原作あらすじ一覧  原作編  トップページ


新クレヨンしんちゃん あらすじ



- (登場人物紹介) 野原しんのすけ、野原みさえ、野原ひろし、野原ひまわり、シロの紹介
vol.001 しんのすけが泥だらけで帰ってくる。みさえが止まるように言ってもなかなか聞かず、玄関でようやくおとなしくなると、みさえはしんのすけに泥だらけになった理由を訊くと、電気屋のテレビに映る石川遼のゴルフの素振りの真似を水たまりの上でしていたという。さらに、しんのすけはみさえのブランド傘を骨だけのボロボロの状態にしていた。みさえは泥で汚した廊下の床をきれいにするようしんのすけに言い、ぞうきんで拭かせるがしんのすけの足も汚いのできれいにならない。足を拭いてみさえはしんのすけにやり直させようとするが、みさえは水の入ったバケツを廊下に倒してしまう。みさえは後は自分がやるからと、しんのすけを入浴させるが、水浸しになった廊下の床をひまわりが遊んでおり、さらにしんのすけが『アクション仮面』を見ようと体を拭かずに風呂から上がったため、廊下に水をまき散らし、さらに怒鳴るみさえ。ひろしがそれを笑って聞きながら帰宅する。
しんのすけ/みさえ/ひまわり/ひろし/女性二人(しんのすけの回想で)/石川遼(しんのすけの回想のテレビの中で)
vol.002 みさえはひろしに廊下の電球を替えてほしいと頼むが、その電球はLED電球で、ひろしは高かったのではないかと疑うが、その時に観ていたテレビが終わったらやると言う。しかし、テレビで夫の家事協力で夫婦の円満さが決まるという調査結果が報じられ、さらに美人の女性がテレビで家事ができる男性は素敵だと言うと、ひろしとしんのすけは積極的に電球を取り換えようとする。二人は準備や作業でうわの空になって、なかなか作業がはかどらないものの、ひろしは電球を電球を取り換え終える。しかし、ひろしが取り付けた電球は新しいものではなく外したばかりの古い方で、しんのすけは本番に備えての練習として古い方をひろしに渡していた。ひろしが再度取り換えていると、ひまわりがしんのすけにボールを投げてきて、しんのすけはボールを受け取った時にひろしにぶつかり、ひろしは転倒して腰を打ってしまう。見かねたみさえが電球を取り換えようとするが、しんのすけにそれまで準備していた鍋が焦げていることを指摘され、みさえも転倒、LED電球を割ってしまう。
しんのすけ/みさえ/ひまわり/ひろし/テレビの中の男性と女性/女性4人(ひろしとしんのすけの妄想で)
vol.003 しんのすけとマサオ君とボーちゃんは公園の砂場で遊んでいると、ネネちゃんがやってきて砂場の中から「とくべつそうさほんぶ」と書かれた立札を掘り出し、3人を刑事の役として強引にリアルおままごとに巻き込む。その様子を陰で見ていた風間君は、塾に行く途中に公園のトイレを使おうとしていたものの、断念して他のトイレを探すことに。しんのすけとマサオ君とボーちゃんは捜査に生かされるが、何を捜査すればいいのか戸惑っていた。そこへ、風間君が慌てて走り、そのあとに警察官が泥棒と呼んで追いかけるのを見た3人は風間君を泥棒だと思うが、実際は風間君の横を走っていた大人の泥棒を警察官は追いかけていた。風間君はコンビニのトイレを借りようとするが、トイレのドアに手をかけるとしんのすけらに捕まってしまう。しんのすけは用を足すがトイレにパンツを詰まらせたとのことで、風間君はコンビニから逃げ出す。道端の電柱で、風間君はしんのすけたちに見つからないように走り出すが、途中で泥棒の男にぶつかり、その男の落とした財布を拾って再び走り出し、「「あれUFOじゃね?」「ただの鳥ですよ」公園」に戻ってしまったため、公園のトイレに向かうことに。そこへ、ネネちゃん、しんのすけ、マサオ君、ボーちゃんに再び追いかけられ、トイレに入る直前に取り押さえられてしまう。しんのすけがトイレの前で「田舎のお袋さんが泣いている」と投降を呼びかけたとつもりになっていると、トイレの中から泥棒の男が母親に謝りながら出てくる。泥棒の男は近くにいた警察官に逮捕され、しんのすけたちはお手柄ということになったが、風間君は大便も塾も間に合わず。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/泥棒の男/警察官2人/コンビニの男性店員
犯人は風間くんだゾ(2013年9月6日)
vol.004 アクション幼稚園のフリーマーケットで、みさえが出店していると園長がやってくる。しんのすけはみさえが売上金を寿司代に当てるということを言い、園長はみさえにお客に来てもらうためにアドバイスをし、呼び込みを手本としてやってみるが、ヤクザと間違われて落ち込んでしまう。3時間後、みさえの店は商品が高額に設定してあるため、誰も来てもらえず、みさえは大きい方をしにトイレに行ってしまう。店を見るように言われたしんのすけはシロに任せ、他人の店の邪魔をする。そこへななこと会い、しんのすけは店を見せようとななこを連れて戻るが、店はシロのおかげで評判になっており、ななこもシロを褒めて、しんのすけはななこをシロに取られたと敗北感を味わう。みさえが戻ってくると、店は繁盛していたが、しんのすけはタダで売っていたので、結局寿司にはありつけなかった。
しんのすけ/みさえ/ひまわり/シロ/よしなが先生/園長先生/まつざか先生/上尾先生/ななこ/売間久里代?/販売者の男性/買い物客数人
フリマで売りたいゾ(2013年11月15日)
vol.005 しんのすけが原幹恵の等身大ポスターの横でごろ寝していると、みさえはマツコデラックスのポスターで脅してシロの散歩に行かせようとする。みさえが回覧板をまわしに外出すると、しんのすけはダンボールやオモチャを積み上げて、猫が遊ぶための猫タワーを作り、そこでシロを遊ばせようとするが、シロは嫌がる。そこでしんのすけはネコのコスプレをして、自らタワーに上って遊び方の手本を示す。すると、ひまわりも上ってきて、シロはひまわりを降ろそうと上ると、タワーが倒れそうになる。しんのすけが天井にコスプレの指の爪で引っ掻いて押さえ、シロは助けを呼びに出る。そこで、シロは庭で洗濯物を干してあった物干し竿をくわえて家の中に持ってきて、テーブルに載せてテコの原理を利用して天井を突き破って竿が立つようにし、しんのすけとひまわりはそこから降りることができた。しかし、みさえが帰ってきてその惨状に大騒ぎをし、しんのすけはシロを連れて逃げるように散歩に行く。
しんのすけ/みさえ/ひまわり/シロ
シロのキャットタワーだゾ(2013年8月16日)
vol.006 虫歯が悪化したしんのすけは、未来の科学なら一瞬で治せるようになると言うが、みさえは虫歯菌は口で感染するからおねいさんとキスができなくなると言うと、しんのすけは奥歯の詰め物が取れたというひろしと一緒に歯医者へ行く。休日に開いている唯一の「デンタル・クリニック マンドリル」という医院に来ると、しんのすけは逃げようとするが、中からン美人の看護師が出てくると喜んで中に入る。しかし、中の待合室があまりにもボロボロで不安になるしんのすけとひろし。さらに、待合室で寝ていた老人が歯科医の先生で、まずはひろしから診てもらうことになるが、先生の震える手にひろしは不安になる。しかし、いざ診療となると痛みがあまり無い心地の良いもので、しんのすけの診療も痛みを感じりことなく無事に終わる。待合室で、先生の腕が非常に良い一方、客が来ないのを訝しく思う先生と看護師だが、しんのすけはボロボロで清潔感が無いことを指摘すると、その事に気付いていなかった先生と看護師はしんのすけに握手する。その夜、快感に溺れる夢を見るしんのすけとひろしを気持ち悪がるみさえとひまわり。しばらくして、歯医者は新装オープンして大きく評判を呼んだという。
しんのすけ/ひろし/みさえ/ひまわり/歯科医の先生/看護師
vol.007 しんのすけとひまわりを連れてTATUSYAにやってきたみさえは、ヒュー・ジュンゴが主人公の韓流ドラマ「アイ・アイ・アイリス」のDVDを楽しみにするが、しんのすけもDVDを借りたいと言い出し、みさえはその月に実施されているがDVD3本レンタルでさらに1本無料のキャンペーンを利用して、しんのすけのDVDも1本借りさせることに。しんのすけたちはいくつかのコーナーを回り、ひまわりがパネルを洋画のパネルを引きずる。しんのすけは観たい新作アニメを思い出し、そのDVDのとこに行き、みさえとひまわりは韓流スター特集のコーナーに行くが、ほしいドラマの4巻は貸出中で、その日は借りられないと悟ったみさえはしんのすけにもあきらめてもらおうと、しんのすけを探すが見つからず。もしかしたら18歳未満禁止のコーナーにいるのではと、中に入ろうか戸惑うが、その様子を見たしんのすけがみさえに話しかけてくる。すると、18歳未満禁止のコーナーを見たしんのすけは、前にひろしがそこを仕事に使う資料のコーナーだと言っていたのをみさえに伝え、ひろしの秘密を知って怒りを感じるみさえ。その後、しんのすけは観たかった『アクション仮面MUSUME ザ・ムービー』が貸出中であることを言うが、店員にそのDVDが戻ってきたと言われ、結局みさえは無料で借りようと思ってた1本が新作料金で借りることになってしまい、落胆しながら店を出る。
しんのすけ/みさえ/ひまわり/ひろし(しんのすけの回想で)/TATSUYAの男性客二人/TATSUYAの男性店員/ヒョージュンゴ(みさえの想像で)
vol.008 あいちゃんはムシュラン5つ星のシェフ達に作らせた料理を弁当箱に詰め込み、それをしんのすけにプレゼントをしようとするも、弁当を渡そうとなると、しんのすけは自分の弁当のおかずは自分の嫌いなものばかりだと言い、あいちゃんは自分の弁当と同じ食材(ピーマン、ニンジン、タマネギ)が入っていることに気付き、マサオ君にあげることに。マサオ君があいちゃん弁当箱をあけると、「しんサマ大スキ」と書かれた海苔(?)の「しんサマ」の部分がふたの裏についてしまい、「大スキ」となっていたのを見て、嬉しさのあまりマサオ君は気絶してしまう。しばらくして、マサオ君はその事をしんのすけ、風間君、ネネちゃん、ボーちゃんに言おうとするがあいちゃんを見ると、さきほどの弁当のメッセージに驚いたと伝え、あいちゃんは思い込んだら一途だと言い、有頂天になるマサオ君。翌日、あいちゃんはしんのすけに弁当を再び渡そうとするも、その日のしんのすけの弁当のおかずは好物ばかりだったので既に食べてしまい、あいちゃんの弁当は不要となったので、また渡せなかったあいちゃんは、再びマサオ君に弁当を渡す。マサオ君が喜んでフタを開けると、「しんサマ大スキ」のメッセージが書かれていてショックを受けてしまうが、「しんサマ」の部分を強引に「マサオくん」に描き換える。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/酢乙女あい/黒磯/シェフ3人
vol.009 しんのすけと風間君は、彫刻を作っているとある35歳の引きこもりの男性の家の近くの広場でサッカーをしており、彫刻家が「切れヂカくん」なる作品を完成させるが、しんのすけが左足で蹴ったボールが窓から入ってきて、作品を壊してしまう。男性は窓から二人を怒鳴り、誤らせるとボールを返すが、再びボールが家の中に入ってきて、また作品を壊してしまう。今度はフットサルだとしんのすけは言うが、男性が怒ってボールを投げると、ボールは木の枝に挟まってしまう。しんのすけと風間君は木に登ってボールを取ろうとするが、木から落ちそうになり、それを見た男性は二人がケガをしたら原因を作った自分が逮捕されると思い、木の下へ走って、木から落ちてくる二人の下敷きになって助ける。すると、男性の母親やその場にいた人日が拍手喝采をし、しんのすけと風間君からも例を言われた男性は、照れながらボールを返すが、直後にしんのすけが蹴ると再び男性の部屋に入り、「何か」を壊してしまう。
しんのすけ/風間君/引きこもりの男性/男性の母親/その他数人の人々
vol.010 朝、みさえはしんのすけを起こそうとするが、なかなか起きようとしない。その日は幼稚園のバスが故障で来ず、みさえはひまわりの健康診断があるため、しんのすけは一人で幼稚園に行かなければならないが、しんのすけは風邪をひいたようだというと、みさえはななこにしんのすけを送ってもらうのを断ろうとする。それを聞いたしんのすけは布団化rあ飛び出して、正装に着替えるが、みさえに言われて幼稚園の制服に着替え、ななこを待つ。ななこが来ると、しんのすけは写真を撮られるとマスクにサングラスを着けて登園しようとする。幼稚園に行く途中、ななこは危ないから手をつなごうとしんのすけに言うと、しんのすけはななこがプロポーズするのを妄想してしまい、手を握ろうとするが、ななこは近くを通った犬にお手をしており、手を握れないしんのすけは犬を睨んで脅して立ち去らせる。しんのすけはななこの手を握ろうと飛び上るが、くどい顔の男たちによるデモに妨害される。ななこはしんのすけに手を差し出すが、しんのすけは緊張してお尻をこするが、こすりすぎて煙が出てしまう。今度こそ手を握れると思ったら、ななこは周囲の人が慌てるのを見て、腕時計を見るのに腕を上げたのでまたしても握れず。しかし、ななこは急ごうとしんのすけの手を遂に握る。その夜、入浴中もなんこに握られた左手を洗うまいと手を挙げており、それを見て不思議に思うひろし。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/ななこ/隣のおばさん/犬/犬の飼い主/通りすがりの人(2人)/くどい顔の男たち(6人)
vol.011 みさえはしんのすけとみさえに、その日の夕食は手作り餃子にするというと、いつも冷凍であるからなぜ手作りなのかと戸惑いの目で見るしんのすけとひまわり。みさえはたまには餃子くらい作ると言い、最初に餃子のあんを作るので、二人を手伝わせる。みさえが野菜をみじん切りにすると、しんのすけは包丁がかっこいいと写真を撮る。キャベツは水を切り、味付けした肉に加え、それをしんのすけにこねてもらおうとするが、しんのすけは足でこねようとしたり、手に唾をつけようとしたり、みさえはそのたびにやめさせる。しんのすけはこねていると、それを使ってシロは糞を出すマネをしてみさえからゲンコツをされる。こねていると粘り気が出てきて、しんのすけの声も某戦場カメラマンのような粘り気のあるものになる。その後、あんを皮で包むことになると、みさえはあんが出ないようにしっかりと閉じる方法をお手本として見せるが、しんのすけはあんを入れすぎて溢れてしまう。それでもしんのすけはだんだん上手になり、ひまわりも皮を重ねただけだがマネをしており、しんのすけもあんと皮で何かを作ろうとする。ひまわりはあんがわずかに入った二つの皮を胸に置いて、しんのすけはみさえの胸と紹介するが、みさえはあんをぎっしりつめた皮を胸に置いて見栄を張る。その後、色々な大きさや形の餃子を作る。夜、ひろしが帰ってくると、一家は変わった形の餃子で夕食を共にする。
しんのすけ/みさえ/ひまわり/ひろし/シロ/
手作りギョーザだゾ(2013年9月6日)
vol.012 宅配の男性がとある家の奥さんに花を送って告白するという内容の「午後の韓流」というドラマを観ているみさえとひまわりだが、ひまわりはみさえの携帯電話をいじって、ひろしに電話をかけてしまう。仕事中のひろしが電話を取ると、ドラマの俳優のセリフとみさえの声が聞こえてきて、みさえが浮気をしているのではと疑いだす。自宅に折り返し電話をかけるが、しんのすけが悪質なセールスの電話に出ている最中で、ひろしはますます疑いだし、得意先回りに行くフリをして自宅にいったん帰ろうとするが、課長から取引先の約束を知らされ、取引先に行くことに。取引先では、経費削減のため取引停止を持ち出されるが、ひろしはみさえのことが気になってしまい、ひろしは思わずみさえに向けて、自分たちはずっと一緒だったのに簡単に終わっていいのかと叫んでしまう。取引先の相手はそれを自分たちに向けられた言葉を勘違いして感動してしまい、取引停止は保留となる。その後、ひまわりが再びみさえの携帯電話からひろしにかけて、それにひろしが出ると、みさえの携帯を通じてみさえとしんのすけのひまわりのいつもの騒ぎが聞こえてきて、浮気が誤解であったことを知り、さらに取引停止がなかったことになったことも知り、安心して喜ぶひろし。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/課長/川口/取引先の社員/亜久得電機(株)の社員/「午後の韓流」の宅配の男性と主婦(テレビの中で)/シロ(ひろしの想像で)
vol.013 コンビニ(?)で雑誌を立ち読みしている四郎は、昨晩に公園で望遠鏡を覗いていた女性に一目ぼれしてしまったことに悩んでおり、しんのすけと鉢合わせする。四郎はしんのすけにお菓子を買ってあげる代わりにデートの予習を依頼する。四郎はプラネタリウムのデートに誘おうとしており、しんのすけと春日部プラネタリウムに行く。しかし、プラネタリウムの中で四郎としんのすけは何度も大声を出して騒ぎ、前の席のヤクザっぽい男性に怒鳴られる。その後、前の席に座っている女性連れの別の男性が星に関する薀蓄を披露しているのに対抗意識を持った四郎はその男性と張り合うが、ここの二人は再びヤクザっぽい男性を怒らせてしまう。数日後、四郎は公園で女性をデートに誘おうとするが、その女性(ユキコ)は帰ってきた宇宙飛行士の彼氏と再会を果たしており、失恋してしまう。
しんのすけ/四郎/ユキコ/ユキコの彼氏/ヤクザっぽい男性/男性の息子/薀蓄の男性/男性の彼女/コンビニの店員(女性)/プラネタリウムの観客数人
vol.014 テレビでマユツバ子供塾で勉強したという子供のお受験の番組を観て、ひろしはお受験に対する関心が低い一方、みさえはしんのすけにマユツバ学習塾のテストを受けさせに出かける。塾でしんのすけたちは佐藤一家(マサオ君母子)と出会う。塾で学力テストが始まると、しんのすけはトイレの場所など関係ないの無い質問をしてみさえを怒らせ、周りの雰囲気を悪化させる。先生(塾長?)は気を取り直してペーパーテストを行うが、しんのすけは全部わからないと言い、先生を苛立たせる。マグネットを使って想像力で好きなものを作ってみるという時間では、しんのすけはマグネットを使わずお盆にマグカップを置くだけのものを仕上げる。テストは進み、大きな容器が二つあり、それぞれの容器に入っている水を、別の空の容器に移し替えるという、チームを組んだ協調性を見るテストが行われる。しんのすけは「そこのけズンドコくらぶ」や「ハッスル夫婦(めおと)部隊」といった奇妙なチーム名にこだわって、先生を苛立たせる。テスト中、マサオ君が転んで運んでいた水をこぼしてしまい、同じチームの子供たちから煙たがられるが、しんのすけは違うチームなのにこぼした水を拭いてやさしさを見せるが、実はしんのすけは大きな容器ごとこぼしており、それも拭いていた。さらにしんのすけは先生のブランド者のスーツで拭いており、先生は慌てて取り上げようとすると、もう一つの大きな容器にぶつかって倒してしまい、水浸しになって理性を失ってしまう。帰り道、マサオママはマサオ君がしんのすけくらい堂々としてほしいと言う。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/マサオ君/マサオママ/マユツバ子供塾の先生(塾長?)/塾のテスト受験者の子供数人
vol.015 幼稚園でボーちゃんは柵の外の道路工事をじっと見ている。ボーちゃんは工事現場にある珍しい形の石を欲しがっていたが、工事現場の親方の男性に危ないからと離れているよう言われ、ボーちゃんら園児たちはその場を立ち去るが、親方が離れ、残った作業員の男性はボーちゃんが離れないのを見て話しかける。石の事を知った男性は、ボーちゃんのために石を取ろうとするが、どれだか分からず、近くに来たしんのすけに指摘されて気付くが、しんのすけをいったん現場から戻すと、石のあったところにコンクリートが流し込まれ、ボーちゃんは落ち込んでしまう。男性がボーちゃんを励まそうと、石は自分が取ると話していると、まつざか先生がやってくる。まつざか先生は男性の容姿に惹かれそうになるが、男性の持っている彼女の写真を見ると、態度を変えて、部外者の人が園児に話しかけてはならない旨を事務的に怖い顔をして話す。3日後、工事は終わっており、園長先生がボーちゃんに昨日に男性から預かっていた石を渡し、その「※」の形をした石が手に入ったボーちゃんは「めずらしい石 電話部門」(電話の押しボタンと同じ形をした石)が完成させる。帰りのバスで、窓から彼女を連れれた男性を見かけたボーちゃんは、「めずらしい石 電話部門」を掲げて礼の意志を見せる。
しんのすけ/ボーちゃん/風間君/マサオ君/まつざか先生/園長先生/工事現場の男性/男性の彼女/親方/通りすがりの女性/チーター河村
vol.016 みさえがしんのすけとひまわりとシロを連れて買い物に行く途中、みさえは男性に声をかけられて、カットモデルを依頼される。タイムサービスで急いでいたみさえは断るが、男性から「あまりにもキュート」と言われ、受け入れることに。しかし、モデルはみさえではなくシロで、ペットサロンのモデルであった。ペットサロン「犬髪」から出てくる奇抜な外見の犬に驚くみさえだが、オーナーの犬髪キリ子によって、シロはワタアメのように体が膨らみ、みさえは子羊みたいと気に入るが、犬髪はトリミングの全国大会、略してT-1に向けて猛特訓の最中で、納得のいく仕上がりになっていないと言う。38歳独身の犬髪は結婚のことをしんのすけに突っ込まれ、今後の結婚やT-1や店を続ける自信を失いかけるが、しんのすけとシロが遊んでる姿を見て、自信を取り戻す。T-1当日、しんのすけとみさえも招待され、犬髪はギリギリで会場に駆けつけるが、犬の着ぐるみを着て犬とじゃれあって、鑑賞者たちを驚かす。犬髪は犬との信頼関係を気付くために野犬と共に生活しており、審査委員長は犬髪は究極のトリマー奥義、「サンキューベリードッグ」を行うのを見て興奮し、T-1を犬髪は制覇する。その後、犬からも愛される店になったという。
しんのすけ/みさえ/ひまわり/シロ/犬髪キリ子/ペットサロン「犬髪」の男性店員/T-1の審査委員長/T-1の実況/T-1に参加した犬/「犬髪」の客二人(男性、女性)とその犬二匹
vol.017 ボウリング場にて、アクション幼稚園のボウリング大会が開催され、最近はボウリングが趣味という園長先生がお手本を示すが、誰にも見てもらえない。しんのすけは風間君とペアを組み、対抗する相手はチーター河村と転がすことの全てが得意の頃樫文五郎。ゲームが始まると、実は「プロボウラーっぽい男子園内格付けランキングトップ3の常連」である風間君がスコアを伸ばしたが、しんのすけガターを出し続けたため、チーターと頃樫のスコアに追いつかず。しかし、しんのすけはトイレでおしっこをつけた状態で頃樫のマイボールを使ってしまい、それを知った頃樫は調子を落としてしまい、一方でしんのすけはスコアを上げ始める。最終フレームになると、頃樫はボールがレーンの上で円を描き、ピンが渦に吸い込まれるという「ブラックホール・ボール」という切り札を披露する。しんのすけの最後の出番になると、18分かけて別の「白いボール」を取りに行く。その「白いボール」はレーンを自在に動き、ピンをすべて倒すとまた戻ってくるという現実離れした「ホワイト放る・ボール」を披露するが、その「白いボール」の正体は丸まったシロで、シロはその後ボウリング場に見つかってしまい、責任者の園長先生はしばらく出入り禁止に。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/シロ/チーター河村/頃樫文五郎/よしなが先生/まつざか先生/上尾先生/園長先生/副園長先生/ボウリング場店長
ボウリング対決だゾ(2013年10月18日)
vol.018 ひろしは使われなくなったという自転車をもらってきて、かす川の河川敷でしんのすけに自転車に乗る練習をさせる。しんのすけは転んであきらめようとするが、女性を惹きつけるというひろしの言葉を信じて、再び練習をすることに。まずは安全に乗るために自転車の点検から開始し、ヘルメットをかぶったしんのすけはひろしに支えられながらこぎ始める。30分後、ひろしは自転車を放してみるが、途端にしんのすけは転んでしまう。もう一度ひろしに支えられて自転車を走らせるしんのすけだが、途中で急にブレーキをかけてひろしは自転車に股間をぶつけてしまう。ひろしは三輪車で安定した乗り方の手本を見せるがしんのすけは見ておらず、ひろしは練習を見るのをやめようとするが、しんのすけは自力でいつのまに乗れるようになっていた。しかし、転んだ際にブレーキが壊れており、川に向かって暴走しそうになるが、マラソン中の女性たちの方向に曲がり、難を逃れるしんのすけ。ブレーキが壊れてしまったため、しんのすけは今後しばらく三輪車に乗ることに。
しんのすけ/ひろし/マラソン中の女性3人/ななこ、女性二人(しんのすけの妄想で)
vol.019 しんのすけは朝食でタマネギを残し、みさえが追いかけようとするズボンのお尻の部分が破けてしまい、しんのすけはそのまま幼稚園のバスに乗って行ってしまう。みさえはしんのすけの残したsタマネギを食べるが、残り物を食べているから太ったのだと自覚し、床に広げていた広告で一週間のダイエットプログラムを見つけ、「野原みさえのブヨブヨ7日間ポッキリ大作戦(2D)」が開始される。みさえはひろしのへそくりで49800円のダイエットグッズを購入、「たるんだ体矯正ギブス」、「家事用品型ダンベルセット」、「ダイエット補助ドリンク」で過酷なダイエットを6日間続ける。最終日の7日目、朝食で食事を摂らないみさえに対し、ひろしは高いものを買ったから切り詰めているのではと疑われるが、みさえは怒って反論して、逆にひろしを怖気づかせる。ダイエットの最終日を迎えたみさえは、しんのすけの味噌汁を思わず飲もうとしたり、シロのエサを凝視したりする。しんのすけが幼稚園から帰ってくると、みさえが自分のご褒美として翌日に食べるつもりでかっておいた高級プリンを持って行ってしまい、みさえは追いかけようとするも力が出ない。夕食後も食べずに乗り切ったみさえだったが、片づけの際にしんのすけの残した食べ物をうっかり食べてしまい、ひろしのへそくりとみさえのダイエットは水の泡になり、しんのすけやひろしと巻き込んでやけ食いをする。
しんのすけ/みさえ/ひまわり/ひろし/シロ/宅配の男性
今度こそやせたいゾ(2013年10月25日)
vol.020 ネネちゃんがしんのすけ、風間君、マサオ君、ボーちゃんの4人と会った時、突然カラスがネネちゃんに襲ってきて、ネネちゃんの持っているエコバッグが持っていかれてしまう。5人はカラスを追いかけると、かす川の中州にエコバッグが落ちているのを見つける。5人は長い木の棒を使ってバッグの持ち手に棒を引っかけて取ろうとし、ギリギリ引っかかるものの、しんのすけが風間君の耳に息を吹きかけて、バッグを川に落としてしまう。完全防水のネネちゃんのバッグは川を流れ、5人は走って追いかけるが、ネネちゃん以外の4人はバッグの中身がリアルおままごとの台本であると知ると、バッグを取るのをやめようとするが、ネネちゃんに脅されてしぶしぶ協力させられる。風間君はバッグが手の届かないところを流れているから取れないだろうとタカをくくっていたが、28年に一度現れるというかす川の主の魚が出てきて、その勢いでバッグは手の届くところまで近づく。ネネちゃんは近くの木につかんで、4人を横で手をつながらせて取らせようとするが、4人は示し合わせて、風間君はわざと取れないフリをしてバッグを川に流してしまう。ネネちゃんは激怒するが、木の上にネネちゃんの台本を見つける。カラスは袋の中身だけ巣に持ち帰っていたためにバッグの中身は無事で、ネネちゃんはリアルおままごとを始めようとする。
しんのすけ/風間君/ネネちゃん/マサオ君/ボーちゃん/カラス/かす川の主の魚/かす川の主を発見した男性/通りすがりの男性と飼い犬 
vol.021 チラシに乗っていた温泉旅行の手続きをするため、野原一家4人は旅行代理店「ナショナルトレジャー」の春日部店を訪れる。担当の女性である遠出志奈代(とおでしなよ)は格安のツアーも豪華旅行にグレードアップさせようと情熱を燃やし、みさえたちに高い方のツアーやオプションを勧める。みさえとひろしは高そうだから、実際にはたいした内容ではなさそうだからと逡巡するが、遠出の話術にまるめこまれてしまう。しかし、しんのすけが女性客にナンパして、みさえたちは現実に戻される。そこへ、しんのすけが海外に行きたいと言い出したことから、遠出はアメリカ旅行を勧め、ホテルはスイート、飛行機はファーストクラス、ラスベガスなどを提案してひろしとみさえはラスベガスで大当たりするのを想像してその気にさせられるが、しんのすけはひろしのボーナスがカットされたことを口にし、結局チラシの格安温泉旅行を申し込んだ野原一家。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/遠出志奈代/女性客
vol.022 みさえは風呂上がりのひろしに「夫婦の営み」のサインを送る。二人はやる気が満々の状態でいるが、しんのすけがそのサインについて訊いてきてみさえとひろしはしんのすけとひまわりに寝るように言うが、寝ようとしないのでみさえは絵本を読んであげることに。それでもなかなか眠らず、45分経ってようやくしんのすけとひまわりを寝かしつける。しかし、突然ヨシりんが押しかけてきて、みさえは戸締りチェックを忘れていたのを思い出す。しんのすけとひまわりも起きてきて、ヨシりんは耳そうじで耳かきを使用する一方、ミッチーは使い捨ての綿棒を使用することから意見が対立して大喧嘩して飛び出してきたことを話す。ミッチーは野原家に泊まり込むつもりで、しんのすけもミッチーのために布団を用意する。しかし、ヨシりんはミッチーにひざ枕をしてほしいと涙ぐみ、そこへみさえに呼ばれたミッチーがやってきて、ふたりは仲直りする。しかし、ミッチーとヨシりんはそのまま野原家に居座り、ヨシりんはミッチーのひざ枕で耳そうじをしてもらい、しんのすけとひまわりは絵本の続きを読んでほしいとみさえに要求する。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/ミッチー/ヨシりん
vol.023 みさえはひまわりを連れて外出、道で女性たちを話をしていると、髪の色を変えた知り合いの女性とすれ違い、髪の色を変えただけで若々しくなると感じたみさえは、ドラッグストア「キタジマキヨヒコ」でブリーチ剤を購入し、帰宅して髪を染めることにする。ブリーチ剤を髪に浸して15分後に洗い流そうとするが、その間に寝てしまい、カリスマ主婦となって女性たちから憧れの的としてブログを更新している夢を見る。ひまわりの泣き声で起きた時は3時間が経過しており、ブリーチ剤を洗い流すと、茶色どころか金髪になっていて慌てるみさえだが、金髪も悪くないと思い直す。みさえが似合う服を選んでいる最中にしんのすけが帰ってきて、金髪のみさえの後ろ姿を見て外国人が来たと思い、隣のおばさんの家からロベルトを連れてくる。ロベルトはみさえだとすぐに気づき、しんのすけとひまわりもみさえと認識する。ロベルトは英語で日本人の黒髪は美しいことを言うが、みさえは金髪が自分に似合っていると励ましているのだと誤解し、おばさんの白髪染めを取りにいったん家に戻ったロベルトを見て、カメラを取りに行ったのだと勘違いするみさえ。数分後、ひろしが帰ってきてみさえの金髪姿に驚き、デーブ・スペクターか美輪明宏のコスプレと悪口を言って、みさえを怒らせる。戻ってきたロベルトは怒りのみさえの姿を「有名なジャパニーズ アニメ」の真似と思って興奮する。
しんのすけ/みさえ/ひろし/ひまわり/ロベルト/道端の女性3人/道端の男性(ヨシりん?)1人/喫茶店の男性客2人/女性3人(みさえの妄想で)
第1巻初出:『月刊まんがタウン』2010年9月号〜2012年4月号




原作あらすじ一覧  原作編  トップページ