オフ会レポート7(浪花のスタンプラリー編)



INHALTSVERZEICHNIS

まえがき

大阪行きます

挨拶

試合開始

試行と錯誤のあいだ

こころ

夏・港のローマンス

歩き苦労

うどん充電

消耗戦

最終ポイント

最終グッズ

ぐったり・でしゃばり・座談会

帰還

付録1(キャラクターとクイズの問題と解答)

付録2(スタンプラリーの諸注意)

付録3(駅弁お品書き)



まえがき



嵐を呼ぶサイト(?)、あのクレヨンしんちゃん研究所の管理人が、Mr.Kさんと共に大阪にやってきた!来阪の目的である大阪市営交通スタンプラリーは、その名も「クレヨンしんちゃんスタンプラリー大作戦」。地下鉄の駅や大阪市内の施設にあるチェックポイントで、しんちゃんのお仲間達が待っていたよ。ルールとマナーを守りながら、お目当てのスタンプを集めたよ。

(※Mr.Kさんは大阪在住ですので、この書き方は適切なものではないのですね)

・・・というわけで、2006年8月13日(日)、私チョルスはクレヨンしんちゃん的ページさんのMr.Kさんと共に、大阪のスタンプラリーオフ会を開催しました。

このスタンプラリーは小・中学生を中心とした将来の利用者に、利用しやすく、親しんで利用できる市営交通を実感してもらうという事を目的に、大阪市交通局によって毎年実施されているイベントです。そして、今年はクレヨンしんちゃんがスタンプのキャラクターに選ばれ、平成18年(2006年)7月15日(土)から8月31日(木)まで「クレヨンしんちゃん スタンプラリー大作戦」として開催されました。

私がこのスタンプラリーを知ったのは、7月の上旬頃、双葉社のオフィシャルサイトからです。そして、日記にこのスタンプラリーを兼ねたオフ会を開くことを考えているというような事を書きました。

それからしばらく経ち、Mr.Kさんがクレヨンしんちゃん的ページさんの中で、私の日記を読んで、オフ会を開くことを考えているという事を書いていました。それで、私はMr.Kさんにメールを送り、オフ会開催のための打ち合わせを行いました。

結果、8月13日にJR大阪駅御堂筋北口の地下鉄御堂筋線梅田駅入口前(道路を挟んでヨドバシカメラが見える所)に集合という形になりました。なお、このオフ会には、私たちの他に、もう一人の方も参加表明されていました。

オフ会に先立つ9日の水曜日、私は大阪まで夜行列車(急行銀河)に乗っていこうと思い、切符を買いに行きました。が、もう既に売切れてしまったと言われました。うげげげ。そのため、私は当日の始発の新幹線で行こうと思いましたが、始発ののぞみ1号の指定席は、禁煙車は満席、喫煙席は残りわずかという状態でした。ぶりぶり。喫煙席で2時間半は少々つらいと思ったので、私は自由席の切符を購入しました。そして、東京駅で座席争奪戦に参戦することにしたのです。

【スタンプ・残り9つ】
【ピンズ・残り4つ】


大阪行きます

オフ会の前夜、私は午後11時頃に布団の中に入りましたが、なかなか寝付けません。ですから、日本酒をコップ一杯弱飲みました。11時半過ぎにまた眠ろうとすると、酔いも回ってきたこともあって、すぐに眠れました。

午前3時半、私は目が覚めましたが、まだ顔がほてっており、酔いは完全に醒めていませんでしたが、しばらく経つと自然に醒めていきました。それから、日記にこれから行ってくる事を書き、4時半前に家を出ました。

私は始発電車に乗り、東京駅に向かい、午前5時15分頃に東京駅に着きましたが、改札はまだ開いていません。実は、東京駅の新幹線は、始発が午前6時に出るということもあってか、5時半にならないと改札は開かないのです。

この事自体は、昨年に愛知万博へ行った時に知っていましたのが(嵐を呼ぶ モーレツ!アイチ帝国の逆襲参照)、愛知万博の時では改札はガラガラだったのに、何と今回は改札の前に人がズラーッと並んでいるではありませんか。それはまるで、空港の国際線での出国審査の行列を髣髴とさせる光景でした。よく考えたら、愛知万博の時は6月の平日だったのに対し、今回はお盆(しかも日曜日)の真っ只中、そもそも状況が全く異なるのは当然でしょう。

で、私も並んでしばらく待っていると、5時半に改札が開きました。すると、改札を通ったお客さん達が次々とホームに向かって走っていくのが見えました。私も遅れまいと、改札を抜けると走りましたが、グッズを入れた鞄をうっかり落とすというハプニングにも見舞われました。

そして、ホームに出ると、始発ののぞみ1号(500系)は既に到着していて乗車可能でしたが、自由席を確保しようとするお客さん達による戦場が繰り広げられていました。私は事前にのぞみ号の自由席(喫煙車両)が1号車と2号車にあることを知っていたので、一気にホームの前の方へ向かいました。

すると、多くのお客さんが目先の事にとらわれているのか、2号車へと入っていくのを目の当たりにしました。そこで、私はさらに走って、あまりお客さんが乗っていないと思われる、1号車に乗り込みました。1号車の席もいくらかは埋まっていましたが、まだ開いている席も多く、私は前から2番目の、右の窓側の席(2-E)に座りました。

席を確保したら、朝食の駅弁を買いに行こうと、ホームに出ました。そして、駅弁とお茶を買って席に戻ると、私の隣に初老の男性が乗っていました。この男性は、博多まで行くとのことで、既に定年退職されていたそうです。私はまだ学生でしたが、まだまだこれからだからねというような事を言われたりしました。

午前6時、いよいよ出発です。途中、品川駅でお客さんがどっと入ってきて、私の乗っていた1号車はかなりの人で埋まりました。そして、しんのすけ駅ではなく新横浜駅(「爆笑連発ギャグだゾ」(1996年4月12日放送)をご覧になれば、意味が分かりますよ)に停車後、いよいよ名古屋へと向かいました。

この時、ある中年のおじさんが、私から見てやや前に立っていましたが、隣の初老の男性がそのおじさんに折りたたみ式の椅子を貸していましたね。このおじさんは、小倉まで行くのだという事です。

さて、私は大学(ゼミ)の課題をやったりする一方、富士山をフォーカスしようと、その準備もしていました。私が座った席の窓からは、富士山が見えるのですね(そういう事も事前にチェックしていました)。途中、熱海駅を通過する時、私の頭の中で「こんな時こそ焼肉がある」が流れていました。

で、三島駅を通過した時には既に構えていましたが、いつまで経っても富士山は見えませんでした。新富士駅を通過し、遂に静岡駅も通過、結局私は富士山をフォーカスすることはおろか、見つけることも出来ませんでした。この日、静岡は曇っていたため、どこにあるのか分からなかったのですね。

【スタンプ・残り9つ】
【ピンズ・残り4つ】


挨拶

私はその後、午後7時ごろに東京駅で買った歌舞伎という駅弁を食べ、7時17分頃に食べ終わりました。

そして7時半過ぎ、名古屋駅に到着しました。名古屋駅を発車後、8時15分過ぎに京都へ、そして8時半過ぎ、遂に新大阪駅へ到着しました。

私は博多へ行く隣の初老の男性と、小倉へ行くおじさんに別れを告げ(その後、博多へ行く男性は私の席へ移り、その男性の通路側の席には小倉へ行くおじさんが座りました)、新大阪駅に降り立ちました。ここで私は新大阪駅に「お久しぶりぶり〜」と言いました。新大阪駅は、昨年の映画オフ会以来でしたので。

新大阪駅から、私は東海道本線に乗り換え、大阪駅へ向かいました。そして、8時50分前に大阪駅に到着しました。で、R大阪駅御堂筋北口の地下鉄御堂筋線梅田駅入口前(道路を挟んでヨドバシカメラが見える所)に行くと、Mr.Kさんがそこに立っていました。

こうして、私はMr.Kさんとオフ会以来4ヶ月ぶりの再会を果たしました。ここで私達は「お久しぶりぶり〜」と挨拶を交わしました。そして、私達はもう一人の参加者を待ちました。

待っている間、サイトや掲示板運営の事などを色々話したりもしました。ちょっとした座談会といったところでしょうか。この間、私達は通りがかりのおじさんやおばさんから阪神梅田駅や阪急梅田駅への行き方を訊かれました。私は全然分からないので、Mr.Kさんが全て答えてくれていました。さすが、地元なだけあってお詳しいのですね。

【スタンプ・残り9つ】
【ピンズ・残り4つ】


試合開始

さて、もう一人の参加者をひたすら待ち続けますが、いつまで経っても現れません。もしかしたらバスで来るのかと思い、後ろのバス停も見たりしましたが、全く表れる気配はありません。で、1時間以上待ち続けましたが、もうこれ以上間ってもしょうがないという事で、午前10時、いよいよスタンプラリーを開始させることにしました。

とううわけで、私達は地下鉄御堂筋線梅田駅に行き、そこでこのスタンプラリーの広告があったので、とりあえずそれをいただきました。で、この広告を窓口の駅員に見せ、スタンプラリーに必要な1日乗車券なるものはどこで購入するんじゃい!(どこで購入するのですか、というのが正確)と訊きました。すると、駅員は改札の駅員のところへ行くように行くように言ったので、私達は改札へ行きました。

すると、私たちの他に、一人の中年男性もスタンプラリーのための乗車券購入の事を、改札で訊いていました。改札の駅員によれば、購入するには駅長室へ行かなきゃとダメなのよん(駅長室へ行ってください、というのが正確)とのことだったのですが、駅長室は改札を入ったところにあるというのです。なお、私の地元の駅の駅長室は、改札を出たところにあるのですがね・・・。

その男性は特別に改札を通してもらっていました。私達もスタンプラリーの事をその駅員に話すと、私達も通してもらいました。ただ、通してもらったのは良いのですが、駅長室がどこにあるのか分かりません。Mr.Kさんのお力を借り、どうにか駅長室へ辿り着きました。

駅長室には先ほどの男性ががおり、領収書をもらっていましたね。で、私達も1日乗車券を購入しました。すると、チャレンジブックという冊子ももらいました。1日乗車券は、地下鉄、バス、ニュートラムが1日乗り放題というもので、単なる乗車券なのですね。

チャレンジブックには、スタンプラリーのルール、チェックポイントの位置、商品などが載せられており、またスタンプを押し、クイズに答えるページもありました。チャレンジブックは1日乗車券とセットで購入することになっており、大人は850円、子供は300円です。私達は当然850円でした。

チャレンジブック購入後、スタンプラリーのルールを読みましたが、この時はイマイチ理解できませんでした。

とりあえずチェックポイントのある駅に言ってみようという事になりました。まず、梅田駅から御堂筋線で直通で行け、かつ梅田から最も離れている長居駅へ行くことにしました。

御堂筋線の地下鉄内で、私はMr.Kさんとどんなクイズが出るのかという事や、サイト運営やクレしんの事など、色々話しました。話に夢中になり、乗り過ごしてしまうという事も何度かありました。

長居駅に着くと、ホームからチェックポイントの案内があり、それに従って歩いていきました。すると、改札の前にチェックポイントがありました。そこにあったスタンプのキャラクターはアクション仮面で、クイズは「野球をやっていても、絶対に打たない動物は何かな?」というものでした。私達はスクラッチを削り、スタンプを押しました。この時、午前10時38分でしたでね。梅田から少し時間がかかったので。

【スタンプ・残り8つ】
【ピンズ・残り4つ】


試行と錯誤のあいだ

この次は、今里駅に行きました。近くには天下茶屋駅もあり、どちらにしようか迷いましたが、今里駅は長居駅から近いだけでなく、かつ若干外れた位置にあったのですね。行くのに少々厄介な方を先に行ってしまったほうがいいだろうという事で決まりました。

今里駅に着いたのは11時11分頃、駅構内にあったチェックポイントの案内に従って行くと、改札の外にチェックポイントがありました。長居駅は改札の外だったのですがね。スタンプのキャラクターはシロで、クイズは「10匹集まるとお礼を言う昆虫は何かな?」というものでした。私達はスクラッチを削り、スタンプを押しました。

この後は、天下茶屋駅に向かいました。そして、この頃、これまでのスタンプラリーを思いかえして、このスタンプラリーのちゃんとしたルールが分かってきました。そのちゃんとしたルールとは、以下の通りです。

スタンプを押すページには9つの箇所があり、その箇所には全てクレしんのキャラクターが描かれています。そして、各キャラクターの欄には上に1つ、左にそれぞれ1、2、3と書かれた3つのスクラッチ(コインで削るところ)があります。

まず、自分の好きなキャラクターを選びます。例えば、野原しんのすけを選んだとすると、その野原しんのすけの上のスクラッチを削ります。すると、上のスクラッチにはそのキャラクター(この場合は野原しんのすけ)が描かれたスタンプがどこのチェックポイントにあるのかが書かれてあります。

野原しんのすけのスタンプは●●●にあるので(実際の場所は、この先を読んでのお楽しみ)、そこに行きます。そして、チェックポイントには3択のクイズがありますので、左のスクラッチ(1、2、3のどれか)から正解だと思うものを1つだけ選び、それを削ります。すると、正解なら3点、不正解なら1点の点数が出ます。

そして、また自分の好きなキャラクターを選び、同じ事を行います。そして、スタンプが3つ以上そろったら、(天王寺駅、なんば駅、梅田駅、新大阪駅の4箇所のうちのどれか1箇所の)ゴールポイントへ行きます。すると、ピンズが一つだけもらえるというシステムです。なお、ピンズの絵柄は4箇所それぞれ異なります。

また、点数が9点以上になれば、特別賞に応募することが出来、応募すると、抽選で豪華商品がもらえます。私は応募しませんでしたが。特別賞は9点以上と言う事ですから、クイズに間違えても、(間違いは1点なため)9箇所回れば応募が出来るわけです。全問正解なら、(正解は3点なので)3箇所だけ回ればよいのです。

私達が採った方法は、(最初から9箇所全部回るという予定だったので)まずどこのチェックポイントを行くかを決めて、そこに行きます。そして、そこのスタンプに描かれているキャラクターを確認し、そのキャラクターのチェックポイントが書かれた上のスクラッチを削り、クイズとスタンプを押すというものだったのです。

まあ、スクラッチで余計なものを削らなければ良いと思っていましたし、実際そうでしたので、あまりルールにこだわることはしませんでした。というわけで、私達はずっとこの方法で、9箇所回ることにしました。チェックポイントを効率よく回るために、出来るだけ短時間で回りたかったので。

さて、11時40分過ぎ、天下茶屋駅に到着しました。

【スタンプ・残り7つ】
【ピンズ・残り4つ】


こころ

天下茶屋駅のチェックポイントでは、改札を出る必要はありませんでした。ここでのスタンプのキャラクターはみさえで、クイズは「子供が「くれ!くれ!くれ!くれ!」とさわいでいます。何をほしがっているのでしょうか?」というものでした。私達はスクラッチを削り、スタンプを押しました。

ここで、私達はスタンプが3つそろったのでピンズがもらえます。というわけで、4箇所のゴールポイントの内、天下茶屋駅から最も近い天王寺駅へ向かいました。

天王寺駅へ着いたのは11時48分頃で、ゴールポイントへ向かいました。そして、改札を出て、58分頃にゴールポイントの窓口へ到着しました。そして、ピンズがもらえたのですが、チャレンジブックの中に確認印を押していたので、それが気になった私は残り3つもこのチャレンジブックを見せればもらえるのかを尋ねました。

すると、チャレンジブック1冊につき、ピンズは1つしかもらえないという事が、ここで判明したのです!というわけで、残りの3つのピンズをもらうにはどうしましょうと悩みました。

で、悩んだ結果、チャレンジブックをあと3冊購入しようということになりました。しかし、チャレンジブックはあくまでラリー用の1日乗車券のオマケとして付くものです。チャレンジブックのみを購入する事はできないため、私達は1日ラリー券ごと購入するしかありませんでした。

というわけで、12時7分頃に、私達は天王寺駅の定期券売り場で1日乗車券を3つずつ購入する事になりました。1つ850円なので、3つで2550円になります。梅田駅で買ったのも含めると、合計3400円になります。高い買い物になりましたが、新幹線の切符代、あるいは「踊れアミーゴ」の14回鑑賞分のチケット代に比べれば、安いものです。

こうして私達は、さらに3冊のチャレンジブックにも、少なくともそれぞれ3つのスタンプを押す事になったのです。そして、最初の1冊には9つ全てのスタンプを押すことに決めました。

さて、この次は大阪ドーム前千代崎駅に行くことにしました。この駅の近くには、チェックポイントがある施設の最寄り駅の大阪港駅とトレードセンター前駅があり、この3つのチェックポイントを一気に攻略してしまおうという事になったわけです。

【スタンプ・残り6つ】
【ピンズ・残り3つ】


夏・港のローマンス

心斎橋駅で乗換えて、私達が大阪ドーム前千代崎駅に着いたのは12時36分でした。ここでのチェックポイントは、今里駅駅と同じく、改札を出たところにありました。そうそう、この駅のスタンプタリーのポスターには、大人券が売り切れたという貼り紙がしてありました。ということで、今後参加される方は「くれぐれぐれ」もご注意ください。

ここでのスタンプのキャラクターは風間君で、クイズは「潜水艦の中にある果物はどれかな?」というものでした。私達は3冊のチャレンジブックのスクラッチを削り、スタンプを押しました。なお、スタンプを押す際、私は風間君に「トオルちゃ〜ん、スタンプおちおちちまちょーね〜」と話しかけたりもしていました。なんてったって、風間君ですから(笑)(「うん、おちおちね、ママ」という返事が返ってきそうな気分でした)。それを聞いていたMr.Kさんは、笑っていましたね。

さて、この後は大阪港駅に向かいました。西長堀駅、阿波座駅で乗換えを行い、13時9分に大阪港駅に到着しました。ただし、ここには駅にチェックポイントがあるのではなく、この駅の近くにある海遊館という水族館にあります。

駅から水族館まではやや距離があり、しかもこの日の大阪は晴れ、つまり炎天下の中、私達は歩きました。しかも私は、終了後の座談会のために色々グッズを持ってきており、その荷物の重さが相当堪えましたね。途中でカキ氷を売っている屋台を何度も見つけました。私はカキ氷が欲しくなりましたが、一方でこうも思いました。

「待て待て、何のためにこんな苦労をしてるんだ?スタンプラリーを完遂して、Mr.Kさんと焼肉を食べるためじゃなかったのか?そこで食べてこそ、カキ氷もうまいってもんだろうが!いや〜、マジうまいだろうな〜」と。

いや、実際はこんな事考えてはいませんでしたし、Mr.Kさんと焼肉やらカキ氷やらを食べる約束をしていたわけでもありません。それに、私は結局かき氷を食べなかったのですが、それは単に買うのが面倒なだけだったのですね。グッズを入れたカバンも持っていたわけですし。

後でMr.Kさんから聞いた話によると、大阪の夏は日本一暑いとのことです。しかも、1日で、最も暑いと思われる時間帯、気温は36度くらいはありましたかね。その猛暑の中、13時20分に私達は海遊館に到着しました。

チェックポイントは総合案内所の前にありました。総合案内所のある建物に入ると、非常に涼しく、外とは別世界でしたね。ここでのスタンプのキャラクターはしんのすけで、クイズは「いじわるじいいさんに足をつかまれて、グルグルまわされている犬のポチが言った言葉は?」というものでした。私達は3冊のチャレンジブックのスクラッチを削り、スタンプを押しました。

さて、私達はその後大阪港駅へ戻りました。駅に着いたのは13時半過ぎでしたね。大阪港駅からコスモスクエア駅まで行き、そこからニュートラムというモノレールのような列車に乗り換え、13時45分頃に、お隣のトレードセンター前駅に到着しました。

この、トレードセンター前駅に隣接しているATC(アジア太平洋トレードセンター)の中に入りました。チェックポイントは2階の総合案内所前にあります。当初、どこにあるのか迷いましたが、どうにか13時48分頃にチェックポイントの場所に着きました。

ここでのスタンプのキャラクターはひまわりで、クイズは「タイとアリがいつも逆立ちしている国ってどこかな?」というものでした。私達は3冊のチャレンジブックのスクラッチを削り、スタンプを押しました。

【スタンプ・残り3つ】
【ピンズ・残り3つ】


歩き苦労

トレードセンター前駅に戻ったのは13時54分頃、ここからなんば駅へ行き、ピンズをもらおうという事になりました。行きとは逆方向でなんば駅へ向かうという手もあり、どうしようかMr.Kさんと話し合いましたが、結局行きの順路をそのまま戻るということにしました。

ニュートラムでコスモスクエア駅まで行き、そこから中央線に乗り換え、本町駅から四つ橋線に乗り換え、なんば駅へ到着しました。

ところが、なんば駅に到着したのは良いのですが、天王寺駅にはあった、ゴールポイントを示す張り紙が見つかりません。チャレンジブックを確認したところによると、11号出口か12号出口の方の改札を出たところにあるとのことですが、その出口は現在地点からあまりにもかけ離れているのだそうです。

そもそも、なんば駅は四つ橋線と御堂筋線が通るのですが、両線は非常に離れたところにあるのですね。そういえば、私も去年の大阪観光でなんばに来ているのですが、その際にこの事を知り、今になって思い出しました。

というわけで、相当ななんば駅構内の相当な距離を歩かされるハメになりました。同じ駅でありながら遠く離れているというケースは、関東ならJR新宿駅と新線新宿駅などがありますが、まあそれも大したことはありません。

なんば駅にも劣らないと言えば、やはり東京駅の京葉線ですね。おそらく、東京駅での京葉線と他の電車の乗り場の距離は、このなんば駅よりも離れているだろうとは思いますが、東京駅の場合、動く歩道がありますからね。京葉線の最寄り駅に、私の親戚の家があり、幼い頃は親に連れられ、よく東京駅から京葉線に乗り換えていたものです。

さて、ようやく御堂筋線側に辿り着き、ゴールポイントの貼り紙も見えました。改札を出て、私達はようやく二つ目のピンズをもらう事が出来ました。この時、14時半頃でしたね。なお、駅員にピンズは一つしかもらえませんが、ここのでいいのですかと訊かれましたが、私達は構わないと答えました。なにしろ、あと残り2冊あるのですから(笑)。

2つ目のピンズをもらい、ようやく昼食にありつくことが出来ました。私達はうどんを食べようという事になり、なんば駅を出て広大ななんばCITYに入り、うどん屋を探しました。そして、杵屋といううどん屋に入りました。この時、14時50分頃、15時近くになってようやく昼食にありつけたわけです。

【スタンプ・残り3つ】
【ピンズ・残り2つ】


うどん充電

うどん屋では、まず冷えた麦茶が出され、私はそれを一気に飲み干しました。とにかく、歩き疲れており、喉が渇いていたのですね。一応、ペットボトルの烏龍茶を用意してはいたのですが、ぬる〜くなっており、大して喉を潤さなかったのですね。私はこのうどん屋で、3杯麦茶を飲み干しました。

私達は、冷やしの方を注文しました。まあ、炎天下の中歩き通ししでしたし、ここで温かいのを食べる気には到底なりません。

この昼食の間、ちょっとした座談会も行いました。かつて、三重県がおもてなし王国、三重県としてしんちゃんをそのイメージキャラクターとして起用していた頃、三重県のパンフレットを郵送してくれるというサービスが行われていました。

私も、1年半前に郵送してもらったのですが、そこにはしんちゃんのイラストがふんだんに使われたパンフレットなのですよね。そのパンフレットをMr.Kさんにお見せしたというわけです。ただし、私はまだ三重には行ったことがないのですがね・・・機会があれば、行ってみたいとは思うのですが。

Mr.Kさんからは、柳田理科雄氏の「空想科学読本」を見せてもらいました。柳田氏は「3分ポッキリ」のパンフレットで、しんのすけマンのおならの力を検証するという内容の文章を書いているのですが、「空想科学読本」の中にも、そのことが言及されており、しんちゃんのようなイラストも描かれていました。いつか、「空想科学読本」を買ってみようかなと思いました。

ただし、ここであまり時間をかけるわけにはいきません。というのは、チャレンジブックによると、ピンズをくれる窓口というのはどこも19時で閉まってしまうようなのです。

私達が店を出たのは15時15分過ぎだったのですが、つまりあと4時間弱で全てのチェックポイントを回り、ピンズをもらわねばならなかったのです。まあ、時間的にあまり余裕はないというわけではありませんが。

このうどん屋で、私は今まで失った体力を元に戻す事が出来ましたね。おかげで、残りのラリーも頑張るゾという気持ちになれました。

【スタンプ・残り3つ】
【ピンズ・残り2つ】


消耗戦

というわけで、私達は15時15分過ぎにうどん屋を出ました。この後、肥後橋駅に行くということで、再び四ツ橋線の方へ戻ることになりました。肥後橋駅は四つ橋線の駅なので。

再び四つ橋線の方へ歩いたわけですが、今度はずっと構内ではなく、途中で地上に出たりもしました。そこでの地上の光景も、私が去年行った時とは全く異なるもので、この辺りの地理はどうなっとるんやという気分でした。

ようやく四つ橋線に乗り、肥後橋駅に着いたのは15時38分でした。この肥後橋駅から歩いて10分ほどのところにある大阪市立科学館の、地下1階のチケットインフォメーション横にチェックポイントがあります。先ほどのうどんで体力が回復したかと思いきや、なんば駅での徒歩でかなり使ってしまったせいか、私はかなりきつかったですね。色々、グッズを入れた荷物も持っていたので。

16時50分頃に、大阪市立科学館に着き、私達は早速チャレンジブックを2冊用意しました。ここでもう一度書いておきますと、私達はチャレンジブックを計4冊持っており、1冊目は最初の梅田駅で買いました。このチャレンジブックで天王寺駅でのピンズのピンズをもらったのです。そして、このチャレンジブックはそれ以降の、全てのチェックポイントでスタンプを押すことに決めていました。

残り3冊は天王寺駅で購入し、そのうちの2冊は大阪ドーム前千代先、海遊館、ATCでのチェックポイントで使い(夏・港のローマンス参照)、そのうちの1冊でなんば駅でのピンズをもらいました。もう1冊は梅田駅のピンズをもらう予定でした。そして、最後の1冊は、この大阪市立科学館を含めた、残り3つのチェックポイントで使い、新大阪駅でピンズをもらう予定でした。

というわけで、ここから最後まで、最初の1冊と最後の1冊の、2冊にスタンプを押していくこととなったのです。ここでのスタンプのキャラクターはひろしで、クイズは「4匹のネズミが「チュー」と鳴いて作った料理は何かな?」というものでした。私達は2冊のチャレンジブックのスクラッチを削り、スタンプを押しました。

この後、私達は肥後橋駅へ戻り、16時5分頃に着きました。。地下鉄に乗った時、私は大汗をかいていました。それ以前でもかいていましたが。

【スタンプ・残り2つ】
【ピンズ・残り2つ】


最終ポイント

16時9分頃、西梅田駅に到着し、スタート地点である梅田駅へ向かって歩きました。梅田駅に着き、3つ目のピンズをもらったのは16時16分頃でしたね。

ピンズをもらった後、私達は歩いて東梅田駅へ向かいました。残り二つのチェックポイントは、梅田駅ではなく東梅田駅から行った方が早く着くのですね。16時25分頃に、東梅田駅に着き、まず私達は谷町線と御堂筋線を使って扇町駅へ行きました。

扇町駅に着いたのは16時30分過ぎで、この扇町駅のすぐ近くにあるキッズプラザ大阪というところの、1階インフォメーション横にチェックポイントがありました。チェックポイントに着いたのは、16時40分前でしたね。

ここでのスタンプのキャラクターは園長先生で、クイズは「しんちゃんの友達の「風間君」と「ネネちゃん」の歳を足すと何歳になる?」というものでした。私達は2冊のチャレンジブックのスクラッチを削り、スタンプを押しました。

さて、これでチェックポイントもあと一つになりました。最後は、都島駅の構内にあります。駅の構内にあるチェックポイントに行くのは、大阪ドーム前千代崎駅以来で、随分久しぶりとなります。

扇町駅に戻ったのは16時43分頃で、都島駅に着いたのは53分頃、つまり約10分で着いたというわけで、非常に近いのですね。まあ、堺筋線から谷町線への乗換えがありますが。

都島駅のチェックポイントは、駅長室にありました。そして、チェックポイントで唯一スタンプが2つ設置してありました。私は右側の、Mr.Kさんは左側のスタンプを使う事にしました。この時、16時57分頃でしたね。

ここでのスタンプのキャラクターはネネちゃんで、「クイズは缶を9個集めたらうるさい鳥になりました。その鳥は何かな?」というものでした。私達は2冊のチャレンジブックのスクラッチを削り、スタンプを押しました。

こうして、全てのチェックポイントを回り終えることが出来ました。

【スタンプ・残り0】
【ピンズ・残り1つ】


最終グッズ

後は、新大阪駅に行って4つ目のピンズをもらえばスタンプラリーも終了です。

私達は、谷町線で東梅田駅に戻り、そこから歩いて梅田駅に到着しました。そして、御堂筋線で新大阪駅へ向かいました。そういえば、御堂筋線と言えば、私が去年の大阪観光の際、万博記念公園に向かうのに使ったのですよね。そういうわけで、なかなか思い出深い列車だったり島します。

梅田駅から新大阪駅に着いたのは17時23分頃。都島駅を出発したのが16時59分頃だったので、20分以上かかったことになります。やはり、東梅田駅から梅田駅まで歩くのに、結構時間がかかったのでしょう。

17時26分、新大阪駅の市営交通案内センターで、最後のピンズをもらいました。こうして、開始から約7時間半かけて、スタンプラリーを完全制覇することが出来たわけです。

【スタンプ・残り0】
【ピンズ・残り0】
【17時26分・スタンプラリー終了】


ぐったり・でしゃばり・座談会

スタンプラリー終了後は、Mr.Kさんとレストランで夕食をとりつつ、座談会ということにしました。そして、新大阪駅の市営交通案内センター近くにある、レストランに入りました。この時、17時半過ぎでしたね。

スパゲッティを注文し、夕食をとった後、本格的に座談会開始です。私はスペイン版のDVD、韓国版のVCDとDVD、中国(大陸)版のVCD、タイ語・フランス語・ドイツ語・韓国語・中国語(台湾と香港)・英語の原作漫画を出しました。

ただし、これらは以前にもMr.Kさんにお見せしたことのあるものばかりなのですよね。中国(大陸)版のVCDは初めてですが。本当は、今回参加されるはずだった方にお見せしようかと思って持ってきたのですね。Mr.Kさんと二人きりになるのでしたら、別のものを持ってきていたでしょうね。

他にも台湾で買った貯金箱やら、2004年2005年、そして今年の2006年の劇場入場券の半券も見せたりしました。とくに、去年今年は10数回クレしん映画を観ているので、チケットがわんさかあるのですね。

そういえば、タイ語の話もしましたね。私はタイ語の単行本も持っており、タイ文字やタイ語の勉強をちょっとやったことがあるのですが、すぐに挫折しました。ただし、タイ文字は表音文字であり、そういう意味ではアルファベットを習うのと同じようなものなのですがね。

ところで、私はMr.Kさんに外国語の単行本を見せている間、うとうとと眠りの世界にも入りかけていました。というのは、スタンプラリーで歩き回って非常に疲れていたからなのですね。しかし、Mr.Kさんに起こされ、ハッとしていかんいかんと思いました。そして、眠くならないよう、テンションを高めようにしました。ところが、これで私はやや暴走気味になるのです。

この辺りで、スペインのDVDをお見せしつつ、スペイン語に関する話をしました。それは、私が海外編スペイン編概論劇場版についての概論の中で触れている言語の話を、マニアックという調味料でさらに味付けしたような、まあそういう話をしたわけです。

この話を昼のお茶の間にテレビで流すとなると、タイトルは「チョルスの地獄のクッキング」にでもなったりして・・・。で、他にも今後スペイン編で触れるであろう話もしまくりました。それも、スペイン語ではなくバスク語に関する話ばかりをしていました。Ejército de Kasukabe,en marcha!よりもKaukabeko armada aurrera!だったわけです。

Mr.Kさんは、言語学の講義を聞かされているようだというような感想を漏らしていました。まあ、確かに(クレしんファンであっても)普通の人が聞いたら、ウンコまみれのザリガニ(略してうんざり)してしまうような話だったかなと思います。バスク語とかいうやたらマイナーな言語を、(クレしんに合わせているとは言え)やたらマニアックな領域で話していればねぇ。

今回の事は、今後のオフ会でのお話をどうするべきか、ある意味反面教師的な役割を果たしたのかもしれません。それでも、Mr.Kさんはためになる話だったと言っていましたが。

他にも、私は当サイトの草稿などもお見せしました。映画編カスカベボーイズオトナ帝国の草稿を、Mr.Kさんは読まれていましたね。

まあ、なんだかんだで時間があっという間に過ぎていきましたね。気がついたら、既に20時半を回っていました。というわけで、20時45分頃に店を出ました。東京行きの最終の新幹線が21時18分発なので、あまり長くもいられません。しかし、(食事の時間も含め)座談会を3時間以上もやっていたのですがね。


帰還

この後、JR線のみどりの窓口に行き(少し迷ってあちこち歩きましたね)、新幹線の切符を買いました。この時、禁煙席を買おうとしたのに、うっかり喫煙席の方を選んでしまい、Mr.Kさんにその事を指摘されました。

Mr.Kさんも入場券を買い(120円と少し安かったですね)、改札を通り、21時過ぎに新幹線のホームに出ました。

そして21時15分頃に、21時18分発の最終の東京行き、のぞみ52号(700系)が来ました。そして、私はそれに乗り、新幹線が発車して、スピードが上がるまで、Mr.Kさんは見送ってくださいました。

次回は、来年の映画公開時にお会いしたいと思います。

さて、私の席は4号車の19番A席(窓側)でした。京都駅で、背広を着た若いサラリーマン風の男性が、私から一つ空けた通路側の席に座りました。行きのように、何かを話したわけではありませんが。私は、新幹線の中で少し眠ったり、ボーっと外の暗い眺めを見たりして過ごしていました。

23時48分、東京駅に到着しました。こうして、私は始発の新幹線で行き、最終の新幹線で帰るということをやってのけたわけです。実に愛知万博以来ですが、愛知万博の時は、東京、名古屋間でしたから、粉来はそれよりもさらに距離はあるのです。

ところで、東京駅のホームに降り立った時、私の頭の中では「こんな時こそ焼肉がある」がほとんど条件反射的に流れ出しました。自然に、「ヤキニクロード」のエンディングのシーンと自分を重ね合わせてしまうのですね。

その後、私が自宅に着いたのは午前1時近くなっていました。帰宅後、持ってきたグッズの整理をし、さっさと眠りましたが、翌日になって疲れが一気に出てきて、翌日の14日は1日中寝る以外は何もしませんでした。



付録1(キャラクターとクイズの問題と解答)


9か所のチェックポイントには、クレしんキャラクターのスタンプとクイズが書かれたポスターが貼ってありました。ここで、そのキャラクターとクイズの問題と解答を紹介します。私達が行った順番に載せてあります。キャラクター名の色はそのキャラクターのスタンプの色に対応しています。
クイズの解答と解説は、ドラッグすれば見ることが出来ます。まあ、見るまでもない問題ばかりでしょうが。なお、「参照」とは各チェックポイントに行った事が、本ページのどの箇所に書かれているかを示しています。

御堂筋線 長居駅
キャラクター アクション仮面
クイズ 野球をやっていても、絶対に打たない動物は何かな?
@オラウータン Aゴリラ Bチンパンジー
解答と解説 @
オラウータン→「おら、打たん」というシャレです。
参照 試合開始
 
千日前線 今里駅
キャラクター シロ
クイズ 10匹集まるとお礼を言う昆虫は何かな?
@バッタ Aかぶと虫 Bアリ
解答と解説 B
ありがとう→アリが10(とお)です。
クレしんの単行本の6巻にも、
アリが父ちゃんハエが母ちゃんというのがありました。
参照 試行と錯誤のあいだ
 
堺筋線 天下茶屋駅
キャラクター 野原みさえ
クイズ 子供が「くれ!くれ!くれ!くれ!」とさわいでいます。
何をほしがっているのでしょうか?
@クレヨン Aお菓子 Bおもちゃ
解答と解説 @
「くれ」を4回言っているので、
くれ4(よん)→クレヨンです。
参照 こころ
 
長堀鶴見緑地線 大阪ドーム前千代崎駅
キャラクター 風間くん
クイズ 潜水艦の中にある果物はどれかな?
@メロン Aすいか Bパイナップル
解答と解説 A
「せん“すいか”ん」だからです。
参照 夏・港のローマンス
 
海遊館
キャラクター 野原しんのすけ
クイズ いじわるじいいさんに足をつかまれて、
グルグルまわされている犬のポチが言った言葉は?
@はなさかじいさん Aいじわるじいいさん
Bいじわるばあさん
解答と解説 @
いじわるじいさんに足をつかまれているのですから、
Bは消え、@とAが残ります。
Aのような気もしますが、これはひっかけです。
状況からして犬は「放さんか、じいさん」と
言ったと思われ、そこからシャレで@になります。
参照 夏・港のローマンス
 
ATC(アジア太平洋トレードセンター)
キャラクター 野原ひまわり
クイズ タイとアリがいつも逆立ちしている国ってどこかな?
@ドイツ Aイタリア Bブラジル
解答と解説 A
タイをひっくり返すとイタ。
アリをひっくり返すとリア。
イタとリアとくっつけると「イタリア」。
参照 夏・港のローマンス
 
大阪市立科学館
キャラクター 野原ひろし
クイズ 4匹のネズミが「チュー」と鳴いて
作った料理は何かな?
@カレーライス Aシチュー Bオムライス
解答と解説 A
4匹と「チュー」がポイント。
4(し)チューなのでシチューが正解です。
参照 消耗戦
 
キッズプラザ大阪
キャラクター 園長先生
クイズ しんちゃんの友達の「風間君」と「ネネちゃん」の
歳を足すと何歳になる?
@1歳 A100歳 B10歳
解答と解説 B
これはクレしんの知識が最低限必要とする、
やや異色の問題です。
風間君もネネちゃんも5歳。
5歳+5歳=10歳です。
参照 最終ポイント
 
谷町駅 都島駅
キャラクター ネネちゃん
クイズ 缶を9個集めたらうるさい鳥になりました。
その鳥は何かな?
@ペンギン Aカラス Bキュウカンチョウ
解答と解説 B
うるさい鳥というのはあまり意味はありません。
缶、9、鳥→9(きゅう)、缶(かん)、鳥(ちょう)
きゅうかんちょうなので、キュウカンチョウです。
参照 最終ポイント



付録2(スタンプラリーの諸注意)

ここではスタンプラリーの諸注意を、私の分かる範囲で書いていますが、スタンプラリーは2006年8月31日限りで終了となっていますので、もはや無意味なのですね。ただ、どういうルールであったかを知るのも良いかなという事で、終了後も引き続き載せる事にします。

スタンプラリーには、1日乗車券は850円(小児300円)か3日有効な夏休みきっぷは2100円(小児800円)をまず購入する必要があります。その際、チャレンジブックという冊子が付いてきますが、チャレンジブックはあくまで乗車券の付録です。チャレンジブックのみの購入は出来ません。
ピンズはチャレンジブック1冊につき1つしかもらえません。4つ全てのピンズを手に入れるのであれば、乗車券を4枚買い、チャレンジブックを4冊入手する必要があります。
チェックポイントの施設は、定休日や営業時間外ではスタンプが押せませんので、事前に調べた方が良いかと思います。
ピンズがもらえる窓口は、どこも19時で閉まってしまい、19時以降はピンズがもらえません。



付録3(駅弁のお品書き)



行きの新幹線で食べた、歌舞伎という駅弁のお品書きを私はメモしており、今もそのメモを持っていますので、そのおしながきの内容をここに掲載します。
なお、原文は縦書きです。



歌舞伎

お品書き

一、キングサーモン塩焼き
一、鶏照り焼き
一、一口カツ
一、シュウマイ
一、玉子焼き
一、肉団子
一、蒲鉾
一、野菜の煮物
(里芋、人参、椎茸、蕗)
一、丹波黒豆煮
一、松前漬け
一、季節の胡麻和え
一、日向大根漬け
一、御飯
一、紀州梅干し




談話室  トップページ