅配ドライバーの過酷さを実感する。数十分後、お腹を空かせたしんちゃんは、預けてもらった荷物からいい匂いがするので開けてみると、高級ハムと焼豚セットが入っており、包丁で切って食べる。そこへ、みさえが帰ってきて、みさえもそれを食べてどこにあったのかを訊く。しんちゃんは預けてもらった荷物だと言うと、みさえは預けるの意味をしんちゃんに問うが、しんちゃんはもらうと勘違いしていた。その後、みさえはしんちゃんをおしりたたきし、となりのおばさんにおそるおそる事情を話すことに。
しんのすけ/みさえ/新人の配達人/となりのおばさん/配達人、受取人の女性(てれびの中で)/よしなが先生(しんちゃんの回想で)
宅配便さんはご苦労だゾ(1994年12月19日)
4 アクションようちえんクラス対抗サッカー大会、園児たちは緊張する中、しんちゃんだけはあくびをして緊張していない。そこへ、まつざか先生がよしなが先生のところに来て、ばら組にはチーター河村の他に「鉄の壁」と呼ばれる天才ゴールキーパー若林もいるから優勝は確実と言うが、しんちゃんは「鉄の壁」を「ケツのかべ」と間違える。キック・オフ、風間君からパスをもらったしんちゃんは、試合をよく理解しておらずチーターにパスしてしまう。風間君に咎められたしんちゃんは、チーターの耳に口を近づけ、チーターが気持ち悪がっている隙にボールを取り戻す。しんちゃんは風間君にキーパーのボーちゃんに一旦パスするよう言われるが、しんちゃんはパスが強すぎでオウンゴールを決めてしまい、ばら組園児と一緒に喜ぶ。その後、立て続けにシュートされ、よしなが先生はまつざか先生に大きな顔をされるが、まつざか先生は男がいない事をしんちゃんに言われる。暇を持て余す若林、そこへしんちゃんはやって来て暇つぶしにいなりずしを披露する。その間に、風間君がシュートを決めるが、若林は阻止。しかし、しんちゃんは通りかかった若い女性たちをナンパしに走り、しんちゃんの頭にぶつかったボールがゴールに入ってしまう。ひまわり組は1点取ることに成功する。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/チーター河村/若林/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/通りすがりの若い女性(2人)/その他園児数人
サッカー大会だゾ(1993年3月22日)
5 段ボールを一気に二つ持った時、みさえはぎっくり腰になってしまうが、あまりひどくはなっていない。しかし、その直後にしんちゃんが階段の手すりからみさえへ飛んできて抱っこをされる。抱っこをしてますますぎっくり腰を悪化させたみさえは、病院へ。その様子を見たしんちゃんはおんぶすると言いだしみさえは感動するが、病院へ行く途中に疲れたからとおんぶを求めるしんちゃん。病院で電気治療をする際、しんちゃんが機械をいたずらして電流を上げ、感電する医師。治療中、医師からレントゲン写真が人間の体が透けて見えると聞いたしんちゃんは、みさえのスカートを脱がしてスケスケおパンツを見せてしまう。その後、安静を言い渡されたみさえ。安静中のみさえが動けなのをいいことに、しんちゃんはみさえの前でお菓子を食べながら悪口を言いまくる。
しんのすけ/みさえ/アクション接骨院の医師
ぎっくり腰の母ちゃんだゾ(1993年5月3日)
6 12月24日、クリスマスにサンタクロースがプレゼントを持ってくると騒ぐしんちゃんだが、みさえからしんちゃんの所には来ないと言われる。12月初めに、クリスマスまでによいこマークを10個ためたらサンタがプレゼントに来るというみさえの約束をしんちゃんはしていたが、よいこシールは依然としてゼロであったからで、一方で悪い事をした場合に貼るおバカシールはいっぱいであった。しんちゃんは今から頑張ると言い、みさえは笑いながら歩き出すが、タンスの角に足の小指をぶつける。しんちゃんは救急箱を持て来て、よいこシールを一枚もらう。しんちゃんはみさえに片づけなどをするよう言うが、数分もするとしんちゃんは片づけていたおもちゃで遊びだす。みさえはおバカシールを追加するが、裏面も含めてシールがいっぱいで貼る場所は既に無い。みさえは最後のチャンスとして夕食の手伝いがちゃんとできたらよいこシールを特別に9つあげると言う。しんちゃんは一生懸命頑張るが、最後のケーキを運ぶ途中で床に落としてしまい、プレゼントがもらえないと落ち込む。その夜、眠っているしんちゃんの枕元に、プレゼントが置かれる。
しんのすけ/みさえ/ひろし
X'マスプレゼントが欲しいゾ(1993年12月20日)
7 アクションようちえん、大そうじの日。よしなが先生は園児たちに昨日持ってくるように指示したぞうきんを出させるが、しんちゃんはぞうちん(チンチンにぞうさんの落書き)と間違えていたため、よしなが先生は自分のを貸すことに。大そうじ中のばら組、まつざか先生がクリーナーで窓を吹きかけていると、しんちゃんは窓越しでクリーナーを口に合わせて「おじいさん」や、おしりに合わせて「白いウンチ」を演じて、まつざか先生は園児たちにひまわり組のおバカがうつると言う。それを聞いたよしなが先生と喧嘩になるが、しんちゃんはよしなが先生に連れ戻される。すると、園長先生がやってきて「おじいさん」をやり、苛立つまつざか先生。ぞうきんをしぼったしんちゃんは汚れているところとして風間君のお尻を拭こうとする。すると、風間君は毎朝お尻を母親に拭いてもらっている事をばらしかけ、慌てふためく。しんちゃんはネネちゃんが廊下の足跡を拭くのを見て庭の足跡を拭いて、よしなが先生に止められる。大そうじ終了後、よしなが先生はしんちゃんのロッカーがまだ乱雑しているため、整理するようしんちゃんに言う。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/チーター河村
幼稚園の大そうじだゾ(1993年12月27日)
8 しんちゃんがみさえを呼ぶと、ハイレグの女性が出てきて、新しいママだと言う。他にも、お食事係のママ、添い寝係の女性が出てきて、添い寝係にお休みのチューをする、という夢を見るしんちゃんは隣で寝ているひろしの頬にチューをする。しんちゃんが起きた後、みさえはしんちゃんからお年玉を求められる。出費の多い年始年末の時期に、お年玉を今まで教えていなかったみさえは遂にしんちゃんが知ってしまった事に失望するが、しんちゃんはお年玉の詳しい意味までは知らず、それをいいことにみさえはピンポン玉を与えてごまかす。その後、かるたをやることになり、ひろしが読み札を読んで、みさえとしんちゃんの勝負に。みさえはしんちゃんに本気になり、次々と札を取り、不機嫌になるしんちゃん。ひろしはみさえに手加減するように言い、しんちゃんに一枚札を取らせる。しんちゃんは大喜びするが、調子に乗ってみさえの悪口を言い、怒ったみさえにぶたれる。
しんのすけ/みさえ/ひろし/しんちゃんの新しいママ3人(世話やき係、お食事係、添い寝係)(しんちゃんの夢の中で)
おとし玉をもらったゾ(1994年1月10日)
9 会社の同僚のリエに呼び出されたひろしはチューを求められ、喜んで応じ、リエの吸いつきが激しいと感じる・・・、という夢を見ていたひろしはしんちゃんに掃除機で口を吸われていた。怒ったひろしはしんちゃんにゲンコツをするが、とっさにしんちゃんは鍋を頭にかぶり、痛い思いをするひろし。朝食後、しんちゃんはその日がたこ上げをすると約束していた日だと言うが、ひろしは機嫌の悪いやる気をなくしたと言う。しんちゃんはおせじを言ったりしつこくひろしにたこ上げをしようと求めたりして、ひろしはしぶしぶ承諾する。外、しんちゃんがたこを持ち、ひろしが走るがしんちゃんも一緒に走ってしまう。しんちゃんはたこを持っているだけではつまらないため、ひろしと変わってもらうことに。しかし、走るのが少し遅く、たこが落ちてしまう。そのためしんちゃんはタクシーを呼ぼうとする。その後、たこが上がり、肉まんを持ったみさえとシロもやってくる。
しんのすけ/ひろし/みさえ/シロ/通りすがりの女性/リエ(ひろしの夢の中で)
10 回転寿司屋へやって来た野原一家。ひろしが駐車場へ車を入れる時、しんちゃんが後ろの席に立ち、ひろしは後ろが見えず塀に車をぶつけてしまう。店長(?)に誤って許してもらえるものの、バンパーがボコボコになった事を落ち込むひろし。店に入って食べる時、ひろしはさしっぱなしの車のキーを取りに、みさえはトイレに行き、しんちゃんは椅子のクッションを体に乗せてコンベアに乗って隣の男性客を驚かせる。その事で謝るみさえとひろし。その後、みさえがマグロを取ろうとするが、ひろしがそのマグロは既にしなびているから食べない方が言う。それをしんちゃんは、そのマグロを食べようとしたトなりの男性客に同じ事を言い、店員は取り換えることに。再び謝るみさえとひろし。野原一家が満腹になった頃、しんちゃんは回って来たプリンを取ろうとするが、その際に横の積み上げてある皿を倒し、さらにその皿が隣の皿を倒しと将棋倒しにカウンターの皿が倒れ、客たちは自分の皿がどれだったかで騒ぎとなる。またしても謝るひろしとみさえ。
しんのすけ/みさえ/ひろし/中年の男性客/店長(?)/店員/その他の客
回転ずしを食べるゾ(1993年5月31日)
11 10分経過を確認したみさえは、しんちゃんのオモチャをゴミ袋に詰めて捨てようとする。みさえはしんちゃんにおやくそく条項第13条、「10分間オモチャ出しっぱなしにしたらすてる」と読ませる。しんちゃんはおせじを言うなりして止めようとする。そこへ電話がなり、みさえは電話へ走る。おケイとの電話を終えた後、部屋に戻るとしんちゃんがいないことから、ゴミ袋の中を出すと、みさえの化粧品に入れ替わっており、しんちゃんはオモチャ箱ごと三輪車で外へ運んで行ってしまう。みさえが外に出ようとしても、履物はシロの犬小屋の中に隠していたしんちゃん。その後、しんちゃんは見知らぬ女性に無理やりオモチャを預けらせる。その直後、スリッパを履いたみさえがしんちゃんを追ってくる。女性とシロは、そのうち引き取りに来るだろうと思う。
しんのすけ/みさえ/シロ/女性/男(テレビの中で)
おかたづけは苦手だゾ(1993年5月17日)
12 アクションようちえん、2泊3日のスキー教室。よしなが先生は園児たちが嬉しそうだと言うが、園児たちはよしなが先生が嬉しそうだと思う。風間君が板の自慢をし出し、しんちゃんもはご板とかまぼこ板を見せびらかす。道中、ゴミを窓から捨てるチンピラらしき車に向かって、しんちゃんはぞうさんを窓に張りつけて「つぶれたいなりずし」を見せる。その車はレーンに衝突してしまう。ドライブインで、しんちゃんはよしなが先生にも男子トイレに来てくれとせがまれ、よしなが先生はダメだと騒ぎ、周りの的となり恥をかく。トイレでしんちゃんは手をオシッコまみれにし、それをバカにした風間君の服で手を拭く。さらに水で洗った手も風間君の服で拭く。よしなが先生と風間君の機嫌を悪くして、再びバスは出発する。
しんのすけ/風間君/マサオ君/ボーちゃん/ネネちゃん/よしなが先生/チンピラの男(2人)/チンピラの女/○○女子大スキー部の女子大生(2人)/その他男性数人
13 前回の続き。アクションようちえんのスキー教室で、自身の滑りを披露するよしなが先生は園児からほめられるが、まつざか先生は園児たちの前で得意がっていると言われ、喧嘩に。園長先生も仲介に入ると、しんちゃんは周りの客に三角関係のもつれだと言いだす。園長先生はスキーが初めての人は自分の所へ、少し滑れる人はよしなが先生の所へ、上手に滑れる人はまつざか先生とリフトに乗るように言う。まつざか先生は普段からスキーが上手で、学生時代には回転競技で賞を取ったと吹聴していたからであったが、実はボーゲンの部で、しかもブービー賞を取るほど下手であった。しんちゃんと一緒にリフトに乗るまつざか先生は、鳥肌がたつ。まつざか先生は風間君たちから手本を見せてくれと言われるが、監視役だから後から行くとごまかす。しんちゃんの半けつすべりを見送ったのち、まつざか先生はボーゲン(ハの字)をやろうとするが、後ろを閉じて先を広げるという逆の滑りをして転んでしまう。そこへ男性が声をかけてきて、まつざか先生は甘え声を出すが、実は声の主はしんちゃんで、気持ち悪がられる。まつざか先生が起き上がると、しんちゃんがぶつかり、ストックなしで猛スピードで滑っていってしまう。まぐれでうまく止まれて、園児たちから賞賛を浴びるまつざか先生だが、内心はひどく怯えていた。一方、半けつうしろすべりをするしんちゃん。
しんのすけ/風間君/マサオ君/ネネちゃん/チーター河村/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/男性客(2人)
スキーバス旅行だゾ(1994年1月17日)



しんちゃんとママのおばかな一日編
1 しんちゃんがみさえにクイズを出題する。アンパン君と食パン君が道路を横断しようとすると、トラックが走って来て、周りの人が2人に「あぶない にげろー」と言った。助かったのはどちらかという問題で、みさえは食パンには「ミミ」があったおかげで注意が聞こえたため、食パンだと回答するが、しんちゃんの正解はアンパン。なぜならアンパンは丸いから逃げるのが早いためであり、不機嫌になるみさえ。みさえはこれまでに捨て忘れたゴミ捨てをしんちゃんにも手伝わせる。みさえはその際化粧をするが、しんちゃんに自信が無いと指摘される。ゴミ袋を運ぶ途中、しんちゃんは通りすがりの女性の方に行ったり疲れたからタクシーを止めようとする。しんちゃんの運んでたゴミ袋は引きずっていたために破け、こぼれたゴミを通った飼い犬のエサとして与えようとする。みさえはほうきとちりとりでゴミを処理するが、集積所に着いた時は収集車が既に出た後だった。
しんのすけ/みさえ/通りすがりの女性/犬/犬の飼い主の中年女性
ゴミ捨ても大変だゾ(1993年5月31日)
2 アクションようちえん、雪降りの翌日、園児たちが雪で遊ぶ中、しんちゃんは嫌がるマサオ君とボーちゃんの3人で死体ごっこをやっていた。よしなが先生が雪を使った遊びをするよう言うと、雪を乗せた死体ごっこをするしんちゃん。よしなが先生が風間君の雪うさぎを見せると、雪うなぎをつくるしんちゃん。そこへ、まつざか先生はひまわり組の低レベルさを笑ってくる。ばら雪 馬、雪 ピサの斜塔、雪 高花田を作っていたが、しんちゃんがまつざか先生の悪口を言うと、まつざか先生はよしなが先生と雪合戦での勝負をすることに。ひまわり組対ばら組の勝負で、雪玉を作る際、それをおにぎりのように食べるしんちゃん。園長先生は副園長先生におしるこができたから園児たちを呼ぶよう言うが、雪合戦の様子を見て、自分も参加することに。そして、様子を見にきた副園長先生も参加する。チーター河村はしんちゃんに雪玉をぶつけようとするが、しんちゃんはチーターの雪玉を持っている手ごと口に入れて、食べてしまう。唾液まみれの手に力が抜けるチーター。園長先生がおしるこタイムとして園児たちを集めた後も、よしなが先生とまつざか先生は巨大な雪玉を担いで対峙していた。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/チーター河村/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/副園長先生/
雪合戦で勝負だゾ(1994年2月7日)
3 しんちゃんは近所の田中さんの家に行くみさえに留守番を頼まれる。みさえが家を出た直後、しんちゃんはみさえの悪口を言うが、引き返したみさえにグリグリ攻撃を受ける。その後、しんちゃんはテーブルに置いてあるマッチで、マッチ売りの少女ごっこをやるが、マッチの火の熱さに手を話してしまう。火のついたマッチはみさえのスカートに落ち、水をかけて火を消すが、スカートは一部焦げて穴が空いてしまう。しんちゃんはおしっこする時の穴を作ったとごまかすことを考えるが、結局はお仕置きされると思い、リュックを背負って家出をしようとする。そこへみさえが帰ってきて、しんちゃんが追い詰められていると感じ、正直に言えば怒らないとしんちゃんに約束する。しかし、しんちゃんがスカートを見せると、みさえは怒ってしんちゃんにお仕置きする。そのスカートは例外で、かつ火遊びをしたためであるとのこと。
しんのすけ/みさえ
火遊びはこわいゾ(1993年5月10日)
4 風間君が女の子の友達の麗奈(れいな)と英語塾へ行く途中、氷の張った水たまりで、みさえのパンツをかぶって橋本聖子ごっこをしているしんちゃんと遭遇する。しんちゃんは風間君も同じ遊びをやっているような発言をし、風間君は慌てて麗奈に誤解だと弁解するが、麗奈は風間君に愛想を尽かしていた。一方、みさえに家に連れ戻されたしんちゃんは、スケートをやりたいと言い、野原一家3人で北かすかべスケート場に行く。みさえが靴を借りる際、サイズ(23)を言うみさえが年齢をごまかしていると勘違いするしんちゃんは、スケートリンクの巨大な氷をなめたりする。しんちゃんはひろしから滑り方を教わるが、通りすがりの女性が転ぶとそのスカートの中(ピンク)を見て、2人はみさえにぶたれる。ひろしはしんちゃんに実際に歩く練習をさせるが、しんちゃんは後ろへ行ってしまう。そして、転びそうになった時、しんちゃんは偶然4回転半をしてしまい、周りの客やスポーツ新聞の記者らによって大騒ぎとなる。
しんのすけ/みさえ/ひろし/風間君/麗奈/佐藤きみどり/スケート場の店員2人(男性と女性)/北さいたまスポーツ新聞の記者/スケート客数人
スケートの天才だゾ(1993年11月29日)
5 アクション仮面キャラメルについているシールを楽しみにするマサオ君だが、不良小学生たけしがやって来る。マサオ君がキャラメルのシールの引き渡しを拒否すると、公園に連れて行かれるが、公園ではしんちゃんとボーちゃんが「とぶ人がいないなわとび」をしており、たけしがしんちゃんに怒ると、しんちゃんはキスを求める。一瞬ときめいてしまったたけしはしんちゃんの頭を殴るが、その石頭に痛がる。たけしはしんちゃんに自分の言う事を聞いたら許すと言い、勘違いしたしんちゃんはたけしにいなりずしをさせる。乗せられたたけしはしんちゃんが言う事をきく立場だと言い、マサオ君の持っているシールを取ってくるよう命じる。マサオ君は泣いて逃げだし、たけしはしんちゃんにマサオ君の家を案内させる。しんちゃんは電車ごっこで行こうと言うが、たけしは不良の自分には電車ごっこは出来ないと言う。しんちゃんがとある家に案内するが、そこはネネちゃんの家で、ネネママを便秘5日目だと紹介する。その後、ある家に入るが、そこは単なる近道でその家の怖い犬に吠えられたたけしはウンチをちびってしまう。その後、たけしは母親と遭遇、弟の面倒を見なかったとしてお尻を叩かれる。しんちゃんとボーちゃんはマサオ君の家でなわとびをしに行く。
しんのすけ/マサオ君/ボーちゃん/たけし/ネネちゃん/ネネママ/たけしの母親/たけしの弟/犬2匹
いじめっ子と又遊ぶゾ(1993年6月28日)
6 アクションようちえんの帰りの時間で、しんちゃんはみさえが迎えに来るため、バスには乗らないで幼稚園で待つことに。よしなが先生に本を読んであげると言われたしんちゃんは、岡本夏生写真集を読ませる。よしなが先生に注意され、別の絵本を選ぶが、よしなが先生は突然腹痛に襲われる。しんちゃんは誰かを呼びに行くが、よしなが先生が赤ちゃんを生みそうだと叫ぶ。職員室でしんちゃんに呼ばれたまつざか先生はよしなが先生のただならぬ様子から救急車を呼びに行く。その間、しんちゃんはよしなが先生を元気づけるためにチンチンおどりを披露する。救急車到着後、よしなが先生は盲腸炎と診断され、病院へ搬送されるが、救急車にはしんちゃんも乗っていた。その時ちょうど幼稚園に到着したみさえは、救急車でのしんちゃんを見て、慌てて追いかける。
しんのすけ/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/副園長先生/みさえ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/救急隊員3人
よしなが先生が急病だゾ(1993年5月24日)
7 テレビのポンポコチンたいそうのマネをしていたしんちゃんは、みさえに自分もテレビに出たいと言い、みさえも乗り気で親子で応募する。みさえが受付で案内嬢の場所を訊くと、しんちゃんは案内嬢に自分のパンツにサインしてと言う。テレビあさひ内で小宮悦子をみたしんちゃんは、今度は自分のいなりずしにサインしてと言う。スタジオ到着後、生放送中にしんちゃんはキャラクターの気ぐるみにしがみつき、テレビに映ってしまう。その事で注意を受けるみさえ。その後、いよいよポンポコチンたいそうが始まり、しんちゃんは緊張と共に体操のお兄さんやちびっこたちと踊る。その際い中にしんちゃんのズボンのゴムが切れ、ズボンがずり落ちてバランスを崩し、たいそうのおにいさんのズボンにしがみつき、パンツごとずりおろしてしまう。一方、ネネちゃんがその様子に少し戸惑うが、そばにいたネネママがテレビに飛びつき興奮する。放送は一時中断、その後しんのすけ親子と体操のお兄さんをその番組で見ることは二度と無かった。
しんのすけ/みさえ/体操のお兄さん/ネネちゃん/ネネママ/番組のおねいさん/着ぐるみのキャラクター(3体)/ディレクター/カメラマン/その他スタッフ数人/ちびっこ大勢/案内嬢/小宮悦子/太田さん(太田賢司氏?)/その他男性社員
8 アクションようちえん、盲腸炎で入院していたよしなが先生は元気になっているという話を園長先生聞くひまわり組の園児たち。その日は園長先生の引率でくじ引きで当たった3人の園児がよしなが先生のお見舞いに行くことに。お見舞いに行くのは、しんちゃん、風間君、ネネちゃんで、しんちゃんがいることに不安を抱えながら園長先生はお見舞いに行く。アクション総合病院、エレベーターに乗る時にしんちゃんは受付嬢に一番美人の看護婦の名前を聞こうとしていた。42号室、よしなが先生の病室には先生の母親も来ており、母親は園長先生に真面目に働いているかを訊く。園長先生は熱心だと答えるが、しんちゃんは恋人がいる事を話してしまい、内緒にされていた母親は怒りだす。風間君がクラスの園児たちが作った千羽鶴を渡すと、しんちゃんは自分が(ティッシュを丸めて)作った千個おにぎりを渡す。回診を受ける時、しんちゃんは口出しして医者を苛立たせる。よしなが先生がトイレに行く際、しんちゃんも一緒に行くが、男子トイレは下の階で、しんちゃんは一人で行くのは怖いからとよしなが先生を同行させるが、階段でしんちゃんはもれそうになり動けなくなる。よしなが先生は慌ててしんちゃんを抱えて下へ行くが、転んでしまい、傷口が開いたため、退院が少し延びる。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/よしなが先生/よしなが先生の母親/園長先生/副園長先生/受付嬢/医者/看護婦
よしなが先生のお見舞いだゾ(1993年5月24日)
9 アクションようちえんの職員室に無言で入って来たしんちゃん。園長先生は職員室に入る時はなんて言うのかを訊くと、しんちゃんは園長先生が忘れたと思い、「失礼します」だと答える。しんちゃんはカンケリをやるために缶を探しに来たのだが、園長先生は空き缶を全部捨ててしまっていた。未開封のフルーツの缶詰をもらおうとするが、園長先生にお客さんに出すものだから駄目だと言われる。しんちゃんはまなざし攻撃で、缶詰の中身を食べて空き缶をもらう。風間君、ネネちゃん、マサオ君、ボーちゃんとカンケリを始め、じゃんけんでしんちゃんがオニになるが、しんちゃんはよしなが先生を誘い、ジャンケンをしてよしなが先生がオニに。オニのよしなが先生は次々と園児たちを見つけ、しんちゃんより速く走るが美人のおねいさんを見たしんちゃんが速く走って先に缶を蹴る。これに怒ったよしなが先生は、小学校時代に缶ケリ姫と呼ばれたプライドも手伝って、次々と園児たちを捕まえるが、ボーちゃんの存在を忘れるなど、その後も次々と蹴られる。缶がボコボコになっても全員捕まえるまで返さないと意地を張るよしなが先生はしんちゃんに缶をもらいに行かせる。しんちゃんは最高級カニ缶を持つ園長先生にまなざし攻撃をし、攻撃に必死に耐える園長先生。
しんのすけ/よしなが先生/園長先生/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/通りすがりの女性
カンケリをするゾ(1993年4月26日)
10 みさえの悪口をバンドで歌うしんちゃん。そこへ、昼寝していたみさえが起きてきて、グリグリを受ける。しかし、みさえはしんちゃんが歌好きで、音楽的才能があるのではと思い、エリート養成音楽スクールへ。スクールで、代表で音楽家のシャープ青壁に授業料が非常に高い事を聞かれるみさえは、その覚悟をする。ピアノの音を当てる最初のテストでしんちゃんは「ピアノの音」と答えたり、「ぬ」と答えたりする。次にリズム感テストで、タンバリンで演奏をさせるが、しんちゃんは全然リズム感を出さず。しかし、お尻なら叩けると、しんちゃんの叩くお尻は、お尻が生きているみたいだと言われ、女性のアシスタントのフラット高田もお尻を叩こうとし、青壁に止められる。テストの結果、青壁はしんちゃんにふさわしいコースは「鈍才コース」で、このコースの授業料はさらに割高だと言う。みさえの返事はシンバルを思いきり叩くもので、青壁に一喝して入会を断る。帰宅後、しんちゃんとみさえは自己流の歌を楽しむ。
しんのすけ/みさえ/シロ/シャープ青壁/フラット高田
将来は人気歌手だゾ(1993年8月2日)




原作あらすじ一覧  原作編  トップページ