「ヘンダーランドの大冒険」編(前編)


※当ページは、概論劇場版についての概論を既に読んでいることを前提としています。
従いまして、概論劇場版についての概論をまだ読まれていない場合は、
当ページより先に、概論劇場版についての概論を読まれることをお勧めいたします。
なお、韓国語から日本語に訳した文は、管理人の不十分な韓国語能力のため、
やや不自然に思われるかもしれませんが、ご了承下さい。

※当ページでは、韓国版で削除、修正が行われているシーンについても触れていますが、
その理由を@、A、Bで表しています。
@は明らかに「日本」だと分かるため、
Aは「過度」な暴力描写や性描写があるため、
Bは不明、つまりなぜ削除、修正が行われているのか、
管理人にも分からない
ということを、それぞれ意味しています。
また、削除、修正のシーンによっては、別の映像が置き換えられていることもあります。
ただし、それは全て、その同じ作品の中からの映像が使用されています。
その代わりの映像を、〜分〜秒のシーン(または静止映像)と表していますが、
この「〜分〜秒」というのはバンダイビジュアルから発売されている、
日本版(つまり本家)のDVDで再生した時の経過時間を表しています。

※さらに、韓国版では、セリフが日本語と若干異なる(つまり直訳されていない)ところもあります。
そういったことにも触れたいと思います。





当ページは、韓国版の「アクション仮面vsハイグレ王」について触れます。
具体的には、登場人物の名前の変更、セリフ、削除や修正が行われているシーンなどについてです。
というわけで、早速触れていきます。

まず、登場人物の名前ですが、「ヘンダーランド」では名前が変更されているキャラクターはあまりいません。
トッペマ・マペット、メモリ・ミモリ姫、マカオとジョマ、クレイ・G・マッド、チョキリーヌ・ベスタ、ス・ノーマン・パー、ヘンダー君などは同じです。

それでも名前が異なっているキャラクターや地名などは登場します。以下の通りです。

日本版 韓国版 コメント
オカマ魔女 中性魔女 オカマは「中性(チュンソン)」訳されています。意味については韓国編3(「ブリブリ王国の秘宝」編)でも書きましたが、要するに女のような男(またはその逆)を意味します。
群馬ヘンダーランド 抱川ヘンダーランド 抱川(ポチョン)とは、韓国の首都ソウルから直線距離で北東へ約40キロの所にある市の名前です。なお、「わくわく大決戦」でもこの抱川が舞台の一つになっています(詳細は別の機会に書きます)。
スゲーナ・スゴイデス スケーナ・スッケン 「スゲーナ・スゴイデス」は元が日本語なので、このように少し変更されています。ただし、呪文と唱える際、「スッケン」のところの促音が抜け、「スケーン!」と発音する事も多いです。
なお、トランプはそのままトランプとなっています。トランプを「トランプ」と呼ぶのは日本だけで、海外では「カード」と呼ぶのが一般的だと聞かれたことがあるかもしれませんが、韓国でも日本と同じでトランプは「トランプ」と呼ぶのです。
雛形あきこ シン・ソンニョ 別の名前に置き換えられていますが、実在しない人物だと考えられます。本人によれば、ソウル出身で、趣味は絵とピアノとのこと。
ぶりぶりざえもん ブリブリ魔神 概論韓国編3「ブリブリ王国の秘宝」編でも書きましたが、ブリブリ魔神という名に変更されています。なお、「ブタのヒヅメ大作戦」や「わくわく大決戦」ではぶりぶりざえもんです。

まず、オープニングから始まります。オープニングの映像は「ブリブリ王国」の粘土アニメが使用されています。曲も「オラはにんきもの」のものです。

オープニングの終わりの部分、日本版なら監督の名前が出るところで、「チャングは止められない」というタイトルが出ます。そして、その後に「ヘンダーランドの大冒険 5編」と出ます。5編というのは、そのVCDの5番目のディスクということです。なお、タイトルコールはありません。韓国版の劇場版作品でタイトルコールが無いのは、この「ヘンダーランド」と「ハイグレ王」、そして「チャングパラダイス」です。

その後、ゴーマン王子の登場、つまり本編のスタートです。この冒頭シーンで、ゴーマン王子はマカオとジョマの魔法にかけられてしまいますが、その魔法にかけられた直後のシーン、つまりマカオが「次に会うときはもっとクールな男の子に〜」から、ジョマの「〜。また新しいとこ探さなきゃ」のシーンは削除されています。理由はBです。Aも考えられなくもないですが・・・。

この日本版ではオープニング前のシーンが終わると、(韓国版では既にオープニングを済ませているので)オープニング後のシーンに移ります。さて、最初のシーンで「埼玉」とデカデカとテロップが登場しますが、韓国版ではこのテロップが現れる直前で、上空から下がっていくそのシーンがぴたっと止まり、静止映像になります。つまり、日本版でも上空のシーンは途中で下がっていくのが止まりますが、韓国版では(「埼玉」のテロップが出ないうちに)それが早く行われているのです。

さて、この次の幼稚園の屋根が映されているシーンですが、ここはスローとなっています。というのは、この後、「ひまわりぐみ」と書かれたシーンが登場しますが、そこは削除されており、その削除されたシーンの分を時間を埋め合わせるためであり(埋め合わせないと、BGMがあわなくなってしまうから。もっとも、あわなくなることは韓国版ではよくある事だが)、スローで時間稼ぎしているといえるのです。

さて、ヘンダーランドのCMですが、これはナレーションだけで歌は挿入されていません。ちなみに、韓国版ではヘンダーランドの歌はBGMのみが使われることはあっても、歌詞付きで使われることはありません。歌詞の韓国語の訳では、曲と合わなかったと考えられます。

また、CMの映像も若干異なります。ジェットーコースターとヘンダー君が同時に映っているシーンまでは同じですが、その後は、上空から見たヘンダーランドの3つのエリア(の静止映像)が映されています(それぞれ12分18秒(おとぎの森)、12分27秒(ヘンダータウン)、12分37秒(プレイランド)のシーン)。

ラストのシーンも、「ヘンダーくん」と書かれたシーンは削除されており、その「ヘンダー君」のテロップ(?)が映される直前で映像が静止になります。ヘンダー君の「一緒に遊ぼうよ」の後は韓国版にもありますが、この後の「オー、ヘンダー」のセリフのシーンは、最初の「チカゴロ ナンカ ヘンダー」の映像に置き換えられています。

翌朝、双葉幼稚園にバスが野原家を出発する際、バスに「ふたば」の文字が一瞬映っていますが、韓国版では「ふたば」の文字が映っているその一瞬のシーンは削除されています。一瞬だけなので、削除されている事に気付きにくいですが。

さて、バスの中のシーンですが、よしなが先生とまつざか先生が言い争いをする場面があります。韓国版ではよしなが先生の「とても仕事する格好には見えないけど」のセリフの後から風間君の「また始まった」のシーンまで(9分41秒〜10分11秒)が削除されています。理由はAです。胸の大きさやインチキブラをネタにしたセリフは、公序良俗に反すると判断されたのでしょう。

だから、この後のチーターの「いいじゃねえか胸なんかどうだって」のセリフも直訳ではありません。何と言っているのかよく聞き取れませんが、どうも服装の事に言及しているようです。ちなみに、この後のチャングのセリフは「チータさん」ではなく「チータ君」になっています。

この後のサービスエリアの標識もまた、修正されています。理由は@です。「蓮田」の文字と矢印は白く塗りつぶされ(つまり無地)、「HASUDA」の文字はそのままです。

この後、日本版で園長先生が群馬県についての「演説」のシーンですが、韓国版ではどうも抱川について語っているようです。具体的な内容までは分かりませんが。

しんちゃんが風間君に「東武伊勢崎線の駅名全部言える?」と訊くシーンですが、韓国版では「ソウル地下鉄1号線の駅全部言える?」に、ネネちゃんの「じゃ、東武野田線は?」のシーンは、「それじゃ、2号線は?」になっています。

ソウル地下鉄ですが、読んで字の如く、それぞれ1号線、2号線という名称のソウルを走る地下鉄のことです。詳しい事は、その手の専門書か、旅行ガイドブックを参照してみてください。もし、ソウルに行かれた際には、是非ご乗車になってみては?(まあ、普通の地下鉄ですが)

また、しんちゃんが風間君のガイドブックを見て、「おおっ!風間君の言ったことがそっくりそのまま書いてあるゾ!」のシーンで、ガイドブックの表紙が映っているシーンは削除されており(ガイドブックは日本語で書かれている)、その分を上空から見たヘンダーランドのシーンをスローにしています。

13分13秒〜16秒のシーンは、ヘンダーランドの日本語の看板があるために(つまり理由は@)、削除されています。そして、もう一つ、上空から見たヘンダーランドのシーンで、「ひこうせん駅」と書かれているシーンも(13分37秒〜47秒)も削除されています(こちらも理由は@)。しかし、削除してしまうと、音楽も途切れてしまう事になってしまいます。しかし、音楽は途切れていません。なぜなら、この後のバスが山の上へ走るシーンや、上空から見たヘンダーランドのシーンはスローになっているからです。ただ、上空から見たヘンダーランドのシーンでは、映像が途切れていますので、やや不自然な感ではあります。

ヘンダーランドに到着し、しんちゃんが「栃木から来たの。オラ、埼玉から」とおねいさんにナンパするセリフは、「仁川から来たの。オラ、ソウルから」になっています。

この後の、ヘンダー鉄道ですが、風間君がガイドブックを読むシーンでは、日本語で「(笑)」と書かれているのところは当然ながら削除されていますが、その前後の映像には何らかの修正が加えられているという形跡はありません。映像は若干短くしつつも、セリフはうまく収められていると言えます。

ヘンダー鉄道に乗車後、「おとぎの森」と日本語で書かれているシーンが登場しますが、このシーンは削除されており、代わりに線路がバターンと下ろされるシーン(17分30〜31秒)から白い煙を抜けるシーンまでスローになっています。言うまでもなく、理由は@です。

さて、ヘンダータウンの住民達ですが、ヘンダー君の名前は韓国版でも同じヘンダー君であるものの(ちなみに、韓国語の「君」の発音は日本語と同じ「くん」)、他のメンバーはやや違います。いかがその名前ですが、ナンダ君とソーダ君に関しては、、管理人が(何度も)聴いた結果、このように聞こえたという事であり、実際の発音とは異なる可能性もあります。

日本版 韓国版
ヘンナちゃん ヘンダーヤン
ナンダ君 デンダー君
ソーダ君 モンダー君

なお、ヘンダーヤンに関しては、あえて韓国語の発音そのままで載せています。「ヤン」というのは、日本語で〜嬢、〜さんを意味する女性の敬称です。

この直後、韓国版では奇妙な訳がされています。日本版で風間君は「まだ5歳だよ」というシーンが、韓国版では6歳になっているのです。いうまでもなく、しんちゃんをはじめひまわり組は年中のクラスであり、6歳というのはありえません。ただ、実は韓国では戦前までの日本のように、年を数え年(生まれた時は1歳で、正月を迎えるごとに1つ年をとる)で計算する習慣がまだ残っており、これで考えれば、風間君やしんちゃんは6歳に数えられます。

なお、この後しんちゃんがクレイ・G・マッドに自己紹介するシーンでも、しんちゃんは6歳と言っています。
しかし、「ブタのヒヅメ大作戦」や「わくわく大決戦」で自己紹介のシーンでは5歳と言っています。こちらは数え年で年齢を行っていないようです。「ヘンダーランド」と上記の2作は製作元が異なるため、このように年齢の数え方までもが異なっているようです。

さて、地底超特急ですが、「地底超特急」と書かれているシーンは削除されており、その地底超特急の(入り口のある)下の部分とヘンダー城と橋が映されているシーン(21分10秒〜13秒あたりのシーン)が交互に映されています(いずれも静止映像)。理由は@です。

この後の綾華ちゃんという女の子の名前ですが、韓国版ではキョンちゃんと呼んでいるようです(管理人にはそう聞こえる)。

この後しばらくは、映像は日本版と特に変わりません(サーカスのテント前の「立入禁止」と書かれている札は無論修正されているものの)。
クレイ・G・マッドに遭遇したしんちゃんが、自己紹介の際、自分の年齢を6歳だと言っていたのは、既に書きました。
また、トッペマの歌の歌詞も大体直訳されいます。

しんちゃんとトッペマが会うシーンで、しんちゃんはトッペマに「オラのことはしんちゃんって呼んでもいいゾ」と言うセリフがありますが、このセリフは韓国版ではニュアンスが若干異なります。
韓国版では、日本版で「しんのすけ君」に当たるところは「チャング君」、「しんちゃん」または「しんのすけ」に当たるところは「チャングヤ(ー)」となっています。

韓国語の君の意味と発音は日本語でも同じ「君(くん)」である事は、ヘンダー君のところで前述した通りです。一方、「ヤ(ー)」というのは韓国編でも書きましたが、親しい人に対する呼びかけです。ただ、日本語での意味の幅は広く、日本語で「君」や「さん」、「ちゃん」を意味することもあるようです。

チョキリーヌ・ベスタと遭遇するところで、画像が置き換えられているシーンが存在します。それは、チョキリーヌが「正直なオ・ト・コ・ノ・コ」と言った直後の、胸を揺らすシーンとその次の胸と尻のアップシーンです。胸を揺らすシーンと胸のシーンは、トッペマに攻撃をする時のチョキリーヌのシーン(33分24秒〜26秒辺り)に静止映像として、尻のシーンはしんちゃんが「シュ・シュ・ポ・ポ」と興奮するシーン(30分52秒〜53秒辺り)にスロー映像として、それぞれ置き換えられています。理由はAです。当然かなり不自然です。なお、肩たたき券を渡す場面ですが、肩たたき券は日本語で書かれているため、そのシーンのみ削除されています。その分、その直前のシーンの映像が上手く繰り返し挿入されています。

このしばらく後の、テレビに出ている雛形あきこが本作のエンディングを歌うシーンですが、韓国版では全く違う曲が、しかもBGMのみになっています(ただし、映像そのものはそのままなのでシン・ソンニョは口パク)。

この後、風呂に入るしんちゃんが風呂に入っているところにトッペマが入ってきますが、その風呂でのぞうさんのドアップシーン(38分34秒〜35秒)は、その直後のシーン(38分36秒)に(静止映像として)置き換えられており、その静止映像は動画とつながるように編集されているため、削除されている事に気付きにくいところです。理由はAです。

また、この後トッペマが紙芝居を出すシーンでは、これからずっと後の「オラも徹夜でオユーギ踊れる気分!」(79分43秒〜44秒)の静止映像(口は閉じている)に置き換えられています。相当不自然であるのは言うまでもありません。

そして、この次のトッペマの「魔法の説明とここまでのお話、始まり始まり〜」と言うシーンは、「魔法よ、便利でしょ」のシーン(38分40秒〜42秒)に置き換えられています。なお、台詞の役も若干違っており、「魔法の説明とここまで(今まで)のお話を始めるわよ」となっています。まあ、大して違いませんね。

そして、この紙芝居のシーンは、以下のように映像の置き換えがされています。
基本的に、日本語で書かれている箇所が別の映像に置き換えられています。なお、置き換えられた映像に元々合ったセリフやBGMは、当然ですがありません。

日本版でのトッペマのセリフの部分 韓国版でその時に置き換えられている映像
「実は今日、しんちゃんが行ったヘンダーランドは〜悪い魔法使いたちにの基地なのよ」のシーン 風間君がヘンダーランドについて説明する時に映っているヘンダーランドを上から映したシーン(12分22秒〜30秒)
「そのボスはオカマ魔女のマカオとジョマ 「トッペマの奴がスゲーナ・スゴイデスの
トランプを隠してたわけね」
「まずいわね」のシーン(30分55秒〜58秒)
手下にはにチョキリーヌ・ベスタ 「同じ男として忠告させてもらえれば〜」
のシーン(27分14秒〜16秒)
クレイ・G・マッド 無事ヘンダーランドから脱出出来たら・・・
いいわよねぇ」のシーン(29分49秒〜52秒)
「この3人は本当に〜滅ぼしたのよ」 「油断して石にされくせに」〜
「子供を探す役目は〜」のシーン
(チョキリーヌの映像は一瞬)
(32秒〜42秒)
「それがダメなの〜あの4人には歯が立たないわ」 修正はされていません。日本版と同じです。
このシーンでは日本語が
書かれていないからです。
「でも、ひとつだけ方法があるの」 上と同じく、こちらも日本版と同じです。
「それはスゲーナ・スゴイデスのトランプなのよ!このトランプを〜使い放題なの!」 カゴの中にあるトランプが
アップで映されている
シーン(12分31秒〜35秒)
「さっきも言ったけど〜引き出すことは出来ないのよ」 日本版と同じです。
「トランプの力を信じている〜倒すことが出来ないの」 こちらも映像の置き換えはされていませんが、
「たとえば野原しんのすけ」の字が見えないようになっており、
その分画面がズームになっています。
だから、しんちゃんの顔も半分も映っていません。

この後、しんちゃんがシン・ソンニョを呼び出すシーンですが、日本版で彼女が「こんにちは、しんちゃん」と言うシーンが削除されています。つまり、本作の韓国版ではビキニ姿の女性(この場合は雛形あきこ)の全身が映されているシーンはカットされているのですもちろん理由はAです。

この場合では、シン・ソンニョがうっすらと現れるかというところで、映像が日本版で「私は雛形あきこ」と自己紹介を始めるシーンに飛んでいます(韓国版では「私はシン・ソンニョ」)。また、スリーサイズを紹介する場面も、胸などのドアップの映像であるためか削除、また、この次の「今年大ブレイクって予感の・・・」のシーンもまた、雛形の全身が映っているために削除されています。つまり、この次のトッペマがトランプについて解説するシーンに飛んでいるわけです。そのため、韓国版ではトッペマがしんちゃんにかけた魔法がいつ切れたのか(つまり、いつしんちゃんが裸に戻ったか)、それが分からなくなるのですが。

さて、翌日バスから景色が映されているシーンがスローになっています。理由は@です。「新壁」と書かれたポスターを削除したためです。なお、この直後に映る「春日」の表札はそのままです。判別しにくいからでしょうか。

幼稚園で、園児達が「はーい」と手を挙げている中、しんちゃんが手を挙げる際「ほーい」と言ってよしなが先生に注意される場面があります。韓国版では、園児達は「ネー」と言っており(韓国語で「はい」は「ネー」)、チャングは「ヌェー」と言っています。

その夜、オモチャ箱を見て、布団に向かうチャングと、この後のオモチャ箱の中のシーンはスローになっています。これは、「おもちゃぼこ」と書かれたオモチャ箱のシーン(44分15秒〜19秒)を削除しているため(理由は@)、その削除した分をスローで埋め合わせるためです(この後眠りにつくチャングは日本版と同じ)。

さて、ス・ノーマンが駅に到着するシーンですが、ホームの看板に「かすかべ」と書かれたシーン(44分51秒〜56秒)は(当然?)削除されています。また、改札のシーンで、ス・ノーマンの2番前の人が定期券を入れるシーンも、「大宮⇔春日部」と定期券に書かれているため、それが書かれているシーンが削除されています(まあ、気付きにくいところなのですがね)。

ス・ノーマンが改札を出るシーンで、「かすかべ」と書かれた駅の看板は、「かすかべ」の文字が白く塗りつぶされています。この後の、「春日部か。いや〜懐かしいぜ。初めて来たけどな」のシーンは、「春日部駅」と書かれた看板が背景にあるため、映像は「やっとトランプに近づいてきたな。ほのかに魔法の匂いがするぞ」のシーン(46分5秒〜9秒)に置き換えられています。

なお、セリフは「江東(カンドン)駅か。懐かしい所だぜ。初めて来たけどな」となっていますここで、チャングの家の最寄り駅が江東駅である事が推測できます(江東駅とはソウル地下鉄5号線の駅の一つ)。ナアルホドです。

この後、ス・ノーマンが「矢切の渡し」を歌いながら歩くシーンですが、別の歌を歌っています。何の歌かは分かりませんが。

この後は映像に特に修正はありません。
そして、ス・ノーマンがマサオ君と会い、「運がいいな」と言うシーンでエンディングとなり(映像と音楽はオープニングと変わりませんが)ここで、ディスクの1枚目は終了します。

それでは、後半については後編の方で。




韓国編  海外編  トップページ