原作あらすじ一覧  原作編  トップページ


原作あらすじ一覧(11巻)



サブタイトル 記号 話数 ページ
11 クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望 a 1 28
ひまわり組のみんなはとっても仲良しだ編 b 15 3
海外旅行のプレゼント おっ、オワイ島だゾ編 c 14 3



クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望(1995年4月15日公開)
1 雲黒斎の野望(1995年4月15日公開)



ひまわり組のみんなはとっても仲良しだ編
1 かすかべ防衛隊の5人が何を遊ぶかで、しんちゃんが考えがあると言うが、恥ずかしいので風間くんの耳元でこっそり言うと言っておきながら、風間君の耳を噛んで、風間君をキレさせる。しんちゃんはかすかべ防衛隊ごっこをやろうと提案し、5人とも体調をやると言う。そして、ひみつ基地としてよしなが先生アパートを使おうとする。よしなが先生は断るが、5人の子供のまなざし攻撃に屈して、しぶしぶ貸すことに。防衛隊の会議で、弱い小をいじめっ子から守ることに決め、連絡係のボーちゃんを残して、4人は外へ出る。しかし、何も事件はなく、しんちゃんとマサオ君は途中で会った別の子どもたちのサッカーに混ぜてもらい、ネネ茶はバレエ教室、風間君も塾に行く。そして、よしなが先生はボーちゃんを家まで送る。翌日、既に忘れているというよしなが先生の予想に反して、5人は再びよしなが先生のアパートに押しかけてくる。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/よしなが先生/ネネママ/サッカーの子供
かすかべ防衛隊だゾ(1995年5月1日)
2 しんちゃんとマサオ君は風間君が自分の部屋を持っているという話を聞かされる。そこでしんちゃんは風間君の言う空間をようかんと間違えるが、帰宅後に自分も部屋が欲しいとみさえにいうが、まだ小さいから必要無いと言われる。しんちゃんは小さいとはぞうさんの大きさと勘違いする。そして、しんちゃんはお世辞を言ったり泣いて頼んだり、笑ったりするがみさえは駄目の一点張り。怒ったしんちゃんは家庭内暴力すると言うが、ただ家の中で騒ぐだけ。それでもゲンコツを受けたしんちゃんは、その情熱ぶりをみさえに買われて2階奥の小部屋を与えられる。しんちゃんは自分の部屋で絵を描いたりアクション仮面の音楽を聴くなどして過ごす。一週間後、幼稚園に行く際、名札と給食セットを部屋に置いてきたと言うしんちゃんと、みさえは一緒に部屋へ駆けつけるのが、部屋の中はこの世のものとは思えない汚さで、怒ったみさえはしんちゃんを追いかけるも階段をすべり落ち、しんちゃんは幼稚園バスへ。
しんのすけ/みさえ/風間君/マサオ君
オラの部屋が欲しいゾ(1995年4月17日)
3 春日部駅を出て帰宅するひろしは、その日単身赴任が決まった事で落ち込んでいて、みさえやしんちゃんが悲しむのを想像して泣きだし、周囲から不気味がられる。帰宅後、ひろしはみさえに風呂かご飯かを訊かれるが、新婚の新妻ごっこをしていたしんちゃんが寝ると訊いてきて、みさえに殴られる。ひろしはこの光景もあと数日だと悲しむ。ひろしは料理しているが恋しくなって抱きつくが、みさえは指を切ってしまってひろしを殴りつける。入浴では、ひろしはしんちゃんと一緒に入って、このんな事もあと数日と思う。食事時、ひろしはみさえにビールをついでくれと言う。つぐのが下手なみさえがつぐとビールがこぼれてしまうが、ひろしの悲しむ様子から、何かあるのかを訊いて、単身赴任だと知り、しんちゃんはダンシング・ふーみんと聞き間違える。しかし、場所と時期が大阪に一か月間だと知ると、マレーシアに3年などと思っていたみさえは拍子抜けする。出発の日、みさえとしんちゃんはひろしに大阪に行くひろしにくどくどと言いながら見送る。
しんのすけ/みさえ/ひろし/通りすがりの人々/細川ふみえ(しんちゃんの想像で)
父ちゃんが出張だゾ(1995年5月15日)
4 みさえがスネカフェのコーヒーを飲んでいると、その匂いに惹かれてしんちゃんがやってきて、自分もコーヒーを飲みたいと言うが、子供がコーヒーを飲むと眠れなくなるから駄目と言われる。しんちゃんは眠れなくなってみたいと思い、その夜、みさえが風呂に入っている間に、コーヒーを棚から出して、コーヒーと砂糖と粉ミルクをカップに大量に入れて、お湯を入れて早速のンで見るが、複雑な味とのこと。その後、しんちゃんはコーヒーを飲んだ証拠隠滅に放送する。夜中、しんちゃんは全然眠れず、みさえが寝ている間に何をしようか考える者の思いつかず。そこで、模造紙にアクション仮面のビデオを観たり、チョコビを食べたりと、スケジュールを書いていくが、書いている途中で明け方に眠ってしまう。朝、みさえがしんちゃんの寝相の悪さにあきれる。その日の幼稚園では、寝不足のため目にクマを作ったしんちゃんは、ネネちゃんに渋くてオトナっぽいと言われる。
しんのすけ/みさえ/ネネちゃん/マサオ君
おとなの味を飲むゾ(1995年6月5日)
5 かすかべ駅前の電柱ででラブレターを持って待つ、高校2年の尾痔馬つよし(独身)はしんちゃんとネネちゃんとボーちゃんに遭遇する。3人は尾痔馬に何をやっているかしつこく訊き、彼は3ケ月前に別の高校の女の子に一目ぼれをして、その日ラブレターを渡すつもりだと言う。1時間強待っている尾痔馬にしんちゃんはヒマ人だと言い、彼を見てようと言いだす。尾痔馬は3人がその場から離れようしないために怒鳴りつけると、3人は泣き出してしまう。周囲の目もあって尾痔馬はアイスを買うと言うと、ウソ泣きをしていた3人はアイスを買ってもらうことに。その後、春日部駅から彼女が現れるが、尾痔馬は渡す勇気が出せず、しんちゃんが代わりに出すと言ってラブレターを持っていこうとする。しんちゃんの前へ車が走ってきて、尾痔馬はしんちゃんをかばおうとするが、車は直前に停車する。尾痔馬は転んで地面に顔をぶつけ、鼻血を出してしまう。そこへ彼女がやってきて、ハンカチを差し出す。その後の二人の清い交際の事は、しんちゃんたちには関係の無い事だった。
しんのすけ/ネネちゃん/ボーちゃん/尾痔馬つよし(おじまつよし)/彼女/車の運転手
6 大阪に単身赴任中のひろしは、みさえとしんちゃんがやって来る日の朝、マンスリー・マンションの一室で目を覚ますと誰かがドアを叩いているのに気付く。ひろしはしんちゃんたちだと思って開けると、酔っ払った見知らぬ女性が入ってきて、ひろしをアケミと呼んで押し倒して寝てしまう。そこへ、みさえとしんちゃんがやってくる。ひろしは必死に弁解しようとするが、みさえはひろしにビンタをして泣きながら部屋を出てしまう。その様子を写真に収めるしんちゃん。やがて女性が起きると、ゲロを吐きだし。ひろしがゲロをそうじすると、酔いの覚めた女性は友人のマンションと間違えていたとのことで、それを部屋の外で聞いていたみさえが戻ってくる。みさえは、冷静に考えればひろしがそれほどもてるはずがないと言って、ひろしの機嫌を悪くする。その夜、みさえとしんちゃんとその女性は、女性が昔ヤンキーだったなどの話で盛り上がり、酔ったみさえと女性はしんちゃんと騒ぐ。使い走りのひろしは近所迷惑を懸念し、みさえとしんちゃんと女性が帰った翌日、3人の散らかしたゴミを泣きながらかたずける。
しんのすけ/みさえ/ひろし/見知らぬ女性
父ちゃんの災難だゾ(1995年6月12日)
7 アクション幼稚園内の園長宅、園長先生はその日の朝礼で何を話すか考えながら朝食を食べようとするが、おかずの納豆にネギが無い事で副園長先生に文句を言うと、副園長先生は怒って食べるなと朝食を取り上げてしまう。二人は悪口を言い合って喧嘩をし、不仲になる。その後、朝礼で副園長先生はわざと園長先生をわざとヤクザと呼び間違え、園長先生は朝礼でネギを買い忘れる事を話して副園長先生を挑発する。その日、かすかべ防衛隊の5人がおままごとをやる際、ネネちゃんが主婦、しんちゃんが夫のフリーの漁師、マサオ君は魚屋、風間君がファッションデザイナー、ボーちゃんがケンタッキーフライドチキンのカーネルおじさんの役をやり、子役として副園長先生が小学2年のお姉さん、園長先生が弟の5歳をやることに。しかし、園長先生と副園長先生は子役を演じようとするが演技が不自然だと言われる。その後の展開で、しんちゃんが納豆にネギが無い事で文句を言い、ネネちゃんと喧嘩をするというその日の朝と全く同じ状況に。その様子に園長先生はしんちゃんを諌め、副園長先生はネネちゃんを諌める発言をする。そして、二人は朝の事でお互いに謝り、仲直りする。
しんのすけ/風間君/マサオ君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/園長先生/副園長先生/よしなが先生/まつざか先生
ナットウでケンカだゾ(1995年4月10日)
8 パンダ公園で、埼玉紅さそり隊が現れるが、お銀とマリーは竜子に決めのポーズをやめにしないかというと、竜子が別のポースを提案したので、現状維持を望むことにする。そこへ、二人の女子高生が現れるが、二人は紅さそり隊の弟子にしてくれと言い出す。竜子たちは冷静に幹部会議で話し合うと言うが、二人の見えないところで自分たちの子分ができることに大はしゃぎし、即入隊を認める。二人が入隊を喜んでいるとしんちゃんも二人に混じって喜んで、新しい芸の波うつまゆげを披露、お銀とマリーがその芸に拍手を送ると、新人の二人になめられると危惧した竜子はしんちゃんを一喝する。しんちゃんは走って行ってしまうが、ビビったわけではなく、公園にいた若い母親をナンパに言っただけだった。竜子は帰宅時、新人を増やして紅さそり隊が天下をとることを夢見て笑っていると、竜子の母親が家から出てきて彼女を咎める。帰宅後、セーラームーンのかくれ大ファンの竜子はセーラームンのコスプレをするが、その様子をたまたま窓から入ってきたしんちゃんに見られてしまう。竜子はナイショにする代わりに、翌日しんちゃんの子分をすることに。その様子に二人の女子高生は愛想をつかして隊をやめてしまう。
しんのすけ/ふかづめ竜子/魚の目お銀/ふきでものマリー/二人の女子高生/ふかづめ竜子の母親/公園の主婦と子供/公園の子供
紅さそり隊の師匠だゾ(1995年6月26日)
9 ひろしが大阪に出張して3週間目の深夜、みさえは不審な物音に気付き、しんちゃんを起こして一緒に庭を覗こうとすると、アクション仮面の笑い声がして驚くみさえ。場を盛り上げようとしたしんちゃんがおしゃべりアクション仮面を動かしただけで、物音の正体はのらネコであったが判明。一方、ひろしは酔って帰る際に同僚にもっと大阪にいたいと言うが、帰宅時はそうでない様子を見せる。翌朝、みさえはひろしに電話をして昨夜の事を伝え、電話を切る際はキスするマネをして、その様子をしんちゃんに見られ、幼稚園バスの中でマネされてしまう。その後、みさえはかくし撮りしていたビデオレターをひろしに送ることに。3日後、届いたビデオを鑑賞するひろし。そこで、しんちゃんがオモチャを散かしてみさえに追いかけられるシーンに笑ったり、みさえがひろしの電気カミソリですね毛を剃っていることに憤慨したりする。それでもピーマンを食べようとしないしんちゃんがみさえに叱られるありのままの姿を微笑ましく見るひろし。
しんのすけ/みさえ/ひろし/よしなが先生/マサオ君/ひろしの大阪の同僚
ビデオレター出すゾ(1995年6月19日)
10 みさえが昼寝をしているとアクション化粧品のセールスがやってきて、みさえは起きてしぶしぶ玄関で応対するが、セールスの女性はみさえの顔を見るとあっさり引き下がってしまう。みさえが鏡を見ると、口の周りに口紅がべったり塗られており、怒ってしんちゃんを呼び出すと、出てきたしんちゃんは顔にパックをしており、みさえにその気味の悪い顔を強引に近づけてゲンコツを受ける。すると、宅急便が来てみさえは自分の状況を忘れてそのまま応対してしまう。大恥をかいたみさえはしんちゃんに罰として庭の枯れ葉そうじをさせる。しかし、強風がふいて枯れ葉が舞うと、しんちゃんはほうきをシロに持たせる変わり身の術で逃げてしまう。みさえはしんちゃんを自転車で追いかけて捕まえ、ゲンコツをして再びそうじをさせる。そうじが終わると、みさえはその枯れ葉を焼いて焼きイモをする。焼きイモにありついたしんちゃんは化粧品をいたずらして良かったと思う。
しんのすけ/みさえ/シロ/アクション化粧品のセールスレディ/宅急便の男性/道端の男性
枯れ葉のソージだゾ(1995年11月20日)
11 単身赴任から帰ってくるひろしを東京駅まで迎えに行くため、みさえが化粧をしているとしんちゃんは今夜は早く寝ると言ってみさえを困惑させる。一方、新幹線でのひろしはみさえとしんちゃんが泣いて抱きついてくる事を想像し、にやけたり涙を流して隣の席の男性客に不気味がられる。東京駅に新幹線が入ると、みさえはひろしが泣いて抱きついてくる事を想像し、ひろしを探そうとするが、コレクターズのコータローがいるという女性の声を聞いてひろしをそっちのけで行ってしまう。ひろしは東京駅のホームにみさえたちがいないことに残念と思いつつ、そのまま行ってしまう。その後、みさえとしんちゃんは2時間東京駅で待つが、ひろしがいない事に不審を感じたみさえにしんちゃんは大阪で会った女性が忘れられずに駆け落ちしたというような事を言うが、みさえに否定される。一方、ひろしはかすかべ駅に着いただそこでもみさえたちがいないことで残念に思い、さらに家も留守している事にひろしは怒り、どこかで飲み明かそうとして家から出る。みさえとしんちゃんもひろしが旅行にでも行ってしまったのだと怒って家に帰ることにするが、その途中でひろしとバッタリ会う。ひろしとみさえは抱き合ってひろしが帰ってきた事を確認する。
しんのすけ/みさえ/ひろし/新幹線の男性客/東京駅のホームの女性(二人)
父ちゃんが帰ってくるゾ(1995年6月26日)
12 ある朝、しんちゃんがいも虫の格好をして遊んでいると、ビール瓶にぶつかって、倒れた瓶から中身がシロのエサに垂れてしまう。悪口を言ったしんちゃんをお仕置きするみさえのどなり声で起きたシロはそのエサを食べてしまう。お仕置きを受けたしんちゃんはシロにエサをあげるよう言われると、台所で物音がし、みさえとしんちゃんが行くと目がすわったシロが冷蔵庫のものを食い散らかしており、みさえが捕まえようとするとそのまま逃げてしまう。みさえはシロのエサにビールが混入した事で原因を突き止める。シロはテレビの上で自分がライオンになった妄想をし、みさえはシロを外に出すことは危険と判断、しんちゃんと家の全ての窓を閉める。しかし、シロは2階に行き、みさえは2階の窓が開けっぱなしである事を思い出す。2階のベランダでシロは自分がタカになった妄想をし、空を飛ぼうとしてベランダから飛び出すが、間一髪でみさえに尾を捕まれて助かるシロ。その後、酔いがさめたシロは二日酔いに悩まされる。
しんのすけ/みさえ/シロ/ライオンとタカ(シロの妄想で)
酔っぱらいシロだゾ(1995年4月10日)
13 アクションようちえん、かすかべ防衛隊の5人は何して遊ぼうかで話していると、ボーちゃんがクシャミをして鼻水がしんちゃんの頬にかかってしまう。しんちゃんがボーちゃんが離れると鼻水も伸び、その鼻水でなわとびをやる事を提案するが当然却下される。その様子を見たまつざか先生がティッシュを出してボーちゃんに鼻をかませる。まつざか先生が優しい事にしんちゃんたちは恋人ができたなどで噂話をして、その際に性格が悪いことを言われて怒ったまつざか先生はしんちゃんたち4人を追いかける。その様子にボーちゃんは恋心を抱く。その後、ボーちゃんは4人にまつざか先生と結婚したことを伝える。ネネちゃんたちは告白すべきだと言い、プロポーズ用の花としてトイレの花を持って、職員室前でボーちゃんはまつざか先生にプロポーズする。まつざか先生は笑うが、ネネちゃんたちにボーちゃんが真剣なんだと言われて、ボーちゃんに今すぐは結婚できないから15年後にもう一度プロポーズしてくれと言うまつざか先生。15年後には先生はおばあさんだとしんちゃんに言われつつも、ボーちゃんは15年後にまた来ることを伝える。その後、上機嫌なまつざか先生。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/まつざか先生/よしなが先生
ボーちゃんのプロポーズだゾ(1995年4月10日)
14 散らかしになっているアクション仮面の絵本。みさえはそれらの絵本を全て片づけ、紐で縛る。その様子を見たしんちゃんは縛らなくていいと言うと、みさえはこれらの絵本を全てちり紙交換に出すと言う。絵本を読みっぱなしにした処分に出す約束をしたとみさえにしんちゃんが証拠をせがむと、みさえはしんちゃんにサインの入った契約書を見せる。反論できなくなったしんちゃんはみさえにちり紙交換に出さないようお願いするが、みさえは聞く耳持たず、通りかかったちりがみ交換に出してしまう。その様子を見たしんちゃんはちりがみ交換のトラックの荷台に乗り込む。ちりがみ交換の男性は野原家の前を出発すると仕事が終わった事で上機嫌で、見かけた女性をナンパしようとする。すると、荷台に乗っていたしんちゃんが先にナンパしだし、男性はトラックを止めて、しんちゃんに事情を聞く。しんちゃんは事情を話してアクション仮面の絵本が無いと生きていけないと言い、男性は今後ちゃんと片づけをすることを条件に持って帰っていいと言うが、しんちゃんはどさくさにまぎれてボディコン写真集を持っていこうとする。その後、事情を知らされたみさえは絵本を出す際に受け取ったトイレットペーパーを返そうとするが、男性はしんちゃんが片付けなかったらまた来るから返却の必要はないと言う。それを聞いたしんちゃんは絶対に片づけをすると言う。
しんのすけ/みさえ/ちりがみ交換の男性/通りすがりの女性
チリ紙交換するゾ(1995年4月3日)
15 カゼで3日間幼稚園を休んでいるネネちゃんが寝ている間に、ネネママは大好物の芋ようかんとまるかじりするというティータイムを過ごそうとするが、しんちゃんがネネちゃんの見舞いにやってくる。ネネママは居留守を使って、しんちゃんを帰らせるが、今度はよしなが先生がやはり見舞いにやってきて、ネネママは出迎えるが、その後ろには先ほどよしなが先生と出会ったというしんちゃんがついてきており、動揺するネネママ。ネネママは安い駄菓子を出そうとするが、しんちゃんが芋ようかんが良いと言いだし、悔しい思いをこらえて出すことに。ネネママは包丁で二切れを切って小皿に取ろうとすると、しんちゃんが芋ようかんの残りの大きい方を取ってしまう。ネネママは別室でプロレスの格好をして、うさぎのぬいぐるみにラリアットをくらわす。その頃、しんちゃんたちは起きあがったネネちゃんと一緒に芋ようかんを味わう。
しんのすけ/ネネちゃん/ネネママ/よしなが先生
ネネちゃんをお見舞だゾ(1995年6月5日)



海外旅行のプレゼント おっ、オワイ島だゾ編
1 「アクション仮面V7」がまもなく始まるので、しんちゃんはでんぐりがえしをしながらテレビをつける。しかし、番組が始まると画面が二重に映りだす。みさえはしんちゃんに頼まれて、テレビを叩いて直そうとするが、一向になおらない。遂にみさえは力一杯叩くが、テレビ画面は消えてしまう。しんちゃんはみさえがテレビを殺したと騒ぎ、その騒ぎを聞いたとなりのおばさんは、みさえがひろしを殺したのではと疑う。家電屋を呼んで見てもらうと、既に寿命で強い衝撃を受けたのが致命的であったと聞かされて、新しいのを買い直すことに決めるみさえ。みさえはテレビを「殺された」ショックで泣くしんちゃんに、新しいテレビは翌日来るので、今夜だけ我慢してと言う。すると、しんちゃんは夕食を準備中のみさえに、その夜見るはずだったテレビ番組のタイトル(『アクション仮面V7』、『カンタムロボ』『セーラー・ムフーン』『プラム・タンク』)をつぶやく。テレビの無いその夜、しんちゃんとみさえとひろしは話に盛り上がって、意外に楽しむことができた。
しんのすけ/みさえ/ひろし/となりのおばさん/ニッショー家電の男性/CMの女性、アクション仮面V7、ミミ子(テレビの中で)
テレビがこわれたゾ(1995年2月27日)
2 ひろしがテレビを見ていると、みさえから呼び出される。何か用事を言いつけられると予感したひろしは書類を出して仕事のふりをする。みさえが来ると、その夜お刺身で一杯やろうと思うから、日本酒を買ってくれと頼まれ、それを聞いて上機嫌になったひろしは聞き入れて、さらにみさえの棚吊りと風呂そうじとゴミ燃やしの頼みまで聞き入れてしまう。ひろしは自分のふがいなさを嫌悪しつつ庭をゴミを燃やしていると、じいさまごっこをしているしんちゃんがやってきて、今年もあとわずかである事にひっかけてボーナスの額がわずかであると指摘される。その後、ひろしは風呂掃除に行く際にライターを落とし、それをひろったしんちゃんはマサオ君を誘って、空き地でたき火をやろうとする。マサオ君は子供だけでたき火をしてはいけないと言うが、しんちゃんに新聞紙を持ってくる。火を付けると二人は喜ぶが、風で火が枯れ草に燃えうつり、しんちゃんはオシッコで消そうとしたり、ウンコがしたくなったりしてマサオ君がやけくそだと言うが、火の前に二人はうろたえるばかり。そこに、通りかかったひろしがやってきて持っていたミネラルウォーターで火を消す。二人はひろしから怒鳴られるが、その後ひろしは花火をやりたければ自分を呼べと言う。
しんのすけ/みさえ/ひろし/シロ/マサオ君
3 アクション大飯店、アクションようちえんの忘年会が行われていたが、参加者は園長先生、よしなが先生、まつざか先生の3人だけで一番盛り上がっていないテーブルになっていた。他の先生はデートのために不参加で、まつざか先生がよしなが先生が喧嘩のために参加したと指摘されると、逆に恋人がいない事をよしなが先生に指摘される。二人は悪口を言い合い、険悪な雰囲気になって、困惑する園長先生はひろしとしんちゃんが店内で席を探しているのを見て、二人を呼んで自分たちの席に誘う。みさえがおケイと女だけの忘年会のため、ひろしとしんちゃんの二人で来ていたが、二人はよしなが先生やまつざか先生に恋人などの話をしたため、二人の先生はやけ酒することに。ひろしは酒の飲めない園長先生に一口だけ飲むよう迫り、園長先生がそうしようとするが、ひろしとしんちゃんは一杯を一気飲みさせてしまう。一方、よしなが先生とまつざか先生は悪酔いし、その様子にひろしは困惑するが、泣き上戸の園長先生がもひろしに話しかけてきて、彼らのテーブルがいちばん盛り上がってしまう。
しんのすけ/ひろし/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/アクション大飯店の女性店員
忘年会は疲れるゾ(1995年12月18日)
4 翌日は家族でドライブに行くことで喜ぶしんちゃんとみさえだが、会社から帰宅したひろしから接待ゴルフのために行けなくなったと聞かされる。みさえは何度も謝るひろしを許すフリをして、夕食ではひろしの焼き魚に大量の醤油をかけたり、しんちゃんとの明日の事についての会話でわざとひろしを挑発する言い方をして、ひろしを怒らせる。ひろしとみさえは喧嘩をし、しんちゃんはその様子をビデオで撮ったり、二人の仲を直すかと思いきやトイレに行ったりと、うんざりしたひろしとみさえは寝ることに。しかし、翌日は大雨でゴルフは中止となる。結局、雨の中3人でドライブに行くことに。
しんのすけ/みさえ/ひろし
5 大そうじの日、こたつで内田有紀図鑑を見ていたしんちゃんはみさえから手伝うよう呼び出されて、こたつに隠れるが、みさえはひろしの洗っていない靴下をコタツに入れてしんちゃんをコタツから出す。しんちゃんはみさえにまずひろしを起こすよう言われるが、しんちゃんは起こすのに日曜大工から出そうとしたり、ひろしに起こしに行くと一緒に寝てしまい、結局みさえが二人を叩き起こすことに。しんちゃんはおもちゃの片づけ、ひろしは窓ふきを任されるが、しんちゃんはひろしが窓にクリーナーをふきかけるひろしをみて、そのクリーナーを1回やらせてくれとせがみ、クリーナーを吹きかけると、かけた部分と自分の頭を重ね合わせて、白髪のおばあさんを演じる。ひろしは面白がって、クリーナーの部分と自分の胸を重ね合わせてブラジャーをつけているかのように演じるが、みさえに見られてゲンコツを受ける。数分後、しんちゃんはひろしに買ったコマを回し方を教えてくれと頼まれ、ひろしは懐かしさからコマを回すが、そこからあみ戸をあらいよう頼みに来たみさえに見られ、バックブリーカーをかけられる。トイレから戻ったしんちゃんは慌ててそうじに戻る。
しんのすけ/みさえ/ひろし
6 退屈な思いをしているシロは、みさえがしんちゃんにシロの散歩に行くよう言われ元気になるが、しんちゃんは庭を通って植木の中の秘密の出入り口から遊びに行ってしまう。仕方なくみさえが行こうとするが、電話がなって長くなりそうな雰囲気いに、シロはひとりで散歩へ。途中、ゴミ捨て場で捨てられていたメス犬のぬいぐるみに一目ぼれしたシロは、そのぬいぐるみを持ち帰る。その夜は厳しい冷え込みだったが、犬小屋でぬいぐるみと共にいるシロは暖かだった。みさえが犬小屋を掃除しようとすると、ぬいぐるみが見つかって捨てられるのを危惧したシロは、みさえにまなざし攻撃をして掃除をやめさせる。ある日、またひとりで散歩に行くと、ある女の子が母親と一緒に例のゴミ捨て場に来て、ミイちゃんがいないと泣いているのを見る。その母親はミイちゃんというシロの持っているぬいぐるみを間違えて捨ててしまった事に気付き、その女の子の元へ自分のぬいぐるみのミイちゃんを女の子も元へ持っていき、女の子が喜ぶ姿を見る。しかし、その夜はやけに寒かった。
しんのすけ/みさえ/シロ/ぬいぐるみの持ち主の女の子/女の子の母親
シロとぬいぐるみだゾ(1995年4月3日)
7 会社から勤続15年のご褒美として海外旅行がプレゼントされたひろし。行先はハワイの南方に位置するオワイ島というハワイと似た国。出発の日、みさえとしんちゃんはひろしに感激するが、飛行機の座席が行き帰り共にビジネスクラスであると知らされ、さらに感激する。搭乗の際、ひろしははしゃぐみさえを諌めるが、いざビジネスクラスと対面すると、今度はひろしがはしゃぎだす。みさえは座席にある旅行グッズを見て冷静さを保とうとするが、しんちゃんが早くバッグに入れようとはしゃいで恥をかくみさえ。離陸後、飲み物の注文でしんちゃんはスチュワーデスをナンパしてみさえにゲンコツを受ける。ビジネスクラスの機内食は洋食と和食が選べることに感激するひろしとみさえ。ひろしは洋食、みさえは和食、しんちゃんは野菜の少ない方を頼む。ひろしはしんちゃんにビジネスクラスのようなぜいたくを覚えさせるのはよくないから、トイレに行っているしんちゃんが戻ってきたら、感謝するように言ってやろうとするが、しんちゃんはその飛行機のトイレに入ったちょうど10万人目で、その記念にしんちゃんはさらにぜいたくなキング・オブ・ビジネスシートに座ることに。ひろしは専属のスチュワーデスにケーキを食べさせてもらうなどの至れり尽くせりを受けるしんちゃんに、ぜいたくだから感謝しろと言うが、しんちゃん本音を訊かれて、専属スチュワーデスがうらましい事を暴露してみさえに殴られる。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ビジネスクラスのスチュワーデス(2人)/キング・オブ・ビジネスシート専属スチュワーデス/出国審査の男性職員
オーラッ! スペイン旅行だゾ(1)(2004年5月29日)
8 前回の続き。オワイ島のヘネルルにやって来た野原一家。みさえとしんちゃんはひろしに感激していたが、その旅行がヘネルル・マラソンのツアー(6日間のコース)に組み込まれていた事が判明、ひろしは二人に責められる。このツアーはマラソンの42.195キロを制限時間の8時間以内に完走できなければ翌日に即帰国させられてしまうというプランで、翌日に備えて早く寝ようとする。しかし、しんちゃんはすぐに眠る一方、ひろしとみさえは時差ボケと緊張感でほとんど眠れず。第1回ヘネルル・マラソン大会が始まると、ひろしはみさえとしんちゃんにペースを乱さないように行こうと言うが、その直後にひろしとしんちゃんは美人の女性ランナーについていくためにペースを無理に上げ、早くもバテてしまう。10キロ地点、足が痛いと言うみさえにひろしがマッサージをするが、足のどこかくすぐったいなどじゃれあいになり、しんちゃんに睨まれる。35キロ地点、あきらめようとするしんちゃんを、みさえが励ます。制限時間まであと1分、ゴール目前まで来た野原一家だが、後ろの最後尾を走っていた年老いた男性が転んでしまうのを見る。一度は見捨てようとするが、野原一家は男性を助けて一緒に行こうと励ます。結局、制限時間は過ぎてしまったが、彼らも完走と認められた。こうして、残りの日もオワイ島で過ごせるようになった野原一家だが、筋肉痛でホテルの部屋から出られないひろしとみさえ。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ランナーの女性/最後尾の男性
9 しんちゃんと風間君とマサオ君とボーちゃんの4人は野球を楽しんでいたが、しんちゃんがボールを打とうとバットを振ったら、バットを投げてしまい、近くの屋敷の塀の中に入ってしまう。その屋敷は通称カミナルいじわるジジイが住んでおり、風間君は素直に謝れば許してもらえるはずだと屋敷の庭を覗くと、バットにぶつかった犬の力王丸(りきおうまる)に泣き叫び、絶対に許さないと言っているのを見て、こっそり行くことに。力王丸を手当てに連れて行くスキに、バットを入れたしんちゃんは庭へ取りに走るが、すぐにバットを取りにいじわるジジイが戻ってくる。しんちゃんは池のほとりの石になりすますが、当然すぐにばれる。いじわるジジイは力王丸にしんちゃんを脅かしていじめさせようとするが、そこへボールが飛んできて、再び力王丸の頭を直撃してしまう。草野球をやってきた男性がボールを取りにくると、激怒したいじわるジジイに追いかける。そのスキにしんちゃんたちはバットを取って逃げる。
しんのすけ/風間君/マサオ君/カミナリいじわるジジイ(力王丸の飼い主)/力王丸/草野球の男性/
野球するのも大変だゾ(1995年5月22日)
10 夜、ひろしが帰宅すると、みさえが突然ひろしに抱きついて愛していると言われ、外の灯油をストーブの燃料タンクを入れる用事を押しつけられる。ひろしはみさえに風呂がわいていないことに不服を言うと、包丁を持っているみさえは魚の首を切って、それを見たひろしはみさえを怒らせず、自分で風呂の用意をする。40分後、風呂につかるひろしはピチピチギャルが2、3人入ってくるのを想像する。すると、みさえがしんちゃんにひろしと風呂に入るよう言う声が聞こえるが、しんちゃんはピチピチギャル2、3人と一緒でないと嫌だと言い、ひろしは自分たちが親子だと悲しくも確信する。しぶしぶ浴室に来たしんちゃんは風呂の温度が熱いと言い、ひろしにみさえを呼ぶと脅したうえで湯をうめさせるが、今度はぬるいと言う。みさえはしんちゃんに頭をひろしに洗ってもらうよう言い、ひろしとしんちゃんは不平を言うが、みさえが包丁を持ってくると。二人は言う通りにする。頭を洗ってもめそめそ言わなくなったことを褒められたしんちゃんはいつまでも子供じゃないというが、オモチャを遊ぶと言うと、ひろしはまだまだ子供だと言って持ってこさせる。最初はたくさん持ってきたのでひろしは数を減らさせる。すると、しんちゃんはカンタムロボとネネちゃんのミカちゃんの忘れもののミカちゃん人形を持ってくる。しんちゃんはひろしにミカちゃん人形を持たせて、トイレに行く。人形の作りに感心していじっているひろしは、一緒に風呂に入りに来たみさえに変態扱いされて殴られる。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ピチピチギャル3人(ひろしの妄想で)
寒い夜はお風呂だゾ(1995年12月11日)
11 公園でマサオ君が友達から借りた「はぐれ忍者 吹雪丸」を読んでいると、その公園が自分たちの領土だと言う西かすかべ忍者隊3月の黒ヒョウ隊と名乗る3人のいじめっ子が現れて、漫画を取られてしまう。マサオ君が泣いていると、みさえのおパンツをかぶったしんちゃが正義のに仮面忍者しんのすけ丸と名乗って現れるが、みさえに殴られてパンツを没収される。マサオ君はしんちゃんに事情を話すが、しんちゃんは帰ろうとして、引き留められる。別の公園で3人が漫画を見ていると、通りすがりの男性が3人に本を返すよう怒鳴られて戸惑うが、声の主はその男性の後ろで腹話術をしていたしんちゃんだった。3人は勝負ということで、分身の術としてしんちゃんの周りを走って回るが、しんちゃんも一緒になって走る。分身の術に対抗として、しんちゃんはつわりを起こすみさえと「できた」ことを喜ぶひろしを演じて、にんしん(妊娠)の術を披露する。3人が呆れて転んだスキに漫画を取って逃げるしんちゃんを、3人は追うが見失う。すると、ベスという犬の胴体にしがみついていたしんちゃんを発見、3人はおもちゃの手裏剣攻撃をするが、しんちゃんは犬から飛んで手裏剣を跳ね返す。3人は手裏剣を当てられて怒ったベスに追いかけられる。こうして無事に漫画をマサオ君の元に取り返したしんちゃん。
しんのすけ/みさえ/マサオ君/3月の黒ヒョウ(3人)/通りすがりの男性/ベス
オラは正義の忍者だゾ(1995年10月30日)
12 しんちゃんが家に帰ると、買い物に行っているみさえの書き置きがドアに貼ってある。カギはいつものところで、しんちゃんは寝ているシロをゆすって体毛からカギを出すが、目が覚めてしまったシロは怒る。家に入ると、しんちゃんは今のテーブルにみさえの朝ごはん、昼食、ティータイムの跡を目にするが、これらを全て片づけたら、みさえは感激してたくさんのごほうびがもらえると考える。そこでしんちゃんは早速お片づけを開始、食器を重ねて運ぼうとするが、あまりの多くの食器を重ねたため、たくさんの食器を落として割ってしまう。パニックになったしんちゃんはそうじをしようと押入れを開けるが、中からたくさんの物が崩れ落ちてくる。しんちゃんは後ずさりするが、後ろの棚にぶつかり、棚の上に置いてあった花瓶を落として割ってしまう。その時、しんちゃんの頭がプチッと鳴り、人生を捨てた5歳児は笑いながらゴルフクラブで障子を破る。その後、ケーキを買ってきたみさえは家の中に入ると、おしりを出せと怒鳴り・・・。
しんのすけ/みさえ/シロ
プッツンしちゃうゾ(1995年5月22日)
13 家に帰ってきたみさえがサトーココノカドーに行った事を知ったしんちゃんは、自分も行きたかったと泣き叫ぶが、みさえがごきげんなおし作戦としてアクション仮面シリーズの最新キャラクターであるアクション仮面Zのパンツを見せる。現在、幼稚園でこのパンツを持っていると大威張りとのことで、しんちゃんは一気に機嫌を取り戻す。しんちゃんはカメラで写真を撮ったり、外で通りすがりの男性にパンツを持っている自分の姿を撮らせたりする。しんちゃんはパンツを金庫でしまうと言いだし、みさえはしんちゃんにパンツをはくものだと言う。しんちゃんはシャワーを浴びることに。シャワーでお尻を洗いまくり、カレーライスを食べているひろしにお尻を突き出して、うんちがついていないかを訊くしんちゃんはみさえにゲンコツされる。そして、いよいよパンツをはこうとするしんちゃんだが、こわくてなかなかはけない。そんなしんちゃんにあきれたみさえにゲンコツを受けて、ようやくパンツをはいたしんちゃんはひろしに写真を撮らす。翌朝、しんちゃんはオネショをしてしまい、パンツは洗濯機へ。友達に自慢したかったしんちゃんはひどく落ち込む。
しんのすけ/みさえ/ひろし/通りすがりの男性
宝物のおパンツだゾ(1995年9月18日)
14 前回の続き。幼稚園からの帰りのバスで、しんちゃんは運転手に責任は自分がとるから赤信号でも行けと無理を言う。バスが野原家前に着くと、しんちゃんは真っ先にベランダへ走って、干してあるアクション仮面Zのパンツに頬ずりする。みさえが買い物に行っている間、しんちゃんは窓を通じてお茶を飲みながらパンツを見守る。すると、強風が吹いてパンツとみさえのブラジャーが飛んでしまう。みさえのブラジャーが先に落ちて、パンツが遠くへ飛ぶ。ひとりで散歩に行って良い汗をかいて戻ってきたシロは、おパンツ救出隊に扮したしんちゃんに、パンツ探しに付き合わされる。シロはしんちゃんのはいているパンツの匂いをかがされ、それと同じ匂いのパンツを探すようしんちゃんに言われ、疲れながらもフラフラになって探しに行く。その後、しんちゃんはみさえのブラジャーが道端に落ちているのを発見して拾う。そして、パンツもとあるアパートの屋根に垂れさがっているのを見つけ、アパートのインターホンを押す。アパートの住人は受験間近の浪人生で、おパンツ救出隊にしんちゃんの異様な恰好とパンツがお邪魔していると言われ、頭がおかしくなったのかと思う。事情を知った浪人生は窓からパンツを取るが、しんちゃんがなかなか落ちないパンツだと言うのを聞き、パンツを売ってくれと野原家にやってくる。しんちゃんはみさえに居留守を使ってくれと頼む。
しんのすけ/みさえ/シロ/よしなが先生/運転手/浪人生
おパンツが飛んだゾ(1995年9月18日)




原作あらすじ一覧  原作編  トップページ