原作あらすじ一覧  原作編  トップページ


原作あらすじ一覧(2巻)



サブタイトル 記号 話数 ページ
2 ひまわり組クレヨンしんちゃん a 2 3
4コマ b 1 1
オラと母ちゃんはお友だちなのヨ編 c 15 3
オラは風の子 つよい子しんちゃん編 d 11 3
幼稚園は楽しい楽しいパラダイス編 e 10 3



ひまわり組クレヨンしんちゃん
1 歌を歌いながら帰宅したしんちゃんに、みさえは「ただいま」を言うよう注意するが、話を聞かないため、ゲンコツを。ただいまと言わせた後、みさえはしんちゃんにうがいをさせるが、水を飲んでしまうしんちゃん。ガラガラペッとやるとみさえは教えるが、しんちゃんは声だけ出して水を捨てて、みさえにぐりぐりを受ける。インターホンが鳴ったため、みさえはしんちゃんに水を入れるように言って、玄関へ。しんちゃんは甘いジュースでのうがいは楽しいと思い、スペライトと氷をひろしのビールジョッキに入れ、お菓子を出してうがいをしようとするが、戻ってきたみさえに尻叩きを受ける。
しんのすけ/みさえ
2 生まれて初めてスキー場に来たしんちゃん。日帰りながらスキーに喜ぶひろしとみさえ。しんちゃんは雪を食べだし、犬みたいな事をするなとみさえが言うと、箸を使って食べるしんちゃん。その後、スキーウェアや板を付けたしんちゃんは、動けないと嫌がるが、しんちゃんを可愛いと見ていた二人のおねいさんにナンパをする。ひろしはしんちゃんに、スキーの基本としてカニ歩きで斜面を登る練習をさせる。しんちゃんは毛ガニやずわいガニなど、カニの種類にこだわる。次にひろしは板をハの字にしてゆっくり滑らせようとするが、しんちゃんは速く滑っていく女性についていこうとし、斜面を速くすべり、ひろしは助けようとするが、自分で止まったしんちゃん。その後、リフトに乗って本格的に滑ろうとするが、乗車中にリフトが故障し、しかも修理が長引いたためほとんど滑れず。帰宅の際、機嫌の悪いひろしとみさえ。
しんのすけ/みさえ/ひろしスキー場の女性客(三人)



4コマ
1 口紅が急に減った気がしたみさえは、しんちゃんが自分のお腹に落書きをしたと疑い、しんちゃんのお腹を見るが、落書きは無かったため、みさえは自分の思い過ごしとして、口紅を塗る。その後、体中を(肛門の周りも)口紅に塗られたシロを見たみさえ・・・。
しんのすけ/みさえ/シロ



オラと母ちゃんはお友だちなのヨ編
1 日曜日の朝、みさえの作る料理の匂いで目を覚ましたしんちゃん。その日はピクニックで、みさえはお弁当を作っており、しんちゃんもおにぎりを作りたがり、みさえはしんちゃんに手を洗わせる。しんちゃんは手をパジャマで拭き、みさえに注意されるとパンツで拭く。梅干を入れると教わったしんちゃんは、梅干と同じで種(アーモンド)が入っているとチョコレートを入れる。おにぎりを握っていると、床に落としてしまい、それをひろしのものにしようとするしんちゃんだが、ひろしはその光景を見ていた。しんちゃんは着替えのため、ひろしに別室へ連れて行かれパジャマを脱がされるが、しんちゃんは布団に入り、ひろしを誘惑する。「プロレスごっこ」をしんちゃんに覗かれていると案ずるひろし。しんちゃんはみさえとひろしにお弁当を車にのせるよう言われたが、しんちゃんはトランクの上にのせていた・・・。
しんのすけ/みさえ/ひろし
2 みさえに呼び出されたしんちゃんは、怒られると思ってみさえのところに行くのを嫌がったため、みさえは注意するだけだと言うと、しんちゃんはチュウと勘違いする。みさえはしんちゃんにウンチした後にオシリをきちんとふかない事を指摘し、しんちゃんのいいかげんなオシリの拭き方(引き出したトイレットペーパーにまたがって拭く)を見せられる。みさえはしんちゃんにオシリの吹き方を教えると言い、トイレットペーパーを巻き取って、それを揉むところまでやらせるが、しんちゃんはペーパーでオニギリを作ってみさえに注意される。翌日、みさえはしんちゃんに昨日教えたとおりに吹けたかトイレを見るが、なかなか綺麗にならなかったとの事で、便器はペーパーの山に。おしり洗浄機取り付けを決意するみさえ。
しんのすけ/みさえ
3 しんちゃんが外に出ると、ネネちゃんがシャボン玉で遊んでおり、それを食べて美味しくないと言う。しんちゃんはネネちゃんにやらせてと言うと、ネネちゃんはママに買ってもらうように言う。しんちゃんはみさえはケチだと言うと、その事をみさえに聞かれ、慌てて美人のママと訂正するが既に手遅れ。しかし、みさえはシャボン玉をあげると言ってくれるが、買うのではなく洗剤を薄めて作るとの事で、やはりケチだと思うしんちゃんとネネちゃん。シャボン玉を渡されたしんちゃんはうっかり飲みそうになり、出かけに行こうとすると転んでしまい、おかわりを要求する。しんちゃんはストローを強く吹くが、全くシャボン玉は出ず、怒ってストローを踏みつける。ネネちゃんはもっとふわ〜とやさしく拭くよう言い、しんちゃんは気色悪いなよなよな動きでストローを拭く。すると、非常に大きなシャボン玉が出来上がる。以来、シャボン玉をやる時は気色悪いなよなよな動きで行い、それを気味悪がるみさえとひろし。
しんのすけ/ネネちゃん/みさえ/ひろし
4 テレビ番組、パンパンマンに夢中なしんちゃんは、夕食を全く食べようとしない。みさえに注意され、夕食を食べるが、すぐテレビに釘付けに。みさえはニュースにチャンネルを変えてしまい、みさえに悪口を言うしんちゃん。みさえはひろしに注意させようとするが、ひろしはニュースのランジェリーファッションショーに夢中で、怒ったみさえにぶたれる。そのスキにしんちゃんはチャンネルをパンパンマンに変えるが、みさえにゲンコツを受け、お約束条項第8条に食事中テレビは禁止となる。その後、みさえはしんちゃんに食事中は左手も使うよう言うが、しんちゃんは左手をちんちんカイカイに使っており、それも第9条で禁止にするみさえ。しんちゃんはピーマンを苦いからと食べるのを嫌がるが、みさえはハンバーグと一緒に食べるように言う。しんちゃんはしぶしぶその通りにするが、ピーマンだけ無傷で出してしまい、ひろしはその器用さにテレビに出られるかもと言うと、みさえは食事中テレビの話を禁止にする。
しんのすけ/みさえ/ひろし/パンパンマン・ニュースキャスター(男性)(テレビの中で)
5 テレビでアクション仮面を観ていたしんちゃんは、みさえに呼び出される。手伝いをさせられるとおもったしんちゃんは、お腹が痛いとウソをつくが、みさえはチョコレートをあげると言い、しんちゃんはお腹の調子がよくなったとみさえのいる台所に行く。しかし、みさえからご飯を運ぶように言われ、しんちゃんは嘘つきとみさえに言うが、全く気にしないみさえ。しかし、三段腹と言われると怒り、しんちゃんはゲンコツを受ける。しんちゃんがご飯を運ぶと、ひろしに「ごはんよ」と呼ぶようみさえに言われ、冷蔵庫の中に向けて言い、みさえに怒られる。しんちゃんは寝ているひろしにご飯だと言うが、起きない。しんちゃんはひろしの靴下を口の中に入れて、起きたひろしに殴られる。ひろしがビールを冷蔵庫から出すと、しんちゃんはふたを開けたい言い、ひろしはやらせるが、しんちゃんはふたを開けるのに悪戦苦闘、ひろしに開けさせる。ひろしが開けると今度は注ぎたいと言い、不機嫌なひろしは最後までやるよう言い、しんちゃんにもう一度やらせるが、しんちゃんは最後までやるとビンを垂直にひっくり返してグラスに入れてしまう。結局、ビールは一杯分しか残らなかった。
しんのすけ/みさえ/ひろし/アクション仮面(テレビの中で)
6 車でピクニックへ行く野原一家。しんちゃんは喜んで車の中ではしゃぐが、みさえに注意され、ひろしの機嫌を悪くしたため、おとなしくするが、運転しているひろしの目を手で塞いでしまったりする。どうにか到着し、お弁当を食べる事にし、しんちゃんとひろしは女子大生の団体の近くに座ろうとする。お弁当を食べた後、しんちゃんは遊びに行き、その途中でバッタを見つける。しんちゃんはバッタと同じ動きで追いかけるが、追いついてしまい、バッタを足で踏み殺してしまう。足の裏についたバッタの死体を近くのカップルに見せるしんちゃん。帰宅時、しんちゃんはみさえに左の靴をなくした事で怒られるが、謝罪の念からバッタの墓として埋葬していた。
しんのすけ/みさえ/ひろし/男女客二人/女子大生の団体
7 ネネちゃんの家に来たしんちゃんだ。ネネちゃんは遊びに行っており、一人家の中にいたネネママはお通じが来そうでトイレに入っていたため、居留守を使おうとするが、しんちゃんは家の中に入ってきて、トイレのドアを開けてネネママにネネちゃんがいるかを尋ねてくる。しんちゃんはネネママがウンチしていることから、自分のウンチすることをあれこれ話し出し、ネネママはしんちゃんにうっかり怒鳴ってしまう。しんちゃんは元気を無くしてしまうが、それは単にお腹が空いたからで、ネネママはロールケーキをしんちゃんに渡す。しんちゃんは昼寝中に夢の中でネネちゃんと遊ぶ約束をしたと言い、ネネママはあきれるが、ネネちゃんがミヨちゃんの家に遊びに行っていることを教える。しんちゃんは飲み物としてホットの牛乳を要求し、ネネママは機嫌を悪くする。すると、しんちゃんは何かを思い出したように立ち上がるが、テレビをつけて3時のワイドショーを観だしたため、ネネママはしんちゃんに怒鳴る。しかし、そのネネママの後ろには今にも泣きそうなネネちゃんがおり、しんちゃんはそのまま帰り、一体何しに来たのかとさらにしんちゃんに怒鳴るネネママ。遂には泣き出してしまうネネちゃん。
しんのすけ/ネネママ/ネネちゃん
8 歯が痛いというしんちゃんに、あーんするよう言うみさえだが、しんちゃんはべえーとしてみさえにゲンコツを。みさえがしんちゃんの歯を見て虫が喰っていると言うと、しんちゃんは虫取り網とカゴや虫さされ薬を持ってくる。みさえはそういうものでは治らない、歯医者に行く事を伝えると、しんちゃんは断固拒否するが、みさえはハイレグの看護婦がたくさんいると言うと、しんちゃんは機嫌を良くして歯科医(本多歯科)のもとへ。途中で泣く男の子とすれ違い、みさえはまずいと思うが、それでもまだハイレグの効き目は残っていた。しかし、出てきたのは中年の女医で、しんちゃんは逃げようとするが、若くて美人の女医が出てくると、あっさりと言う事を聞く。しんちゃんは女医におでんは好きかと訊き、好きと言われると自分も好きだとデレデレする。女医にあーんしてと言われると、んーとキスの体勢になり、みさえにゲンコツを受ける。治療の時になると、さすがにしんちゃんも怖がるが、いざ受けてみると思ったほどは痛くなく、帰宅後、しんちゃんはお菓子を食べてわざとまた歯医者へ行こうとする。
しんのすけ/みさえ/若い女医/中年の女医/男の子と母親
9 公園で初めてのデートのスケジュールを確認する男性、赤岩。そこへ、しんちゃんがやって来て、何してるのか尋ねられる。赤岩はデートだと答えると、しんちゃんにからかわれるが、かつデートって何かと訊かれる。しんちゃんんは思い出したように忙しいからと帰り、その直後恋人の白川(しらかわ)がやって来るが、そこへしんちゃんがまた来る。しんちゃんは白川に誘拐されそうになったと言いだす。赤岩は帰ってくれと頼み、しんちゃんは帰り際にキスするのかと訊いてくるものの、言うとおりに帰ることに。しかし、白川は赤岩に、自分の両親が田舎から上京し、駅に着いたという電話を受け、1年ぶりの再会なために行かなければならないと赤岩に伝える。赤岩はデートのキャンセルと快諾するが、内心は非常に悲しんでいた。その後、赤岩は励ましの声をかけるしんちゃんと肉まんを食べる。
しんのすけ/赤岩/白川
10 みさえはしんちゃんにシロのエサをあげるよう言うが、しんちゃんは一生懸命作っているから忙しいと怒る。しんちゃんはそこまでして打ち込んでいるものは何か、様子を見に行くみさえだが、しんちゃんはみさえの下着をつけて、ブラジャーマスクを演じていた。みさえはしんちゃんにゲンコツをし、ママのブラジャーであそんではいけないをお約束条項第10条に加える。しんちゃんはその後どこかへ行こうとしたため、みさえはシロにエサをやるように言い、さらに最近シロの面倒を見ないしんちゃんに、シロの事好きなのか嫌いなのかを問うと、しんちゃんは好きだけと結婚はしないと答える。しんちゃんがエサをどうやってやるのか訊くと、みさえは以前に教えたと言う。しんちゃんはさらにご飯を出し、おかずと、梅干好きそうな顔だからと梅干も出し、箸もつける。みさえはしんちゃんがちゃんと用意できたか見に行くと、そのエサに唖然とする。超高級有田焼皿の上に梅干とキュウリのキューちゃんを混ぜたご飯を山盛りし、おかずのりと卵というエサだったためで、その後しばらくはみさえが用意することに。
しんのすけ/みさえ/シロ
11 しんちゃんが家に帰ると、みさえは寝ており、おやつをくれといくら声をかけても起きないので、しんちゃんはケツでかおばさんと言うが、寝たふりをしていたみさえにゲンコツを受ける。みさえは冷蔵庫にチーズむしパンがあると言い、昼寝を再開するが、しんちゃんは寝ているみさえの前でチーズむしパンの歌を歌いながら、袋をガサガサ音を立てながら開けるため、みさえは静かにするよう怒る。しかし、しんちゃんはパンを音を立てて食べて、再度みさえを怒らせ、みさえは何でここに来るのか問うと、しんちゃんはみさえが心配だからだと言う。みさえは最近寝不足で昼寝がしたいから、なるべく静かにしてというと、しんちゃんは静かにしようとするが、寝ていたシロにその事を伝えに行く。シロは機嫌を悪くして起きては吠えてしまい、しんちゃんは大声で注意する。結局、静かに昼寝ができないみさえ。
しんのすけ/みさえ/シロ
12 本屋BOOKS(後のかすがべ書店)で、店長の指示を受けて立ち読みを阻止する店員の中村。そこへしんちゃんがやって来て、デタラメのシークレットサインをするが、そのサインは偶然にも立ち読みをさせろという意味で、中村と店長は動揺する。しんちゃんは「ぶりぶり座エ門のぼうけん」があるか尋ね、中村は探すも見当たらない。出版社を聞いてもしんちゃんは分らないため、作者名を聞くと、作者はしんちゃん自信で、もしかしたら本になっているかと思っていたとのこと。しんちゃん本屋に来た本当の目的はみさえに雑誌類の買い物を頼まれたからで、中村にそのメモを渡す。中村は商品を集め、しんちゃんに渡して店長のところへ持って行かせる。しんちゃんは店長をカマキリと呼んだりして苛立たせる。代金の650円に千円を払い、おつりをもらったしんちゃんはもっと本を買おうと、本棚の上部にある本を出すため、階段をつくるために店中の本棚を積み上げてしまう。その日の中村は残業するハメに・・・。
しんのすけ/中村/店長/立ち読みの男性客
13 ある女性に迫るひろし。そこへみさえが入ってきて、頬をつねられる。ひろしはその女性に独身だと偽っていたらしく、その事で女性にもつねられ、さらに会社の上司らしき人物から企画書の出来がひどいことでつねられ、ひろしの頬は多くの手でつねられる。夢から覚めえたひろしは、しんちゃんに顔を洗濯ばさみ11個をはさまれていた。その日、みさえは町内会があるため、ひろしはしんちゃんの面倒を見ることになり、しんちゃんと公園へ遊びに行く。ひろしとしんちゃんはドッヂボールをやるが、ひろしの投げるボールで顔をぶつけたり、投げるボールの力が弱いしんちゃん。ひろしは投げる手本を示すが、しんちゃんは通りすがりのおねいさんに見とれる。それでも、投げ方を教えるとしんちゃんはみるみる上達し、ひろしはしんちゃんに野球の才能があると確信する。次の日曜日にはひろしは早起きし、しんちゃんを野球に誘うが、みさえとしんちゃんはひろしの誘いを迷惑がる。
しんのすけ/ひろし/みさえ/通りすがりの女性/女性・ひろしの上司らしき男性(ひろしの夢の中で)
父ちゃんと野球するゾ(1992年8月31日)
14 英語塾に行く途中、風間君は死体ごっこをやっているしんちゃんと出くわす。しんちゃんは風間君に遊ぼうと誘うが、英語塾のため断るが、聞く耳を持たないしんちゃん。英語塾で、しんちゃんは風間君についてきてしまい、それを見た英語の先生、マックス赤岩はしんちゃんを入会させようとし、英語の事を教えようとするが、しんちゃんは聞く耳を持たない。その後、尿意を催したしんちゃんはトイレの場所を聞き、赤岩は廊下を出て右と教えるが、しんちゃんは右がどちらか分からず、オシッコを漏らしてしまう。赤岩はしんちゃんのズボンとパンツを洗濯し、しんちゃんに親切した事で親に恩を売り、入会をさせようとする。しかし、ママは今おうちにいるかを訊くと、しんちゃんは下半身裸の状態で家へ戻ってしまい、その様子を玄関で出くわして驚くみさえ。赤岩はしんちゃんのズボンとパンツを干しつつ、体がもたないと判断、しんちゃんの入会をあきらめる。
しんのすけ/風間君/マックス赤岩/みさえ
15 その日はネネちゃんの家でひな祭りパーティーがあり、風間君をはじめネネちゃんの友達がやってくる。しんちゃんは既にやってきており、自分も入るという事で、冷蔵庫を開けてネネちゃんを呼んでいた。風間君たちはネネちゃんのひな人形、吉徳中光作豪華8段飾りを見て感激する。しんちゃんは人形の首を抜いてしまうが、ネネママは周りの子供たちがいるためやさしく対処。ネネママはひなあられを出し、しんちゃんが年の数だけ食べようと言って食べている間、ネネママは構想3日制作日数15時間の大作の手作りケーキを運ぶが、途中で慌ててトイレに走るしんちゃんにぶつかり、落としてしまう。ネネママはしんちゃんを怒鳴るが、その様子をネネちゃんたちに見られ、怯えられてしまう。風間君たちがぐしゃぐしゃになったケーキを食べていると、トイレから出てきたしんちゃんが手をぬらして戻ってきた。ネネママは高級ブランドハンカチで手をふかせるが、手をぬらしていたのはしんちゃんのひっかけたオシッコで、しんちゃんはそのハンカチでトイレの周りをひっかけたトイレの周りをふきに行く。ネネママは止めようとするが、パーティー用の料理を焦がしており、慌てて台所へ。すると、台所にやって来たしんちゃんがごちそうはまだかと訊いてきて、その言葉に切れたネネママはひな人形にひっくり返して暴れまわる。ネネちゃんは大泣きし、風間君たちは帰ることに。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/ネネママ/ネネちゃんの友達(女の子二人)



オラは風の子 つよい子しんちゃん編
1 夜、みさえと一緒に風呂に入っており、先に上がったしんちゃんは体をふいてパジャマを着るよう言われる。しんちゃんはパジャマの後にパンツとシャツを着るのかと訊き、みさえが下着が先だと言うと、しんちゃんは当たり前だと言い返し、ゲンコツを受ける。暇をもてあましたしんちゃんはバスタオルで遊び、外に出て夜道を歩く女性に自分の裸を見せびらかす。そこへ、バスタオルをまとったみさえがしんちゃんにゲンコツをし、家の中へ連れ戻す。その様子を怪訝な顔で見る女性。その後、くしゃみをして風邪をひいたしんちゃんは、鼻水をつかんで遊ぶが、みさえにチーンするよう言われ、鼻をかみ、そのティッシュをみさえに見せようとして拒否される。しんちゃんは鼻水止めと称して、鼻に傷テープを貼って、みさえにあきれられる。みさえはしんちゃんに甘い薬を飲ませるが、しんちゃんはもう一杯と言い出す。翌朝、風邪は治ったものの、おねしょをしたしんちゃんに、うんざりするみさえ。
しんのすけ/みさえ/通りすがりの女性
2 みさえと買い物に行くしんちゃんは、お菓子の用意をしたり、着替えをしようとするので、みさえはお菓子はいらない、普通の格好で良いと言う。しんちゃんはみさえのスカートを脱がし、パンツは普通じゃないと指摘し、ゲンコツを受ける。スーパーで、しんちゃんはカートに乗せてもらうが、途中で降りて、みさえとカートの押し合いをする。お菓子コーナーに行くか魚コーナーに行くかでもめ、みさえはしんちゃんに好きなお菓子を一つだけ買ってあげると言う。しんちゃんはチュッパキャンディー(1本50円)を気に入るが、ビッグサイズボールチョコ(1箱1000円)が目に入り、どちらにするかで迷う。結局、ビッグサイズボールチョコを選ぶ。みさえはその値段(1000円)に小言を言うが、帰り道でしんちゃんから一つもらい、美味しいのでもう一つもらおうとし、断られる。
しんのすけ/みさえ
3 家に帰ったしんちゃんは、昼寝中のみさえに今日はクリスマスだと言う。みさえは出費の年始年末において、クリスマスの主旨を教えていなかったため、頭を悩ませる。しんちゃんにサンタクロースは良い子しか来ないと教えるみさえだが、しんちゃんは安心する。みさえはサンタさんに来てほしいならお手伝いをするよう言うが、しんちゃんはお昼寝のお手伝いと言って昼寝をしだす。みさえはしんちゃんに洗濯物をたたませようとするが、洗濯前のをたたむ。しんちゃん。次にみさえはしんちゃんにベランダの洗濯物が乾いているかどうか見に行かせるが、案の定しんちゃんはただ見ているだけであった。洗濯物をたたむ間、しんちゃんはみさえにサンタさんの事を訊いてきて、みさえはサンタさんが外人で、仕事は宅急便屋といい加減な返答するが、しんちゃんの服をまるめるたたみ方をいい加減だと言う。しんちゃんはサンタさんのプレゼントのために、靴下を一足用意するが、しんちゃんはプレゼントにカンタムロボ、コアラのマーチ、宮沢りえの写真集などを挙げるため、みさえに一つにするよう言われる。その夜、みさえに電話で連絡を受けたひろしがカンタムロボを買って帰ってくる。一方、しんちゃんは靴下だけでは不安になり、タンスから色々な服を出して寝ていた。
しんのすけ/みさえ/ひろし
4 野原家の大掃除の日。ひろしは窓ふきと風呂掃除を、みさえは各室内とトイレを、しんちゃんは犬小屋の掃除とおもちゃのかたづけを担当するが、しんちゃんは自分の担当に不満を言い、オニごっこがやりたいと言い出す。結局、ひろしと窓ふきをやる事となったが、しんちゃんはガラスクリーナーをひろしのお尻にかけたり窓にかけたクリーナーを甘いと思ってなめたりする。その後、バケツの水を取り替えに行くしんちゃんだが、みさえの磨いた廊下にすべり、汚れた水をこぼしてしまう。しんちゃんは大掃除の後につける予定のおニューのカーテンで拭き、新しい水をミネラルウォーターで入れる。それらの行いは全てみさえにバレたしんちゃんは尻叩きを受け、結局大掃除は予定の半分も終わらなかった。
しんのすけ/みさえ/ひろし
5 大晦日、その日は買出しに行く予定だが、ひろしが催促してもみさえはまだ行かないと言う。そのどさくさに紛れ、すね毛が濃いと言って、みさえに尻叩きを受けるしんちゃん。みさえは今(1時)に行っても体力は消耗するだけ、夕方5時に入店して、店内を物色した後、閉店1時間前に始まる食品一斉割引に一気に買いまくると自分の作戦を披露するが、ひろしとしんちゃんに相手にされず。夕方5時に入店するが、予想より混雑していて、みさえはしんちゃんに迷子になった時の対処法を訊くが、しんちゃんは知らないおじさんについていく、自己紹介で東京の加勢大周と言い、みさえを怒らせる。ひろしはしんちゃんをカートに乗せるが、そこで暴走族の振る舞いをするしんちゃん。買い物中、ひろしとみさえがあれこれ品物をカートに入れているのを見て、しんちゃんはカートから降りてお菓子を大量に入れるが、それをみさえに見られ、しんちゃんはかまぼこは買ったかとごまかすが、結局みさえに頬をつねられる。しんちゃんは自分も何か手伝いたいと言うので、みさえは帰りに荷物を持つのを手伝うよう言うが、帰りの際、しんちゃんは寝てしまい、みさえがおぶることに。
しんのすけ/みさえ/ひろし/
6 しんちゃんが目を覚ますと、みさえはおらず、ハイレグのおねいさんがいた。そのおねいさんが今日からしんちゃんの新しいママという事で、おはようのチューをするよう言われ、しんちゃんはチューしようとするが、夢から目を覚まし、しんちゃんがうなされていると思って心配していたみさえが目の前におり、おばばと言って驚く。みさえはしんちゃんがハイレグギャルの夢を見ていたことを知ると、自分がハイレグを着ようかと言うが、しんちゃんに無視される。その後、お雑煮が出来たと言われるが、しんちゃんは象を煮たものだと勘違いする。食べる際、しんちゃんはいただきますと言わずにみさえにだしは何かと訊いてきて、みさえを怒らせる。食べる際、しんちゃんはモチを長く伸ばし、よく伸びるから象の鼻みたいだと言う。みさえはしんちゃんの感性の良さに感心するが、しんちゃんはモチで自分のチンチンをかたどって見せびらかす。怒ったみさえはしんちゃんをたたき、ひろしは今年もにぎやかだと言う。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ハイレグギャル(しんちゃんの夢で)/象(しんちゃんの想像で)
7 前回(2-a-2)はろくに滑れなかったので、今回は滑りまくろうとはりきるみさえとひろし。二人はリフト券売り場の女性に声をかけるしんちゃんに、自分たちの言う事をよく聞くように言い聞かせる。しかし、リフトに乗ろうと言うみさえの話を聞かないしんちゃん。リフトから降りる際、しんちゃんだけは降りず、リフトを止めてもらって平謝りのみさえ。その後、滑ろうという時にしんちゃんが後ろ向きでゲレンデを滑ってしまい、女性に受け止められる。しかし、しんちゃんは別れ際に女性のオッパイがみさえのより無いと言い出す。ひろしはしんちゃんにゆっくり滑るからついて来るよう言い、しんちゃんはついて行くが、ストックを忘れて転んでしまう。その転んだはずみで板が外れて森林の中を滑って行ってしまう。ひろしは板を探しに行くが、板探しが長引いたためほとんど滑れず。帰宅の際、機嫌の悪いひろしとみさえ。
しんのすけ/みさえ/ひろし/リフト券売り場の女性/リフト降り場の男性/ゲレンデの女性
8 朝、みさえはしんちゃんを起こすが、しんちゃんは寒がり、熱っぽかったので体温計を測らせるが、しんちゃんは口や肛門で測ろうとする。しんちゃんの体温は38度5分あり、みさえは昨日にしんちゃんが冷蔵庫でペンギンのマネをして遊んでいた事を指摘する。みさえは幼稚園に欠席の電話をかけるが、しんちゃんにつられ、ラーメンと餃子を注文する発言をし、慌てて訂正する。その後、病院に連れて行くため、着替えるように言うが、しんちゃんはシャワーを浴びようとしてみさえは止める。小児科の羽毛山医院で診断を受けるしんちゃんは、あれこれ医者に聞いてきて苛立たせる。医者はしんちゃんの症状をただの風邪と説明するが、しんちゃんとみさえは二人で話しており、医者は怒って二人に話を聞くよう怒鳴るが、血圧が上がってしまう。みさえはしんちゃんを連れて慌てて帰る。
しんのすけ/みさえ/医者/看護婦
9 しんちゃんが家に帰ると、みさえはりんごジュースで出迎えるが、しんちゃんは頼みごとをさせられると直感する。みさえはしんちゃんに焼きイモを買いに行くよう頼むが、自分でいくよう言われる。みさえは焼きイモを買うのが恥ずかしい事を説明するが、しんちゃんは無視してうがいをし、ゲンコツを受ける。みさえはしんちゃんに人生勉強させたいとこじつけ、焼きイモ屋を怖がるしんちゃんに練習する。しんちゃんは焼きイモ屋を演じるみさえを面白がり、練習にならず。すると、本物の焼きイモ屋の売り声が聞こえたため、みさえはしんちゃんにお金を渡して買いに行かせる。しんちゃんは焼きイモ屋を止め、焼きイモ屋を止めて焼きイモを頼むが、いくつかと訊かれ、しんちゃんは逆にみさえはいくつ食べるかと焼きイモ屋に訊く。困った焼きイモ屋はみさえ用に大きいもの、しんちゃん用の小さいものを一つずつにしようと提案するが、しんちゃんは小さいのはなるべく大きいのと言い、焼きイモ屋を困らせる。たくさんおつりをもらって帰ったしんちゃんに、みさえはまたお願いと頼むが、焼きイモ屋はまた来たら困ると言う。
しんのすけ/みさえ/焼きイモ屋
10 二階でどんどんするしんちゃんにみさえは注意するが、今度はだんだんと音を変えるしんちゃん。みさえが二階に上がるとしんちゃんは来週のマラソン大会に向けての練習をしており、さらに優勝した時の練習としてサンキューと言ってはしゃぐ。夕食中もしんちゃんはマラソンの練習をしており、みさえはしんちゃんに今必要なのは食事のおけいこだと言って止めさせる。ひろしは明日早起きしマラソンの練習をしようと言い、しんちゃんとひろしは男同士のお約束をして、みさえに止めるように言われる。しんちゃんは寝る際、目覚まし時計が鳴るか心配するが、一分後には眠ってしまう。翌朝の7時にしんちゃんは目覚ましを止めるが、すぐにまた眠ってしまい、ひろしに起こされる。起きたしんちゃんはみさえを起こして練習に参加させようとするが、みさえは嫌がり、ひろしの説得にも聞かない。その間にしんちゃんはみさえのブラジャーを引っ張り、みさえからオッパイが潰れると言われるが、もう潰れていると言い返し、怒ったみさえと追いかけっこをする。
しんのすけ/みさえ/ひろし
11 アクション幼稚園のマラソン大会、風間くんやしんちゃんは一番になると言い、緊張しているマサオ君。マラソンが開始されてすぐ、副園長先生は何人かが逆の方向へ行ってしまうのを見る。逆の芳香へ行ったのは、そちらが空いているからとマラソンをよく分かっていないしんちゃん、すぐ前のしんちゃんの背中だけ見ていたマサオ君、ただついてきたボーちゃんの3人であった。マサオ君はしんちゃんに戻ろうと説得するが、しんちゃんはマラソンの事を全く理解せず、何か食べようとコンビニのファミリーストアに入る。入った際に園長先生が探しに来るが、既に中に入ったしんちゃんたちを見つけられず。しんちゃんは肉まんを、ボーちゃんはあんまんを頼み、マサオ君はいらないと言ったが、しんちゃんに何でも食べないと大きくなれないと言われ、ピザマンをしぶしぶ頼む。しかし、三人はお金を持っておらず、代金の240円を払うよう言われても、しんちゃんは代金の事を全く理解しない。そこへ、よしなが先生がやって来て謝りながら払うことに。一方、園長は一日中しんちゃんたちを探し回り、その日は園長先生にとっての本当のマラソン大会だった。
しんのすけ/風間君/マサオ君/ボーちゃん/よしなが先生/園長先生/副園長先生/



幼稚園は楽しい楽しいパラダイス編
1 アクション幼稚園、今日はお給食の日で、その日のメニューはシチューとごはん、フルーツみつ豆と牛乳。給食当番は各教室へ運ぶ事となったが、シチューが熱いと聞いたしんちゃんはそれを確かめるため、給食のおばさんの足の裏にシチューの容器につけて、熱がるおばさん。おばさんに殴られたため(?)、しんちゃんはケガで顔が見えなくなる。シチューを運ぶしんちゃんは途中でつまづき、ご飯を運ぶマサオ君にぶつかり、シチューとご飯の容器をひっくり返し、中身が床にこぼれてしまう。しんちゃんはボーちゃんとちりとりでご飯とシチューを同じ容器に入れる。風間君は先生に報告に行こうとするが、うっかりフルーツみつ豆の容器を蹴ってしまい、中身をこぼしてしまう。風間君が将来を案じて泣いている間も、しんちゃんとボーちゃんはさらにフルーツみつ豆を入れ、さらに色彩を良くするために牛乳を入れる。しんちゃんはメニューをフランス風フルーツ・ド・ライスシチュー(ミルクソース和え)と偽って、園児たちに出す。その「料理」は好評で、よしなが先生は給食のおばさんにまた作ってと言うが、事情を知らないおばさん。
しんのすけ/風間君/マサオ君(?)/ボーちゃん/給食のおばさん/よしなが先生/ネネちゃん(?)/その他園児数人
2 アクション幼稚園、本日は遠足。バスの中で窓から顔や手を出すとキケンだと知らせるよしなが先生だが、しんちゃんは顔と手以外の下半身と胴体を窓から出しており、よしなが先生は助けようとする。しかし、しんちゃんは自分で中に戻り、よしなが先生はとなりのトラックのガラスにぶつかり、顔を出血する。気持ち悪くて吐きそうと言うネネちゃんに、しんちゃんは妊娠していると言い、フロントガラスにぶつかり顔がガラスで血まみれになるよしなが先生と副園長先生。しんちゃんはネネちゃんにモノマネをすると言うが、高倉健のモノマネをやり、起こったよしなが先生に外した補助席で顔を殴られる。よしなが先生はネネちゃんに景色を見つめるが、しんちゃんは猫の死骸を指差し、さらに気持ち悪くなるネネちゃん。副園長先生はみんなで「しりとり」をやって気持ち悪いのを忘れようと提案するが、しんちゃんは洗面器と連想させるものをいきなり言ったため、よしなが先生に外したハンドルでぐりぐり押し付ける。副園長先生はそのまましりとりを継続し、「き」のつくものを訊くが、ネネちゃんは「気持ち悪い」と言い、遂に吐いてしまう。
しんのすけ/ネネちゃん/よしなが先生/副園長先生/運転手/トラックの運転手
3 アクション幼稚園、ネネちゃんはしんちゃんの様子が変だとよしなが先生に言う。しんちゃんはお腹が痛いとのことで、しんちゃんにお腹を見せてもらおうとするが、ズボンを脱ぎだすしんちゃん。しんちゃんは臀部(下腹部)が痛いと言い、どのように痛いかと訊かれるとアヘアヘ痛いという。頭を悩ませるよしなが先生。よしなが先生は触ろうとするが、その際もズボンを脱ごうとするしんちゃん。よしなが先生はしんちゃんのお腹を見てパンパンだと指摘すると、おなかパンパンマンと言ってパンパンマンのマネをする。よしなが先生は最近ウンチが出たかと訊くと、しんちゃんは返答に逡巡したが、問い詰められて一昨日から出ていないと言う。よしなが先生は腹痛の原因が便秘と知り、嫌がるしんちゃんに浣腸を指そうとする。
しんのすけ/よしなが先生/ネネちゃん/園児数人/副園長先生/幼稚園の職員の女性(?)
4 アクション幼稚園からの帰宅時、しんちゃんはよしなが先生に夜遊びしないでまっすぐ帰るよう言い、先生を怒らせて帰る。帰宅中、しんちゃんはマサオ君に一緒に帰ろうと言われる。マサオ君は自分の帰り道に自分をいじめる不良小学生がいるとのことだが、しんちゃんからいじめられて楽しいか、たたかれたりけられたりするのがそのうち快感に変わると言われる。しかし、途中で三人の不良たちと遭遇、彼らはマサオ君に絡むが一緒にいたしんちゃんの態度に怒り、殴ろうとする。腹を殴ろうということで、しんちゃんの腹を殴ったつもりがしんちゃんに入れ替えられた別の不良の腹を殴っており、殴られた小学生は殴った方を殴りだす。さらに、しんちゃんとマサオ君が逃げる際、しんちゃんはつまづいて不良たちの自転車を倒し、その倒れる自転車にもう一人の不良も巻き込まれる。しかし、小学生を怒らせてしまい、マサオ君はさらにいじめられてしまう。
しんのすけ/マサオ君/よしなが先生/副園長先生/不良小学生(三人)/ネネちゃん/風間君/通りすがりの女性(二人)/保護者数人/園児数人
5 アクション幼稚園、風邪で三日休んでいた風間君がマスクを付けて登園すると、風間君が死んだと思ったしんちゃんが彼の机に花を立てて手を合わせていた。しんちゃんは怒った風間君のせきを止めようと、彼を驚かせるが、それはしゃっくりを治すためだとネネちゃんに言われる。よしなが先生が教室に来ると、しんちゃんは風間君の首の後ろの叩いていたため、それを止める。しんちゃんはせきを止めるためと言うが、よしなが先生にそれは鼻血を止めるためにやるのだと言われる。よしなが先生は風邪に負けない体力づくりという事で、その日から毎日乾布摩擦をしようと、園児達に服を脱ぐよう言うが、しんちゃんは全裸になってしまう園児たちは上半身裸で寒がり、しんちゃんはよしなが先生にも服を脱ぐよう言い、大人だからと言われると、体に自信が無いからだと陰口を叩かれる。乾布摩擦の最中、田村英理子のマネをやってよしなが先生をあきれさせるしんちゃんは、後日風邪を引いてマスクをつける。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/よしなが先生/園児数人
6 みさえは雪の降っているのを見ながらティータイムをしようと、BGMをかけるがしんちゃんのかえ歌を聞いてしまう。みさえはしんちゃんにかえ歌は禁止だと再確認させる。しんちゃんはみさえに雪は積もるかと訊くが、みさえは天気予報を見るように言う。しんちゃがテレビをつけるとワイドショーがやっており、みさえが子供の見るものではないとチャンネルを変えると不倫モノのドラマがやっており、慌てるみさえ。雪がたくさん降るのを見て、しんちゃんは雪にお礼を言う。みさえはその純真さに心打たれるが、お礼にちんちんを見せてあげると下半身を裸にするしんちゃんを止める。その後、電話が鳴り、みさえが出ている間、しんちゃんが台所から大量の皿を庭に並べ、積もった雪でかき氷を作ろうとする。その様子を見てあきれるみさえ。
しんのすけ/みさえ
7 アクション幼稚園、よしなが先生が2月3日は何の日かと訊くと、しんちゃんは2月9日は肉の日だという。よしなが先生は2月3日だと再度問い直し、次にしんちゃんは8月7日は花の日だと言うと、よしなが先生は2月3日は節分だと言う。無視されるつらさを初めて知るしんちゃん。次に節分が何の日かと訊くと、しんちゃんが節分は何なのかを訊くため、怒るよしなが先生。よしなが先生はネネちゃんに訊くと、豆をまく日と答えるネネちゃん。よしなが先生は身の回りの不幸な出来事を悪い鬼に例えて、その悪い鬼を豆をまいて退治するという詳細を園児たちに教えると、先生が結婚できないのは鬼のせいか、本人のせいかでひそひそ話をする園児たち。機嫌を悪くしたよしなが先生は、豆まきをすると言い、園児たちに豆を持たせるが、しんちゃんは豆を食べてしまう。よしなが先生が悪い鬼を追い出そうと豆をまくと、しんちゃんはよしなが先生に豆をまき、先生にとりついた悪い鬼をやっつけたと言う。怒ったよしなが先生がしんちゃんに豆をぶつけようとすると、他の園児たちがよしなが先生に向かって豆をまく。
しんのすけ/よしなが先生/ネネちゃん/風間君/園児数人
8 ある小さい子どもは、公園で不良小学生のたけしにお菓子を横取りされ、泣いて走っていってしまう。たけしは次にしんちゃんのコアラのマーチを脅し取ろうとするが、しんちゃんは一口で全部食べてしまう。たけしはしんちゃんに自分は不良だと脅すと、しんちゃんは咀嚼しているコアラのマーチを歯の隙間から見せ、たけしに殴られるが、逆にしんちゃんの石頭に痛がるたけし。そのたけしを見てしんちゃんが誤ると、たけしは自分の子分になったら許してやると言う。しんちゃんは子分の意味を訊くが、間違った解釈をしてたけしを自分に従わせようとして再び殴られる。しかし、やはり逆にたけしがしんちゃんの石頭に痛がる。たけしは別の小さい子どもにお菓子をいただくようにしんちゃんに言う。しんちゃんは一個もらい、それを食べてしまう。たけしは「いーもん持ってんじゃんかよオ てめー」と胸ぐらを掴んでやる事をしんちゃんに教えるが、間違った解釈をして自分の胸ぐらを掴んで「いーもんもんじゃんじょん」と言うしんちゃん。その小さい子どもはしんちゃんの事が理解できず、苛立つたけしの前に冒頭でお菓子を取られた小さい子ども(たけしの弟)が母親(つまりたけしの母親でもある)を連れてきて、たけしは母親にお尻をたたかれる。その夜、家で「いーもんもんじゃんじょん」を実践するしんちゃんに、怪訝な顔をするみさえとひろし
しんのすけ/たけし/たけしの弟/たけしの母親/小さい子ども/みさえ/ひろし
9 親子地引き網大会の日、バスの中でよしなが先生は昨日早く寝たかと訊くと、しんちゃんだけが手を挙げず。しんちゃんは夫婦喧嘩がうるさかったと言い、笑いの的となる野原一家。海が見えると、しんちゃんとひろしは窓からハイレグに見とれ、怒るみさえ。砂浜で昼食タイムとなり、見栄っ張りなみさえは豪勢に用意した自分の料理を見せる。他の父兄たちがその弁当を誉め、みさえは少し分けるが、しんちゃんは先生たちを連れてきて、他の父兄たちも集まり、みさえは彼らにおすそ分けをしていってしまう。給料日までの貧しい生活を懸念するひろし。そしていよいよ地引き網、しんちゃんは「おーえる」と言いながら網を引くが、逆に引いておりさらに掛け声は「おーえす」と言われる。魚が上がると、早い者勝ちという事でみさえら父兄たちは晩のおかずとして急いで魚を取りに行く。しんちゃんはくらげをひろしの酒のつまみに取ろうとするが、断るひろし。帰りのバス、しんちゃんは寝てしまい、みさえとひろしはどんな夢を見ているのかと言うが、しんちゃんが見ていたのはみさえとひろしを地引き網し、二人に何でも買ってあげると言わせる夢だった。
しんのすけ/みさえ/ひろし/よしなが先生/園長先生/ネネちゃん/風間君/父兄数人
10 アクション幼稚園、その日はもちつきの日で、よしなが先生が準備をするよう言うと、しんちゃんは服を脱ぎだす。よしなが先生は道具係の人にもちつきの道具を職員室から運ばせるが、金庫を運ぶしんちゃんに必要ないと止める。その後、蒸かしたもち米を持ってきたよしなが先生と園長先生、うすの前に立っているしんちゃんにどくようよしなが先生が言うと、しんちゃんはうすの上に乗ってしまう。よしなが先生は乗ってはダメだとしんちゃんに教える。しばらく園長先生がついて、よしなが先生が手水をした後、今度は園児たちにやってもらおうと、よしなが先生はしんちゃんに手水を教えるが、もちに触れる直前にちんちんかいかいをしてしまうしんちゃん。しんちゃんはついた方が良いと園長先生が言い、マサオ君(マーくん)と一緒に臼を持たせるが、なかなか上げず。ようやく挙げても臼の重さで安定せず、フラフラと別の方へ行ってしまい、幼稚園のガラスを割ってしまう。その後、野原一家でおいしいと好評を博すしんちゃんのもちだが、一方で高かったガラスが割れて、しんちゃんがいる間はやりたくないと嘆く園長先生。
しんのすけ/よしなが先生/園長先生/マサオ君/風間君/ネネちゃん/ボーちゃん/みさえ/ひろし


原作あらすじ一覧  原作編  トップページ