原作あらすじ一覧  原作編  トップページ


原作あらすじ一覧(10巻)



サブタイトル 記号 話数 ページ
10 ひまわり組クレヨンしんちゃん a 2 3
しんちゃんのマル秘ナンパ術6連発 b 1 1
しんちゃんギャグで幼稚園は大爆笑!編 c 11 3
オラとかあちゃんのたたかいはきびしいぞ編 d 11 3
シロとしんちゃんはとっても仲良しだ・・・!?編 e 14 3



ひまわり組クレヨンしんちゃん
1 ドライブの帰りにいた野原一家。運転手のひろしはしんちゃんにおしっこが出そうと言われ,ガマンするよう頼むが,しんちゃんは今度はうんこがしたいと言う。さらに,みさえも3日ぶりのお通じだと言い,道路わきにあったラーメン屋でトイレを借りに行くことに。ラーメン屋の方は,トイレだけ借りに来たら追い返すつもりであったが,みさえとしんちゃんのあまりの気迫に貸してしまう。二人が出た後,ひろしは夕食時ということで,そのラーメン屋で食べていくことに。しかし,その朝みさえは財布の中に,間違えて,お金ではなくしんちゃんのおもちゃの(アクション仮面の)お札を入れてしまっていたことに気付く。すると,しんちゃんが30分で完食すれば無料になる,ウルトラスーパージャンボラーメンを食べたいという言う。ひろしは3人で挑戦し,無料にしてもらうことを提案,3人分を注文することに。3人は苦戦を強いられるが,金がかかっていたため,29分42秒で完食し,無料にしてもらう。しかし,3人は食べすぎで,5時間経っても動けず,帰れない。
しんのすけ/みさえ/ひろし/伸田ラーメンの店長/店員
2 翌日のクラス会で,勝ったばかりの高かったピンクのワンピースを着ていくことにするみさえは,しんちゃんに息子と夫には安物しか買わないと突っ込まれる。みさえはしんちゃんにアイスクリームがあるからあっちへ行けと言う。しんちゃんは冷蔵庫に登って上から開ける(中のものが崩れ落ちる)。みさえはワンピースのアイロンをかけようとするが,電話がかかっってきて,部屋を出る。しんちゃんはその部屋でチョコレートアイスを食べている時,テレビでの野球番組の真似をし,アイスをバットに見立てスイングする。すると,アイスの部分がは飛んでいき,みさえの服についてしまう。しんちゃんは服についたアイスを食べるが,服にはしみが出来てしまっていた。そこで,しんちゃんはみさえにアイスを渡し,みさえにそのアイスの部分を,服のしみになっているところに落とさせるという作戦(?)を考え,早速アイスを持って来ようとするが,その際テーブルにぶつかり,テーブルの上にあったしょうゆがこぼれ,服の方に流れてきた。しんちゃんはしょうゆをテーブルの端で吸い取るが,結局しょうゆはこぼれ,みさえのワンピースはアイスとしょうゆまみれになり,みさえは泣きながら,ステキな柄と言う。その横で,覚悟を決めたしんちゃんはお尻を出して,みさえのお仕置きを待っていた。
しんのすけ/みさえ/ポチ(テレビの野球選手)/サーモン(テレビの野球選手)



しんちゃんのマル秘ナンパ術6連発
1 (しんちゃんの6つのナンパシーンを抜粋)
「そこの君 モデルになってくれたまえ」(9巻 e-6)
「きょう1日 君をレンタルしたい 」(9巻 d-6)
「OL? 会社どこ?たいやきはしっぽから食べるタイプ?」(7巻 c-3)
「へいへいどこいくの?乗らない?」(7巻 c-8)
「へいそこのおねいさん!! オラといっしょにツリングしない?」(8巻 c-7)
「へい彼女ォ オラのカンタムで夕暮れのかすかべをドライブしな〜い?」(8巻 c-5)



しんちゃんギャグで幼稚園は大爆笑!編
1 しんちゃん,風間君,ネネちゃん,マサオ君に鼻水の芸,「プロペラ」,「東京タワー」を見せるボーちゃん。次にしんちゃんは,「波うついなりずし」,「おケツ(ケツ顔マン)」を披露する。ボーちゃんが公衆トイレに行っている間,風間君はしんちゃん達に,ボーちゃんは友達だけどあまり分からないから,ボーちゃんの謎の解明しようと言う。しんちゃん達は,ボーちゃんのママはボーちゃんにそっくりという想像をするが,風間君はむしろ非常に美人だと反論,しんちゃんはその美人のママとの妄想をする。その後,5人は別れたが,ボーちゃん以外の4人は再び集まり,ボーちゃんの謎をさぐれ探検隊ごっこを始めるが,しんちゃんは隊長,マサオ君はキャプテン,ネネちゃんは女王さま,風間君はリーダーをやると言い出す。ボーちゃんの跡をつける4人は,ボーちゃんがママと会ったところを見つけるが,途中で会ったちんどん屋に気を取られ,見失ってしまう。しかし,ママの顔は知らなくても,ボーちゃんのことが好きな4人。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/ちんどん屋/ボーちゃんのママ(妄想2人,「本物」1人)
2 電車の中で寝ていたみさえは,かずがべ駅に到着すると目を覚まし,慌てて荷物を持って電車から降りる。しかし,改札でしんちゃんを忘れたことに気付く。その頃,電車の中でしんちゃんは,きれいなおねいさんにアイスを食べさせてもらう夢を見ていたが,現実のしんちゃんはとなりの太った男の股間を舐め,目を覚ましたしんちゃんはその男を見て,みさえが男になったと思う。すると,中年の女性が近づいて,しんちゃんが母親とはぐれたらしいことを知ると,男に次の駅で降りてしんちゃんを駅員に連絡するよう言う。しんちゃんは近くのおねいさんが良いと言うが,結局その男が行くことに。男は西こしがや駅の事務所で,駅員に事情を話し,しんちゃんを預けて別れる。かすがべ駅の事務所にいたみさえは,しんちゃんが西こしがや駅にいると知らされ,迎えに向かう。駅員はしんちゃんに,せんべいを食べるよう勧めるが,しんちゃんは冷やした水ようかんを要求し,駅員はしぶしぶ応じることに。やがて,みさえが迎えに来て,しんちゃんは次は栗もなかが良いと言って,事務所を出る。その後,電車の中で寝る二人。みさえがまた慌てて降りたら,しんちゃんの代わりに今度は荷物を忘れてしまう。
しんのすけ/みさえ/男/中年の女性/若い女性/西こしがや駅の駅員/かすがべ駅の駅員/きれいなおねいさん(しんちゃんの夢で)
3 昼の眠たいみさえは,しんちゃんが昼寝しているのを見て,その可愛い寝顔から一緒に寝るが,しんちゃんはすかしっぺをしたため,距離を置いて寝ることに。すると,寝相の悪いしんちゃんはシリダルミ星人を蹴るつもりで,みさえを蹴ろうとしたため,それを受け止めるみさえ。しんちゃんが本当に寝ているか不審に思ったみさえは,洗濯前のひろしの靴下を嗅がせ,それに苦しむしんちゃんを見て本当に寝ていると確信する(起きていたら絶対逃げる)。みさえはとなりの部屋に移動するが,ハエが飛んで気を散らされる。みさえはハエを無視するが,ハエが鼻に止まり,怒り出す。みさえは落ち着き,窓を開けてハエを外に出そうとするが,さらに2匹入ってきて,怒りのスーパーサイヤ母ちゃんと化したみさえは殺虫剤(ハエシ〜ヌとギンちょ〜る)でハエを2匹,そして最後の1匹を殺す。そして,やっと昼寝が出来るかと思いきや,昼寝たっぷり目覚めバッチリでお元気なしんちゃんの騒ぐ音で,結局眠れず。
みさえ/しんのすけ/ハエ(3匹)
4 インターホンが鳴り,みさえは玄関に行くと,外からみさえの姉まさえの声がするが,ドアを開けるとそこには怪獣(のお面)がおり,驚くみさえ。まさえはお面を取るが,その下に妖怪のお面をつけていたまさえに,みさえは倒れる。まさえに機嫌を悪くしたみさえに,土産を持ってきたまさえだが,土産は草加せんべいでみさえをあきれさせる。みさえが買い物に行っている間,しんちゃんが幼稚園から帰ってきて,まさえは怪獣のお面を被ってしんちゃんを驚かそうとするが,そこにいたしんちゃんはのっぺらぼうで,驚いたまさえは倒れてしまう。しんちゃんは幼稚園で作ったのっぺらぼうのお面を被っていて,悔しがるまさえ。しんちゃんはまさえを不審に思い,まさえは自分の事を説明する。しんちゃんはまさえがみさえの姉である事を証明してもらうため,みさえのおムネ,性格,体型を訊き,まさえは全て正確に(ペッタンコ,短期でおケチ,ずんどーしりでか)答え,しんちゃんはまさえが自分の伯母である事を確信するが,そのやり取りは既に帰宅していたみさえに聞かれており,頬をつねられる二人。その夜,寿司をとったが,みさえの食べたネタにねりわさびを入れていたまさえ。
しんのすけ/みさえ/まさえ/ひろし
5 ケガで弱っているすずめを,ネコが食べようとしたため,ネネちゃんと一緒にいたしんちゃんはケツ顔マンになってネコを撃退する。しんちゃんはネネちゃんから,男は弱い者を助けなければならないのだから,すずめを直すように言われ,連れて帰ることに。すずめはひろしから治療を受け,ひろしとみさえはその傷が人間によるもので,矢ガモの事も持ち出し,動物虐待に憤るが,その一方で夜のおかずがヤキトリで,喜ぶひろしらの会話を聞くすずめ。しんちゃんはすずめにスピルバーグと名付けるが,みさえはチッチだと言い,ひろしはひとみが良いと言う。しんちゃんは冷蔵庫からスージーコーナーのシュークリームを食べさせようとするが,みさえに食べるわけがないと言われ,しんちゃんは自分が食べようと言う。ひろしは,エサは虫の方が良いと言い,しんちゃんはゴキブリを追いかけるが,ひろしと一緒にミミズを庭で捕まえることに。しかし,野生でありエサは自分で取らねばならないため,食べようとしない。動物病院に行っても,傷が深くて回復が難しいと言われ,日に日に弱っていくすずめ。ある朝,すずめは元気に飛び回っており,喜ぶ3人。しかし,その直後に倒れ,命を落としてしまう。ひろしは,最後の力を振り絞ってしんちゃんに礼を言いたかったのだと言う。
しんのすけ/みさえ/ひろし/すずめ/ネネちゃん/ネコ
6 野原家にインターホンが鳴り,のり巻きごっこをしているしんちゃんが出ると,よしなが先生が来ていたが,しんちゃんは本物かどうか疑い,本物なら現在幼稚園で最も注目されている遊戯,マッカチン体操を踊るよう要求。よしなが先生は嫌がるが,しんちゃんはニセモノだから警察を呼ぶとの言ったため,よしなが先生はやけくそになり,踊りだし,周りの人々の注目を浴びつつも,ようやく開けてもらう。よしなが先生は家庭訪問に来たが,みさえはそのためにお茶菓子を買いに行ったため,しんちゃんしかおらず,よしなが先生は中で待つ事に。しんちゃんはよしなが先生にジュースを出すが,それはジュースに似た酒(カクテル)で,酒に弱いよしなが先生はそれを飲んで酒乱に。その後,家に早く帰ってきたひろしに助けを求めるしんちゃん。酒乱のよしなが先生を見て驚くひろし。ひろしはよしなが先生に恋人の石坂と勘違いされるが,ひげが濃いことで怒らせてしまい,胸ぐらを掴まれる。しんちゃんはよしなが先生に大根を持って来いと言われる。その後に帰ってきたみさえは,ひろしとよしなが先生が密会をしているかのような声に驚くが,行ってみると,よしなが先生はひろしの上に馬乗りになり,大根を彼のヒゲでおろしており,その光景をしんちゃんはスケッチしていた。1時間後,酔いが覚めたよしなが先生は大恥をかきながらの家庭訪問に。
しんのすけ/よしなが先生/ひろし/みさえ
7 しんちゃん,風間君,マサオ君,ネネちゃん,ボーちゃんは刑事ごっこをやることにし,しんちゃんは何回オシリにふいてもおパンツにウンチがついちゃうぞ事件を提案するが,風間君に自分で解決しろと言われる。ボーちゃんは通りすがりの女性がハンカチを落としたのを見つけ,それを届ける事に。しんちゃんはそれがきっかけでお付き合いをする事を妄想する。5人は女性を追いかけるが,しんちゃんは別の女性をナンパしていたりして,見失ってしまう。そこで,二手別れて聞き込みを行なうことに。しんちゃんはマサオ君と化粧品店に女の人を見たかと訊くが,店の男は女の人は毎日見てると言われる。マサオ君は特徴を言わなければならないと言うが,しんちゃんはその男の特徴(スダレハゲ,たらこ口びる)を言って,怒らせてしまう。マサオ君は風間君の訊き方をしんちゃんに見せるが,しんちゃんは記憶があやふやになり,ムチャクチャな質問をしてしまう。ボーちゃんはドクナマルドハンバーガーの店にいるかもと言い,しんちゃんは窓に張り付いて覗くが,そのガラスに押し付けたしんちゃんの顔を見た女性(なるみ)は,口の中の飲み物を,先ほどプロポーズを受けた向かいの男性に吹きつけてしまい,それをプロポーズの返事となってしまう。やがて,女性が道で歩いているのを発見し,追いかける5人だが,しんちゃんは逮捕すると言ったため,女性は逃げ出し,それが騒ぎになり,街中の人々は女性が食い逃げをしたと思い,彼女は街中の人々から追いかけられることに。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/ハンカチの女性/化粧品店の男/アンドロコフスキー/アンドロコフスキーの飼い主(女性)/魚屋の男性/通りすがりの男性/なるみ/なるみの恋人
8 新聞折りこみ広告で,新装オープンの床屋を知るひろし。一方,しんちゃんは髪の毛を伸びた事をみさえに指摘され,床屋に行くよう言われるが,しんちゃんは嫌がる。みさえはうっとうしい頭と言うと,しんちゃんはみさえのスカートをめくってうっとうしいと言うと,みさえから新おしおき技(ほっぺのぞうきんしぼり)を食らうしんちゃん。ひろしはしんちゃんに新装オープンの床屋の事を耳打ちし,しんちゃんは行く気になるが,若い女性のスタッフしかいないというその広告をみさえに見られてしまい,ひろしが彼女に殴られてしんちゃんと床屋へ。理容サロン「エリツィンの部屋」の入り口で若い女性を見て,喜ぶしんちゃんとひろし。しんちゃんは女の子を指名できるかと訊いたりする。しんちゃんが先に散髪してもらうが,しんちゃんは自分をメチャメチャにしてと言ったり,バリカンを刈っている時に頭をフラフラするなど,女性スタッフを困らせる。一方,ひろしは顔剃りだけを頼むが,ひろしの担当の女性スタッフ,ひとみは新人で,非常に緊張しており,周りからけい動脈だけは気をつけろと言われ,不安になるひろし。しんちゃんは頭を洗ってもらうが,服を全部脱ごうとする。女性スタッフはしんちゃんにシャンプーをかけるが,しんちゃんは仰向けになっていたため,顔にシャンプーがかかる。しんちゃんはタオルを求めて動き回ると,ひろしの女性スタッフにぶつかり,女性はひろしの顔を切って,血が飛び出し・・・。ひろしとしんちゃんはおわびの品をたくさんもらい,ひろしは泣きながら帰る。
しんのすけ/ひろし/みさえ/アクション仮面(テレビの中で)/女性スタッフ(しんちゃんの担当)/ひとみ/その他女性スタッフ(2人)
9 ある日,寝ていたシロは干してあったみさえの高いブラウスが,野良猫に引きちぎられているところを見て,吠えてみさえを庭に呼び出すが,みさえが来た時には野良猫はおらず,彼女はシロがブラウスを引きちぎったと思い,シロにひろしの洗濯前の靴下を嗅がせるお仕置きをする。濡れ切れを着せられふてくされるシロ。その後,みさえはシロを散歩に行きたがらず寝ているふりをしているしんちゃんにシロの散歩に行かせるが,しんちゃんは異常に長い紐をシロの首輪につないでシロだけを行かせるが,みさえに殴られる。夕方,しんちゃんはシロにエサをやる際ウインナーをつまみ食いし,その事に感づくシロ。シロがエサを食べていると,先ほどの野良猫がやってきて,シロは二足で立ち上がって,その巨体の野良猫よりも大きく見せようとするが,体をあっさり倒され,エサを横取りされる。その夜,大雨で例年より冷え込んでおり,シロは犬小屋に野良猫の侵入を防ぐバリケードを張る。犬小屋の中から,シロは外でその野良猫が雨に濡れて震えているのを見て,バリケードを解き,猫を犬小屋に入れる。猫はシロに感謝して泣く。
シロ/野良猫/しんのすけ/みさえ
10 日曜日の午前10時,アクションデパートの開店。デパート内に一番乗りするまつざか先生は,大勢の定員が自分にお辞儀するのを見て,普段の幼稚園でのストレス発散をしていたが,毎週の日曜日にそれをしていたため,同デパートの定員から「朝10時の女」,「開店時の魔女」などと,有名になっていた。その後,まつざか先生は地価食品街の試食コーナーで昼食を浮かし,マッサージ機無料体験コーナーで仮眠,婦人服売り場の物色,タイムサービスのバーゲン品の購入,最後に宝石売り場で未来の恋人に買ってもらう品を下見,というその日のスケジュールを確認し,地下食品街に行こうとするが,しんちゃんとみさえを見つけ,二人も同じ事(試食コーナーで昼食を浮かす)をしんちゃんが話しているのを見て,二人に見つかりたくないまつざか先生は婦人服売り場の物色から開始する。1時間後,まつざか先生は食品街に行こうとするが,みさえがやって来たため,逆方向から行こうとするが,その方向からしんちゃんがやってきて挟み撃ちに。とっさにサングラスをかけ,マネキンになりすますまつざか先生だが,それをみたしんちゃんは誰かに似ているとスカートをめくり,人形なのにおまたのおヒゲが生えていると騒がれ,まつざか先生は逃げ出し,倉庫に隠れる。警察を呼ぶ騒ぎにまで発展させてしまったまつざか先生は,しばらくアクションデパートに行けなくなってしまう。
まつざか先生/しんのすけ/みさえ/アクションデパートの店員数人
11 梅雨時,風呂掃除をするみさえは,風呂場の壁にきのこが生えているのを見つける。風呂掃除を終えて風呂場から出たみさえは巨大なきのこを見て驚くが,それはフラワーロックごっこきのこ編をやっていたしんちゃんで,大きい声を出したり手を叩くとくねくね動くと言われ,みさえが手を叩くとしんちゃんは動くが,かなり暑そうなので,みさえはしんちゃんに着ぐるみを脱がす。素っ裸のしんちゃんは自分のぞうさんをまつたけと言うが,みさえに引っ張られえのきと言われる。みさえは買い物に行くとしんちゃんに告げ,30分くらいで帰ってくるというが,田中さんのおばさんに会ったらと訊かれると2時間と答える。みさえは家を出る際,雨が降ったら洗濯物を頼むとしんちゃんに言うが,その代わりにチョコビを要求される。暑がるしんちゃんは扇風機をつけ,昼寝をするために扇風機を横にするが,扇風機にとって寝ながら動くのは初めての体験。その後,シロの鳴き声から雨が降ってきたことに気付いたしんちゃんは,洗濯物を頼むというみさえの言葉を思い出し,命綱を自分とシロに結び,洗濯物の上にかさをさして,雨から洗濯物を防ごうとする。みさえは帰る途中,しんちゃんは自分に似て賢いから取り込んでいてくれると思うが,帰ってきてしんちゃんの様子を見ると,ひろし似だと考え直す。その後,みさえはしんちゃんとシロと一緒に風呂に入り,しんちゃんに礼を言いつつも,洗濯物は部屋の中に入れてとも言う。
しんのすけ/みさえ/シロ



オラとかあちゃんのたたかいはきびしいぞ編
1 ある朝、その日はひろしとみさえの結婚記念日で、一家3人で外食する約束だったが、取引先の接待のため、ひろしは行けなくなり、喧嘩するひろしとみさえ。しんちゃんは与えられるお菓子の良さで、味方を変える。その夜、しんちゃんとみさえは東京の銀座のえび道楽で食事をしに、しんちゃんは店員のおねいさんに、愛のフルコースなるものを注文し、みさえにゲンコツされる。しんちゃんとみさえは、パーッと楽しくやろうという事になったが、みさえは悪酔いし、エビを頭に乗せるみさえに、恥をかくしんちゃん。一方、ひろしと課長はシンエイ物産社長の巣苦辺社長の接待をしていたが、射程距離内に入った女性の尻を触る、社長のスケベぶりにあきれる。ひろしはトイレに行くが、そこでしんちゃんと出会う。
しんのすけ/みさえ/ひろし/課長/巣苦辺三和郎/えび道楽の店員(男一人、女二人)
2 前回の続き。ひろしとみさえ達は偶然同じ店に来ていた。ひろしは女将の好意で、酔っ払って寝てしまったみさえを個室に運ぶ。ひろしは接待の二次会に行くが、その際しんちゃんもついていこうとしたので、女将と一緒にいさせる。しかし、しんちゃんはトイレと言って、そのままひろし達の後をつける。高級クラブ鉄格子で、ひろし達はしんちゃんと出くわし、ひろしは事情を説明するが、やって来たホステス達はしんちゃんの相手ばかりをし、巣苦辺社長は機嫌を損ねる。社長はカラオケでホステス達の気を引こうとするが、それも効果なし。その後、別のホステスが社長のところに来るが、尻を触ってビンタを受ける。怒った社長は帰ろうとし、ひろしと課長は引き止めるが、その際体のバランスを崩し、しんちゃんの頬を触ってしまい、今まで感じられなかったその感触に感動する。今までは尻だが、これからはほっぺの時代だと、社長の機嫌は直り、何とか接待は成功する。その後、ひろしは酔いの覚めたみさえに花を渡し、感動するみさえ。
しんのすけ/みさえ/ひろし/課長/巣苦辺三和郎/えび道楽の女将/クラブのママ/ホステス3人
3 内田由紀のポスターを切り抜いたお面をつけたみさえに起こされるしんちゃん(しんちゃんがそう頼んだから)。その日、しんちゃんは幼稚園の臨海学校に行く。バスはばら組の方が先に行っており、よしなが先生はまつざか先生が先に行く事を得意気になるのを見ると、運転手にスピードを出すよう要求する。民宿、来夢来人(らいむらいと)に到着後、園児はそれぞれの部屋に行く。しんちゃんは風間君に楽しい家庭をつくろうと言う。大浴場で、園長先生も園児と入るが、園児に刺青が無いか見つめられる。しんちゃんは女湯からネネちゃんを呼び、よしなが先生の胸が大きいかを訊こうとするが、ネネちゃんを塞がれる。園長は、どのくらい湯に入っていられるか、我慢くらべをしようと言い、しんちゃんと園長が長時間張り合い、二人はのぼせて倒れてしまう。結局、引き分けということに。
しんのすけ/みさえ/ひろし/風間君/ネネちゃん(台詞のみ)/マサオ君/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/園長夫人/チーター河村/運転手/民宿のおじさん/民宿のおばさん
4 前回の続き。まつざか先生は朝風呂につかり、唸り声を出すが、それを既に入っていたよしなが先生に聞かれてしまう。二人は胸や腰について張り合い、それを男湯から聞いていた園長先生は、またのぼせて倒れてしまう。海水浴で、準備体操をする中、しんちゃんはナンパをしており、よしなが先生に無理やり体操をさせられる。園長は、よしなが先生に波うちぎわを、まつざか先生にやや深いところを監視するよう指示を出す。まつざか先生は、普段泳ぎが得意で、高校時代は人魚姫と呼ばれたと自慢していたためであるが、実際は鉄の人魚姫とからかわれたカナヅチで、不安に陥る。まつざか先生は沖に行く園児はいないとタカをくくっていたが、スイミングスクールに行っているチーター達が行こうとしたので、脅して波うちぎわに行かせる。不機嫌なまつざか先生は、カップルを睨みつけたりするが、大きな波が襲い、沖へさらわれてしまい、パニックに。すると、やはり沖にさらわれたしんちゃんは、ほっぺに空気を入れて体をふわ〜としていれば、つまり体の力を抜けば良い事が分かり、ネネちゃんやマサオ君など、沖へさらわれたほかの園児を助け、やがてよしなが先生らが救助に来る。その後、しんちゃんに礼を言うまつざか先生。
しんのすけ/みさえ/ひろし/風間君/ネネちゃん/マサオ君/よしなが先生/まつざか先生/園長先生/園長夫人/チーター河村/民宿のおじさん/おねいさん/ミッチー/よしリン
5 ひろしが家に帰ると、派手な下着を着たみさえが出迎える。「今夜ほしい」と合図され、断れないひろしは嫌々承諾するが、疲れていたため、しんちゃんを起こそうとするが、みさえの妨害で失敗。ひろしはみさえに一杯やりたいと言い、みさえはおつまみの明太子を出し、二人は明太子を食べる。ビールが無くなると寝室へ行くが、二人はトイレに行く。どちらが取るかで揉めている間に、しんちゃんがトイレに入ってしまう。しかし、しんちゃんはトイレで寝てしまう。その後、二人もトイレに入ったが、今度は吐き気を感じるように。明太子で当たったと確信、救急車を呼ぶことにする。
しんのすけ/ひろし/みさえ
6 前回の続き。救急車が野原家に到着し、病院に向かうひろしとみさえ。しんちゃんはとなりのおばさんが面倒みることにしたが、しんちゃんはシロと入れ替わり、救急車に乗ってしまう。アクション総合病院に到着後、ひろしとみさえは食中毒と診断され、一晩入院することに。しんちゃんも、美人の看護婦に連れられ仮眠室へ案内されるが、仮眠室で寝るのは太った婦長で、天国から地獄へ。しんちゃんはボンレスハムに押しつぶされる悪夢を見るが、目を覚ますと婦長に押しつぶされていた。しんちゃんは婦長の布団にまで移動するほど寝相が悪かった。しんちゃんはおしっこがしたくなり、トイレに行くが、夜中の病院の廊下は気味が悪いため、「妖怪人間ベムのテーマ」を歌うが、余計怖くなり、みさえとひろしに助けを求め、その声を聞くみさえ。みさえはしんちゃんを抱きしめ、しんちゃんは家族3人がいいと言う。退院の日、婦長は実家から送ってきた明太子を野原家におすそ分けするが、あまり喜べないひろしとみさえ。
しんのすけ/ひろし/みさえ/シロ/となりのおばさん/婦長/救急隊員/看護婦/医者/患者のおばさん(二人)
7 夏の昼、しんちゃんがビール瓶を服の中に入れて涼しんでいると、妊娠中のおケイがやって来る。みさえは買い物中で、おケイは中で待たせてもらう事に。しんちゃんは冷凍イカを持ってくるが、おケイは麦茶か何かにしてくれと言う。しんちゃんが再び持って来た時、予定日は来週なのに、陣痛が始まる。しんちゃんはおケイに頼まれ、大人の人を呼びに外へ行くが、通りすがりの二人のおねいさんに可愛がられ、アメをなめて上機嫌で戻る。中のおケイを見て、事態を思い出したしんちゃんは、再び、大人を呼びに行く。
しんのすけ/おケイ/通りすがりのおねいさん二人
8 前回の続き。白ヘビ宅配便の新人の運転手が、野原家に来るが、宅配ブラックリストに載っている家である事に驚くが、大事件があるわけもないとタカをくくる。しかし、おケイとしんちゃんと会って、大事件と認識、運転手はおケイとしんちゃんを、おケイの言う○○町の流産婦人科へ連れて行く。宅配便のトラックに乗ったおケイとしんちゃんの姿を、道ばたで偶然目撃したみさえは、二人が誘拐さえたと勘違いし、タクシーを捕まえる。事情を知った運転手は車をぶっちぎると言う。後ろからついてくる、そのタクシーを見て、不安を感じるトラックの運転手。トラックとタクシーが横並びし、しんちゃんはみさえに笑って声をかけるが、みさえには助けを求めているように見える。その様子を見ていた覆面パトカーの二人の刑事が、スピードオーバーである事から、この2台の車を追いかける。産婦人科に到着し、しんちゃん、おケイ、運転手、みさえ、刑事などが乱入し、混乱するが、無事に出産を済ませられたおケイ。刑事もスピード違反を見逃す事に。さとしも駆けつけ、男の子を産んだ事を知らせるおケイは、しんちゃんにも礼を言う。
しんのすけ/おケイ/みさえ/白ヘビ宅配便のの運転手/韋駄天ジロー(タクシーの運転手)/刑事二人/本田さとし/誘拐犯(みさえの妄想で)
9 北かすかべマリンプールにやって来た野原一家。ひろしは、いつもと違ってしんちゃんがおとなしく男子更衣室に入ろうとするのを感心するが、しんちゃんはブラジャーをポケットに取り出し、女子更衣室へ届けようとする。しんちゃんはみさえにゲンコツを受けることに。男子更衣室で、しんちゃんはひろしのマンモスを誉めるが、他人の男性のマンモスをさらに大きいという事で拍手して誉める。プールで、みさえがワニの浮き袋で浮いている一方、ひろしはしんちゃんに泳ぎを教える事に。まず、バタ足をやらせるが、しんちゃんはバックしてしまう。さらに、再びしんちゃんがバタ足をやると、水しぶきばかりで全然進まず。しかし、となりにきれいなおねいさんが来ると、彼女に平行し、急に早く泳ぐ。おねいさんは水中でナンパするしんちゃんを気味悪がるがり、早く泳いで行くが、しんちゃんも並行して泳ぐ。途中で、しんちゃんは水中で動かなくなり、ひろしは気を失いかけたしんちゃんを慌てて救出。次は息つぎを教えることに。
しんのすけ/ひろし/みさえ/更衣室の男性/プールのおねいさん(二人)/監視員
10 前回の続き。北かすかべマリンプールで、昼食にカップラーメンを買ってきたみさえ。ひろしはクーラーボックスからビールを出そうとするが、中にはしんちゃんが涼しんでいたため、みさえはクーラーボックスでの暑気ばらいは禁止と、お約束条項の第98条に加える。しんちゃんはビールを日光浴させていたため、ひろしはビールの日光浴は禁止と、99条に加える。昼食後、木陰で昼寝をする野原一家。しんちゃんは寝相が悪く、暑くなっているコンクリートに移ってしまい、焼肉用の肉になって、焼かれてしまう夢を見る、熱さのあまり、転がっていき、そのままプールに落ちてしまい、起きたひろし達に救出される。流れるプールで浮き袋で浮かぶ野原一家だが、しんちゃんはのどがかわいて、プールの水を飲み、みさえはプールの水は汚い事をしんちゃんに教えるが、きれいなおねいさんの水は美味しそうだと、ひろしと同意するが、年寄りばかりを見て、やはり汚いのだと納得する。帰宅後、3人は日焼けをしたが、水着の部分だけ焼けていないしんちゃんとひろしはケツだけまっ白星人をみさえに披露。あきれるみさえ。
しんのすけ/みさえ/ひろし/監視員/きれいなおねいさん3人/中年男性と老人の男女
11 アクション幼稚園、ひまわり組で、風間君を怒らせて、追いかけられるしんちゃん。そんなしんちゃんにほれて、ラブレターを渡すバラ組のミホちゃん。ラブレターにはデートの申し込みが書かれており、しんちゃんはネネちゃんのアドバイスを受け、ラブレターに書いてあった通り、昼休みにすべり台の前に行く。しんちゃんとミホちゃんがデートしている姿をはやし立てる園児達、それを知ったまつざか先生は、自分が一度もデートしていないため、怒り狂う。しんちゃんは、静かなところで将来を語り合うというネネちゃんの言葉を思い出し、静かなところとして職員室へ行く、将来についてあれこれ言う。その様子を見て、奇妙に感じる園長先生。昼休みが終わると、ミホちゃんは帰りたくないと言うが、しんちゃんは教室に帰らないと先生に怒られると言う。ミホちゃんはしんちゃんに失望し、泣いて振ってしまう。翌日、ミホちゃんはボーちゃんにラブレターを渡す。なぜ自分には来ないのだと、悔しがる風間君。
しんのすけ/ミホちゃん/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/よしなが先生/まつざか先生/園長先生



シロとしんちゃんはとっても仲良しだ・・・!?編
1 車で買い物に行こうとするみさえは、買い物中邪魔になるしんちゃんを連れて行きたくないために、自転車で買い物に行くと言うが、車で行く事がバレて連れて行くことに。サトーココノカドーに着くと、しんちゃんは寝ていたため、みさえはエアコンをかけて、スペアキーでドアを閉めて一人だけで買い物に行く。その後、目を覚めたしんちゃんは置き去りにされた事をあせるが、車を運転してみようとする。ハンドブレーキを解除し、運転をしだす。デパートから出たみさえが運転する、最初はしんちゃんを誉めるが、すぐに状況に気付いて、ゲンコツで止める。帰りの車で、みさえはしんちゃんを厳しく叱るが、みさえもしんちゃんを置き去りにしたことを咎められ、反省する。
しんのすけ/みさえ/女性二人/しんちゃんの良い心
2 宇集院家、ソフトサラダとお茶を飲み食いしつつ監視カメラで監視をする76歳の東松山たね。塀にボールけりしている少年を叱った直後、監視カメラにしがみついて覗くしんちゃんに驚愕する。しんちゃんは東松山が魔法にかけられてカメラになったと思い込み、そうではない事を説明する東松山は宇集院にやかましい事を注意される。その間、しんちゃんは「らくがきコーナー」という落書きのある塀に落書きしだし、東松山は捕まえようと、しんちゃんと追いかけっこをする事に。しかし、なかなか捕まらず、業を煮やした宇集院も捕まえに行くが、逃がしてしまう。宇集院に咎められた東松山は、その夜、監視カメラを塞ぎ、塀に宇集院の落書きを楽しむ。
しんのすけ/東松山たね/宇集院/ボールけりをしていた少年
3 塾を休みたいと母親に頼む風間君だが、良い小学校に行けないと、行く事を強要される。結局、風間君はさぼってしまい、公園でしんちゃんと出会う。風間君はしんちゃんに、今夜野原家に止めてもらうよう頼む。一方で、自分の家に連絡されてしまうため、しんちゃんの親には内緒にしてもらうことに。当然みさえはしんちゃんが一人で帰ってきたと思うが、うがいが二重声に聞こえたのを不審に思い、洗面所を覗きに来た時、風間君は脱衣所に隠れる。また、風間君はトイレに行く途中、みさえにバレないよう、しんちゃんになりきってケツだけ星人をやって難を逃れるが、入浴中に見つかってしまう。その後、連絡が風間ママに行くが、彼女は風間君の気持ちを理解し、仲直りする事に。そして、ついでに止まる事になった風間君。
しんのすけ/風間君/みさえ/風間ママ
4 北海道旅行に行く野原家だが、自分達が高飛びしていると勘違いするしんちゃんは、スチュワーデスにナンパし、ゲンコツを受ける。千歳空港に到着後、レンタカーを予約したとの事だが、格安のオンボロなレンタカーであった。北海道の果てしない道を家のローンとしんちゃんに例えられ、落ち込むひろし。その後、くま牧場に行くが、しんちゃんは受付のおばさんを熊と勘違いし、怒らせる。その後、しんちゃんは買った熊のエサを食べだしたりする。そのエサを熊に投げて食べさせるひろしだが、しんちゃんはみさえのかばんから財布を取り、それを熊に渡してしまう。こうして、しんちゃんは熊にサイフを渡してはいけないという、お約束条項が遂に第100条に達する。一方、サイフは受付のおばさんに拾ってもらう。
しんのすけ/みさえ/ひろし/スチュワーデス/流氷レンタカーの受付の女性/くま牧場の受付のおばさん
5 前回の続き。北海道の新得町で、レンタカーが止まってしまう。レンタカーがオンボロであることでひろしを責めるみさえと、ひろしらは喧嘩をするが、レンタカー屋に電話して代車を持ってきてもらうことに。やってきた車に止めて、そこの運転手のおねいさんのサチに、事情を説明する。彼女は快諾し、牧場の自宅へ野原一家を連れて行く。ひろしが電話を借りている間、しんちゃんとみさえは牛や馬を見たりする。その後、みさえはトイレに行ったため、しんちゃんは一人で馬を見るが、その時の馬は性格の悪い暴れ馬のガンコで、しんちゃんを脅かす。しかし、しんちゃんはガンコに乗っかってきたため、ガンコは振り落とそうとするが、落とせず、却って面白がられ、結局乗せてやることに。それを見て驚くサチ達。その後、代車で、ガンコ達と別れを告げる野原一家。
しんのすけ/ひろし/みさえ/サチ/サチの父親/ガンコ
6 ヘビに追いかけられているマサオ君は、しんちゃんに助けを求める。このヘビは人に慣れており、しんちゃんは買うことにし、家へ連れて帰った時、みさえもシロの散歩を連れて戻ってきて、しんちゃんはみさえに散歩に行かず、反省しなかったためにお仕置きされる。しんちゃんはみさえにヘビが好きかと訊くが、みさえは当然それを否定。その間、ヘビは野原家に入り、食べ物を探しに台所へ。ヘビは、食器洗いをしているみさえにはおもちゃのフリをし、テーブルの上のうずらの玉子を取ろうとするが、結局バレてしまい、しんちゃんのおまたに隠れ、みさえは大騒ぎ。カズシゲという名のこのヘビは近所に住むOLのペットであった。
しんのすけ/みさえ/カズシゲ(ヘビ)/マサオ君/カズシゲの飼い主のOL
7 しんちゃんはみさえにお風呂に入るよう言われるが、テレビに夢中で入ろうとしない。みさえはしんちゃんに、すぐに行動に移すよう注意するが、やはりテレビ(「ゴンドラボールセット」)に夢中で、みさえにテレビと同じようなお仕置きを受ける。しんちゃんはみさえにシロも風呂に入れるよう言われ、裸足で外に行きシロをそのまま家に入れたため、しんちゃんとシロの足跡を拭き取るハメになるみさえ。しんちゃんはシロに何度も水(湯?)をかけて、シロが水をはねるのを楽しむが、みさえに咎められる。みさえはしんちゃん達に使われないよう、高級シャンプーを風呂場から持って行く。シャンプーで洗ったしんちゃんは、みさえの新しい高級入浴剤を全部入れてしまい、後で事実を知り、悔しがるみさえ。
しんのすけ/みさえ/シロ/「ゴンドラボールセット」のキャラクター(2人)
8 アクション幼稚園の運動会、組体操が始まろうとしており、参加するはずのしんちゃんがおらず、探すひろしとみさえ。しんちゃんは二人の後ろにいたが、すぐによしなが先生にグラウンドに戻される。しかし、しんちゃんは組体操や、人間ピラミッドがうまく出来ず、周りの足を引っ張ってしまい、やけくそになって笑うよしなが先生。ひまわり組対ばら組のぼうし取りゲームでは、馬の風間君と騎手のしんちゃんが攻め方でもめている間に、味方は全滅、しんちゃん達は囲まれるが、しんちゃんは囲んだばら組の騎手のぼうしを全て取る。すると、後ろからチーター(河村)がしんちゃんのぼうしを取ろうとするが、しんちゃんが振り返った時、二人はキスしてしまい、チーターは力が抜け、その間にしんちゃんは照れながらチーターのぼうしを取る。
しんのすけ/風間君/マサオ君/ボーちゃん/チーター河村/よしなが先生/まつざか先生/みさえ/ひろし/その他園児大勢
9 産まれたばかりの赤ちゃんを見に、おケイの家へ行くしんちゃんとみさえ。おケイの家に上がるなり、しんちゃんは冷蔵庫を開けて赤ちゃんを探し出し、中にあったプリンをもらい、人形を赤ちゃんと勘違いする。赤ちゃんはひとし君と言い、みさえが抱くと、しんちゃんと抱きたいと言うが、駄目だと言われ、グレてしまう(?)しんちゃん。おケイはしんちゃんにも抱かせて、しんちゃんはおぼつかない抱き方をしつつ、みさえの足を太いと言う。おケイがひとしに母乳を与えると、しんちゃんはみさえの胸の方が小さいと書き、みさえから自分も赤ちゃんの時にみさえの母乳をたくさん飲んだと言われると、気分を悪くする。ひとしのオムツを取り替える時、しんちゃんはひとしにぞうさんを書こうとする。帰宅時、しんちゃんはひとしを連れて帰りたいと言って、駄々をこねる。
しんのすけ/みさえ/おケイ/ひとし
10 一人の中年男が、もとひら了子のヘア写真集の立ち読み目的で、かすかべ書店に入り、女性客がいないことを確認し、立ち読みをするが、本屋が雇ったサクラ(桜っ子隊)の女性(3人)に、客を睨ませ、撃退する。店長は、自分の父親も本屋だったが、人の良い父親は立ち読みさせたい放題し、店が潰れたという過去を店員の中村に話し、サクラを雇って赤字を出してでも立ち読みを阻止する事を力説する。すると、みさえとしんちゃんが店に入ってきて、しんちゃんは先ほどの写真集を広げ、みさえに止められるが、みさえは女性週刊誌立読みするから、しんちゃんも絵本を立読みするよう言い出し、店長は中村にみさえに立ち読み妨害の指示を出す。中村は本の棚を配置変えして妨害しようとするが、みさえは中村を手伝い、その後は立ち読みを継続、作戦は失敗する。店長は切り札のハタキがきの立ち読み妨害を行うが、みさえとしんちゃんは完璧に本の世界に入り込んでおり、敗北を痛感する店長。一方、店内はいつの間にか立ち読み客でいっぱいに。
しんのすけ/みさえ/店長(かすかべ書店)/中村/桜っ子隊(女性3人)/中年男/店長の父(店長の回想で)
11 野原家にみさえの知り合いがやってきて、みさえは知り合いと自分のシュークリームを出す。しかし、そのシュークリームは蚊になりきっていたしんちゃんが、中身のクリームだけをストローで吸った後で、空になったものだった。それを知ったみさえは激怒、しんちゃんを押入れの布団に追いかけるが、しんちゃんはみさえが押入れに入っている隙に、押入れから逃げ出す。その夜、しんちゃんはみさえにお仕置きをし、正しい食べ方を指導していくと言われる。食べる前にはいただきますと言い、背すじをピシッとすること、ハシの持ち方、左手を使うこと、ご飯をごぼさない、などなどを厳しく教えるが、翌日の昼、みさえはみそ汁をかけたご飯を意地汚く食べる。前夜とその昼の、全く違うみさえの様子を見ているシロ。
しんのすけ/みさえ/みさえの知り合い/シロ
12 スーパーもとひらの懸賞付クイズで、東京ベイのヨルトンホテルの宿泊付デネーズランドクーポン券を当てた野原家。同ホテルでチェックインし、430号室(しんちゃんは「しみったれい母ちゃん」と覚えようと言う)に案内される。しんちゃんは部屋を出た案内のおねいさんについていってしまい、ひろしが連れ戻しに行くが、ひろしもおねいさんをナンパし、ゲンコツを受けるひろしとしんちゃん。翌日、デネーズランドに行くために、もう寝る事にするが、夜中2時頃、寝汗をかいたみさえはシャワーを浴びることに。その間、しんちゃんはトイレに行こうとするが、寝ぼけて部屋の外に出てしまう。バスタオルを巻いただけのみさえは、しんちゃんを追いに廊下に出るが、自動ロックのドアが閉まってしまい、ひろしは起きてくれない。みさえはしんちゃんを追いかけるが、監視カメラでみさえを不審者とみなしたホテルの職員とチーフ。みさえは職員とチーフに見つからないよう、横の像をおなじポーズをとるが、あっさりバレる。その後、カギをあけてもらい、部屋に帰ったみさえは、大汗をかいていたので再びシャワーを浴びた。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ホテルの案内のおねいさん/ホテルの職員(男2人)/ホテルのチーフ/酔っ払い(男)
13 前回の続き。デネーズランドは開園前なのに、既に行列が出来ており、驚く野原家。開園後、しんちゃんはミミッチーマウスに喜ぶかと思えば、近くのおねいさんに喜び、みさえにゲンコツを受け、ミミッチーマウスと写真をとる時、ミミッチーの耳と同じようなコブがしんちゃんの頭に。ミミッチーに喜ぶしんちゃんを見て、ひろしとみさえはミミッチーが実在していると思っているのかと思いきや、しんちゃんは中の人は大変だと言う。ジェットコースターに乗ろうという事になり、みさえは怖がるが、しんちゃんはみさえの方が怖いと言い、ジェットコースターのように振り回されるお仕置きを。ジェットコースターは60分待ちで待つ事にするが、しんちゃんはウンコのため、みさえとトイレに。しかし、しんちゃんはみさえを強引に男子便所に連れて行くことに。トイレを出た後、みさえとしんちゃんはひろしを忘れ、ファンタジックエレキテルパレードを見に行ってしまう。一方、待ちかねたひろしは一人で乗ろうとするが、チケットはみさえが持っていた・・・。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ミミッチーマウス/男性客/チケット係り/その他客大勢
14 しんちゃんはみさえに、シロにエサをあげるよう言われるが、面倒くさがるしんちゃんは寝たふりをする。みさえは寝たふりをしたしんちゃんを見て、自分があげようと言い、しんちゃんは再び起きだすが、みさえはすぐ近くでその様子を見ており、ゲンコツを受ける。ごはんとみそ汁の残りをあげるよう言われるが、しんちゃんが自分で食べてしまったため、再びお仕置きを。しんちゃんがシロにエサを持っていった時、シロの具合は悪かったので、やじま動物病院へ連れて行く、みさえとしんちゃん。シロは風邪で、病院に入院することに。その間、しんちゃんは美人な女医さんにモーションをかける。入院中、空の犬小屋を見て、早く元気になってと寂しがるしんちゃん。数日後、シロは退院するが、しんちゃんは女医目当てに、またいつか風邪を引いてとシロに言う。あきれるシロ。
しんのすけ/みさえ/シロ/やじま動物病院の女医


原作あらすじ一覧  原作編  トップページ