トップページ

だらくやストア物語



INHALTSVERZEICHNIS
だらくやストア物語とは
単行本データ
単行本の表の見方
単行本 (1巻)
単行本 (2巻)
単行本 (3巻)
すぅぱあ・みっくす
雑誌連載記録




だらくやストア物語とは


『だらくやストア物語』は、臼井儀人先生のデビュー作で、『クレヨンしんちゃん』の前身となった作品です。

1987年2月頃、臼井儀人先生は『だらくやストア物語』を双葉社に持ち込み、4コマ漫画と「業界モノ」の漫画をやろうという『漫画アクション』の意向通りの作品であったことから、同誌の編集部に認められ、すぐにプロの漫画家としてデビューし、連載が決定しました。

『漫画アクション』の1987年5月26日号で、おそらく初めて『だらくやストア物語』が掲載され、6月2日号から本格的な連載が始まりました。そして、1990年8月7日号まで連載されました。同誌の9月4日号より、『クレヨンしんちゃん』の連載が始まりました(なお、『漫画アクション』の発売日は明記されている日より2週間前です。例えば5月26日号なら、5月12日に発売されています)。

『だらくやストア物語』は、臼井儀人先生が自身の仕事の経験から生まれた作品で、だらくやストアという全国チェーンのデパート(大型スーパーマーケット)が舞台です。描かれている支店の大部分は、北春日部店です。『漫画アクション』および単行本に「これは大型ストアを舞台にくり広げられる人間たちの戦いの記録である」と書かれており、特定の主人公はおらず、だらくやというデパートそのものが主人公ともとれます(強いて言えば、最も登場する北春日部店の藤枝店長(45歳B型)が主人公なのかもしれません)。

このだらくやの社長の二階堂信之助の子供から青年期までを描いた「だらくや社長一代記」における彼が、後の『クレヨンしんちゃん』の主人公である野原しんのすけへと発展していきました。また、『だらくやストア物語』には6時半の男こと丸山など、『クレヨンしんちゃん』でも登場しているキャラクターもおり、まさに『クレヨンしんちゃん』は『だらくやストア物語』なくしては生まれなかったと言えます。

『だらくやストア物語』た単行本が3巻発行されましたが、すべての話が収録されているわけではありません。収録されなかった話は『すぅぱあ・みっくす』(全1巻)という題名で再度単行本化されましたが、それでも未収録の話があります。また、『だらくやストア物語』や『すぅぱあ・みっくす』には『だらくやストア物語』とは別と思われる作品もいくつか収録されています。

さらに、2000年には臼井儀人先生がそれまで双葉社で描いてきた漫画(『クレヨンしんちゃん』を除く)を再編集した『臼井儀人こねくしょん』(全3巻)が発売され、第1巻と第3巻に『だらくやストア物語』の話が収録されています。





単行本データ

だらくやストア物語
1巻 2巻 3巻
初版発行日 1988年12月28日 初版発行日 1990年2月9日 初版発行日 1991年8月11日
定価 550円 定価 570円 定価 570円
版型 A5版 版型 A5版 版型 A5版
ISBN 4-575-93138-1 ISBN 4-575-93189-6 ISBN 4-575-93262-0

すぅぱあ・みっくす
初版発行日 1994年1月11日
定価 580円
版型 A5版
ISBN 4-575-93348-1

臼井儀人こねくしょん
1巻 2巻 3巻
初版発行日 2000年5月22日 初版発行日 1990年6月27日 初版発行日 2000年7月28日
定価 680円 定価 680円 定価 680円
版型 A5版 版型 A5版 版型 A5版
ISBN 4-575-93684-7 ISBN 4-575-93689-8 ISBN 4-575-93697-9




単行本の表の見方


以下、単行本の表の見方についてです。

単行本は1巻から順番に収録されている話から取り上げています。左の「単行本(頁)」は『だらくやストア物語』の何巻の何ページに、もしくは『すぅぱあ・みっくす』の何ページに収録されているかを記しています。右横の「こねくしょん(頁)」は、2000年に発行された『臼井儀人こねくしょん』の何巻の何ページに収録されているかを書いています。

「題名」は各話に付けられた題名を載せていますが、題名の無い話もあります。なお、雑誌連載時と単行本では題名が異なる場合がありますが、当ページでは原則として単行本の題名を載せています。「内容」は該当する話の簡単な内容に触れています。

「雑誌連載記録」は、該当の話がどの『漫画アクション』に掲載されたかを記録しています。



単行本(頁) こねくしょん(頁) 題名 内容 雑誌連載記録
1巻(6) - だらくやストア
研修項目
「だらくや社員としての心がまえ」、「接客用語と礼の角度」、「身だしなみ」についての詳細。 -
1巻(7) - 合格ダルマ 受験シーズンに販売される合格ダルマについて。 漫画アクション1988年3/1号
- ランドセル だらくやの奇抜なランドセル。
1巻(8) - - だらくやストアのひな人形は、からくりすべり台付。 漫画アクション1988年3/8特大号
1巻(9) - スプリングセール スプリングセールの商品の発注を忘れた女子店員は、自ら「商品」と化す。 漫画アクション1987年6/2号
-  商品管理(愛欲編) 店員の佐々木が商品に愛情を持つあまり、冷蔵庫を犯す。 漫画アクション1987年6/23号
1巻(10) - サービス だらくやストアのサービスは過剰のようだが、価格の70%はサービス料だった。 漫画アクション1987年6/9特大号
1巻(11) - 禁煙 社員が売場での喫煙をめぐって喧嘩をしている時、店は火事だった。 漫画アクション1988年4/5号
- きれい好きな男 店内一きれい好きな男、丸山文男(28)は、家庭では「新種の」亭主関白。
1巻(12) - - バックルームに通ずる出入口のとびらをからくりとびらにしただらくや。 漫画アクション1988年4/5号
1巻(13) - ある実態 「だらくや玩具担当親子のドラクエV闇商売の実態」  漫画アクション1988年3/29号
1巻(14) - だらくやでの成功率 安い値段シールをはがし、違う品に貼りかえる手は、だらくやでは成功しにくい。 漫画アクション1988年3/8特大号
- 停電 店内の停電時、だらくやの店員は懐中電灯で自分の顔を照らして客を怖がらせる。
1巻(15) - 天命 店を継ぐのが嫌でだらくやに入社した豆腐屋の息子は、豆腐売場に配属される。 漫画アクション1987年6/2号
- 異動 だらくやで成績の悪い店員は異動の際、店ごと移動する。
1巻(16) - - だらくやの「アクション仮面」ショーで、店員や店長たちが舞台で乱闘する。 漫画アクション1987年11/3号
1巻(17) - プロの電話マナー 電話のプロ交換手は、いかなる態度でも相手に悟らせない。 漫画アクション1987年12/8特大号
- 春のマタニティ企画 春のマタニティ企画で、妊婦の相撲やベビーカーラリーが提案される。 漫画アクション1988年3/1号
1巻(18) - 商品価値 商品は大切に扱わなければならないが、日付切れのものはその限りでない。 漫画アクション1987年7/14特大号
1巻(19) - 特異体質 だらくやストアの佐々木さんは、忙しくてトイレに行けない時、汗に変えて出す。 漫画アクション1988年2/9特大号
- メジャーの理由 だらくやの洋服売場の店員は、メジャーをたづな代りに使う。
1巻(20) - - だらくやのそうじのおじさんはもと憲兵。 漫画アクション1987年6/16号
1巻(21) -  ヒゲ ある店員の無精ヒゲは、実はみそを売っていてうつされたカビだった。 漫画アクション1988年3/8特大号
- チラシ戦争 ひたすら大きくなるチラシ、その重みで苦労する新聞配達人の朝刊太郎(15)
1巻(22) - - 開店前のチェーンストアの店内は戦場のように忙しいが、だらくやは本当の戦場になることも。 漫画アクション1987年6/9特大号
1巻(23) - 絵画ブーム 財テクブームで絵画を買う人が増える中、だらくやの売り上げの折れ線グラフの絵が売られる。 漫画アクション1987年12/1号
- 大手アパレルに挑む? 大手アパレルに挑むだらくやだが、取引してもらえず嫌がらせをする。
1巻(24) - - 家庭の仕事をする男性が増える時世、だらくやは時代を先取りして男の出産を提案。 漫画アクション1987年12/1号
1巻(25) -  売り声テープ 客が来ないだらくやでの売り声のテープは、店員の心のささえ。 漫画アクション1987年10/27号
- 入荷時間 だらくやは入荷に何時間かかってでも、客に商品を売る。
1巻(26) - - だらくやの卸売業者へのいじめは小・中学生並み。 漫画アクション1987年6/23号
1巻(27) - プレイボーイ 電器売場のCD担当のある男性店員は、コマしのプロで必ず妊娠させる。 漫画アクション1987年6/23号
- アピール 生味噌をアピールするために、味噌が生きているかのような演出を行う。
1巻(28) - - エレベーターが重量オーバーの時、気を使いすぎるエレベーターガールが自分が降りてしまう。 漫画アクション1988年3/29号
1巻(29) - 意地っぱり同士 店員とお客が意地っぱりだと、後に引けないところまで意地を張り合う。 漫画アクション1987年7/28号
- 家業のため だらくやで3年修行して親のスーパーを継いだ中島くんが、経営がガタ落ちに。 漫画アクション1987年9/15号
1巻(30) - 売り出し・そのタイトル だらくやの梅雨期のチラシ「6月の濡れた商品フェア」で、警察の手入れを受ける。 漫画アクション1987年6/16号
1巻(32) - だらくや お中元目玉企画品 危険を伴うギフトなので、それなりの覚悟で販売せよとのこと。
ありきたり商品 詰合せセット、適当に選んだ食材に食品添加物をめいっぱい使用した不自然食品、高級 有田焼メガネフレーム詰合わせ、ひらきなおりセット、さかうらみグッズ
-
1巻(33) - ニーズをつかめ!! お客様のニーズのつかみ方で、ニーズを間違ってつかむだらくやの店員 漫画アクション1987年9/22号
- 合図音楽 だらくやでスター・ウォーズのダースベイダーのテーマが流れるのは、本部からの視察を意味する。 漫画アクション1987年9/29号
1巻(34) - マドンナ来たる だらくやはマドンナが来ると宣伝し、店員にマドンナの変装をさせる。 漫画アクション1987年7/7号
-  部下の対応 目上に人に「ご苦労さま」は失礼、「ご苦労であった」と殿さま化するのは最も失礼とされる。 漫画アクション1987年9/8特大号
1巻(35) - 就職相談 大学の就職相談で、だらくやは避けるように言われる学生。 漫画アクション1987年10/6号
- ディスプレイ 水着コーナーのディスプレイのマネキンを犯そうとする店員、佐々木。 漫画アクション1987年6/30号
1巻(36) - - マネキンとの「社内恋愛」が引き裂かれた悲劇(?)。 漫画アクション1987年7/21号
1巻(37) - だらくや式サンキューセット クツにもかんおけにもフライドポテトを付けるだらくや式のサンキューセット。 漫画アクション1987年8/11号
- 正しい姿勢 手は前に組むことを指導する次長は、逮捕の時も手を前に組むことを強調。 漫画アクション1987年8/11号
1巻(38) - 私物点検 かつてマジシャン志望だった岡田英二(32)は私物点検の際に手品を披露。 漫画アクション1987年6/30号
- 報告 同僚の失敗の隠ぺいを密告する店員は、店長からアラさがしばかりやっているという評価をされる。 漫画アクション1987年6/30号
1巻(39) - 悪夢 発注ミスという悪夢から目を覚ました店員は、仕事中に商品のベッドで寝ていた。 漫画アクション1987年8/4号
- 理由(わけ) 高校生のカズアキ(17)はシンナーの代わりに日付切れのとうふを吸うようになる。 漫画アクション1987年7/21号
1巻(40) - - だらくやストアのお中元の売場の決め方。 漫画アクション1987年7/14号
1巻(41) - 夏をのりきるセット商品 その日付切れ商品と腹痛の薬をセットにした「きもだめしセット」を販売、10日間の営業停止に。 漫画アクション1987年7/28号
- お中元(カタログ販売) だらくやストアのお中元セール、カタログ販売とは文字通り、カタログを切り取った写真を販売。 漫画アクション1987年7/28号
1巻(42) - - だらくやストアのお中元は文字通り「ひきゃくの心」で何日もかけて運ぶ。 漫画アクション1987年9/1特大号
1巻(43) - お惣菜売場の苦悩 チェーンストアの惣菜売場では、つまみ食いて太る販売員が多い。 漫画アクション1987年12/1号
- 言葉のむずかしさ 日本語は難しい。「置かして」を「犯して」と誤解されることも。 漫画アクション1987年9/1特大号
1巻(44) - - 売上の伸びないだらくやでは、お中元で盛り返そうとするもうまくいかず、遂に訪問販売に踏み切る。 漫画アクション1987年8/4号
1巻(45) - だらくやストアVS某大手スーパー 某大手スーパーの「ザ・セール」のマネをしただらくやの「ザ・セーリ」は、言った人だけがバカを見ると世間の人からみなされる。 漫画アクション1987年8/11特大号
- 夏のボーナス 夏のボーナスで、「超破格値」と書かれた明細を渡されるも、事の重大さを理解しないだらくや店員。 漫画アクション1987年8/18号
1巻(46) - テレビショッピング 仏だんの冷蔵庫が一緒になった冷凍仏だん冷蔵庫をテレビショッピングで流しただらくやに抗議が殺到。 漫画アクション1987年8/25号
1巻(47) - あいさつ だらくやストアで、「あいさつで先手をとられた者はその場で100円支払う」というルールを定め、店員たちは挨拶のタイミングを狙って姿を見せず、開店時間が遅れる。 漫画アクション1987年7/7号
- 放火 家具に放火しようとした男に、布団の方が燃えると言っただらくやの店員。
1巻(48) - - だらくやの電話交換室は、完全に大奥となってしまう。 漫画アクション1987年7/28号
1巻(49) - 奨め上手と不安感 商品に対するお客さんの不安をうまく拭い去るつもりが、却って不安にさせてしまう店員。 漫画アクション1987年10/6号
1巻(50) - - 冷凍室でさぼっていた店長を見たある店員は、怒りでロッキーになりきって、豚肉にぶつける。 漫画アクション1987年7/7号
1巻(51) - ニューファッション だらくやの変型Tシャツ「衿付長袖ポケットズボン付Tシャツ」はつなぎにしか見えない。 漫画アクション1987年8/4号
- 化粧の落とし方(プロ編) 化粧品コーナーの店員は厚化粧で後頭部を叩けば化粧の層が外れる。
1巻(52) - - 前回の続き。後頭部を叩いても化粧を落とせないヤヨイは特訓を始める。 漫画アクション1987年8/11特大号
1巻(53) - 1人だけの勤務 だらくやストア電話交換手の児島聖子(24)は、一人だけの勤務の日、電話が来ると寿司屋と偽ってストレス解消する。 漫画アクション1987年8/18号特大号
- アイデア商品 扇風機、風鈴、蚊取り線香を一つにしたアイデア商品を見ただらくやの客が、怒って店内を壊す。
1巻(54) - - ドライアイスは瓶を破裂させるので危険という公開実験がだらくやストアで行われるが、ドアイアイスがおもちゃになってしまう。 漫画アクション1987年6/30号
1巻(55) - 売り出しタイトル(その季節) スーパー・百貨店では季節に合わせて売り出しのタイトルを変えていくが、だらくやストアでは年間同じタイトルで貫くこともある。 漫画アクション1987年8/25号
- 聴きちがいの女王 佐藤順子(19)は、相手の言う事を性的な言葉に聴き間違える欠点があり、事務の仕事でFAXを「ファックして」と聴いてしまう。 漫画アクション1987年7/14号
1巻(56) - 実演販売・そうじ機 タタミを持ち上げてしまうほどの吸引力の掃除機が大いに売れるが、翌日にタタミを吸って掃除ができないという苦情が殺到する。 漫画アクション1987年7/21号
- 聴きちがいの女王(不倫) 村山マネージャーは、FAXをファックに聴き間違えた佐藤順子に、不倫してくれと頼むが、佐藤は村山を風鈴姿にしてしまう。
1巻(58) - 店ポ改装参考例 だらくやの移動店ポ改装は、通常店と異なって、商品を運ぶ箱のレイアウトを変え、新商品を加えるだけである。この店ポを担当する物のほとんどの社員は辞めてしまうことから、人員削減としても有効な手段とされる。 -
1巻(59) - トイレの会話 社員用トイレで、家庭雑貨担当の永井は店長のアレを見て、商品つまようじを思い出す。 漫画アクション1987年9/8号特大号
- TV・CM だらくやメンバーズカードの出演者の店員はヘンタイのように演出される。
1巻(60) - - 商品の取り替えを頼む客は、無愛想な店員に怒り、店長を呼んで叱り、店長は売場担当を取り替える。 漫画アクション1987年10/27号
1巻(61) - アルバイトから社員へ だらくやはアルバイトのまま店長になれる。 漫画アクション1987年9/29号
- 敬老の日サービス 敬老の日の期間中に行われるだらくは、骨壺に包装するサービスを行っている。
1巻(62) - - 改装時などで売場配置が案内図と異なっていると、だらくやでは業者が従業員に直させる。 漫画アクション1987年9/22号
1巻(63) - 職業病 部屋の隅でないと話すことができないというエレベーターガールの職業病。 漫画アクション1987年9/22号
- ノルマ 女性の店員は男性の上司に厳しいノルマを課されるが、やがて二人は結婚。女性は夫に夫婦の営みで厳しいノルマを課す。
1巻(64) - - だらくやのおしゃべり血圧計は、客が自由に試用する際、店員が裏から客の悪口を言って怒らせ、血圧計を破損させて弁償させることで売り上げを伸ばす。 漫画アクション1987年9/29号
1巻(65) - セールスポイント 「夫婦で一家団らんで」をセールスポントでワイン販売を行う女性店員は、独身の男性客に販売する際、自分との結婚の意志を見せる。 漫画アクション1987年9/15号
- 借金 同僚から一万円を借りて、体で返済しようとする店員。 
1巻(66) - - チェーンストアの社員たちは「確認」という言葉を好み、それはプライベートでも使われる。 漫画アクション1987年8/18号
1巻(67) - B・Rとは 売場でないB・R(バックルーム)を、「バックれる所」と解釈する高校生のバイト。 漫画アクション1987年10/13特大号
-  あぶない戦い!! 賞味期間の過ぎた食品を売る際、日付を一週間もどしてレシートを打つという「日付変更戦」を行うだらくやストア。
1巻(68) - - だらくやの運動会準備委員は、別のチェーンストアの運動会に参加して景品をそろえる。 漫画アクション1987年10/13特大号
1巻(69) - リサイクル だらくやストアの傘のしずく防止用ビニール袋は、焼きとうもろこしを入れる袋として再利用される。 漫画アクション1987年6/9号
- だらくやストアの運動会 だらくやの運動会では、つな引きではなく本物の客をただ引っ張る「客引き」を行い、買物カゴに品物を入れて走る買物競走の代わりに、以前捕まえた万引き犯を放流して再び捕まえる万引き捕獲(捕万とも)を行う。 漫画アクション1987年10/13特大号
1巻(70) - - レジが忙しい時、だらくやストアでもレジ応援が行われるが、その「応援」は(レジの手伝いではなく)実際にレジ係に声援を送るというもの。 漫画アクション1987年9/8特大号
1巻(71) - 引出物 だらくやは結婚式で出席者が希望する引出物を選び、配送するシステムを導入したが、配達されたものに何もない(「はずれ」)というお楽しみも付く。 漫画アクション1987年11/24号
- 輸入ジャム 輸入ジャムに製造年月日の表示がなされるようになったが、だらくやは宣伝の内容から依然として売れない。
1巻(72) - - だらくやストアのズボンのスソつめサービスでは、作業合理化のため、鮮魚の作業場と同じなので、ズボンが生臭い。 漫画アクション1987年11/10号特大号
1巻(73) - 理想の実演販売 食事中にひっくり返しても傷がつかないテーブルの実演販売。 漫画アクション1987年11/3号
- ストック場 だらくやストアの商品が保管されたストック場所では、商品を重ねすぎて雪崩が起きそうなため、通行禁止に。
1巻(74) - - 万引きで捕まった優秀大学の学生を、警察には言わないことと引き換えに卒業したらだらくやで働くことを強要する店長。 漫画アクション1987年10/6号
1巻(75) - 心に残る… だらくやでは七五三の写真を、心霊写真に仕立て上げ、「心に残るサービス」を行う。 漫画アクション1987年11/24号
- タイプ別応対 店員はお客のタイプを見分けて対応する必要があるが、だらくやではプライドの高い客にはプライドの高い店員(土屋マキ)に応対させるという「目には目を」という考え方。 漫画アクション1987年11/17号
1巻(76) - - だらくやでのヘルメットの公開実験を、生身の人間(実験の責任者)で行おうとする。 漫画アクション1987年11/24号
1巻(77) - なぞの臨時社員 高い七五三の服を客に買わせるために、だらくやでは10月から11月にかけてサクラの臨時社員を数名雇う。 漫画アクション1987年11/10号特大号
- 従業員の新陳代謝 某チェーンストアは無能な高給取りをいびり出し、従業員の新陳代謝をはかり、だらくやも新陳代謝と称して運動ばかりをさせる。 漫画アクション1987年10/20号
1巻(78) - - コンピューターで作る赤ちゃん人形、だらくやは不良品が多く、そういう時は流産ということにしてしまう。 漫画アクション1987年11/17号
1巻(79) - だらくや系列新形式図書館 だらくやグループによる新形式の書店は、ホステスによる朗読やドリンクなどのサービスつき。 漫画アクション1988年2/16号
1巻(80) - - だらくやストアの店内プレイ施設の巨大迷路は、お歳暮売場に作られ、一度入ると買うまで出られない。 漫画アクション1987年12/15号
1巻(81) - 万引防止 万引防止策の一つは「いらっしゃいませ」と声をかけること。 漫画アクション1987年10/20号
- 言葉の影響 商品を売り込む際、言葉の使い方でお客に心の響き方が異なる。「高い」などマイナスの面は「丈夫」などプラスの面を言う前に述べると良い。
1巻(82) - うっかり… だらくやの店員に「少々お待ち下さい」と言われ、そのまま忘れられたおじいちゃんは、閉店後の店に取り残されてしまう。 漫画アクション1987年11/17号
- サービスカウンター サービスカウンターでのプレゼント用の包装の際、お客のプライバシーに触れてはならない。
1巻(84) - 【粗悪品再販売作戦】不幸の福袋 販売の翌日から3日間店休にしてほとぼりを覚めるのを待つ商品で、具体的な商品はたい粕漬、潮吹ケトル、3徳ブラシ(ヘアブラシ、ハブラシ、メイクブラシ)、ジョギング用スリッパ(ブーマ・アジダス)、牛皮ふりそで、えだ毛糸。 -
1巻(85) - 客が客を… だらくや全社員がサクラとして参加する「さくらふぶき大作戦」で客を引き寄せる。 漫画アクション1987年12/22号
- 親切な店員!? ペンギン堂でだらくやの店員が客にだらくやを勧めてペンギン堂を貶める案内をする。
1巻(86) - - 北海道物産展を開催するだらくやでは、熊の売場乱入ショーを行おうとする。 漫画アクション1987年12/22号
1巻(87) - ファッションの女性化 男性の買い物客による衝動買いが増えるという女性化が進む背景から、女装してしまう婦人服のチーフ、丸山文男(32)。 漫画アクション1988年1/5・12合併号
- X'mas ツリー だらくやのXマスツリーに門松を植え込むだらくやの店員。
1巻(88) - - 冷凍食品大セールで、売り子を冷凍室に閉じ込めて冷やすという真心サービスを行う店員。 漫画アクション1988年2/23号
1巻(89) - 包装 陳列用の商品までお歳暮用の包装をしてしまったため、「おたのしみ歳暮」と称してお客に博打気分で買わせる。 漫画アクション1987年12/22号
- ケーキ職にの使命 だらくやストア内のケーキ屋「えちをぴや」で、キリストのキャンドル付ゴルゴタケーキが作られる。 漫画アクション1988年1/5・12合併号
1巻(90) -  衝動・・・・・・ 多くの女性が衝動買いをしてしまうのと同様に、某ストアの熱心な店員はつい衝動売りをしてしまう。 漫画アクション1987年12/29号
- 私のレシート だらくやストアのレジでは、お客によって店員の電話番号とプロフィールが印刷される。
1巻(91) - 子どもたちの Xマス そして 正月 だらくやの店員はクリスマスにトナカイに扮し、年始にはコマに扮して回り、その店員の子供はそのたびにいじめられる。 漫画アクション1988年1/19号
1巻(92) - - 年末の稼ぎ時では、店員は休日返上で働き、元旦は寝て過ごし、2日から出勤するが、正月気分を味わえるのは店だけである。 漫画アクション1988年1/19号
1巻(93) -  はれ着でおむかえ? 開店時にはれ着でお迎えした店員たちが、急に代休をとって初詣に行ってしまう。 漫画アクション1988年1/19号
- スピーディーそしてムダなく 繁忙期のだらくやストアで、店員の中野はスピーディーにムダなく動くため金銭授受を省いてしまう。 漫画アクション1987年12/29号
1巻(94) - - 生鮮担当の社員は魚の匂いがしみつくが、その匂いは海産物を不正に持ち出すのに役立つことも。 漫画アクション1988年1/26号
1巻(95) - 過去をひきずる女 以前マヌカンだった女性がだらくやの薬局に入り、彼女はデザインで薬を勧める。 漫画アクション1988年1/26号
- 無料レンタル だらくやストアでは精神式の晴れ着を無料でレンタルするが、帯にはだらくやの広告が載っている。
1巻(96) - プレゼント 「かんそうき」が付いた布団を買った夫婦だが、布団の寝心地を書いた「感想記」だった。 漫画アクション1987年11/10特大号
- 鍋料理 だらくやストアの鍋料理のセットは、野菜はそのまま、牛や豚は生きている状態で売られている。
1巻(97) - カルチャーショック !! だらくやストアのカルチャー教室では、着物着つけと太鼓教室が一緒になり、太鼓叩きが着物の帯を叩く。 漫画アクション1988年2/2号
- 安全確認 だらくやストアの安全確認は、消火器とエスカレーターがあり、非常口に荷物がいっぱいなのを確認するという、非常に杜撰なもの。
1巻(98) - - 係ではない会計の場所を休憩場に使うだらくやの店員。 漫画アクション1988年2/9特大号
1巻(99) -  ひと味ちがう かけ言葉 お歳暮などの贈答期、普段とは違う言葉をかけるように言われた店員は、考えた末に自分に何か用かと客に話しかける。 漫画アクション1987年12/15号
1巻(100) - - 万引きを発見した場合、だらくやストアではイベントショーとして処理する。 漫画アクション1988年2/2号
1巻(101) - レジ担当者の体格 だらくやの輪島ゆうこ(22)は体格の良いだらくやの社員で、レジの機器の運びを専門とする。 漫画アクション1988年2/2号
- 成長 子供時代、親にほしい物をねだっていただらくやの店員は、大人になっても客に商品を買うようにねだっていた。 漫画アクション1987年12/15号
1巻(102) - - 自動販売機にも劣るとチーフに怒鳴られた店員の中野は、ミーティングで自分の代わりに自動販売機を持って来させる。 漫画アクション1987年10/20号
1巻(103) - 後まわしの上に… 店内で混むと後まわしにされる客がおり、さらにひどいと皿回しもさせられる。 漫画アクション1987年12/8特大号
- 社内メール だらくやは社内メールが遊びでも使われているため、業界一メール便が多い。
1巻(104) - - ジュータンやカーペットを巻きなおしていた店員が、数日後に寿司コーナーに配属されて手巻寿司を巻いていた。 漫画アクション1988年1/5・12合併号
1巻(105) - バレンタイン バレンタイン前夜、店員の中野は社内のゴミと呼ぶ同僚のためにかいみょう入位牌チョコを用意する。 漫画アクション1988年2/23号
-  トイレはどこ? だらくやの店員は客に扮した上司に、トイレの場所を訊かれるという抜き打ちテストが行われる。
1巻(106) - - だらくやストアは生鮮食品の作業場をガラス張りにしたが、店員たちは悪ふざけをして、お客に不安を与えた。 漫画アクション1987年12/29号
1巻(107) - エスカレーター だらくやのエスカレーターにある事故防止のプラスチック板は、次の階の売り場(金物類なら斧、鋸、ハサミ)を示す役割も果たしている。 漫画アクション1987年10/27号
- ある特売日… だらくやストアでは、月に一度の〈あの日〉生理用品の特売日を行うが、常識ある世間の人々には無視される。 漫画アクション1987年11/3号
1巻(108) -  What is this? くずかごは、カサ立てにも、長靴にも、帽子にもなる。 漫画アクション1988年1/26号
- 新店オープン!! 越谷団地内にオープンする285号店は、歩きによる移動販売だった。 漫画アクション1988年2/9特大号
1巻(109) - Darakuya
附録/レポート0674
「不良店員とよばれて」
(お加代の場合)
DARAKUYA
ブラックリストNo.0074
OKAYO
1970・7・21生 B型

これは、ひとりの落ちこぼれ不良店員がりっぱな社会人として、更生していく姿を明確かつ、斬新な語り口で綴った記録である。
(’87だらくや定例研究会より)
-
1巻(110) 38 恐怖の面接試験 だらくやストアの面接で、お加代はこままわしを披露する。 漫画アクション1987年6/2号
地獄の研修 研修センターで、お加代は接客用語を使って男性社員を恐喝をする。 漫画アクション1987年6/9号
1巻(111) 39 悪魔のライバル 研修センターで、お加代はかつてのライバル竹トンボのさゆりと再会する。 漫画アクション1987年6/16号
体罰 お加代とさゆりは研修中の喧嘩により、上司からマラソンや筋肉トレーニングの体罰を受けるが、二人はさらに力をつけてしまう。 漫画アクション1987年6/23号
1巻(112) 40 上司の逆襲 力をつけたお加代とさゆりに対抗し、上司たちはつっぱりになる。 漫画アクション1987年6/30号
悪夢の授業 研修で、お加代は自分に分かりやすいように説明させる。 漫画アクション1987年7/7号
1巻(113) 41  まいごVSお加代 お加代は自分のスカートをめくった迷子に暴力行為を加える。 漫画アクション1987年7/14号
新たなる敵 お加代は店内暴走族「赤い根っこの会」に誘われる。 漫画アクション1987年7/21号
1巻(114) 42 お加代の後悔 お加代は「赤い根っこの会」の入会を断ったため、台車が使えない。 漫画アクション1987年7/28号
お加代VS聴きちがいの女王 お加代は「赤い根っこの会」の黒幕を、聴きちがいの女王である総務のサトウに訊いてしまう。 漫画アクション1987年8/4号
1巻(115) 43 社員食堂での戦い 「赤い根っこの会」の副会長の渡辺は社員食堂でお加代に嫌がらせをしようとする。 漫画アクション1987年8/11号
メジャーのマコVSお加代 「赤い根っこの会」副会長の渡辺は刺客のメジャーのマコをお加代に仕向ける。 漫画アクション1987年8/18号
1巻(116) 44 赤い根っこの会の苦悩 「赤い根っこの会」の会長は店長室を無断で使用している。 漫画アクション1987年8/25号
アルバイの告白 「赤い根っこの会」を辞めたいというアルバイトのケイコは、ダイエーに行くと言い出す。 漫画アクション1987年9/1号
1巻(117) 45 奥の手 「赤い根っこの会」は「奥の手」であるおそうじ四天王をお加代に送り込む。 漫画アクション1987年9/8号
現場をおさえろ!! お加代は「赤い根っこの会」の副会長が会長との接触現場をトイレで押さえようとする。 漫画アクション1987年9/15号
1巻(118) 46 お加代の謙虚さ 前話(現場をおさえろ!!)で「赤い根っこの会」の副会長渡辺の弱みを握ったお加代は社員たちに一目置かれる。 漫画アクション1987年9/22号
会長の正体は!? 「赤い根っこの会」の会長である城ノ内がお加代の前に現れる。 漫画アクション1987年9/29号
1巻(119) 47 城ノ内 VS お加代 城ノ内はお加代と子供服コーナーで決着をつけようとするが、緊張感が無いので仕事の後にすることに。 漫画アクション1987年10/6号
果てしなき熱い戦い!! 城ノ内はお加代に「赤い根っこの会」はD計画の第一段階であったことを話す。 漫画アクション1987年10/13号
1巻(120) 48 お加代の心がわり お加代は城ノ内がペンギン堂百貨店社長(城ノ内財閥)の令嬢であることを知る。 漫画アクション1987年10/20号
お加代の計画 お加代はD計画の内容を知るべく、城ノ内を食事に誘う。 漫画アクション1987年10/27号
1巻(121) 49 悲しい習性 養老の滝で、城ノ内はたかられないように先に店を出ようとするが、レジ係の癖で、お加代に先を越される。 漫画アクション1987年11/3号
城ノ内の罠 私物点検の日、城ノ内は女子更衣室のお加代のロッカーに店の商品を入れさせようとする。 漫画アクション1987年11/10号
1巻(122) 50 テンプテイション お加代は城ノ内の父親から、大金に釣られてD計画の協力を約束してしまう。 漫画アクション1987年11/17号
本部からの依頼 お加代はだらくやの本部から、報酬に釣られて城ノ内父娘の調査を約束してしまう。 漫画アクション1987年11/24号
1巻(123) 51 お加代の改心? お加代は城ノ内の金を返そうとするが、その金を浪費してしまう。 漫画アクション1987年12/1号
迷い D計画の計画書を城ノ内から受け取ったお加代は、迷いながらもその計画書を本部に持っていく。 漫画アクション1987年12/8号
1巻(124) 52 お加代への疑惑 だらくやストア内破壊計画であるD計画を本部に明かすお加代だが、信用してもらえない。 漫画アクション1987年12/15号
D計画開始 !! 本部に信用してもらえないお加代は、D計画の第一段階、腐ったシュークリームを並べるが、それを買ったのはペンギン堂社長だった。 漫画アクション1987年12/22号
1巻(125) 53 最終兵器 !? 入院したペンギン堂社長は、最終へいき、いずみを送り込んだが・・・。 漫画アクション1987年12/29号
スペシャルD !! だらくや社長が誘拐されるが、だらくや幹部はそれを知ると、冬休みが2ヶ月だと喜ぶ。 漫画アクション1988年1/5・12合併号
1巻(126) 54 お加代のりこむ !! ペンギン堂北春日部店に呼び出されたお加代は、鮮魚殺人チームと対決する。 漫画アクション1988年1/19号
早打ちお京 !! だらくや社長を救出するべく、お加代は早打ちお京と対決する。 漫画アクション1988年1/26号
1巻(127) 55 ダイナマイトショック !! 社長を発見するも的に囲まれたお加代は、ダイナマイト(の形をしたタンポン)で敵を脅す。 漫画アクション1988年2/2号
社長救出 !! ダイナマイト(の形をしたタンポン)に火をつけたお加代は、つぼ八のメニューを言って、人に渡していくという勝負をする。 漫画アクション1988年2/9特大号
1巻(127) 56  再びのピンチ !! お加代は超高級キリタンスに傷をつけると脅し、社長と共に逃げようとする。 漫画アクション1988年2/16号
お加代の仲間たち 追われるお加代と社長のもとに、皿まわしのさゆり、肩こりゆうこ、ピアニカミキが助けに来る。 漫画アクション1988年2/23号
1巻(128)  57 旅立ちの詩 城ノ内は戦意喪失し、戦いは終わる。お加代は旅に出るが、店の仕事をやるよう言われる。 漫画アクション1988年3/1号



トップページ