韓国編  海外編  トップページ



「ブリブリ王国の宝物」編


※当ページは、概論劇場版についての概論を既に読んでいることを前提としています。
従いまして、概論劇場版についての概論をまだ読まれていない場合は、
当ページより先に、概論劇場版についての概論を読まれることをお勧めいたします。
なお、韓国語から日本語に訳した文は、管理人の不十分な韓国語能力のため、
やや不自然に思われるかもしれませんが、ご了承下さい。

※当ページでは、韓国版で削除、修正が行われているシーンについても触れていますが、
その理由を@、A、Bで表しています。
@は明らかに「日本」だと分かるため、
Aは「過度」な暴力描写や性描写があるため、
Bは不明、つまりなぜ削除、修正が行われているのか、
管理人にも分からない
ということを、それぞれ意味しています。
また、削除、修正のシーンによっては、別の映像が置き換えられていることもあります。
ただし、それは全て、その同じ作品の中からの映像が使用されています。
その代わりの映像を、〜分〜秒のシーン(または静止映像)と表していますが、
この「〜分〜秒」というのはバンダイビジュアルから発売されている、
日本版(つまり本家)のDVDで再生した時の経過時間を表しています。

※さらに、韓国版では、セリフが日本語と若干異なる(つまり直訳されていない)ところもあります。
そういったことにも触れたいと思います。





当ページは、韓国版の「ブリブリ王国の秘宝」について触れたいと思います。
具体的には、登場人物の名前の変更、セリフ、削除や修正が行われているシーンなどについてです。
というわけで、早速触れていきます。

まず、登場人物の名前からです。
アナコンダ伯爵(아나콘다 백작) 、ミスターハブ(미스터 하부)、サリー(샐리)、ニーナ(니나)、ルル(루루)(本名のルル・ル・ルル(루루・루・루루)も含め)は全て日本版と同じです。
名前が異なっているものは以下の通りです。

日本版 韓国版 コメント
スンノケシ王子 구짱 왕자
(クッチャン王子)
クッチャン(구짱)の「チャン()」は、ハングルで表記すると、チャング(짱구)の「チャン()」と同じで,「ク()」もチャングの「グ()」と同じです。つまり,구짱とは짱구をひっくり返したものです
小宮悦子 고명심
(コ・ミョンシム)
このコ・ミョンシムというキャスターが、韓国で実在するかどうかは分かりません。ただ、名前からして、「小宮悦子」をもじったものだと考えられ、実在しないと思われます。
なお、日本版ではしんちゃんは「小宮の悦っちゃん」と呼んでいますが、韓国版ではチャングは「コ・ミョンシムのおねいさん」と呼んでいます。
ブリブリ魔人 부리부리 마신
(ブリブリ魔神)
魔人が魔神になっています(韓国語で魔人はマイン(마인)、魔神はマシン(마신)と発音)が、なぜこのような変更がされているかは、分かりません。なお、韓国版の「ヘンダーランド」でも、ぶりぶりざえもんはブリブリ魔神となっています。
ホワイトスネーク団 하양뱀 일당
(白ヘビ一党)
もちろんこれは「ホワイトスネーク団」と訳せます。なぜ、ホワイトスネーク団という名をそのまま使用せず、このように訳したかは不明ですが。

まず、冒頭からしばらくは、日本語が全て韓国語に置き換えられている以外は全て同じです。

ちなみに、この作品では「オカマ」は「중성(チュンソン)」と訳されています。これは、日本語に直訳すると、「中性」となり、女のような男(またはその逆)を意味します。なお、他にオカマを意味する言葉に、「남색(ナムセク)」というのがありますが、こちらは男色、陰間といったニュアンスが強く(「ナムセク」を直訳すると「男色」)、あまり「オカマ」の適切な訳とは言えないようです。

さて、幼稚園で園児が自分の欲しいものをお絵かきするシーンがあります。ここで、風間君は日本版だとポルシェが欲しいと言っていますが、韓国版ではなぜかベンツ(벤츠)と言っています。

最初に削除、修正が加えられているシーンは、この後の「オラ、ニュースステーションの小宮の悦っちゃん」というところです。このセリフのシーンは、9分7秒の静止映像(サリーが双眼鏡で幼稚園を覗いているところ)に置き換えられています。理由は@です。しんちゃんの描いたその絵の中に、文字(日本語)が入っているためです。

その後、幼稚園から帰ってきたしんちゃんが昼寝しているみさえに「やれやれ、妖怪昼寝オババになってる」と言うシーンは削除されています。理由はBです。この後のしんちゃんがみさえの悪口を言うシーンはそのままなのですが、なぜか上記のセリフのシーンのみ、削除されています。

買い物で、「愛人300人下さい」と言い、みさえに拳骨をくらうシーンは、「愛人300人下さい」まではそのままですが、拳骨をくらうシーンは、10分39秒の静止映像(「あとコロッケ3つ下さい」のシーン)に置き換えられています。しかし、効果音はそのままですから極めて不自然です。みさえがしんちゃんに拳骨をくらわす時に、背景に「よいこ食堂」と言う文字が映っています。これを隠すために、上記の静止映像を使用したと考えられます。従って、理由は@です。ちなみに、「愛人300人下さい」のセリフは、日本版とは違うように訳されていると思われますが、管理人の不十分な韓国語能力のため分かりません。

この後の、買い物カゴを持つと、しんちゃんがごねるシーンは、「花美田パン店」と背景に書かれているシーンのみ削除されています(1秒前後でしかないシーンですが)。言うまでもなく、こちらも理由は@です。

この後の福引のシーンですが、この福引会場には賞品名など、日本語が多く登場するため、静止映像で置き換えているか、削除されているところが多いです。

具体的に言いますと、まず、11分22秒のシーンからばっさり削除されており、代わりに12分2秒の静止映像に置き換えられています。ここで、しんちゃんとみさえの会話(かーちゃん、オラもガラガラ回したい。ダメよ、福引券持ってないもん)があります。

そして、12分32秒の静止映像(店員3人が金の玉を凝視するシーン)に変わり、福引の店員(ニーナ)のセリフ(ご心配なく、大体のお買い物の量に応じてやっていただいておりますので)が出てきます。

この後のしんちゃんが福引をするシーンは、日本版と同じです。
そして、店員が「おめでとうございます。特賞海外旅行が当たりましたぁ!」と言う場面は12分39秒の静止映像です(福引の店員(ニーナ)が両腕を挙げるシーン)。

この後、みさえがため息をつくシーンはそのままですが、その後の大喜びするところから、ニーナの「さ、撤収よ」のシーンまで、削除されています。賞品名など、日本語が多く登場する会場から考えて、理由は@と思われます。

そのため息のシーンから、一気にひろしの帰宅のシーンに飛んでいるのですが、この後みさえがひろしの抱きつくシーンはそのままで、その後のシーンも削除されています。ひろしの「え、ブリブリ王国5泊6日の旅?」と言うところに飛んでいるのですが、理由はBです。みさえがひろしのキスしたり、みさえがしんちゃんの尻を叩くシーンが削除されているのですが、似たようなシーンは、本編にも何度も登場しており(尻たたきはこの場面のみですが)、Aであるとは考え難いです。

みさえがブリブリ王国について説明するシーンも、14分55秒(上空から見たブリブリ王国)と22分27秒(飛行機が飛んでいるシーン)の静止映像に置き換えられています。理由は@です。このシーンは、日本語が書かれているガイドブックが映っているからです。

この後は、しばらくの間、削除、修正はありません。セリフにしてもマカデミアナッツや、飛行機の中でのやりとり(「ティー、オアコーヒー?」「ア、アイアムコーヒー」「ティープリーズ」といったセリフも含め)に至るまで、日本版に忠実です。

この後、ジャングルの中でみさえとひろしのミュージカルシーンも削除されています。みさえの「そ、それは」のシーンからジャングルを歩くシーンへ飛んでいます。理由は@と思われます。おそらく韓国語訳の歌詞と曲が合わなかったのでしょう。

みさえがひろしに「火のないところに何とかって言うじゃない?」と言い、ひろしの胸ぐらをつかむシーンも削除されています。これはAが理由に考えられます。韓国では儒教がまだまだ社会に深く浸透しており、妻が夫の胸ぐらをつかむのは余りに不品行であると判断されたのかもしれません。

この後しばらくの間は、削除、修正は特にありません。
そして、しんちゃんがワニ、ヘビ、トラにぞうさん踊りをするシーンに修正が加えられています。
ぞうさん踊りのシーンは、後ろからの映像(分秒のシーン)のみが使われており、正面からのシーン(分秒のシーン)はこの後ろからのシーンの静止映像映像が使われ、この映像はやがて動画に切り替わり、ワニたちが逃げ出しシーンへつながっていきます。これも理由はAです。

この後、ルルとハブの戦いで、ハブがルルを蹴る場面は削除されています。回転技をくらわせるシーンから、ルルが車両のドアへ叩きつけられるシーンへ飛んでいます。理由はAこれもです。

その後、ルルとみさえ、ひろしの会話から、海上のシーンへ移りますが、ここでエンディングが始まります。エンディングと言っても、オープニングと全く同じなのですがね。
ただ、海上のシーンで終わる場面と、エンディングの場面で、テロップが出ます。
前者は「2編へ続く」、後者は「果たして、我らのチャングの運命は?」です。

さて、ディスクの2枚目に収録されている後半に移ります。
後半では、まずオープニングから始まり、その後「前回の話」が流れます。前半の話のシーンがダイジェストで使われ、あらすじのテロップも出ます。

そのテロップを訳すと、以下の通りです。

「くじ引きに当たり、インド洋の美しい島国‘ブリブリ王国’に家族旅行で行った‘チャング’と母ちゃん、父ちゃんは途方にくれるほど大喜び。しかし、それは王国の秘宝を狙うアナコンダ伯爵の白ヘビ一党が企てたことだったのだが・・・。既に‘クッチャン王子’を拉致した彼らは王子とそっくり似ているチャングを誘拐し、秘密のある‘秘密の扉’を開ける所を利用しようとする。この事実を知らなかったまま、白ヘビ一党の飛行機に乗ったチャングの家族はサルだけが暮らすジャングルに逃げのびる。かろうじて見つけた列車の中で、武術の実力が秀でている王子の女警護員‘‘ルル’’に出会い安心したが、チャングを追いかける白ヘビ一党の追跡は続き・・・」

さて、その後海上のシーンから始まります。

そのあとのしんちゃんがハブとアナコンダにぞうさん踊りをするシーン(51分21秒〜26秒)は51分33秒の静止映像に置き換えられています。「ぞお〜さん、ぞお〜さん」と言うところは同じですが。理由は言うまでもなくAです。
ちなみに、静止映像のシーンは、皆かなり不自然です。言うまでもないことかもしれませんが。

その後しばらくは、日本語が全て韓国語に置き換えられている以外は全て同じです。

そして、この後小宮悦子の登場ですが、まずテレビ朝日は、単に「방송국(放送局)」となっています。
さらに、日本版で「本番中(背景色は黒)」、「練習中(背景色は赤)」と表記されているところは、まず「本番中」のところは何も書かれておらず(背景色は緑)、「練習中」のところは(ハングルで)「放送中(背景色は赤)」となっています(下の図参照)。

日本版     韓国版
本番中
練習中 방송중

そして、「아나운서 고명심(アナウンサー コ・ミョンシム)」というテロップは出ていますが、「부리부리 마신(ブリブリ魔神)」のテロップはなぜか出ていません。

さて、この後のルルがアナコンダを撃つシーン(73分57秒〜59秒)ですが、ここは銃撃の効果音は同じですが、このシーンはなく、代わりにその直後の(74分0秒〜2秒)スロー映像に置き換えられています。理由はAです。

この後のルルとハブの戦いのシーンで、ハブがルルの首をしめ上げるシーン(77分5秒〜28秒)は削除されています。ハブが振り向く瞬間の映像から、ルルが足を上へ上げる場面に飛んでいます。これも理由はAです。しかし、これではルルの「殺す、殺すって、気安く言わないでよ!」というセリフが、やや不自然にも聞こえるのですがね・・・(この場合だと、ハブが「殺す」と言ったのは回転技をする直前のみ)。

さらに、ルルがハブの顔面を蹴るところで、顔面を蹴られたハブの顔のドアップ(77分47〜50秒)も削除されています。これまた理由はAです。

ちなみに、ルルが蹴る瞬間の映像には、パンツがチラッと見えるのですが(スローで見ると分かります)、ここはそのままです(笑)。このように、スローで見ないと分からないような箇所に関しては、特に問題視されないようです(これは、他の劇場版作品にも言えることです)。

この後の、コ・ミョンシムのサインですが、サイン色紙の「えつこ」というところだけが白く修正されて書かれていません。それ以外は日本版と同じです。「こみや」の文字は、文字には見えないだろうと判断されたのか、そのままです。

最後のクッチャン王子のぞうさん踊りをする場面は、後ろからの映像(90分52秒〜59秒)のみが使われており、正面からのシーン(90分45秒〜48秒)は削除され、代わりにこの後ろからのシーンを2回繰り返しで使用されています。1回ではなく、なぜ2回使われているかといえば、象が鼻を上げる映像を出さないためです。つまり、鼻を上げる直前で、また繰り返し使用されているわけなのです(厳密に言えば、90分52秒〜54秒のシーンが2回使用されていることになります)。

そして、エンディングですが、これまたオープニングと全く同じです。そして、エンディングでもテロップが出ます。訳すと、「第2弾〈アクション仮面対ハイグレ王〉もお楽しみ下さい」です。やはり、「ブリブリ王国」が第1作、「ハイグレ王」が第2作とみなされているのです。その理由は不明ですが。

次回は、その「アクション仮面vsハイグレ王」について触れます。



韓国編  海外編  トップページ