原作あらすじ一覧  原作解説編  トップページ


原作あらすじ一覧(27巻)



サブタイトル 記号 話数 ページ
27 がんばれ新婚せんせい!
オラたちがついてるゾ編
a 6 4
北与野博士がぶりぶり大発明!
‘‘チェンジ・マッシーン’’だゾ編
(だし取りしんちゃん)
(北与野博士のちん発明ミレニアム)
b 2 6
ふたりのラブラブ空間
新婚旅行はオーストラリア!!編
c 6 4
スゴ腕二人がやってきた!
極秘任務はオラにまかせろ編
(野原刑事の事件簿シリーズ
いなりずしはみだし刑事しんのすけ)
(家族連れ狼)
d 2 8(第1話)
6(第2話)
売れないお笑いグループ?
埼玉紅さそり隊の登場だ編
e 8 4



がんばれ新婚せんせい!
オラたちがついてるゾ編
1 「ハイム ニクバナレ」の朝、新婚で幸せの絶頂にいたよしながみどり改め石坂みどりは、夫の純一にキスで会社に送り、自分の頬をつねって夢でない事を確認する。幼稚園へ行く際、関係が良好の近所の人たちに挨拶をし、猫しかいないところで幸せのおたけびをあげる。アクション幼稚園では、今まで通りよしながと通してもらうことにしたよしなが先生は、いやらしい目をした園長先生に新婚生活の味を聞かれ、まつざか先生は園長先生の耳を引っ張って咎める。まつざか先生はよしなが先生を新婚デブと悪口を言ってよしなが先生をこづく。ひまわり組の教室でも、よしなが先生の新婚話で盛り上がり、しんちゃんは昨夜は何回、トイレに行ったかを聞き、先生や園児たちは質問の前半部分に動揺していたので安心したものの、ネネちゃんは内心悔しがる。さらに、しんちゃんは新婚だと夜は毎晩、星を一緒に見るかと聞き、先生たちは質問の前半部分で再び動揺したので安心し、ネネちゃんだけが苛立つ。帰り道、幸せ気分に浸って帰宅するよしなが先生だが、かすかべ防衛隊のしんちゃんたちが、よしなが先生が引っ越してしまったために基地がなくなってしまったので、先生を探して家を突き止めようと話しているのを聞いて、新婚家庭を壊されないべく、見つからないように植木の中をほふく前進して進むが、近所の人としんちゃんたちに見つかってしまう。近所の人からは「変わった人」というイメージを受け付けてしまい、新婚家庭はかすかべ防衛隊の秘密基地となって幸せは少し少しずつ壊れていった。
しんのすけ/風間くん/ネネちゃん/よしなが先生/まつざか先生/上尾先生/園長先生/石坂純一/近所の女性(3人)/野良猫
よしなが先生の新婚家庭だゾ (2000年7月14日)
2 みさえが買い物から帰る途中、しんちゃんとバッタリ会って、荷物を持つのを手伝わせようとするが、ブルース・ウィルスに似ている人が行ってみさえが振り向いたスキに逃げ出すしんちゃん。ハゲ方だけが似ている人に失望したみさえはしんちゃんを怒鳴るが逃げられてしまうものの、しんちゃんはみさえのもとに戻って買い物袋を持つと言う。すると、しんちゃんが逃げた角からななこおねいさんが現れ、みさえは事情を理解する。ななこはジョギングウェアを買った帰りで、朝早くに馬の尻公園を走るとのことで、それを聞いたしんちゃんはななこと別れた後、自分もジョギングをやると言い出し、興奮して荷物を持たずに走って行ってしまう。その夜、しんちゃんは目覚ましを6時にセットして、ジョギングの最中にななこと会い、一緒に手をつないで走る姿を想像して、ぬいぐるみの手を握ってその気になって走っているしんちゃんに怒鳴るみさえ。翌朝、しんちゃんは10以上の目覚まし時計が鳴っても目が覚めず、再びみさえに怒鳴られる。ジョギングに出たしんちゃんは馬の尻公園へ走って、公園内も走り続けるが、ななこの姿は見えない。しんちゃんはななこが会うまで続けると決心する。一方、ななこは外が寒いのを嫌がって、布団にもぐりこんで寝ていた。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/ななこ/ブルース・ウィリスと似た頭の男性
寒い朝でもジョギングだゾ(2001年12月7日)
3 ヒロシの休日。みさえはひろしに大掃除を手伝うよう言うが、ひろしは腰が痛いと演技を見せて、接骨院に行くふりをするが、コートに5番アイアンを隠している事をしんちゃんに指摘され、みさえに接骨院に行くとみせかけて打ちっぱなしに行こうとしていた事が知られてしまう。結局、手伝わされることになったひろしは、まず段ボール箱を押し入れにしまう。ひろしは軽い箱を次々に入れるが、一つの箱の中にしんちゃんがみさえに見つからないように隠れ、ひろしがその箱を持つと重さで本当にぎっくり腰になってしまう。ひろしはみさえにその事を言うが、箱の中が衣類ばかりだと信用してもらえず、しかし、みさえは衣類の中にしんちゃんを見つけ、ゲンコツを与える。接骨院に行こうとするひろしに、みさえはひろしの腕を肩にかけようとするが転んでしまい、起き上がるとみさえも肩を痛めてしまう。みさえはひまわりを連れて接骨院に行こうとするが、ひまわりの腕をひねってしまう。さらに、ひろしに言われて財布を取りに行こうとしたしんちゃんは、足首をねんざしてしまう。接骨院の「回復堂」にて、医者は家族全員が患者の野原一家に、仲が良いと苦笑いする。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/隣のおばさん/接骨医(男性)
父ちゃんは日曜も大変だゾ (2000年6月16日)
4 朝6時に起きたしんちゃんは、前々回の時のようにジョギングを続けて行う。しかし、ブタの尻公園に行くも、やはりななこには会えず。それもそのはず、ななこはジョギングをやらずに布団にもぐりこんでおり、春になったらやると言っていた。しかしそのおかげで、しんちゃんは逃げ足が速くなって、イタズラをしてもすぐにみさえから逃げられるように。しんちゃんを追いかけるみさえは、外の塀に優勝者にはオーストラリア旅行がプレゼントされる市民マラソン大会開催のポスターを見て、みさえは今のしんちゃんなら優勝できると喜んで街中を走る回るが、しんちゃんに口紅を顔中に落書きされていたみさえは近所の人たちからその醜態をさらしてしまう。その後、みさえはしんちゃんにマラソンの幼児の部(5キロ)に出るよう言うが、しんちゃんは嫌がる。そこでみさえは優勝したら藤原紀香に会わせると言い出す。しんちゃんは疑うが、みさえは自分が藤原紀香の知り合いだと言い張り、しんちゃんは信用することに。市民マラソン大会当日、しんちゃんはチーター河村と会い、チーターのフルマラソンを3時間で走ったという自慢話をフルちんマラソンと勘違いする。マラソンが開始されると、チーターはしんちゃんの足の速さに驚き、かわいいギャルが言ってしんちゃんをそちらに行かせる。それを見たみさえは、携帯で電話をかけ、しんちゃんに藤原紀香がゴールで待っていると言う。興奮したしんちゃんはゴール間際でチーターを抜いて見事優勝を果たし、オーストラリア旅行をもらったみさえ。そこで藤原紀香と会ったしんちゃんだが、その藤原紀香とは某芸能人と同姓同名の町内のおばさんだった。一応約束は果たしたみさえ。
しんのすけ/みさえ/ひろし/みさえ/ななこ/隣のおばさん/チーター河村/藤原紀香/かわいいギャル(沿道の女性)
5 ひろしが返ると、みさえからカニを見せられ驚愕する。その驚きの声にしんちゃんとひまわりが廊下にやってきて、カニの事をごまかす。カニは秋田の銀ノ介が送ってきたもので、ひろしとみさえはこのような高級なカニを子供には食べさせられないと、子供たちが寝たら二人でカニパーティーをしようと約束する。しかし、しんちゃんはひろしがカニの歌を唄いながら上機嫌に入浴する姿を不審に感じ、またみさえが異様にテキパキと夕食の準備をするところから、さらに怪しむ。しんちゃんはカニと言うと動揺してお盆を落としたみさえ。そこでしんちゃんはカニがあることに気付き、子供の純真な心に訴えに負けたみさえはしんちゃんにカニを見せることに。しんちゃんはカニの死体と呼び、食べやすいようにひろしがさばいてみさえが切れ目を入れると、しんちゃんはカニのバラバラ死体と呼び、みさえにそう言う呼び方をするなと言われる。いよいよ食べる時、しんちゃんはカニを食べる時になると静かになってしまう事を指摘し、ひろしはその理由にカニを食べることは真剣勝負であり、カニとの格闘技だと熱弁するが、誰も聞いておらず。しんちゃんとみさえとひまわりは殻からうまく中身を取り出せたが、ひろしは取り出せず中身が殻に入った状態に、ひろしはほじくり返し、しんちゃんに父ちゃんの人生そのものと指摘される。その後もカニに美味しさを満喫する野原一家。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり
6 車であいちゃんをフェンシング教室へ連れて行く黒磯だが、あいちゃんにしんちゃんの家に行くからフェンシング教室は休むと言われる。黒磯はあいちゃんの母親から娘を甘やかさないようにきつく言われているのでその頼みを断る。しかし、あいちゃんから3日前にバットですぶりをして、母親の大事にしている「トイレで考える人」のブロンズ像を壊し、さらにアロナルファでそれを直して何食わぬ顔をして暮らしていた事を指摘された黒磯は、しんちゃんの家に向かう羽目に。あいちゃんはブロンズ象の件を持ち出して黒磯を脅し、しんちゃんの父親であるひろしの心をゲットすべく野原一家へ。一方、黒磯は自分の仕事が向いていないかもと落ち込む。家に上がり込んだあいちゃんは、ひろしに会いに来たとみさえに告げる。一方、ひろしは休日で二度寝の最中だったが、みさえにしんちゃんの友達が会いたがっていると言われ、ひろしは困惑してみさえと口論になると、あいちゃんが介入してきて夫婦喧嘩における子供悪影響の説教を受ける。あいちゃんはひろしに会いに来たと言い、二人で話をすることに。しかし、ひろしは仕事の話をされてしまい、話題を変えようとあいちゃんの父親の仕事を訊くひろしだが、複数の会社を経営する実業家という返事に落ち込んでしまう。ひろしはものすごく疲れている事を言うと、あいちゃんは休んでくださいというが、ひろしの枕元で疲れをいやすというドイツ語らしき言葉の歌を唄い出し、ひろしは起きて朝食をとることに。ひろしのお茶を入れたあいちゃんは、食事中に将来ひろしが寝たきりになってもオムツを取り換えると言い、ご飯を吹き出してしまうひろし。あいちゃんはさらに、ひろしがみさえに見捨てられても嫁の自分が最後まで面倒を見るとまで言い、ひろしの心ゲットしたと思って野原家を出る。一方、黒磯はあいちゃんの母親に電話で必死に弁解をしていた。
しんのすけ/みさえ/ひろし/酢乙女あい/黒磯
あいの大作戦だゾ(父ちゃん編)(2001年4月13日)



北与野博士がぶりぶり大発明!
‘‘チェンジ・マッシーン’’だゾ編
(だし取りしんちゃん)
(北与野博士のちん発明ミレニアム)
1 むかしむかし正直屋という客の入らないまずい定食屋があり、店を切り盛りしている夫婦は一度みのもんたの「愛のビンボー脱出大作戦」に出演して助けてもらったが長続きせず、やけになった夫の直次郎(なおじろう)は酒を飲んで妻のお正(まさ)に暴力をふるようになる。ある日、お正が川で洗濯をしていると、昆布の帆をつけたかつおぶしの船が流れてきた。船には船酔いに苦しむしんちゃんが乗っていた。お正に店で休むことを勧められたしんちゃんは、7つの海を旅すると自己紹介すると、お正にそこが川だと言われて7つの川を旅する冒険に変更する。正直屋に着くと、事情を知った直次郎が怒るのをよそに、しんちゃんはみそ汁のだしを作っている鍋を風呂代わりに入ってしまう。しかし、しんちゃんが入った鍋には今まで一度も出せたことのない良いだしが出ている事を知って驚く直次郎。そのだしで作ったみそ汁は客の間で評判になり、正直屋は少しずつ繁盛していった。だし汁が無くなったので、直次郎はしんちゃんを無理やり鍋に入れるが機嫌を悪くしたしんちゃんから出ただしは最悪の味で、お正に慰められてしんちゃんの機嫌が良くなると再び美味しくなる。その後、正直屋のみそ汁定食は行列ができるほど大人気となり、高級定食の「まやかし屋」の主人もその美味しさに驚き、正直屋の中を覗くと、しんちゃんがだしとなっていることに驚く。特に玉袋の裏で取っただしは味にうるさい通をもうならせるほどだった。しかし、商売は順調になっても直次郎の態度は変わらず、小林幸子の紅白用の衣装が盗まれるというニュースを見ていたお正は、直次郎がバクチで10万円持っていくのを注意すると、再び暴力を振るわれる。そんな苦痛の日々を過ごしていたお正はとうとう病気になってしまう。病気で苦しんでいたお正が突然デヴィ夫人のような口調で話しだすのを見た医者はデヴィ夫人病と診断。治すには1千万円の美川の薬を飲ませるしかない。パニックになる直次郎にしんちゃんは、「料理の超人コンテスト」の広告を見せる。その優勝賞金は1千万円で、直次郎はしんちゃんがいれば優勝できると確信するが、ある時しんちゃんは美人のおねいさんに誘惑されて、高級定食の「まやかし屋」の主人に誘拐されてしまい、コンテスト優勝を狙う主人にだしをむりやり出させられる。一方、しんちゃんがいなくなって直次郎は困り果ててるが、しんちゃんが携帯電話で直次郎に電話をし、風呂場に自分の入っただしが残っている事を伝える。お正を治すために必死にみそ汁を作る直次郎。コンテスト当日、正直屋のみそ汁は審査員の主婦(みさえ)、サラリーマン(ひろし)、赤ん坊(ひまわり)にも好評だった一方、しんちゃんをいじめてだしを取ったまやかし屋のお吸い物は審査員が吐き出すほどひどいものだった。直次郎は優勝し、賞金で薬を買ってお正の病気は治った。直次郎がしんちゃんい礼を言うと、しんちゃんは風呂場のはただの残り湯で、お正への愛情がみそ汁に入っておいしくできた事を言う。実はしんちゃんはだし汁の精で、小林幸子の衣装を着込んで夫婦仲良くおいしいみそ汁をつくるように言って、去って行く。
しんのすけ/直次郎/お正/まやかし屋の主人/まやかし屋に雇われた女性/医者/通な男性/みさえ/ひろし/ひまわり/川で洗濯をしていた老婆/ニュースキャスター/みのもんた
だし取りしんちゃん(2003年2月22日、2004年4月3日再放送)
だし取りしんちゃん(2)(2003年2月22日、2004年4月3日再放送)
2 マングースマンション、風間くんは塾を休みたいと風間ママに頼むが、聞いてもらえず。一日も休ませてもらえず勉強漬けの風間君はママなんか大嫌いだと外へ飛び出してしまう。牛の尻公園でしんちゃんと会った風間くんは、約束通り北与野博士の研究所へ一緒に行く。「北与野博士のひみつ研究所」の中に入るも博士はいないため、しんちゃんと風間君は中に置いてある椅子に座る。椅子に座ったしんちゃんが側についているボタンを押すと、しんちゃんと風間くんの頭にヘルメットのようなものが被さり、爆発音がなる。その音を聞いて駆けつけた博士によると、その椅子は「チェンジマッシーンミレニアム」という2人の中身を入れ替えてしまうマシンで、しんちゃんと風間くんは体が入れかわってしまっていた。しかし、マシーンが壊れてしまったために、修理が済むまでの2、3日の間、大騒ぎにならないためにも中身が入れ替わったとバレないように生活してほしいと博士に言われたしんちゃんと風間君。見た目が風間君のしんちゃんはマングースマンションへ、見た目がしんちゃんの風間君は野原家へ行き、しんちゃんがマングースマンションに着くと風間ママから心配したと言われる。それを聞いたしんちゃんは、「しんちゃん、オッパイ、Fカップ〜」とおどける。風間ママはその様子から勉強のしすぎでおかしくなってしまったとショックを受け、しんちゃんに一緒に踊ろうと言われて一緒におどける。一方、野原家に着いた風間君は、出しっぱなしのオモチャを片づけるものの、しんちゃんになりきろうとケツだけ星人をやるがみさえにぎこちなさを指摘される。みさえはしんちゃんが言われたとおりにシロの散歩に行くのを見て不審に思う。帰宅したひろしはみさえにしんちゃんの様子が変だと言われ、しんちゃんの良い子ぶりにひまわりも怯える様子を見て、その事を実感する。風間君はひろしの疲れ切った姿を見て肩たたきを始め、あまりの良い子ぶりに泣いて喜んでしまうひろしとみさえ。その後、風間君は布団の中で母親を恋しがる。翌日、アクション幼稚園で、風間君としんちゃんの姿に誰もが不審に思い、あいちゃんもしんちゃんの真面目な姿に幻滅してしまう。さらに翌日、マシンが直り、元に戻った二人。風間君は家へ帰るが、風間ママは完全にしんちゃんの性格と化しており、家がメチャクチャのなっているのにショックを受ける。一方、野原家ではしんちゃんが元に戻ってしまって、ひろしとみさえはショックを受け、ひまわりは安心する。
しんのすけ/風間君/みさえ/ひろし/ひまわり/シロ/風間ママ/北与野博士/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/よしなが先生/酢乙女あい/黒磯



ふたりのラブラブ空間
新婚旅行はオーストラリア!!編
1 新東京国際空港、新婚旅行でオーストラリア行きの便を待つよしなが先生は、夫の純一と夕暮れの海を散歩して抱きしめられるのを想像して興奮し、純一はその様子に引いてしまう。その後、オーストラリアのケアンズに行くクワンタス航空42便に搭乗した二人だが、一家族の客が遅れているという機内放送が流れるが、その家族はマラソンの優勝でオーストラリア旅行をプレゼントされた野原一家で、しんちゃんたちの姿を見たよしなが先生は青くなる。しんちゃんたちが通路側のよしなが先生の席の前を通ろうとすると、よしなが先生は隣の石坂さんにキスをして顔を見せないようにする。よしなが先生は新婚のラブラブ空間を邪魔されてなるものかと、絶対に見つからないようにして、また純一に知られたら野原家を行動を共にする事に賛同するだろうから、純一にも言わないようにと心に決める。離陸後、よしなが先生はしんちゃんがトイレに向かうのに席に向かってくるのを見ると、アイマスクをして顔を隠すが、しんちゃんやみさえたちまでが先生の前にやってきて、よしなが先生に似ていると盛り上がる。幸い、機内では気づかれずに済んだが、全く眠れず目にくまを作ってしまったよしなが先生。着陸後、よしなが先生らは埼玉トラベル、野原一家は埼玉ツーリスト(玉ツリ)と別々のツアーで安心するよしなが先生だが、「HOTEL ワーストワン」到着後、野原一家も同じホテルにチェックインするのを見てしまう。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/よしなが先生/石坂純一/客室乗務員/埼玉トラベルのガイト(男性)/埼玉ツーリストのガイド(男性)/ホテルのポーター
オーストラリアは盛り上がるゾ(2000年9月8日)
2 前回の続き。ホテルの部屋に入ったよしなが先生は、となりの部屋が野原一家ではと危惧して、コップを壁に当てて両側の隣の声を盗み聞きするものの、どちらも野原一家でないことに安心するが、その様子を純一に見られてしまい、新しいストレッチだと必死にごまかす。お腹が空いたから、何か食べに行こうと部屋を出ようとするよしなが先生だが、ドアスコープを通じて野原一家が向かいの部屋に入るのを見てしまい、やはりお腹が空いていないとごまかすが、腹が鳴ってしまう。よしなが先生は純一に抱きついてごまかそうとするが、純一は壁に頭をぶつけて気を失ってしまう。真夜中、しんちゃんはトイレに行こうとするが、寝ぼけていたために部屋を出て、向かいのよしなが先生の部屋をノックする。それに気付いたよしなが先生は、タオルで覆面をして、しんちゃんを向かいの部屋に戻そうとするが、誤ってよしなが先生は部屋を出てしまい、しんちゃんはよしなが先生の部屋に入ってしまう。オートロックのドアは閉まってしまい、よしなが先生は部屋に入れず。しんちゃんは寝ぼけて純一のベッドにもぐりこみ、目を覚ました純一はしんちゃんをよしなが先生と勘違いしてキスをしてしまい、純一としんちゃんは互いに悲鳴をあげる。こうして、よしなが夫妻のラブラブはぶち壊しになる。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/よしなが先生/石坂純一/スーザン、ポール、ヒデキ、ハルオ(声のみ)
オーストラリアは盛り上がるゾ(2000年9月8日)
3 前回の続き。野原一家に気付かれてしまったことで、よしなが先生は気を落とすが、純一に励まされ、二人は朝食を食べにレストラン「コアラの二の腕」へ。女性の店員にテーブルを案内されるが、テーブルには4つ空席があり、そこに野原一家が相席することになる。みさえやひろしも気を遣い、よしなが先生たちの邪魔をしないように、壁があると思って無視し合うことに。しかし、しんちゃんはよしなが先生たちの会話に入り込み、みさえたちも二人の様子を思わず見つめてしまう。しんちゃんはみさえに新婚旅行について訊いてきて、夜は何をするのかと尋ねてくる。焦ったみさえは眠るに決まってると答えるが、しんちゃんは「ドラマで見た新婚旅行では、夜は二人で・・・」と大声で言い、焦る大人たち。しかし、その後に「トランプの7ならべをやる」と続き、こけてしまう大人たち。その騒ぎに店員が静かにするよう怒鳴ってきて、謝るみさえとひろし。食事後、野原一家とよしなが先生たちは別れるが、二人はその後のオプショナルの体験ダイビングツアーで再びしんちゃんたちと会ってしまう。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/よしなが先生/石坂純一/レストランの店員(女性)/ダイビングツアーのガイド
オーストラリアは盛り上がるゾ(2000年9月8日)
4 前回の続き。体験ダイビングツアーで船の「パローレ・イザベル号」に乗り込む野原一家と石坂夫妻。しんちゃんはよしなが先生たちが一緒で気を使うと愚痴をこぼし、よしなが先生は自分たちのセリフだと反発する。船の航海中、みさえは船酔いしてしまい、横になる。すると、今度はひろしが船酔いし、しんちゃんからみさえの寝起きの顔を思い出すように言われ、その姿を想像して吐き気に襲われるひろし。ひろしが抱えていたひまわりをよしなが先生に預け、横になるひろし。よしなが先生はひまわりに母乳を求められるが、母乳は出ないと言い、さらにしんちゃんから小さい事を指摘され、怒って脅しの言葉を投げつける。よしなが先生と純一はひまわりを本当の子供のように可愛がるが、しんちゃんがこれから悲惨な運命がやってくるというナレーションを付け、再び起こるよしなが先生。船はダイビングスポットステーションに到着し、ひまわりは男性の係員に預けられ、しんちゃんたちはウェットスーツを着る。酸素ボンベにおもりもつけ、最初にプールでダイビングの練習を行うが、しんちゃんは体が重くてうまく歩けず、みさえにぶつかり、みさえからよしなが先生、純一、ひろしと将棋倒しになってしまう。プールの中の練習で、水の中では水圧によって耳が痛くなるため、鼻をつまんで耳ぬきの練習を行うが、しんちゃんは耳ぬきをするつもりが、お尻から「ミ」を出してしまう。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/よしなが先生/石坂純一/船の係員(男性)/ダイビングのインスラクター(女性)/ダイビングスポットステーションの係員(男性)
オラ達もオーストラリアだゾ(2000年9月15日)
5 前回の続き。スキューバダイビングでの練習を終え、いよいよ実際に海に潜ることに。よしなが先生はぶりっこで海を怖がり、石坂が励ますのをみたみさえは、自分もマネをしてぶりっこをするが、しんちゃんとひろしはみさえの方が怖いと思い、二人はみさえにグリグリ攻撃される。水中では言葉が話せないためにボディランゲージを取ることとなり、インストラクターはカクボディランゲージの意味を教え、一人ずつロープに捕まって下に降りることに。よしなが先生は夫の石坂が海に潜るのを心配する一方、ひろしが海の潜る姿をみたしんちゃんとみさえは保険が下りるかどうかの心配をする。全員がロープにつかんで海中に入ると、しんちゃんはみさえを水面まで上がってくれと合図をする。水面に行くとしんちゃんは海の中がきれいだというのを伝えただけで、怒るみさえ。すると、水面に突然上がった二人を心配したインストラクターも水面にやってくる。再び海中へ入ると、インストラクターはみさえに魚が大勢泳いでいるのを見せ、さらにみさえは竜の落とし子も見るが、その直後に竜の落とし子の真似をしたしんちゃんを目の当たりにする。インストラクターはしんちゃんを海面に連れて行き、ロープを放さないよう注意する。さらに再び海中で、インストラクターはエサを取り出し、大勢の魚が食べに寄ってくる姿にみさえとよしなが先生は感激するが、お腹を空かせたしんちゃんは魚と一緒にエサを食べ、再びインストラクターに怒鳴られる。こうしてスキューバダイビングは終わったが、インストラクターはいつもより疲れたと言う。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/よしなが先生/石坂純一/ダイビングのインスラクター(女性)
オラ達もオーストラリアだゾ(2000年9月15日)
6 前回の続き。ホテルにて、よしなが先生たちの新婚旅行ももうすぐ終わりを迎えようとしていたが、野原一家とずっと一緒で新婚ムードが無かったことに不満を言うよしなが先生。その日行くエアーズロックでは、幼児と赤ん坊のいる野原一家にはハードすぎるからこのオプションには申し込んでいないはずだと言う石坂だが、ホテルを出て車に乗ると、中にはやはり野原一家の姿が。車の中で、よしなが先生はヤケになって新婚旅行は大勢で楽しいと喚き、思わず引いてしまう野原一家。エアーズ・ロックに到着し、その巨大な一枚岩に、よしなが先生も石坂も、みさえもひろしも圧倒されるが、しんちゃんだけがみさえのおしりの大きさに圧倒される。3時間の自由時間中、1時間で頂上に行けるとのことで、よしなが先生と石坂は登ることに。みさえも登りたいとひろしに言い、ひまわりはひろしがおぶって野原一家も登ることに。鎖を伝ってよしなが先生たちは元気に上り続けるが、ひろしとみさえはすぐに息ぎれてしまう。岩の傾斜はきつく、落ちたら死んでしまうだろうということで命がけの休憩をとる野原一家だが、ひまわりが母乳を欲しがり、みさえは与えようとするがひまわりはみさえの胸を舐めて、くすぐったいと感じたみさえは体を動かしてしまう。すると、みさえはひろしにぶつかって、みさえとひろしとひろしにおぶられたひまわりは岩から落ちそうになり、みさえの左腕だけで岩に捕まるという状態に。さらに、それを見たしんちゃんが面白がってみさえの右足にしがみつき、絶体絶命の状況に。しかし、しんちゃんがバーゲン会場だと思えばというアドバイスから、みさえは半額ワンピースを取るつもりでひろしが掴む右腕を持ち上げる。その頃、頂上では誰もない中でキスをしようとしていたよしなが先生と石坂がいたが、そこへ野原一家がやってきて、よしなが先生は歯を石坂の口にぶつけてしまう。ひろしとしんちゃんは頂上から見た広大な大地から、でかい人間にになれそうだと言うが、帰りの車の中でお菓子の事で言い争いをして、まるででかい人間になっていない二人。こうして、野原一家とよしなが夫妻のオーストラリア旅行は無事に終わる。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/よしなが先生/石坂純一/ガイト(男性)/おばさん二人(みさえの想像で)
オラ達もオーストラリアだゾ(2000年9月15日)


スゴ腕二人がやってきた!
極秘任務はオラにまかせろ編
(野原刑事の事件簿シリーズ
いなりずしはみだし刑事しんのすけ)
(家族連れ狼)
1 警視庁、かすかべ警察のしんちゃんと千葉県警で香港生まれの九十九里育ちのティンティン・クァイクァイ(女性です)は、警視庁副々大長官の善行寺(ぜんこうじ)に、最近の警察の不祥事を取り締まるために「警察官の不正を取り締まる秘密内部調査部」の特別任務が与えられる。ティンはひったくり犯に街中で銃を乱射し、しんちゃんはチカン容疑者よりも素早くチカンしたという失態を犯していたが、善行寺は二人に期待していると言う。ティンとしんちゃんは悪巣署の捜査課に配属され、さっそく町で喧嘩をしているという通報を受けて駆けつけることに。ナイフを持った「ジャックナイフのジロー」とその相手を捕まえたティンとしんちゃんは、二人を署へ連れて行く。取り調べの結果、二人の喧嘩の原因は麻薬売買の金銭トラブルで、ジローは世界屈指のマフィアであるタイガー一家により麻薬の売人であった。しかし、捜査課長による取り調べの結果、ジローは釈放となる。ティンは抗議するもジローはシロであると言われ、まともに取り合ってくれない。しかし、しんちゃんは秘密のタレ込み屋のボーちゃんを署に呼び出し、高級チョコビを謝礼にボーちゃんから港町13番地でその夜にタイガー一家がらみの麻薬取引があると知らされるが、港に向かっても取引きは無かった。署の同僚たちの顰蹙を買ったしんちゃんとティンは、同僚の一人のいかりや刑事に誘われて屋台で呑むことに。しかし、屋台でティンはしんちゃんの自分の上着の襟に超小型盗聴器が埋め込まれていたのを知る。一旦コートを離れた木に置いたティンは自分たちの極秘任務をいかりやに話す。上着は善行寺からもらったものであり、ティンは署内で唯一信用できるいかりやに協力を求めるが、面倒な事に巻き込まれたくないいかりやはその場を離れてしまう。しんちゃんとティンは二人で解決しようと決め、上着の盗聴器に面倒だからサボるという事を言う。翌日、善行寺は悪巣署の署長と副署長、捜査課長の料亭またづれでの接待麻雀にやってくる。実は、彼らはタイガー一家とつながっており、犯罪を見逃す代わりに賄賂をもらっているという関係でおり、麻薬取引もしんちゃんたちが駆けつける直前にタイガー一家に知らせて中止させていた事を麻雀中に話す。善行寺は上層部から内部調査の強化を指示され、無能なしんちゃんとティンに任せたが、二人はやる気を無くしたらしいのでクビにするつもりだと話していた。その様子をしんちゃんがビデオカメラで撮っていたが、気付かれてしまい、拳銃で善行寺はカメラを破壊して証拠を消す。さらにしんちゃんたちも撃とうとするが、いかりやが善行寺の銃を撃つ。追い詰められた善行寺は、証拠が無いことを言い張るが、しんちゃんは天井に大量の監視カメラを設置しており、さらに別室で仲間の刑事たちが待機、監視していた。タイガー一家と共に善行寺らも逮捕され、事件は解決された。
しんのすけ/ティンティン・カイカイ/善行寺/いかりや/ボーちゃん/ジャックナイフのジロー/ジローの喧嘩相手/悪巣署捜査課長/悪巣署所長/悪巣署副署長/おでん屋/ひったくり犯/チカン容疑者/通りすがりの女性/ひろし/ひろしの同僚の刑事/悪巣署の警察官/悪巣署の刑事数人
野原四十郎(2007年12月14日)
2 魔牛一族の二人の刺客が、道行く家族連れ狼こと野原ひろしの助とその家族に立ちはだかる。2人はお頭の命令により、家族を全員斬ると言う。そこでひろしは刀を尻に挟み、野原流尻剣法で二人をみね打ちして気絶させる。みさえは尻剣法使っているから春日部藩をリストラされたのだと怒るが、野原家に代々伝わる無敵の剣法をしんちゃんにも伝授させると言うひろし。ひろしは翌日の大宮藩の仕官就職試験に受かって、安定した生活を手にしようと意気込んでいた。道の途中、一人の老人が持病の発作で倒れており、ひろしたちは老人を家まで送ることに。家で老人の奥さんから食事をいただき、その夜世話を受けることに。一方、魔牛一族の城では、家族連れ狼を仕留めそこなった二人がお頭から掟により校庭10週(一週300m)の罰を言い渡されていた。お頭は自ら行く事を決め、十一兵衛(じゅういちべえ)もお供をすることに。十一兵衛(じゅういちべえ)がお頭に家族連れ狼を狙う理由を聞くと、お頭に睨まれ謝ることに。実は、お頭は女装趣味があり、その様子をしんちゃんに見られていたのが理由だった。翌朝、老人の発作が悪化し、奥さんは薬草山のホッサナオールという薬草を取りに行こうとするが、うまく歩けないお婆さんの様子から、しんちゃんは自分が薬草を自分が取ると言い、ひろしも行くと言い出す。お婆さんは試験の事を言うが、野原一家は試験はまたあるが、おじいさんの命は一つだと言い、薬草を取りに行くことに。その途中で魔牛一族のお頭が立ちはだかるが、急ぐ野原一家に無視されてしまい、大声で怒鳴って気付かせる。ひろしは再び尻剣法を使おうとするが、剣法の使い過ぎで痔になってしまう。ひろしが刀を使えずにいるとお頭の刀が降りかかるが、その刀をしんちゃんが野原流真剣尻刃取りで受け止める。尻でお頭の剣を受け止めたしんちゃんは剣の先を折って、それでお頭の服を切り裂く。お頭の服が切り裂されると、派手な女性用下着の姿が露わとなり、お頭は「見ちゃいや〜ん」。それを見た十一衛兵に愛想を尽かされる。その後、無事に薬草を飲んでおじいさんは助かり、家族連れ狼は再び旅へ出る。
しんのすけ/みさえ/ひろし(野原ひろしの助)/ひまわり/魔牛一族のお頭/老人/老人の奥さん/十一衛兵/魔牛一族の刺客二人
野原四十郎(2007年12月14日)



売れないお笑いグループ?
埼玉紅さそり隊の登場だ編
1 こたつで漫画を読んでいるしんちゃんは、みさえにシロの散歩に行くように言われ、コタツから出て玄関へ行く。しかし、玄関で漫画を再び読むしんちゃんにみさえは漫画を取り上げる。すると、しんちゃんは服から再び別の漫画を出し、ゲンコツを受けたしんちゃんはシロの散歩へ。散歩の途中、シロはガールフレンドのメグちゃんを見かけ、しんちゃんはななこを見かけるが、両者は逆方向でお互いの行きたい道を行こうと、シロのリードを引っ張り合う。そうしているうちに、メグちゃんもななこもいなくなり、しんちゃんとシロは喧嘩をし、絶交することに。怒って家に帰ったしんちゃんは頭に来たからとチョコビを食べだす。みさえはしんちゃんにシロにエサをやるように言うが、しんちゃんはシロに近づかないと言って拒否する。しかし、みさえがお仕置きをする仕草を見せると、しんちゃんはいやいや外に行き、シロの顔を見ないで餌を投げるように犬小屋の前に置く。その夜、寒さで凍えるシロを窓越しで見たしんちゃんは、犬小屋に毛布を持っていき、その様子に微笑むみさえ。
しんのすけ/みさえ/シロ/ななこ/メグちゃん/メグちゃんの飼い主の女性/通りすがりの老婆と男性
シロとケンカだゾ(2002年9月14日)
2 営業成績と同じく、いつも会社のゴルフのコンペが最下位というある男性が、空き地で翌日の会社のコンペに備えてゴルフの練習を練習を始める。しかし、そこにしんちゃんが邪魔をしてくるが、しんちゃんもゴルフの練習をしに来ていた。しかし、しんちゃんは男性の方へ打とうとしたり、クラブの握り方が正しくないので男性はしんちゃんを指導する。しんちゃんはさらにゴルフの打ち方を訊いて、しぶしぶ男性は打つお手本を見せる。しかし、練習の事を思い出した男性は、しんちゃんを無視して練習をやろうとするが、しんちゃんがハトの真似をして「ポッポーポッポー」と言うと、男性は「クルックークルックー」だと訂正し、またもやしんちゃんのペースに。再び練習をやろうと、男性は「チャーシューメーン」とショットを飛ばすと、しんちゃんは「ラーメンライスセット大もり」と語呂の悪い言葉でショットをする。怒った男性はどういうつもりでゴルフをやっているのか訊くと、しんちゃんは楽しみでゴルフをやっていると答える。それを聞いた男性は、最初はゴルフをやり始めた頃は楽しかったのに、今ではスコアばかりを気にしている自分を省みて、しんちゃんにコーチをしてもらうことに。コンペ当日、「ラーメン半チャーハンセット餃子付」と語呂が悪いもののナイスショットを飛ばす男性。
しんのすけ/ゴルフの練習に来た男性/男性の同僚2人/通りすがりの女性2人
オラはゴルフのコーチだゾ(2002年12月19日)
3 埼玉紅さそり隊の中にしんちゃんが紛れ込んでおり、それに怒る竜子たち。しんちゃんは紅さそり隊をお笑いグループと言ってそこから去るふりをするが、紅さそり隊が不良3大用語を唱和していると、そのどさくさにまぎれてせわやきママ3大用語を叫んで、それに乗せられる竜子たち。すると、マリーやお銀が携帯を持っているのを見て、竜子は紅さそり隊の携帯禁止の掟を告げる。マリーたちは竜子が携帯を嫌うのを疑問に思い、その理由が単に操作ができない事をしんちゃんによって暴露してしまう竜子。そこへ、四十肩のお京と名乗る女子高生が現れ、携帯もルーズソックスもガングロも禁止の紅さそり隊を揶揄し、竜子と紅さそり隊のリーダーの座をかけて勝負に出る。リーダーは俊敏かつ冷静である事が求められるため、この2大特性を同時に表わせる勝負として、竜子とお京はぞうきんを縫いながら300m走を行うことに。競争に勝ってもぞうきんが縫えなければ失格とのことで、お京はしぶしぶその競争に参加するが、ぞうきんを縫うのに手間取って竜子に差をつけられるが、途中で転んだ小さい女の子をあやすのに止まった竜子を抜かし、最終的にお京が勝つ。こうして、竜子は紅さそり隊から去り、お京が新しいリーダーに。
しんのすけ/ふかづめ竜子/魚の目お銀/ふきでものマリー/四十肩のお京/厚底ブーツ軍団のメンバ/道で転んだ女の子
結成!新さいたま紅さそり隊だゾ 前編(2006年5月19日)
4 前回の続き。マリーとお銀は新・埼玉紅さそり隊のリーダーのお京のと共にスカートを短くして、ルーズソックスを履いて登場するが、そこにはしんちゃんが紛れ込んでおり、しんちゃんにスカートの柄を覗かれて怒る。お銀とマリーは新しいリーダーに期待感を抱くが、隊の新しい掟でルーズソックスをきちんと履くこと、とび箱うまいからって威張るな、電車内での携帯電話の禁止という内容やテーマ曲などから、前のリーダーと変わらないことに幻滅する。その様子を竜子が草むらから双眼鏡で覗いており、その様子見つけたしんちゃんに、竜子はチョコレートを持ち出して偵察してくるように言う。しかし、しんちゃんはお京にその事を話してしまい、竜子の偵察姿も気付かれていた。お京は勢力拡大のために、厚底ブーツ軍団との対決のために果たし状を送っており、その事に不安を覚えるお銀たち。しかし、果たし合い当日、お京は自宅に竜子を呼び出し、昨夜にアイスクリームとたい焼き2個とどら焼き3個食べて下痢になってしまい、代わりに行ってほしいと頼む。一方、お銀とマリーはたった二人で15人の厚底ブーツ軍団を対峙していたが、竜子が現れたことに喜ぶ。ブーツ軍団はパトカーのサイレンを聞いて逃げてしまうが、それはしんちゃんのオモチャであった。こうして、リーダーの座に返り咲いた竜子。その様子を見ていたお京は、しんちゃんにお腹を棒で突っつかれて下痢が漏れそうになる。
しんのすけ/ふかづめ竜子/魚の目お銀/ふきでものマリー/四十肩のお京/厚底ブーツ軍団のメンバー数人(足のみの描写)/通りすがりの妊婦
結成!新さいたま紅さそり隊だゾ 後編(2006年5月19日)
5 ひろしから企画書を会社に届けてくれと電話で頼まれたみさえは、ななこをひまわりの子守りのバイトをしてほしいと頼み、会社に行く。その頼みを快諾したななこは、みさえを見送ると野原家に入ってひまわりの面倒を見る。しばらくしてしんちゃんが帰ってきて、何も知らないしんちゃんはスイングいなりずしを廊下でやり、その様子をななこに見られてしまう。自分のぞうさんをななこに見られたしんちゃんはショックのあまり、コタツの中で死ぬと言うが、ななこは何も見ていないと言う。事情を知ったしんちゃんは、ななこに絵本を読んで欲しいと頼むが、ななこが本を読んでいると、ひまわりがしんちゃんとななこの間に割り込んで、しんちゃんを蹴飛ばす。その後、機嫌を悪くしたしんちゃんはななこに耳そうじをしてあげると言われ、泣きながらやってと懇願する。しかし、しんちゃんがななこのひざまくらに頭を載せる寸前、ひまわりの泣き声を聞いたななこが立ち上がって言ってしまう。ひまわりはオッパイが欲しいと言い、ななこはミルクを作るが、その間にしんちゃんは寝てしまい、目が覚めた時はすでにななこは帰っており、落ち込むしんちゃん。その後、しんちゃんは入浴中に一緒に入っているひろしにまた忘れ物してくれと言う。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/ななこ
なな子おねいさんと二人きりだゾ(2000年8月25日)
6 幼稚園からの帰り、バスの中で寝ているしんちゃんは家に到着したのでマサオ君に起こされようとするが、しんちゃんは夢でななことピクニックに行き、おにぎりを食べる夢を見ており、現実ではマサオ君の頭に食いついていた。幼稚園で球技大会があったその日、しんちゃんは非常に眠く、玄関で寝たり、うがいの最中に寝てしまって、みさえに怒られる。しんちゃんはコタツで寝ようとするが、みさえに布団で寝るように言われ、しぶしぶ布団を敷く。ようやく布団で眠りに就こうとするが、ひまわりが寝ているしんちゃんの鼻の穴や口に手を入れ、怪獣シルマルダシの人形を載せるなどのいたずらをする。その事で目が覚めたしんちゃんだが、ひまわりはコタツにうまく隠れる。その後、再び眠りに就いたしんちゃんに、ひまわりはズボンとパンツを脱がしてぞうさんを引っ張る。しんちゃんは夢の中でななこにつな引きとしてぞうさんを引っ張られていた。その後、再び眼を覚ましたしんちゃんは、みさえに別室へ連れて行かれるひまわりを睨みつける。再び眠りに就き、ピクニックの夢を見ることが出来たが、ななこではなく園長先生とピクニックをしていた。
しんのすけ/みさえ/ひまわり/マサオ君/よしなが先生/ネネちゃん/ボーちゃん/ななこ、園長先生、怪獣(しんのすけの夢の中で)
7 ブランコに乗って遊んでいるしんちゃんと風間くんとマサオ君。マサオ君が風間くんにおこづかいの事を訊くと、風間君は月に500円もらっており、1ケ月100円のマサオ君は羨ましがる。定期的におこづかいをもらっていないしんちゃんは風間くんの勧めもあり、ひと月のおこづかいを決めてもらおうとする。一方、帰りの電車内でのひろしは、お小遣いが足りずに昼食も満足にとれないため、おこづかいを上げてもらおうとみさえとかけあってみることにする。ひろしが帰ると、しんちゃんがおこづかいをみさえにねだっていたが、駄目だと言われる。それを見たひろしは、しんちゃんにおこづかいの事で組むことを持ちかける。しんちゃんは男どうしの誓いをやろうと言い出し、ひろしは気色悪い誓いの振る舞いに嫌がるが、しんちゃんを味方にするために嫌々やることに。夕食後、ひろしはおこづかいの増額、しんちゃんはおこづかいをもらうためのデモを行うが、みさえは怒って二人を殴る。その夜遅く、みさえがひろしの背広を片づけていると、ひろしの財布がボロボロで500円しか入っていない事に気付く。次の日の夜、みさえはひろしに新しい財布と2千円のおこづかいの追加を渡す。こうして、仲直りしたみさえとひろしだが、しんちゃんはおこづかいで未だデモをしていた。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/風間くん/マサオ君
おこづかいをもらいたいゾ(2000年10月20日)
父ちゃんもおこづかいが欲しいゾ(2000年10月20日)
8 日曜日に出勤して平日に振り替え休日をとったひろしは、家でゴロゴロ寝ていたが、みさえは幼稚園の授業参観を思い出し、ひろしに幼稚園に行くか、みさえが行く代わりにひまわりの面倒を見るか、どちらかをしてほしいと頼まれる。ひろしはみさえの幼稚園児のお母さんは若くてきれいな人が多いという言葉で、幼稚園に行くことに決める。ひろしが自転車でアクション幼稚園に行くと、園長先生の顔を見て驚き、叫び声を上げる。さらに植木の中から出てきた黒磯にも驚く。ひまわり組の教室に入ると、しんちゃんはひろしの姿を見てみさえが出ていったと、さらにひろしがリストラされたと勘違いする。授業の続きを行うよしなが先生は、風間くんに自身の作文を朗読させる。「ボクのママ」と題した作文で、風間君は自分の母親が英単語をたくさん知っている知的で大切なママである事を読み上げ、嬉しくなる風間ママ。次に、しんちゃんが「オラの父ちゃん」と題した作文を朗読する。しんちゃんはひろしがみさえにたくさん殴られても会社にちゃんと行くから打たれ強い、「いんきんたむし・水虫・ぢ」の対処法を知っているから物知りだという内容の文章を読み上げ、大恥をかくひろし。親子でおゆうきコーナーの時間ではブリザード雪江の「浮間舟渡出で逢いましょう」が流れ、おゆうぎに似つかわしくないその曲に会わせて踊る園児たちに驚くひろし。ひろしは恥ずかしながらしんちゃんと一緒に踊ると、よしなが先生から上手だと褒められる。その後、ひろしは機嫌を良くしてしんちゃんと一緒に家へ帰る。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり(ひろしの想像で)/風間くん/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/よしなが先生/園長先生/風間ママ/黒磯/その他保護者2人
父ちゃんの保育参観日だゾ(2002年6月15日)




原作あらすじ一覧  原作解説編  トップページ