前のページ  映画編  トップページ


伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!
あらすじ


※DVDチャプターリストの一番最後のチャプターの時間と総時間は、
著作権に関する警告画面(「おことわり」)が収録されている関係で、
実際の上映時間より若干長くなっていますが、ご了承下さい。




DVDチャプターリスト


1.お遊戯会でサンバ!(4:14)
2.オープニング(1:04)
3.奇妙なよしなが先生(2:21)
4.春日部都市伝説(7:34)
5.そっくりさんは踊りが好き(5:35)
6.妙なウワサ(3:09)
7.ショッピングセンター(3:43)
8.ジャッキーVSニセみさえ(2:29)
9.こんな時に限って(3:00)
10.先生達がニセモノ!?(3:09)
11.幼稚園から脱出(2:42)
12.川口までそっくりさん・・・(3:15)
13.騙されんじゃねぇぞ(4:30)
14.ひろしVSニセひろし(3:19)
15.お前、誰だ!?(3:04)
16.町中ニセモノ(3:38)
17.春日部山(2:23)
18.ひーさん、みーつけた!(2:04)
19.こんにゃく工場?(3:41)
20.ビバ、アミーゴ!(4:10)
21.コンニャクローン(3:07)
22.ジャッキーVSアミーゴスズキ(3:42)
23.救出(3:30)
24.サンバ対決(5:51)
25.幸運のサンバホイッスル(3:15)
26.エンディング(3:14)



総時間:91分41秒

※カッコ内の数字は、そのチャプターの時間を表示



1.お遊戯会でサンバ!

春日部つぼみ通りにあるおでんの居酒屋「うきづか」で,まつざか先生はよしなが先生と上尾先生に,幼稚園のお遊戯会は現在練習中の春日部音頭ではなくサンバをやろうと提案するが,二人はその案に消極的。その間に,店内によしなが先生とそっくりな人物が入ってくる・・・。店を出た後,よしなが先生はまつざか先生と上尾先生と別れ,踏み切りへ向かって歩くが,誰かにつけられていると感じ,慌てて踏み切りを渡る。しかし,渡った直後,自分のそっくりさんに襲われる・・・。



2.オープニング

(オープニング)
『ユルユルでDE-O!』(作詞:ムトウユージ/作曲・編曲:中村康就/歌:のはらしんのすけ)(敬称略)



3.奇妙なよしなが先生

翌朝,野原家の前にはふたば幼稚園のバスが来ていたが,しんちゃんはウンチをするのに時間がかかり,みさえはバスをひきとめようとする一方,園長先生はバスを発車させようとする。しかし,よしなが先生は慌てなくても良いと言い,さらにしんちゃんのウンチに関する下品な言動にも共感を示し,自身も下品な言動を発する。みさえと園長先生は戸惑いつつも,バスはしんちゃんを乗せて発車する。



4.春日部都市伝説

幼稚園にて,しんちゃんは風間君達にその朝のウンチについて自慢する。すると,ネネちゃんが強引に入り込み,リアルおままごとをやろうとするが,マサオ君はため息をついて元気が無い。マサオ君によると,酢乙女あいちゃんが変だという。つまり,マサオ君に優しいという事で,半信半疑のネネちゃん達に信じてもらうために,マサオ君はあいちゃんを呼ぶ。あいちゃんはマサオ君をマー様と呼び,異常に優しくなっており,ネネちゃん達も驚く。マサオ君はあいちゃんが本物でなく,偽者(そっくりさん)だと言う。すると,ボーちゃんが,遊んでいて暗くなって,家に帰ろうとすると,後ろからヒタヒタと誰かが来る音がし,目の前に自分のそっくりさんが現れるという噂を聞いたと言う。ボーちゃんによれば,本物と偽物が入れ替わり,本物はいなくなってしまうとのことで,最近出来たスーパーで聞いたと言う。
その頃,園長先生は職員室で春日部音頭のテープを聞きながら仕事をしていたが,よしなが先生がテープを止め,お遊戯会にはサンバをやろうと熱心に勧める。それを聞いたまつざか先生は昨夜の態度からよしなが先生に不審を抱き,まるで別人だと言い,それが耳に入る風間君。よしなが先生は園長先生に相談話を持ちかけ,その夜どこかでと誘う。



5.そっくりさんは踊りが好き

葉月はもえPに犬を飼いたいと言い,もえPは困ってしまうが自分が犬になって,葉月は喜ぶ。という内容の「ま・ほー少女もえP」を鑑賞する風間君。その隣の台所では風間ママがサンバを踊りながら鶏肉を切り裂き,口が裂けて巨大な舌で肉片を平らげる。その様子を垣間見てしまった風間君は,母親に対していつものように接しようとするが,不信感を禁じえない様子。
一方,野原一家では,しんちゃんとひろしが毎日サンバカーニバルが行なわれるためのカーニバル条例が可決されたという,アメリカのカリフォルニアにあるサンタモナカという町でのサンバカーニバルの中継を観て,きれいなおねいさんに見とれていた。すると,風呂上りのみさえがやってきて,自分もサンバも踊ってみたいと言うが,しんちゃんに三段腹サンバを悪口を言われ,お仕置きに。
翌朝,幼稚園の教室で風間君は,周りの園児達がサンバの話をしているのを聞きつつ,一人思い悩む。すると,よしなが先生が画鋲を踏んでしまったところを見るが,先生は全く平然としている。すると,園長先生が入ってきて,よしなが先生と園長先生は,風間君が何を不審に感じているのかを問い詰めようとするが,しんちゃんがトイレから出てきたために,問うのをやめる。園長先生は教室から出て行くが,風間君は恐怖に怯える。



6.妙なウワサ

夕方,かすかべ防衛隊の5人は公園の遊具の中で,町はそっくりさんだらけで,自分達の親もそっくりさんではないかとネネちゃんが言うと,風間君はそれを強く否定し,家に帰ることに。風間君は半信半疑ながら,母親を信じようとする。
その夜,野原家の夕食で,みさえは偽物やそっくりさんがいるという噂が流行っている事を話す。ひろしはみさえが偽物でも,料理を作ってくれればどちらでも良いというが,みさえもそっくりさんの給料の方が良ければ,そっちに鞍替えすると話し,ひろしの給料が「まともでない」と暗に指摘に,ひろしを失望させる。
一方,風間家で,風間君は母親の寝室に行き,サンバを踊っている母親にママは偽物ではない事を訊こうとし,必死にそれを信じようとする。絶対に自分の前にいなくなったりしないでと懇願する風間君。風間ママのそっくりさんは,近いうちに風間君をそっくりさんと入れ替える事をほのめかすことを言う。



7.ショッピングセンター

翌朝(数日後?),とある大型スーパーへやってきた野原一家。ひろしはモール内のスーパー入り口付近に,「ツンデレ」と書かれた服を着た,一人の女性を見かける。しんちゃんは店内のお菓子売り場で,チョコビやもえPのマジカルクッキーやアクション仮面のきなこチョコなど,どれを買ってもらおうか迷い,みさえをあきれさせる。みさえは買い物をするが,自分のそっくりさんの気配を感じる。一方,ビールを選んでいたひろしも,同じく自分のそっくりさんの気配を感じる。しんちゃんは,ひろしが入り口で見かけた女性をナンパするが,相手にしてもらえず。すると,みさえがやってきて,欲しいお菓子を全部買ってあげると言われ,喜んで一緒に行く。しかし,途中でしんちゃんがアクション仮面とミミ子の実物大のフィギュアに見とれていると,みさえは怒ってお菓子売り場は2回だと無理やりしんちゃんを連れて行く。すると,しんちゃんはもう一人のみさえを見かける。



8.ジャッキーVSニセみさえ

先ほどの女性(ジャッキー)が,スーパーのカートでみさえを跳ね飛ばす。そのみさえのそっくりさんは腕がカートにねじれ,元に戻して立ち上がると,ジャッキーに襲い掛かるが返り討ちにあう。みさえのそっくりさんは四肢で駆け出し,モールの2階へと逃げる。ジャッキーはみさえのそっくりさんが落とした,あるホイッスルを拾う。今回の事件の首謀者らしき人物らは,みさえのそっくりさんに見切りをつけ,花火として上空へ飛ばす。(本物の)みさえとひろしは,自分達のそっくりさんにいたらしい事を話す。その後,しんちゃんがやってきて,先ほどのジャッキーの戦いをひろしに話すが,信じてもらえず。しんちゃんはさらに,ジャッキーのパンツを見たを話す。



9.こんな時に限って

翌朝,朝食を食べるひろしに,みさえは会社を休めないかと訊くが,無理だと言われる。みさえはひろしをそれでも引きとめようとするが,ひろしは会社へ行く。みさえはしんちゃんに,幼稚園を休ませようとするが,しんちゃんはその朝に限って幼稚園への準備を万全にしていた。
幼稚園では,かすかべ防衛隊の5人が,幼稚園先生がそっくりさんでないかと猜疑の目で見ていた。しんちゃんは,自分がスーパーでみさえのそっくりさんに会った事を話す。ネネちゃんはそっくりさんをなかなか信じない風間君に,この話で信じさせようとする。



10.先生達がニセモノ!?

よしなが先生と園長先生が外に出て,園児達に夏のお遊戯会で,サンバを踊る事を話す。しんちゃんは捨ててあったかすかべ音頭のテープをぞうさんに乗せて,風間君達にオトナマンモスを披露する。風間君は,そのテープが先生のラジカセにあったものだと言う。上尾先生は園長先生に,自分はサンバを踊れないと言うと,園長先生は本番でいきなり踊れると言う。しんちゃんがサンバの音楽をかけると,園長先生やよしなが先生,他の園児らも踊りだす。踊っている人間がそっくりさんだと,かすかべ防衛隊は判断する。外から出てきたまつざか先生も,音楽をかけると踊り,止めると踊らなくなり,サンバを踊る事を強要するよしなが先生らを,まともな人間でないと確信する。



11.幼稚園から脱出

音楽を止めると,そっくりさんに襲われそうになるので,音楽をかけて逃げるかすかべ防衛隊。上尾先生とまつざか先生も逃げようとするが,上尾先生は黒磯のそっくりさんに誘惑され,黒磯の背後にいたそっくりさんに捕まってしまう。今度はあいちゃんがマサオ君を誘惑するが,マサオ君は風間君の説得もあり,振り切って逃げる。しかし,校門では園長先生や園児が立ちはだかったため,まつざか先生は園長先生らを押さえ,その隙にかすかべ防衛隊の5人を逃がすが,本人はそっくりさんに・・・。



12.川口までそっくりさん・・・

夕方,ひろしは帰りの電車内で,その日の会社での出来事を思い返していた。その日,ひろしは雑誌の袋とじを定規で開けようとしていたが,うっかりその定規を飛ばしてしまう。定規は川口の頭に刺さってしまうが,本人は何事も無かった様子から,ひろしは川口もそっくりさんで,日本中や我が家の事を危惧する。
一方,かすかべ防衛隊の5人は公園の遊具の中で,これからどうするかを話していたが,マサオ君は自分がそっくりさんかもしれない,本物である事に自信が無いというと,しんちゃんに本物だと指摘される。母親を必死で信じようとする風間君は,ネネちゃん達の制止を振り切り,家へ帰ることに。



13.騙されんじゃねぇぞ

春日部駅に降り立ったひろしは,頭に定規が刺さった川口のそっくりさんと遭遇する。川口によれば,以前ひろしが酔ってしまい,ひろしを春日部駅へ送った時に,入れ替わったと言い,定規を頭に埋め込む。家にはひろしの代わりが行っている事を川口に言われたひろしの前に,多くのコンニャクローンが出現。ひろしは周りの人間もそっくりさんだと知り,逃げるようにして家へ帰る。それを追いかけるコンニャクローン達。
一方,しんちゃん達は各自家へ帰ることにする。その頃,家に着いた風間君は,母親と会って安心したのも束の間,自分のそっくりさんとも会い,愕然とする。しんちゃんら4人は,それぞれ分かれて帰ろうとするが,その前にネネちゃんは家に帰って,自分達の親がそっくりさんだったら,そっと抜け出してまた公園に集まる事を提案し,4人はそれに同意し,それぞれ帰ることに。
コンニャクローンに追いかけられ,春日部の路地を走るひろしは,コンニャクローンの進む道を妨害し,二人のバーの(オカマの)ママを振り切り,コンニャクローンをまくことに成功する。川口はそれに舌打ちするが,ひろしの行く場所は決まっていると言う。
その頃,かすかべ防衛隊の4人は家へ帰っていた。



14.ひろしVSニセひろし

野原家では,ひろしとしんちゃんが風呂に入っていた。ひろしは慌てて家に戻り,今風呂に入っているひろしがそっくりさんだとみさえは知らされ,ひろしは風呂に向かう。ひろしは風呂場で自分のそっくりさんと対面し,しんちゃんはどちらが本物か困惑する。ひろしのそっくりさんは裸で逃げようとし,ひろしは追いかける。二人は廊下で自分が本物だと言い張り,戦うことになるが,みさえはそのじれったい戦いに怒る。戦いの過程で二人は居間に行き,ひろしがそっくりさんの金玉を蹴るが,全く効かず。次にそっくりさんがひろしの金玉を蹴ると,ひろしは苦しむ。それにより,痛がらなかった裸の方がそっくりさんだと確信したみさえは,そっくりさんを家から追い出す。しかし,野原家の前には川口とコンニャクローンらがいた。ひろしは家で篭城すると言い,シロを家に入れようとする。



15.お前、誰だ!?

しかし,シロは身構えて,ひろし達に敵対的な態度を示す。そして,シロは家の中に飛び掛るように入り,ひろし,ではなくしんちゃんの前に行き,チンチンカイカイをする。すると,しんちゃんはそれが何か知らなかった。実は,そこにいたしんちゃんもそっくりさんで,その事がばれたしんちゃんのそっくりさんは,家を出て行った。その直後,ひろしのそっくりさんがひろしの車で家の中に突っ込んできて,それに乗じてコンニャクローンらも入ってきて,ひろし達を取り囲む。しかし,その直後にもう一台の車が突っ込んでくる。開いた窓からは,しんちゃんが出てくる。ひろし達がチンチンカイカイをすると,しんちゃんはその事を指摘(「チンチンカイカイ」を口にする)し,ひろし達は目の前にいるしんちゃんが本物である事を確認する。車を運転していたのは,スーパーで見かけた女性で,ひろし達は彼女を見方と判断,車に乗り,車は野原一家を出て春日部の町を走り出す。車の中には大量の機材が積まれており,女性はSRIのジャクリーン・フィーニー(通称ジャッキー)と名乗る。



16.町中ニセモノ

公園の遊具の中では,ネネちゃん,マサオ君,ボーちゃんの3人がしんちゃんを待っていた。しかし,そこへ風間君のそっくりさんがやってきて,遊具の中から街灯で反射して光るボーちゃんの鼻水を見,コンニャクローンに襲わせる。しかし,間一髪でジャッキーの車が割り込み,3人をひろしの靴の臭いも駆使して車に乗せる。春日部の町は,もはやそっくりさんしかいなかった。ジャッキーは春日部から脱出しようとするが,どの道もそっくりさんにバリケードがしかれており,春日部から出られない。そこで,ボーちゃんの提案で,春日部山の山道を使って隣町へ行くことに。



17.春日部山

春日部山の山道を車で走らせるジャッキー。しかし,その途中でホイールローダーが追いかけてきて,バックして逃げることに。ホイールローダーにはヨシリンとミッチーのそっくりさんであった。さらに,後ろからもホイールローダーがやってきて,ジャッキーは間一髪のところで山道を外れ,木にぶつからぬよう林の中を疾走する。そして,山道に再び戻るも,ミッチーのそっくりさんが窓にしがみついてくる。ジャッキーが殴っても効かず,木にぶつけて撃退する。



18.ひーさん、みーつけた!

山道の途中,ジャッキーは本部へEメールを送ろうとするが,妨害電波が出されていたため,連絡する事が出来ず。みさえはジャッキーに事件の詳細を訊こうとする。ジャッキーはこの事件を捜査する特殊捜査官“SRI(サンバのリズムイイネェ〜)”の人間で,そっくりさんが初めて現れたのは,アメリカのカリフォルニアにある,サンタモナカという小さな町であった。次がカナダで,その次がメキシコ,春日部は6番目の町だという。その際,ジャッキーは野原家の中のよさを羨む。さらに,ジャッキーはそっくりさんにのっとられた町ではサンバを踊るようになり,そっくりさんを作り出したのは,バイオテクノロジーの世界的権威,アミーゴスズキである事を話す。その時,ひろしが遭遇したバーのママを含む,数人のそっくりさんが車に侵入,ジャッキーはシロを連れて逃げるのに成功するが・・・。



19.こんにゃく工場?

そっくりさんらに捕まってしまったしんちゃん達は,とある小屋に連れて行かれる,その中には大量のコンニャク芋があり,しんちゃん達は中にあったエレベーターに乗せられる。エレベーターは降下し,その周りには,コンニャク芋を下へ運ぶ管が下へ通っていた。やがて,エレベーターは停止し,芋はすりつぶされてコンニャクへと製造されていた。エレベーターから降りたしんちゃん達は,さらに先を歩かされる。コンニャクは人型に造形され,3体の人型のコンニャクが味噌を塗り,とある機械に入ると,それぞれマサオ君,ネネちゃん,ボーちゃんのコンニャクローンが完成した。そこへ,大勢のコンニャクローンがやってきて,しんちゃん達を取り囲む。すると,部屋が暗くなり・・・。



20.ビバ、アミーゴ!

部屋が暗くなり,音楽が鳴り響き,コンニャクローン達がサンバを踊りだす。マサオ君,ネネちゃん,ボーちゃんのそっくりさんが踊ると,本物の3人も体が勝手に踊りだしてしまう。そして,天井から巨大な山車が降りてきて,そこで踊っていた女こそ,アミーゴスズキであった。しんちゃんも釣られて踊りだすが,ひろしはしんちゃんをたしなめ,自分は踊らされないと言う。しかし,アミーゴスズキはそこにいるひろしをそっくりさんだと指摘する。ひろしは否定するが,アミーゴスズキはひろしがそっくりさんである事をさらに強調し,ひろしはみさえとしんちゃんに信用してもらうために,キャバレーでもらった名刺やへそくりなど,自分の秘密を白状する。しかし,みさえはひろしがそっくりさんではない事を確信しており,野原一家は家族の絆を見せつけるためにチンチンカイカイをする。すると,アミーゴスズキはコンニャクローンにしんちゃん達を襲わせる。



21.コンニャクローン

しかし,間一髪のところで,SRIの部隊を率いたジャッキーが出現,特殊な液体の入った銃や手榴弾でコンニャクローンを溶かしていき,コンニャクローンを製造する機械も停止させる。マサオ君達の踊りも止まる。ジャッキーの服の胸の中からシロがおり,シロを羨むしんちゃん。ジャッキーによれば,シロのおかげでこの基地を見つけられたとのこと。ジャッキーはアミーゴスズキを逮捕すると言い,ひろしにコンニャクローンを溶かせる赤紫色の液体を渡す。



22.ジャッキーVSアミーゴスズキ

アミーゴスズキに決着を挑むジャッキーは服を脱ぎ,水着姿となってアミーゴスズキとサンバでの勝負を開始する。一方,ひろしはしんちゃん達に液体を分け,一同は次々とコンニャクローンを倒していき,SRIの隊員達の案内で,出口へ続くと思われる廊下へ進む。廊下でも,逃げるコンニャクローンを次々と溶かしていくしんちゃん達だが,途中でドアにぶつかる。



23.救出

アミーゴスズキとサンバで勝負するジャッキーは,アミーゴスズキの抜群に上手な踊りに萎縮するが,サンバの罪を償わせるために,何とか踊り続けようとする。しかし,バランスを崩し,倒れてしまう。
一方,しんちゃん達がぶつかったドアの中には,コンニャクローンと入れ替えられていた,本物の春日部の人々が無理やり踊らされていた。コンニャクローンが地上で踊ると,そこの人々も踊らされるという。そして,その中には幼稚園の先生や川口,風間君達もいた。SRIの隊員がサンバミュージックの発生装置を破壊し,音楽が止むと人々は踊りから解放された。その中にいた長州子力氏のパラパラは止まらなかったが。こうして,かすかべ防衛隊やひろし達は本物の人々と再会を果たすが,しんちゃんはそこにいなかった。



24.サンバ対決

その頃,倒れてしまい立ち上がれなくなったジャッキーは,アミーゴスズキの無理に躍らせる考えに異を唱える。すると,しんちゃんがに戻ってきて,ジャッキーを応援するオシリでのサンバを踊る。ジャッキーはそのしんちゃんから自分のサンバを見出すようになる。そして,野原一家やかすかべ防衛隊,春日部の人々もやってくる。ジャッキーはもう一度踊りだし,遂に自分のサンバを見つける。SRIの隊長は最高のサンバだと言う。それを見ていた。野原一家やかすかべ防衛隊,春日部の人々,遂には上尾先生や黒磯までがサンバを踊りだし,楽しむようになる。それに押され始めるアミーゴスズキ。さらに,しんちゃんは春日部音頭を踊りだし,ジャッキーや春日部の人々も音頭を踊る。すると,アミーゴスズキのステップが乱れ始める。アミーゴスズキは部下のチコにサンバの音楽のボリュームを上げさせ,サンバを踊り続けようとするが,遂に音頭に釣られて踊りだしてしまう。そして,サンバを戻ったジャッキー達。ジャッキーは皆と踊ると楽しいという事を言う。しかし,チコがジャッキーを狙撃し,ジャッキーは胸を撃たれて倒れる。SRIはアミーゴスズキとチコの乗っていた山車を撃ち落し,二人は転落する。



25幸運のサンバホイッスル

意識を取り戻したジャッキーは起き上がり,アミーゴスズキのところへ。すると,アミーゴスズキの仮面が割れ,その素顔はジャッキーと瓜二つであった。しかし,コンニャクローンであったその体が溶けると,そこから出てきたのは,一人の男であった。実は男であったアミーゴスズキは,サンバの美容と健康を追い求めたあまり,自分らしく踊るのを忘れていたと言い,自分の負けを認める。ジャッキーはアミーゴスズキを赦し,スーパーで拾ったサンバホイッスルを出す。ジャッキーはこのホイッスルを胸に入れており,このホイッスルがチコの銃弾を防いでいた。そして,ジャッキーが家を出る時に置いていったホイッスルをアミーゴスズキが持っていた事,これからもサンバを踊る決意を話し,彼をパパと呼んだ。アミーゴスズキは,ジャッキーの父親でもあった。ジャッキーはこのホイッスルを幸運のサンバホイッスルと呼び,サンバの楽しさを思い出させてくれたしんちゃんに渡す。



26.エンディング

しんちゃんは,「よーし!みんなでサンバを踊るゾー!!」 と言い,ホイッスルを鳴らす。

(エンディング)
『GO WAY!!』(作詞:倖田來未/作曲・編曲:小松寛史/歌:倖田來未)(敬称略)

(エンディングの映像で,しんちゃん達が小屋を出ると,コンニャクローンが次々と空へ花火となっていき,後日壊された野原一家の塀や壁の修理をするといった,本編後の出来事の場面が流れる)





前のページ  映画編  トップページ



劇場版作品のあらすじ
ハイグレ魔王/ブリブリ王国/雲黒斎/ヘンダーランド/暗黒タマタマ/
ブタのヒヅメ/温泉わくわく/クレしんパラダイス/ジャングル/オトナ帝国/戦国大合戦/
ヤキニクロード/カスカベボーイズ/3分ポッキリ/踊れアミーゴ/ケツだけ爆弾/
金矛の勇者/カスカベ野生王国/オラの花嫁/スパイ大作戦/宇宙のプリンセス/
B級グルメ