談話室  トップページ


オフ会レポート20(アイヤータウン突撃編)



INHALTSVERZEICHNIS

再会

舞台挨拶付き

相談

翡翠楼

赤い靴はいてた女の子像

チャップリンの武勇伝

新横浜

ラーメン屋の夕日

再見

※このページに掲載している写真をクリックすると拡大写真がご覧になります。


再会

2018年4月13日、『クレヨンしんちゃん』の映画『爆盛!カンフーボーイズ 〜拉麺大乱〜』が公開されました。
ただし、この日は金曜日だっため、私は鑑賞する時間がありませんでした。

翌日、TOHOシネマズ日比谷にて舞台挨拶付きの回が上映されるという情報を得て、私は自分と『クレヨンしんちゃん的ページ』のMr.Kさんの分の入場券を購入し、2年ぶりのオフ会に参加しました。

舞台挨拶付きの回の券は4月7日午前0時からインターネットで発売開始となりましたが、私はなかなか前の方の席を取ることができませんでした。ようやく劇場の後ろの方になる、L列の4と5をどうにか確保できました。

舞台挨拶付きの回は10時40分開始なので、4月14日は午前10時にJR有楽町駅の南口でMr.Kさんとお会いすることにしました。当日、私は9時50分頃に有楽町駅に着きましたが、Mr.Kさんから10分ほど遅れるという連絡がありました。

もっとも、チケットは事前に発券していて、10分くらい遅くなっても時間に余裕はありましたので、私は特に慌てませんでした。10時10分頃、Mr.Kさんと南口でお会いしまして、さっそくTOHOシネマズ日比谷へ向かいます。

途中、先月何かと話題になった日比谷ゴジラスクエアを通りまして、ゴジラ像を見かけたMr.Kさんは「東宝の象徴ですね」と言っていました。



舞台挨拶付き

TOHOシネマズ日比谷に到着しまして、地下にある別館シアターの12に行きます。

さっそく席に座りました。私はL列の4、Mr.KさんはL列の5です。最近カワツさんと改名された水橋ホトリさんが挨拶に来ました。水橋ホトリさんことカワツさんは、既に試写会に参加されたとのことです。

10時30分、係りの人が撮影禁止などの注意事項が述べ、その10分後に舞台挨拶の開始となりました。

最初に登場したのが、テレビ朝日アナウンサーのしんちゃんこと野上慎平(のがみしんぺい)氏です。今回の舞台挨拶の司会担当で、もうすぐひろしと同い年になるとのことです。ちなみに、昨年の舞台挨拶付きの回でも司会を担当していたそうです。私は昨年の回は参加していませんが、Mr.Kさんが教えてくれました。なるほど、『クレヨンしんちゃん的ページ』のオフ会レポートにもありますね。

10時42分頃、いよいよしんのすけ君を呼んでみようとなりまして、まずは呼ぶ練習です。みんなで大きな声で


しんちゃ〜ん


と呼びました。

そして、本番です。さあ、呼びます。


しんちゃ〜ん


そうすると、『オラはにんきもの』が流れ、しんのすけ(の着ぐるみ)が登場します。

さらに、みさえとひろしも登場です。

10時46分、関根勤氏とももいろクローバーZも登場しました。この方々が、ある意味今回の舞台挨拶付きの回の「元凶」なのですよね。というのも、この回のチケットを購入するのに苦労して、それでもかなり後ろの席になってしまいました。

おそらく、関根氏とももクロ目当ての観客が多くいたと思われます。この『クレヨンしんちゃん分析録』の記事のコメントでも触れましたが、もし今回のゲスト出演が関根氏とももクロではなくあの伝説のネットアイドルであれば、果たして座席の売れ行き具合はどうなっていたのか。これは考察する必要がありそうです(ねぇよ)

さて、今回の舞台挨拶で私にとって最も注目したのは、橋渉監督も舞台に立ったことです。監督が舞台に立つのって、おそらく初めてだと思います。ですので、私は橋監督が舞台に登場した時は驚きました。橋監督はこういう舞台に立つのにはあまり慣れていないそうですが、堂々とした態度で舞台挨拶に臨んでいたと思います。

関根勤氏は、娘の麻里氏が子供の頃にケツケツダンスをやっていたなど、しんのすけのように育てていた事を話し、その事からある結論を導き出していました。それは、


しんちゃんのように育てると成功する


とのことです。なあるほど。私は昨年に結婚しまして、子供はまだいませんが、子供が生まれたらケツケツダンスなどを仕込んでみますかね。

ここで、関根氏とももクロの方々が、今病みつきになっているものを発表してもらいました。発表の際、その病みつきになっているものを絵に描いて披露していましたが、私たちの席はかなり後ろなので、よく見えませんでした。

まず、関根氏はシュークリームに病みつきらしく、生クリームとカスタードを交互に食べているそうです。

高城れに氏はリップクリームで10本ほど所持しているとのこと。佐々木彩夏氏は韓国のりにハマっているそうです。玉井詩織氏はバック転の練習に熱中していると言っていまして、なかなか凄いですね。百田夏菜子氏はイヤリングだそうです。

11時3分、『クレヨンしんちゃん』のキャラクターたちに生き生きとした命を吹き込んでいる声優さんたちの登場です。

しんのすけ役の矢島晶子さん、みさえ役のならはしみきさん、ひろし役の森川智之さんです。

2016年8月26日の放送以降、ひろし役が藤原啓治さんから森川智之さんに変わりまして、昨年の舞台挨拶付きの回には参加されなかったそうなので今回は初参加となります。

11時9分、フォトセッションということでゲストの方々はいったん退場となり、舞台は撮影用のセットが造られます。11時12分に写真撮影の準備が完了すると、再びゲストの方々が登場、写真撮影を行います。

写真撮影後、ならはしみきさんから本日は熊本の地震からちょうと2年であるという話をしまして、熊本の郷土料理である辛子蓮根(からしれんこん)はご当地で食べるとメッチャうまいという話をしていました。

11時18分に舞台挨拶が終わり、20分には全員が退場しました。

ところで、今回に舞台挨拶では、私たちより一つ前で左端にあるK-1の席の中年男性が、何度も大声で出演者の名前を絶叫していて、なかなか凄い光景でした。出演者の皆様も、ちょっと引いていたような気がします。

11時20分頃、場内は暗くなりまして、11時23分に上映開始となりました。今回は予告編は無く、いきなり本編に入りました。

13時6分に上映終了しました。私は、今回の映画は上映時間が103分だと思いましたが、後でパンフレットで確認したら104分となっていました。

映画の内容は、ここでは詳しく論じませんが、一言だけ書いておきます。


むひょ〜〜〜


どういうことかと言うと、後日書きます。

あ、もう一つ書いておきますか。今回の映画は、ドラえもんのある道具を思い出しました。これも後日詳しく書きます。



相談

この後TOHOシネマズ日比谷を出て、有楽町駅へ戻ります。しかし、行きとは違って少し遠回りしました。というのは、今(2018年4月)アルマーニの制服で何かと話題になっている泰明小学校があり、その前を通ったからです。

この日は土曜日なので学校は休みだと思い、外からちょっと見るくらいなら問題にならないという判断しました。もし、平日の登下校時だったら、警備の人に睨まれていたかもしれません。外から泰明小学校の様子を見た後、有楽町駅に戻り山手線に乗りました。

これから、横浜中華街へ行きます。Mr.Kさんと事前にメールでの打ち合わせで、映画の内容から中華街に行ってみようと決めていたからです。

詳しく書くと、3月24日(土)から5月27日(日)『カンフーボーイズ』の公開を記念して『クレヨンしんちゃん』が日本3大中華街をジャックするという、横浜中華街と神戸の南京町と長崎新地中華街でコラボキャンペーンを行っていたのです。

テレビ朝日でもコラボカフェがありましたが、テレビ朝日は2年前に行ったので、今年はMr.Kさんが行ったことがないという横浜中華街に行くことにしたのです。

有楽町から山手線で新橋駅に行き、快速アクティーに乗り換えます。ただ、泰明小学校の前を通ったらそのまま直接新橋に行ってもよかったかもしれません。

電車の中で、私は紙の横浜中華街の地図を出し、Mr.Kさんとスマホで中華街のどの店に行こうか打ち合わせをしました。私が持っていた紙の中華街の地図は映画オフ会の2日前に横浜中華街のレストランで調達したものです。実は、4月12日に私は横浜中華街を訪れていたのですが、『クレしん』とは関係のない仕事上の理由でして、まったくの偶然です。

店を選ぶ基準はブラックパンダラーメン提供店、映画シールプレゼント、アプリクーポン特典の3つが揃っていることです。私たちは、スマホで日本三大中華街ジャックの公式サイトを参照しつつ、どの店にしようか話し合い、最終的に翡翠楼(ひすいろう)本館という店が良いだろうということになりました。



翡翠楼

横浜駅で降りて、根岸線に乗り換えて14時15分に石川町駅に着きました。この駅は(元町・中華街)という表記がありまして、中華街もすぐそばだと分かります。ちなみに、12日の時はみなとみらい線の元町・中華街駅から中華街に入りました。帰りはタクシーで横浜駅まで行きました。

駅から降りると、なんかどこかで見たような光景だなと思いましたが、その日に帰宅して調べて分かりました。実は、石川町駅は8年前に『超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』を鑑賞するために、MOVIX本牧に向かうのに降りたことがあるのです。

この時は駅からバスに乗り、今はもう無くなっているMOVIX本牧で観賞したのでした。あの日、長野県の上田で観賞しようとしたら映画館が休館で、すぐに神奈川まで行ったわけでして、いやはやあの時は焦りましたな。

今回はもちろんバスには乗らず、歩いて中華街に入りました。やはり、普通の日本の街とは雰囲気が異なっていて、『カンフーボーイズ』でネネちゃんが春日部の中華街のアイヤータウンを「日本じゃないみた〜い」と言っていたのを思い出しました。

また、『も〜っと!おジャ魔女どれみ』の第13話「夢の船に乗りたい!」(2001年4月29日放送)では、実際に横浜中華街が出てきて、ももこちゃんも「日本じゃないみたいね」と言っていたのを思い出したりもしました。また、ハナちゃんの手を引いていたどれみちゃんは「派手な所だね」と言っていましたね。

それで、私たちは地図を頼りに歩いて、ようやく翡翠楼(ひすいろう)本館に到着です。店の前には爆盛フェア参加店舗という宣伝がありました。


中に入るとかなり小さな店で、わりと庶民的な感じでした。ここで、ブラックパンダラーメンのことを店員に話すと、なんでも普段出しているラーメンをそれっぽい感じにするのだそうです。というわけで、私たちはラーメンと頼みました。

出てきたラーメンは、しんのすけの絵が描いてある海苔が4枚乗ってありました。しかし、私の注文した海鮮ラーメンは全然ブラックパンダラーメンに見えませんでした(以下の左の写真参照)。 一方、以下のMr.Kさんのはブラックラーメンという感じがしました(以下の右の写真参照)。この店では、ラーメンと一緒に『クレしん』のオリジナルシールがもらえたのは大きな収穫でした。


この店の中で、私は自分のiPadに収めてある、イギリスの中華街の写真をMr.Kさんに見せたりしました。私がイギリスのニューカッスル(Newcastle upon Tyne)で暮らしていた時、街にあった中華街で2010年2月に旧正月の祭りをやっていたのを撮影したものです。ちなみに、このページで書いた奥歯が欠けてしまったという話は、この中華街の大衆食堂で起こったことです。それと、店を出る際にアプリクーポン特典を見せたところ、これは割引サービスらしいですが注文時に使わないと意味が無かったようです。



赤い靴はいてた女の子像

店出た後、私たちは山下公園の方へ行くことになりました。途中お土産屋に入り、私とMr.Kさんは買い物をしました。この買物の後、山下公園前でに行く間に何度か雨に降られましたが。大して強い雨では無かったので、あまり気にはなりませんでした。

中華街を出て山下公園に行くと、私は「赤い靴はいてた女の子像」を見たいと言って、Mr.Kさんと一緒に行きました。私はぜひこの「赤い靴はいてた女の子像」の実物をじっくり見てみたかったのです。というのも、私の好きなアニメである『探偵オペラ ミルキィホームズ』で登場していたからです。

具体的には、2011年8月に初めて放送された特番『探偵オペラ ミルキィホームズ サマー・スペシャル』の「さようなら、小衣ちゃん。ロング・グッドバイ・フォーエバーよ永遠に…」に、偵都ヨコハマの魂であり国宝という「レッドシューズはいた女の子像」が登場します。元ネタは言うまでもないですね。

ここでネロやエリーが小衣のグッズを運んでいたんだよなぁと思いながら、「赤い靴はいてた女の子像」をスマホのカメラで何枚も写真を撮った後、私たちは氷川丸に行くことになりました。

Mr.Kさんは氷川丸に行くのは初めてだったようですが、私は過去に1回だけ行ったことがあります。

今から18年前の2000年8月、当時高校1年生だった私は夏休みで横浜を訪れて、横浜美術館で開催された「世界四大文明 中国文明展」に行った際、氷川丸にも行ったのです。

確か私の実家にはこの時買った氷川丸のプラモデルと中国文明展の分厚いガイドブックがあったはずですが、今もあるかなぁ。

そういうわけで、私にとっては2000年以来18年ぶりの氷川丸の訪問となります。2000年8月と言えば、Mr.Kさんは既に『クレヨンしんちゃん的ページ』を開設していて、その話をするとMr.Kさんは当時のネット環境を懐かしそうに話していました。私も当時からネットを少し使っていましたが、今では想像できないくらい不便だったのですよね。



チャップリンの武勇伝

氷川丸に入りまして、300円を払って中の展示を楽しみました。食堂に再現された「秩父宮両殿下乗船時の特別ディナー」や、読書室や社交室、一等船客の客室などを眺めました。これを見た時、私はタイタニック号の方が遥かに豪華だと思いました。タイタニック号の沈没後の起こった第一次世界大戦で、貧富の差はかなり縮小したという話を聞いたことがありますので、氷川丸の時代には昔ほど豪勢な船旅はしにくくなったのかもしれません。


ところで、私は氷川丸と聞くとチャールズ・チャップリンを思い出します。チャップリンは何度か日本を訪れたことがありますが、最初に来日した1932年に、氷川丸を帰りの船に選んだからです。チャップリンは銀座の「花長」で海老の天ぷらを気に入って、36本も平らげました。当時の新聞には「天ぷら男」と書かれたそうです。この「花長」で修行した調理師が氷川丸に乗船しているという理由で、チャップリンはこの船を選んだのです。

それにしても、海老の天ぷら36本って。1回の食事でそんなに食べることができるのか、実際に試した人がいます。

今は検索しても出てきませんが、「天丼てんや」で実際に海老のてんぷら36本を注文して、食べてみたという記事が数年前にネット上でありました。注文した時、店員さんの顔色が変わったらしいです。

しかし、10本くらい食べたところでギブアップし、残りは持ち帰ったとのことです。その記事のコメント欄によると、チャップリンが食べたのはもっと小ぶりのものだったのでは、ということです。

そうそう、氷川丸にも著名な乗客ということで、チャップリンの写真も展示してありました。天ぷらが気に入ったので、氷川丸に乗船したという話もありました。

操舵室に行くと、家族連れの人々と一緒になり、子供たちがはしゃいでいました。やはり、子供にとってはとても楽しいところなのでしょう。

それにしても、氷川丸の屋外デッキを見ると、「ひとーつ、IQは13兆」、「ふたーつ、天才美少女」、「3つ、正義の警察官」という小衣ちゃんの声が聞こえてきそうです(←「小衣ちゃん言うなー!」)

操舵室を出ますと、「蛍の光」が聞こえてきました。時間は16時45分。開館時間は17時までなので、あと15分だけです。私たちはそのまま順路に従って、機関室、ギャレー、三等客室などをやや急ぎ足で見て、氷川丸を後にしました。なかなか楽しい体験でした。

この後、どこに行くか何も決めていなかったのですが、とりあえず中華街に戻りましょうということになりました。

実は、港の見える丘公園に行って寿司の出前を取ってみたいと思っていましたが、さすがにそれは無理があるのでやめました。どういうことかわけが分からないという方は、『探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕』の第2話「ナイスなすし」(2012年1月初放送)を観てください。作中では「港が見えすぎちゃって困る丘公園」になっていましたが。

中華街に戻る途中、雨がまた降ったりしましたが、小雨なので大したことはありません。そして、横浜関帝廟の前を通ると、ちょっと入ってみましょうかということになりました。

しかし、お線香を買うのに500円を払う必要がありますので、やめました。



新横浜

その後、私は新横浜ラーメン博物館でも『クレヨンしんちゃん』とのタイアップ企画をやっているのを思い出し、新横浜ラーメン博物館に行くことにしました。どういう企画かと言うと、博物館の公式サイトにある宣伝文を以下に引用します。


 劇中に登場する「ブラックパンダラーメン」を、ラー博オリジナルバージョンで販売します。「ブラック(黒)」「ヤミツキ」というテーマをもとに、味にも見た目にも工夫を凝らした7店舗7種類のラーメンです。
 また、劇中に出てくるラーメン丼も再現!!老若男女問わず「見て」「食べて」美味しく・楽しいラーメンです。



そういうわけで新横浜駅に向かうべく、石川町駅にいったん戻ろうとしましたが、道を間違えて横浜スタジアム方へ行ってしまいました。横浜スタジアムと言えば、『ミルキィホームズ』の「さようなら、小衣ちゃん。」で、小衣が「おらーみんなー、IQってる〜!?」と叫び、『ココロノエデン』を熱唱するのを思い出します。ナンジョルノ歌唱力マジ凄すぎます。

それで、横浜スタジアムを通った私たちは、そのまま隣の関内駅に行くことにしました。ブルーラインの関内駅からなら、新横浜駅まで乗り換えの必要がありませんし、怪我の功名と言うべきか。

ところで新横浜と聞くと、『クレしん』の「爆笑連発ギャグだゾ」(1996年4月12日放送)思い出してしまいます。

この話では、普段とは設定が異なる短い話をオムニバス形式で流していました。各話のタイトルは以下の通りです。


もしも しんのすけの 気分が 天気で あらわされたら・・・
もしも しんのすけと まつざか先生 恋人どうし だったら・・・
もしも みさえの 子供が 風間くん だったら・・・
もしも みさえの 子供が ボーちゃん だったら・・・
もしも 野原家が 108階建て だったら・・・
もしも しんのすけが 五つ子 だったら・・・
もしも 野原家が 宇宙家族 だったら・・・
大人向け しんちゃん だゾ これからの十五秒は大人だけで見て下さい。


新横浜で思い出すのは「もしも しんのすけが 五つ子 だったら・・・」です。この話は、マサオ君からの電話をみさえが出て、しんのすけを呼ぶからちょっと待ってと言います。

それで、みさえはしんのすけ(と瓜二つの兄弟)を見つけますが、しんたろうと名乗ります。また見つけますが、しんごろうと言います。再び見つけますが、今度はしんべえと言います。遂に見つけたと思いきや、しんだゆうと名乗ります。今度こそ見つけたかのように見えますが、しんよこはまと名乗ります。

ここでみさえは自分の子供たちの名乗った名前を再確認します。

しんたろう
しんごろう
しんべえ
しんだゆう
しんよこはま


「そんな名前の子供はうちにはいないわよ」と怒りを爆発させるみさえですが、ケツだけ星人×5を目の当たりにして、元気をなくしてしまいます。みさえは再び電話に出ますが、マサオ君はトイレに行っていました。

私は今でも新横浜駅と言うと、この話を思い出します。それだけインパクトのある内容だったからです。ちなみにラストの「大人向け しんちゃん だゾ これからの十五秒は大人だけで見て下さい。は、ひろしとみさえとしんのすけが、以下の台詞を言うだけの内容です。


ひろし「住専問題処理に我々国民の税金を使うのはおかしいと思う」
みさえ「私たちが家のローンが払えなくなった時、国が助けれくれるならいいけど」
しんのすけ「以上!」



1996年当時は住専問題が話題になっていたようですからね。「ようですね」というのは、当時小学生だった私はリアルタイムで知らず、何年もしてから住専問題を知ったからです。

それと、この話は最初の「もしも しんのすけの 気分が 天気で あらわされたら・・・」だけ原作を基にしていて(単行本の12巻e-1)、後の話は全てアニメオリジナルです。それにしても、当時の原作は1話3ページが基本でしたが、「もしも しんのすけの 気分が 天気で あらわされたら・・・」の尺は約2分42秒です。原作の内容を「忠実に」アニメ化すると、たったこれだけの尺なわけで、『クレしん』はアニメ化の際、1話につき7〜8分の尺にするには特定のシーンを引き延ばしたり、様々なアニメのオリジナルシーンを挿入したり、他の原作のシーンを入れなければ、とても尺が足りないことが分かります。

さて関内駅の改札に入り、ブルーラインに乗ります。この時、湘南台行きかあざみ野行きで迷いますが、方向から言っても湘南台行きはあり得ないと思い、あざみ野行きに乗りました。



ラーメン屋の夕日

18時頃、無事に新横浜駅に到着しました。駅の構内にも新横浜ラーメン博物館での『クレしん』の企画のポスターが貼ってありました。歩いて数分で新横浜ラーメン博物館に入ります。

実は、私は新横浜ラーメン博物館に来たのは今回が初めてではありません。20年以上前、私が小学生の時に訪れたことがありまして、記憶はあやふやになっていますが、当時からあまり変わっていないようです。

さて、まだ空腹ではなかったので、博物館の中を歩き回ります。そこは、まさに『オトナ帝国』の世界です。というか、リアル「三丁目の夕日」です。そして、ところどろこにシロを描いたパネルがありました。

歩いていくと、交番に模した建物の中に、シロのパネルに文字の入っているものがこの博物館内に3つあり、その3つの文字を並び替えるとある動物の名前になるそうです。

というわけで、私たちは探し回りました。

しかし、一つは見つかりましたが、残りの二つがなかなか見つかりません。

そうすると、今度は「とーちゃんのお宝」のある場所というゲームもあるのを知って、私たちは「とーちゃんのお宝」のある7つの場所のヒントも探すことになりました。

ヒントになる各場所が分かると、それぞれの文字が分かり、それらの文字をつなげると「とーちゃんのお宝」があるのです。

博物館内のラーメン屋がだんだん混んできたようなので、とりあえずブラックパンダラーメンを食べることに。

ブラックパンダラーメンを出していた店は、龍上海本店、利尻らーめん味楽、無垢ツヴァイテ、琉球新麺 通堂、こむらさき、支那そばや、二代目げんこつ屋の7店舗で出していたそうですが、Mr.Kさんと話し合って二代目げんこつ屋という店に決めました。ただし、席が空くまで少し待ちましたが。

席が空いて690円のブラックパンダラーメンの食券を出します。出てきたラーメンには、パンダを模したはんぺんが入っていました。そして、スープも含めラーメンを全部食べると、器の底にはしんのすけの絵がありました。なかなか面白い仕掛でした。



店を出た後、文字の入ったシロのパネル二つと、「とーちゃんのお宝」を探します。

私たちが二代目げんこつ屋を出たのは19時頃で、この後20時半まで、つまり1時間半かけて、博物館内のリアル「三丁目の夕日」の町をしらみつぶしに探し回りました。

同じ場所を何度も回り、しらみつぶしに探しました。しかし、なかなか見つかりません。

私は最近運動不足で、長時間歩き回るのも慣れていません。

Mr.Kさんが一生懸命探している一方、私は探す気力がなくなってきました。それでもなんとか根性で探しましたが。

それから1時間半ほど歩き回った後、、紆余曲折で私たちは両方ともクリアできまして、新横浜ラーメン博物館と『クレヨンしんちゃん』をコラボしたシールを2枚もらいました。

Mr.Kさんは22時に東京駅を発車するサンライズ瀬戸に乗る予定ですので、それに間に合うようにしなければなりませんが、時間が迫ってきました。



再見

新横浜ラーメン博物館を出た私たちは新横浜駅から横浜線で東神奈川駅まで行き、そこから根岸線で隣りの横浜駅に行き、東海道線の東京行きに乗り換えます。

東京駅に行くまでの間、私は日本とアメリカの大学についての話をMr.Kさんにしてみました。私が個人的に関心のある事で、具体的には歌舞伎俳優の市川海老蔵氏は、東京大学とアメリカのハーバード大学のどちらに入れるかについてです。

市川氏は高校時代に一度も教科書を開いたことが無いらしく、つまり学校の成績は落ちこぼれだったようです。

東大出身の脳科学者である茂木健一郎氏は、東大駒場キャンパスの学園祭(駒場祭)で、東大は筆記試験だけで入学者を決めるので市川氏は東大にはまず入学できない。しかし、学力以外の能力も重視するハーバード大学なら、入学できる可能性があると発言したそうです。

この話は、『教えてみた「米国トップ校」』(角川新書)という本の中に書いてあるのですが、著者の佐藤仁氏は東京大学と(ハーバード大学に匹敵するアメリカのトップ大学の)プリンストン大学で教員を務めた経験から、市川海老蔵氏が入れるのは東京大学であって、ハーバード大学ではないと逆の主張をしています。

なぜかと言うと、実際にこの本を読んでみてください。アメリカではありませんが、イギリスで大学院生をやっていた私も、佐藤氏の意見に同意です。私は佐藤氏の主張するように、日本の筆記試験はなかなか優れた制度だと思います。

東京大学にはぶっ飛んだ奇人変人が結構います。いくつもの言語を話す言語オタク、どんな話題でもハンガリーに結びつけて話すハンガリーオタク、自給自足の生活に憧れて虫を食べることを特技とする学生などです。一方、アメリカのトップ大学では変わった人はいても極端な変人は見かけません。

確かにアメリカのトップ大学は、性別にしろ国籍にしろ人種にしろ宗教にしろ、一見すると日本の大学よりも多様な学生が在籍しているように見えます。しかし、その中身はと言うと、勉強ができてリーダーシップがあって、スポーツも上手で、温厚で真面目でと、みんなどこか似通っている感じがするとのことです。一方、東京大学はアメリカのトップ大学よりも多様とは言えませんが、実に色々な学生、露骨に言えば奇人変人が色々いるわけです。東大でこうなのですから、早稲田大学ならさらにぶっ飛んだ学生が色々いるでしょう。

多様性を重視するはずのアメリカのトップ大学では、実際に入学してくる学生はどこかに通っているタイプが多く、何かと批判されがちな日本の筆記試験で入学してくる東大生には様々な奇人変人、多様な学生に彩られているという皮肉な状態が起こっているのです。

私は東大出身ではありませんが、『クレヨンしんちゃん』に対して変態的に執着していますし聖書を数十冊所持していまして、かなりの変人だと自覚しています。

一方、高校の頃の成績はイマイチで(だから浪人しました)、特に目立った活動もしていないので、アメリカで生まれていたらレベルの低い大学にしか行けなかったと思います。そういう意味でも、筆記試験だけで決める日本の入試制度はかなり優れたものだと実感しています。

私が日本の大学を卒業したのはちょうど10年前の2008年ですが、その前から日本中の大学で色々な改革を行っていました。もちろん、日本の入試制度も必ずしも完璧とは言えませんし、改善の余地は色々あると思います。しかし、こういた優れた点をきちんと維持したうえで改革を行わなければ本末転倒でしょう。

そんな話をしまして、21時半過ぎに東京駅に到着しました。

22時の発車までまだ時間があったので、再び買い物をしようかと思い、東京駅構内を歩き回りましたが、だんだん時間が迫って来たので、サンライズ瀬戸が止まっている9番線ホームへ行きます。

Mr.Kさんの部屋は1号車なので、ホームの端まで歩きます。

時間が来て、いよいよお別れです。Mr.Kさんとまたお会いしましょうと言って、握手を交わしました。そして列車のドアが閉まり、発車しました。

新横浜ラーメン博物館で相当歩いて疲れていた私は、そのまま埼玉県の自宅へ帰りました。

こうして、2年ぶりの映画オフ会は無事に終了しました。楽しい一日を過ごすことができまして、Mr.Kさんには篤くお礼を申し上げます。またオフ会に参加できる日が来るのを楽しみにしています。



談話室  トップページ